QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十二回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十二回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回 第六回 第七回 第八回  第九回
第十回 幕間第十.5回  第十一回

その後もひたすら戦い続ける隊長。
コシュレルの戦いでは、老衰病気の黒太子の留守の間に活躍するが、結局いいところを持って行かれた。
隊長「そういやもう戦いが始まってから何十年経ったんだろうな・・・・(-_-;)」

大丈夫、このゲームのキャラは年を取らない。

そしてある時・・・・

酒場
女「・・・・」
隊長「・・・・・?」
女「やっぱりお忘れですよね?以前たちの悪い傭兵に絡まれたいたところを助けて貰ったことが・・・」
隊長「(えっ?俺、人助けなんてしたことあったっけ?ましてやこんな美少女。)」
マスター「(そのたちの悪い傭兵がお前なら納得できるが)」
隊長「失敬な!私は女に絡むなど卑劣な真似はしないぞ!ただ、正々堂々と当って砕けるだけだ!」

砕けるのかよ。

女「私はジャンヌ・ダルクといいます。今、ヴォークルールの守備隊に志願して戦っています。いずれ貴方とも一緒に戦えるといいですね。」

隊長のボケは一切無視して言いたいことを言い終えると少女は去っていった。
ちなみに、ドンレミの少女だったのだが、ずいぶん雰囲気が変っていたので、ちょっと見には気がつかなかった。

続きを読む
スポンサーサイト

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十一回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十一回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回 第六回 第七回 第八回  第九回
第十回

幕間第十.5回

さらに戦い続ける隊長。
最近はレベルでのごり押しが効かないほど敵が強いので、隊長はもっぱら弓兵での後方支援が常になっていた。

バート「へたれてんじゃん。」
隊長「何を言う、弓兵で敵本陣まで突っ込んで四方から迫ってくる敵に矢の雨を浴びせる戦い方が出来るのは、イングランドにもフランスにもいないぞ。私だけだ。」

人、それを蛮勇という。

マスター「そんなことより、頼みたいことがあるって奴が来ているぜ。困っている奴は助けてやるもんだ。」
隊長「なら私を助けてくれっ(つД`)」
バート「本音が出たな。」

最近の敵は強いから・・・・・

ドンレミの戦い
ドンレミの村にイングランド軍が侵攻している。
村人からの依頼で、隊長他・傭兵達は村を守りに向かうのだった。

続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十.5回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十.5
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回 第六回 第七回 第八回  第九回
第十回

前置きというか言い訳
だいぶ間が開いてしまいました。
いえ、あまりの長さに挫折しそうです(汗
再開はジャンヌが出てくる辺りまでやってから・・・と、思っていたのですが
そこまでの道のりの長いこと・・・・
しかし、「管理人、もうやる気完全になくしたな。」
と、思われてもあれなので、今回はとりあえず幕間でお茶を濁します(汗

続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第十回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回 第六回 第七回 第八回  第九回

ヘンリーの要請を受けて、まずイアマールを助け出した隊長だが、この戦いは省略。
ヘンリーとイアマールがいい雰囲気になっていたが、また知ったことではない。
ポワティエの戦いで騎兵に弱い隊長の弱点がもろに出てしまったので、少し小戦闘を繰り返してレベルアップを図る。

さらに、平行して、マリーがまた力を貸して欲しいと言ってきた。
どうもフランドルには以前傭兵だけに街を攻めさせたいきさつがあって、力を貸す傭兵がほとんどいなくなってしまったそうだ。 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第九回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第九回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回 第六回 第七回 第八回

ポワティエの戦い 2
クレシーの戦いの再現とも思われた両軍の布陣だが、開戦当初はフランス軍が圧倒的な戦力でイングランド軍の前線を制圧した。
これに対して、イングランド軍はコニャック砦周辺地域に騎士や騎兵からなる大量の伏兵部隊を配置。フランス軍を押し返そうとする。
皮肉も、この戦いは騎兵対騎兵の戦いとなった。


イングランド陣営
エドワード「・・・・おかしい。」
ジョン「殿下、どうなされました。」
エドワード「奴が真面目に戦っている・・・・これはなにかの罠か!?」

おい


フランス陣営
マリー「おかしい・・・・」
フィリップ「どうしたマリー。」
マリー「奴が真面目に戦っている。空から槍でも降ってくるのでは?」

矢なら降ってくるかも



隊長「へっくっち!!∵ゞ(>д<)!」
傭兵「風邪ですか?」
隊長「いや・・・・人気者は辛いな( ̄ー ̄)」

何か勘違いしていた。 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第八回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第八回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回 第六回 第七回

ポワティエの戦い 1


イングランド陣営
ジョン「フランス軍は騎兵を中心に展開。正面から我が軍に攻めかかる構えですな。」
エドワード「・・・・クレシーの再現か・・・」
ジョン「愚かな奴らですな。それほどまでに我らの長弓兵の餌食になりたいのか。」
エドワード「油断するな。クレシーでのフランス軍の善戦、忘れてはならぬ。それに・・・・」
ジョン「・・・?」
エドワード「あの馬鹿がフランス陣営にいるのがものすごく嫌な予感がil|li _| ̄|○ il|li」
ジョン「奴はわしが討ちましょう。今度こそこの槍の錆にしてくれます。」

ジョン、なんとなく嬉しそうだった 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第七回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第七回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回 第六回

隊長「・・・・長い中断であった( ̄^ ̄)」
バート「かれこれ二ヶ月以上開いたのか。」
隊長「もとよりネタ切れ穴埋め企画とはいえ、これほどまでに我を追い詰めるとは油断ならぬ奴よ・・・・」
マスター「なんなんだ、その妙な口調は。」
隊長「妙ではない。ブシドーである!( ̄^ ̄)」

そう言って重々しく胸を張る隊長の姿は、なんとなくミスターブシドーに見えなくもなかった。
南蛮胴と呼ばれる鎧を装備し、兜はブラックボーンでとりあえず顔の半分くらいは隠れている。

バート「中断が長かったからな・・・(-_-;)」
マスター「その間にアニメにかぶれたわけか。」

いや、それはいつものことですよ?

