QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十九回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十九回

アジュム=カジンを連れてコロルのモドリンの元に戻る一行。

タマネギ「あれ?俺なんで一人に?」
ホカゲ「私は貴方のことが嫌いなのに、なんで話しかけるのですか?」
レン&レイ「・・・・・・・・・・・・・・」

いったい何をしたらここまで嫌われるんだ。
それはともかく、タマネギsはちょっと幕間でテント内に収容してきた。

ホカゲ「勝手について来たがってたくせに、戦闘になると逃げ出す、人の進路を阻む、バイアズーラバイアズーラと五月蠅い、邪魔だからついてくるなと言えば悪態をつく・・・・・。」
レイ「うんうん」
ホカゲ「これのどこに好かれる要素があると?」

レン「そんなことない!タマネギはちゃんと役に立っているよ!」

こんな風に、火炎30秒魔法をかけてサイレントミーュージックで踊らせたり。
obri031203.jpg obri031202.jpg

ミダス魔法で金の像に変えてみたり。
obri031201.jpg 

レイ「お前は鬼か悪魔ですか。そもそも人体実験は禁止・・・・」

レン「レイ・・・何を言っているの?あれはタマネギだよ?」
レイ「・・・・・・?」
レン「誰がなんと言おうと、タマネギはタマネギなんだよ!?(植物の)」
レイ「・・・・・・」
レン「・・・・・・・」
レイ「・・・・・私が間違っていたのです。確かに誰がどう言おうとタマネギはタマネギでした。(いじられ役として)」
ホカゲ「そうね・・・私も間違っていたわ。タマネギさんはタマネギですものね。(人身御供として)」

タマネギ「あの~・・・よくわからないんですけど・・・俺はここにいてもいいんですか?」

レン「当たり前じゃない!(実験台として)」
ホカゲ「貴方のことは嫌いだけど認めてあげるわ(犠牲者として)」
レイ「悪かったのです。誰にもお前がここにいることに文句は言わせないのです。(弄られ役として)」

タマネギ「・・・・グランドチャンピオン・・・・俺・・・・なんだかよくわからないけど、感動しましたっ!!僕はここにいてもいいんだ!!!」

レン「おめでとう。( ̄ー ̄)ニヤリッ」
ホカゲ「おめでとう。( ̄▽ ̄) ニヤ」
レイ「おめでとう。L(-_-) _/☆Ω チーン」


タマネギ「ありがとう」
OBRI031208.jpg 

第十九話

『せっまいテントでバイアズーラと叫ぶタマネギ』




誰かこいつらを止めてくれ。

続きを読む
スポンサーサイト

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 ~幕間~

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 ~幕間~
タマネギsネタを引っ張りすぎるのもあれなので、次回に行く前に、タマネギsをテントに収容することにした。
obri030801.jpg 

レン「ここが新しい住居よ。」
タマネギ「こ・・・・ここっすか?」

ちなみに持ち運べるテントを使用。
どこにでも設置できて便利である。
http://www.4shared.com/file/55893480/7704ce90/_tent023.html
とりあえず自宅の廐に設置。(結局そこか^^;)

続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十八回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十八回
obri030723.jpg 
前回張り忘れた天空城のSS
この城がレンのものになり。
これで湖の豪邸と天空上の主になった。
てか、今回前回以上にSSだらけだったりして。
重かったらすみません。

さて、とんだ寄り道をした一行。
アリアが天空城に留まり抜けて、レン、レイ、ホカゲの三人でブルーマの大聖堂に。

続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十七回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十七回

・・・ラピュタって本当にあったんだね...( = =) トオイメ
obri022812.jpg 
obri022819.jpg obri022813.jpg 続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十六回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十六回

ブラックヴッド商会の不正の証拠を見つけ、ようやく盛り上がってきたかと思ったら、また使い走り生活に逆戻りの一行。
マリカが抜け、新メンバーのアリアと、コスプレのためだけにホカゲを呼びつけと・・・・
もうタイトルを『コスプレエルフ編』と変えた方がいいんじゃないかと思う今日この頃。
何を思ったか、レン、今度は弓を使い始めた。
obri022100.jpg
きっかけは、チェイディンハルの露店で「スターダスト」という強力な弓を手に入れたこと。
攻撃力は+30の火炎と、火炎耐性低下50%とスタミナ低下効果のみで、これだけなら自分でエンチャントした方が強いのを作れるが、チャージが650回分もある。
つまり、乱射していても、途中で「武器のチャージが無くなりました」なんてことも無くなる。

アリア「アークメイジの考えることはよくわかりませんね。魔法の方が弾数制限無し、射程無限、破壊力もあるのに。」
レイ「コスプレエルフは効率よりも趣味に走るのです。」
ホカゲ「アーチャーであるはずの私のこの武装をよく見てもらえれば分かると思いますよ・・・」
obri022101.jpg

アリア「(重装備ホカゲをじっと見て)・・・よくわかりました。」

ホカゲ、得意の弓を没収されて、すっかり戦士スタイルで戦わされている。
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十五回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十五回

