QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第13回(最終回)

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第13回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回第八回第九回第十回第十一回第十二回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

ジオン掃討作戦は、順調に推移しているといえるだろう。
しかしここにきて、アフリカ掃討作戦は、1つの問題に直面している。
アフリカのジオン軍は、無数にある廃鉱山を利用した地下施設を建設し、潜伏を決め込んでいるのだ。
こうなってしまっては、その発見は難しい・・・・。
ギャロップの移動経路から、そのうちの一つを特定した。
間もなく、アフリカを一気に制圧するための増援として、インド洋沿岸に揚陸部隊が到着する。
潜伏中の敵部隊が、これに気づいた場合、陸戦艇などの大型火砲による砲撃が、最大の脅威となる。
ユニット1は、特定された敵基地の1つに対し、降下強襲作戦を実行せよ。
優先破壊目標は、敵の大型陸戦艇である。
すみやかにこれを破壊し、ミデア輸送機で戦線を離脱せよ。
 
続きを読む
スポンサーサイト

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第12回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第12回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回第八回第九回第十回第十一回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

ジオン掃討作戦の一つ、アフリカ掃討作戦がついに開始された。
大陸側からの侵攻部隊は、オデッサで一度集結し、その後ジブラルタル海峡を渡り、アフリカへと進撃する。
オデッサは完全に我軍の制圧下にあるが、先のオデッサ作戦以後、付近に潜伏している敵部隊も少なくない。
集結中の部隊が破れるようなことはないが、アフリカへの進攻を前に無駄な損害を出すことは避けなければならない。
ユニット1は集結点の1つで警護にあたってもらう。
いよいよ、地上での戦いも大詰めだ。
最後まで気を抜かず、任務を遂行せよ。
 
続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第11回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第11回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回第八回第九回第十回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

隊長「攻略本買ったぞ。」
デニス「なになに、『機動戦士ガンダム MS戦線0079コンプリートガイド』ファミ通 」
隊長「とりあえず、いくつか分かった事をピックアップしよう。まず、武器を落とす確率は、機体と装備によって決まっている、まったく落とさないもの(固定武器)を除けば20%から90%と幅がかなりある。」
リル「・・・番外編の検証はなにも役に立たなかったのね(-_-;)」
隊長「そして武器の威力は敵の本体に与えるダメージとパーツに与えるダメージに分かれている。」
ホア「例えばガンタンクの120mm低反動キャノン砲なら本体には190(攻略本の数字準拠)、部位には150という感じですね。そして量産型ガンタンクだと本体に150部位に50と、ずいぶん違います。」
デニス「武装によっては、部位は狙わず胴体を狙ったほうがいいわけだな。」
隊長「ちなみに実弾武器で一番一発の威力が高いのはフルアーマーガンダムのキャノン480だった。これはズバ抜けていて、ここに掲載されている中では最強だな。ただ個人的にはガンタンクのキャノンのように弾速が速い方が当てやすいが、これは戦い方にもよるだろうから。」
リル「なにげにジム・キャノンとザク・キャノンのキャノンも本体には破壊力が190と高いのね。」
デニス「ガンキャノン量産型のキャノンは意外に威力が低いな。ガンタンク量産型よりは多少高い程度か。」
ホア「やはり我軍のビーム兵器はのきなみ破壊力が高いですね。ジムのビームスプレーガンでも135あります。ライフル系になると200突破はあたりまえですし。」
デニス「ズゴックのメガ粒子砲とかも脅威だな威力は150だが、これは片手分で、両手の攻撃が当たれば300だ。」
隊長「しかし、軽く見られがちだが、バルカンやマシンガン系の武器も侮れない。一発の威力は低くても、連射+連続ダメージで、戦い方によっては、かなり使いやすい。」
ホア「ところで・・・一つ気になることがあったのですが・・・・」
隊長「ああ・・・・EXAMか。」
ホア「はい、この本によるとミッション中に1回しか使えないとなっていますが、隊長、何度も使ってますよね?」
隊長「ああ、今までに数え切れないくらい。今も何かの間違いかと思って試してみたが、普通に一ミッションの間に何度でも使えるぞ。」
リル「謎ね・・・・」
ホア「そういう時は、何事もなかったかのように流しましょう^^」
隊長「というわけで、次はミッション11-Aか。」 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第10回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第10回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回第八回第九回
番外編・敵が武器を落とす法則は?