マスター「そんなことより、フィリップ公の部下が兵を集めに来ているぞ。話を聞いてみたらどうだ、ブシドー。」
隊長「皆勝手にそう呼ぶ。迷惑千万( ̄^ ̄)」
マスター「出てけ。」
隊長「すみません、仕事下さい<(_ _)>」 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第六回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第六回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回  第五回

アルフルール~トロワの戦い
先の戦いを歴て、隊長は黄金装備で身を固めた。

隊長「おお、なんか豪華だ。しかもイベントシーンでもこの装備で出れるんだ。ちょっと偉くなった気分( ̄▽ ̄)」
バート「俺には傭兵成金にしか見えんが^^;」

この頃の隊長は主義主張はそっちのけ状態。
先の戦いでは敵だったランカスター公の護衛をしたりもしている。
その任務では黒太子の護衛とも知り合ったりした。

もっとも、肝心の護衛は失敗してランカスター公は重傷を負ったが^^;
敵に回すと強いくせに、味方に回すと弱いこと弱いこと。 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第五回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第五回
 第一回  幕間 第二回  第三回  第四回

レンヌの戦い
またいくつかの戦いを歴て、マスターから声をかけられた。

マスター「よう、まだ生きてたか。フランス軍が兵を集めているぞ。面白い奴が指揮を執るみたいだ。」
フランス軍兵士「ブルターニュ地方のレンヌがイングランド軍の包囲を受けた。至急救援軍を組織する。有志の者は参戦せよ!指揮を執るのはベルトラン・デュ・ゲクラン将軍だ。性格に難はあるが、実力はあるお方だ。」
隊長「・・・思いっきり言っちゃったよ。」
フランス軍兵士「だって台本にそう書いてあったから・・・」
マスター「相変らず意味不明な会話だ。」

イングランド軍はパリへ圧力をかけるために大兵力を動員してブルターニュ地方のレンヌを包囲した。
これに対し、フランス軍の救援部隊は意表を突く作戦をとる。
迅速な攻めで包囲の外側を制圧し、レンヌを包囲するイングランド軍をさらに外側から包囲して見せたのである。
いまや無防備な背を晒す包囲軍へ、フランス軍の攻撃が始まる。 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第四回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第四回
 第一回  幕間 第二回  第三回

マスター「またイングランドの兵士が募兵に来ているぞ。重要な戦いじゃないのか?」
兵士「ブルターニュ地方、ラ・ロシュデリアンに駐屯する友軍が包囲を受けた。これを救援するため国王陛下直々に軍を率いられる。参戦の名誉に預かりたければ名乗りを上げよ。」
隊長「はーい」
マスター「やる気なさそうだな・・」


ラ・ロシュ・デリアンの戦い
ブルターニュ地方北西部に駐屯するイングランド軍が突如フランス軍に包囲された。
ブルターニュ地方北西部はイングランドの勢力圏にあった。
それが突然の襲撃、ましてや包囲をうけるという事態は想定外であった。
フランス軍はこれだけの兵力をどこから手に入れてきたのか、包囲を解くと共に、その謎を解くべくイングランド王自らが救援軍の指揮を執った。 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第三回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第三回
 第一回  幕間 第二回
フランドルの内乱
また一つ戦いを終えて帰ってくると、傭兵仲間から不穏な噂を聞いた。

傭兵「知ってるか?フランドル地方で内乱があったってよ。」

話によるとどうやらフランドル地方の領主が追い出され、イングランドに寝返ったそうだ。 続きを読む

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第二回

BLADESTORM 百年戦争リプレイ 第二回
 第一回  幕間

騎行行軍とクレシーの戦い

この戦いに行く前に、一幕あった。
一つは、辺境の射手マーガレット・・・・ようするに以前エドワードから入隊を断られた少女の依頼で戦闘で有名貴族ばかり狙うのを手伝ったことだ。
どうやらそれによって目立って黒太子に自分の実力を認めさせようということらしい。
さらに、バートからは新兵の訓練を頼まれた。
実戦訓練だ。
幸いにも隊長は剣兵は得意中の得意としているので、容易にこの依頼もこなした。

そして隊長はそれまでの剣兵中心の戦いから、長柄兵中心の戦いに戦術を切り替えた
これは剣兵は敵の先陣に騎兵がいるとなかなか思うように働けなくなるためである。
それに対して長柄兵は剣や槍系の敵に対しては強く、騎馬・戟・斧系の敵を苦手としていない。
弓や短剣、細剣には弱いが、細剣は攻撃力が低く、短剣は攻撃防御共に低いうえにあまり出てこないので、長柄兵だとかなり有利に堯得ることが分かったからだ。
一方防御に徹するなら弓も強い。
それまでの剣兵をレベル25まで上げたのを捨てても、この二つ+騎兵を上手く運用すれば今まで以上に楽に戦える。 続きを読む
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。