隊長「長い中断だった・・・・」
リル「なんの話だか分からないわよ。」
ホア「つまり、隊長に乗り移っていた管理人さんが尾骨骨折で更新が1ヶ月以上されていなかったんですよ^^」
リル「あああ、またわけのわからない話を!」
デニス「まあなんというか、アラン隊長は何処行ったんだろうな(-_-;)」
隊長「ははは何言ってんだい?目の前にいるじゃないか'`,、('∀`) '`,、」
リル「絶対違う(^_^メ)」


というわけで、管理人尾骨骨折のため中断していましたが、再びリプレイ再開します。 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第9回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第9回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回第八回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

11月30日
ジャブロー防衛戦は佳境を迎えている。
降下部隊の殆どは地上にて壊滅させることに成功した。
が、敵の一部が地下へと潜入している。
地下の基地施設群は、複数ブロックに分散しているため
大きな損害は出ないと思われる。
しかし、ここで再建された宇宙艦隊や、大量生産に成功したばかりのMSに損害を出すことだけは避けたい。
基地内部に駐留している各部隊や、宇宙へ上がる予定の
一部の部隊が迎撃にあたっているが、敵は少数ながら練度の高いパイロットたちだ。
ユニット1は、潜入した敵部隊の索敵と掃討にあたれ。
その際、担当区画の主要施設や友軍の護衛も忘れるな。
歴戦のMS部隊である、ユニット1の活躍に期待する!

隊長「今回も運命の分かれ道だ。」
ホア「このミッションをランクA以上でAルート、ランクB以下でBルートですね。」
隊長「今回はランクA獲得・Aルートを目指すぞ!」
リル「あら、珍しくやる気満々ね。」
ホア「Aルートではジムコマンドや量産型ガンキャノン、ジムスナイパーⅡ等が入手出来ますからね。」
リル「あ、結局それが目当てなのね。」
隊長「当然だ。というわけで、部隊コストも上昇したことだし、陸戦型ガンダム+ビームライフル(陸戦型)でいく!」 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第8回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第8回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回第七回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

11/30日・ジャブロー地上
連邦軍総司令本部ジャブローでは、来るべき宇宙での最終決戦にむけた準備が、着々と進められている。
増強されるMS部隊の要請により、諸君らのように早期から実戦参加している部隊にレクチャーをと考えていたのだが・・・
敵地上部隊最大の拠点キャリフォルニアベースから、ガウ攻撃空母の大編隊が、こちらに向かっているらしい。
基地守備隊も全力で応戦するが、宇宙へ向けての装備であるMS部隊をここで消耗するわけにはいかない。
ユニット1は、地上に出て敵の降下部隊を迎撃。
対空防衛のための施設を守りつつ、敵部隊の侵攻を防げ。
歴戦のMS部隊である、ユニット1の活躍に期待する!

隊長「おかしいな・・・確か実戦経験のない部隊にレクチャーを、という理由で召集されたはずだったのだが・・・」
ホア「敵は待ってくれませんからね。」
デニス「・・・・ホワイトベース、つけられたか。」
隊長「実はつけられたのは俺たちだったりな。」
リル「・・・・・(汗」
デニス「・・・・・(汗」

いやいや、シャアがちゃんとホワイトベースをつけていましたから。 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第7回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第7回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回
番外編・敵が武器を落とす法則は?


緊急任務だ
重要物資を積載したミデア輸送機が、エリア526の渓谷で消息を絶った。
この渓谷は、ジオン極東方面軍が、射爆場として使用していた場所だ。
問題のミデアは、ラサ基地への包囲攻撃に合わせれば、ここを安全に通過できると考えたようだ。
まだ、この遭難が敵の手によるものなのかは分からないが、積載された荷を敵にくれてやるわけにもいかない。
最悪のケースを想定し、ユニット1は渓谷内を索敵。
ミデアを発見せよ。
もし、敵部隊と遭遇した際は、ミデアの防衛を最優先とし、敵を掃討せよ。
では、健闘を祈る!

デニス「そういえば、あの後ラサ基地は陥落したそうだな。」
リル「何か、敵の新兵器が出てきたとか聞いたけど。」
ホア「はい。我軍もかなりの被害を出したようです。」
デニス「そういや、あの08小隊の隊長も行方不明だとか。」
隊長「・・・じゃ、量産型ガンタンクで出るね(-_-;)」
ホア「・・・隊長?^^;」 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第6回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第6回
第一回第二回第三回第四回第五回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

ラサ基地
ジオン極東方面軍の拠点の一つであるラサ基地に対し、コジマ大隊が大規模な包囲攻撃を計画している。
山岳要塞攻略の要となるのは、市街地に配置される量産型ガンタンクの砲撃部隊である。
ガンタンクの超距離砲撃と、航空部隊による爆撃によって、強固な要塞表面を破砕し、基地機能を奪う。
格MS部隊は、市街広域に配置されたガンタンク隊の護衛に分散してあたってもらう。
敵機動部隊による襲撃が考えられるが、なんとしてでもガンタンクを守りきるのだ。
ユニット1は、2つの区画内のガンタンクの護衛任務に就け。
部隊の分散などに関してはアイワールド小隊長に一任する。
では、健闘を祈る! 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第5回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第5回
第一回第二回第三回第四回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

オデッサ作戦は我軍の勝利で終了した。
これにより、地上でのミリタリーバランスは我軍に大きく傾くことになるだろう。
早期に撤退、脱出に転じた敵部隊の一部は、我軍の包囲網を突破し、ジオン制圧地区への敗走を始めている。
付近の哨戒に当たっていた部隊より、極東方面への脱出を図っている敵部隊の移動情報が入った。
ガウ攻撃空母が先行し、その後方からギャロップを中心とした陸上部隊が追従している。
ユニット1は、この敗走部隊の移動予想ルート上に先回りし、先行するガウを最優先攻撃目標とし、撃墜せよ。
ガウの撃墜を確認後、ミデア輸送機での戦線離脱を許可する。
この際、陸上部隊に関しても可能な限り打撃を与えよ。
くれぐれも深追いはするな!
では、健闘を祈る!

隊長「よし、深追いするぞ!」
リル「暴走するなっ!」 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ番外編

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ番外編
敵が武器を落とす法則は?

第一回第二回第三回第四回

ホア「というわけで、今回はちょっと一息入れて番外編になります。」
隊長「・・・検証物は、本編よりも大変なんだけどな(-_-;)」
リル「敵が武器を落とす法則かぁ・・・・」
デニス「あるのか?」
ホア「それがわからないからやってみるんですよ^^」

なんでこの検証をやる気になったかというと、たまたまある掲示板を覗いていたら、ヘッドショットで敵が武器を落とす確立が減るとか、いや、それはないとか議論になっていたから。
実際のところ、「検証したぜ!」という人は現れていません。
では、自分で試して見ようかと。
ちなみに、この検証も検証というよりはネタ以上のものではないので、あまり期待しないで下さい^^; 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第4回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第4回
第一回第二回第三回

11月7日・オデッサ作戦開始

オデッサ近郊
連邦軍の大反抗作戦「オデッサ作戦」は順調に進行中だ。
しかし、ここにきて敵は防衛線を縮小することで抵抗力を高めてきた。
戦局の優位は変わらないものの、攻め手に欠けた我軍は包囲網を固めつつ、膠着状態に陥ってしまっている。
この状況を打破するべく、後方に待機していた予備戦力の投入が決定された。
ビッグ・トレー級陸戦艇を中心としたこの部隊は、現在、進軍準備中で、警備が手薄となっている。
現在、大型陸戦艇ダブデを中心とした機動部隊が、包囲網を突破し、このエリアに接近中である。
ユニット1は、ただちに現場に向かい、護衛に当たれ。
では、健闘を祈る! 続きを読む

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第3回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第3回
第一回第二回

渓谷
いよいよ我が軍の大規模反抗作戦が始動する。
SRT-ユニット1は、主力部隊の集結、移動に際して、敵に目標を特定させないための陽動を行ってもらう。
主戦場への参加こそないが、これもレビル将軍が試験運用に当たっているモビルスーツ隊の活躍を認め、次期主力たりうると判断した結果といえよう。
現在、ジオン極東方面の拠点の一つであるラサ基地に敵の輸送部隊が移動中である。
オデッサ作戦実行時に背面から攻撃を受ける危険性を踏まえ、極東方面への増強は阻止しておきたいところだ。
敵輸送部隊の移動ルートに先回りし、この部隊を撃破せよ。

尚、本作戦の実行に際し、新装備を手配した。
有効に活用せよ。
では、健闘を祈る!

隊長「後方任務か・・・まあしかし、重要な任務であるとは言えるな。」
リル「・・・微妙だけど、新装備も回してもらえたし、期待されているってことかしら?」
デニス「俺たちより先に編成された部隊も大きな被害を出しているし、俺たちはうまくやっているほうさ。」
ホア「民間人が運用していると噂のホワイトベース隊の活躍に比べれば霞んでしまいますけどね。」
隊長「木馬か・・・・ジオニックフロントでは世話になった。」
リル「はあ・・?」
隊長「ザクで出撃したら白い奴に一撃で味方が次々とやられていき、逃げる俺も一撃で・・・・グフで出撃したら、一撃目でシールドが、逃げようとしたらあっ さりと背中から一撃でぇぇぇぇ!!!逃げても逃げても追いつかれて、一撃でやられてしまうんだぁ!!!(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
デニス「落ち着け。というか、前世の記憶でも甦ったのか(-_-;)」 続きを読む
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。