マゾーガ「友よ、お前に出会えてよかった。お前が私にしてくれたことを、私は生涯忘れない。」
obri021502.jpg 
モドリンと共にブラックウッド商会の不正の証拠を押さえたレン達。
その後、先にコロル戻ったモドリンを追ってコロルまで戻ったのだが、やり忘れたことがあったのを思い出し、レーヤウィンに逆戻り。

そして、レーヤウィン城に居座り続けているマゾーガと名乗るオークの自称騎士について調べるように、レーヤウィンの伯爵から頼まれた。


時々書いておかないと勘違いされそうなので書いておきますが、このプレイ日記は、ゲーム中には含まれない管理人の脳内会話、脳内設定・・・早い話が妄想に満ちています。
(ゲーム進行にのみ忠実?です。)
くれぐれもご注意下さい。
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十四回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十四回

日が落ちてからモドリンの家に来てくれと言われていたので、夜まで待って行ってみる。

モドリン「よし、来たか。俺たちにはやるべき仕事がある。」
レン「それは?」
モドリン「ブラックウッド商会について調査する。知っての通り奴らは手段を選ばない。危険な存在だ。」
マリカ「何故戦士ギルドは今まで奴らを止められなかったのだ。」
モドリン「ヴィレーナが躊躇しているんだ。アザニ・ブラックハートの時のように俺たちが殺されるんじゃないかってな。」
レン「アザニ・ブラックハート?」
モドリン「その仕事で、俺は20人の部下を率いてあるアーティファクトを取り戻しに行った。だが、生きて帰ったのは五人だけだった。ヴィテルスが死んだのもその事件だ。」 続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十三回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十三回
チェイディンハル・アンヴィルでの仕事を終えて、レン・メル・メア・ホカゲの四人はコロルに向う。
OBRI021101.jpg 
レイ「待つのです。明らかにメンバーが違っていることについて説明がないのですか、このへっぽこ管理人。」

※ssはレン・レイ・マリカ

・・・・思い出すのも痛ましい事件であった。
アンヴィルからコロルに向う途中、クリチャーの群れと、パーティー+通りすがりの旅人+巡回中の帝都兵2名を含んだ壮絶な乱戦があった。
戦闘は、パティー+通りすがり+帝都兵側の勝利。
犠牲者も出なかった。

そしてこの時点では特に喧嘩も起きておらず、全ては終わったと思っていたのだ。

しかし・・・

レンが旅人に話しかけた直後、突然メルが旅人に斬りかかった。
え?

・・・と思っている間に、帝都兵二名ともう一人の旅人が「何をする!?」とばかりにメルを倒しにかかる。
それを見たホカゲがメルを支援すべく割ってはいる。
これはまずい、そう思って喧嘩仲裁魔法をかけようと、思っている間に勝負はついてしまった。
メルはほぼ一人で旅人二人と帝都兵二人を倒してしまったのだ。

ちなみにメアは、おろおろして走り回っていただけだった。

メル「片付いた。」
レン「いや、なんで!?」

・・・・というわけで、メルには4000もの懸賞金が掛けられた。
当然払ってやったので放免だが、あまりにも意味不明で危険だったので、光の剣を返してもらい、現在は自宅の地下室(コンパニオン用施設)に謹慎処分。
メアは監視役として、それに付き添っている。
OBRI021102.jpg 
・・・呑気に昼寝タイムですが^^;
ちなみに人が4人も死んでこの処置は軽すぎるとか思う人もいるかもしれませんが大丈夫。
現実では政治家が脱税してもお咎め無し
・・・・何か妙な雑音が入りましたがそれはともかく。
数日すればこの人達も復活しますから^^;

そして、それに前後して、ちょっと寄り道して、ペルの門付近に来た時に、古橋の近くでレイが倒れているのを発見。
これを保護。

レイ「不覚です。最近のクリチャーは群れるから忌々しいです。一対一なら負けないものを。」

どうやら一人旅中にクリチャーの群れにやられたらしい。
MMMをデフォルトの発生率に変えてからは、他の旅人達も一人での旅は危険だ。
数人の構成で旅をしていても、一人、また一人と脱落者が出て、待ちから街への移動すら命がけである。
最近は行く先々で旅人がクリチャーの屍の山と共に倒れている光景もよく見るようになった。
OBRI021111JPG.jpg 
とにかくそんなわけで、レイと行動を共にすることになった。
レイは魔術師だが、剣を持たせて、剣のアミュレット(ダメージ反射33・剣撃25)を装備させ、服にはシールド呪文をエンチャントしまくっている。
戦いが始まると、結構勇敢に魔法を放ちながら敵に向っていき、接近戦で炎の魔剣を振り回して敵を倒したりと、大活躍である。

マリカさんは、ちょうど前衛が欲しいと思っていたところに、近くを歩いているのを発見。
再び合流した。
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十二回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十二回

今回からMMMの敵発生率をデフォルトにした。
今までは、デフォルトより一つ下だったが、いい加減キャラが強力になってきたので。


しかし、デフォルトにしたらかなり重くなった。
そしてまた、異常終了が増えた。
う~む。
負荷が増えたからだろうか?
念のためにMODの並び順を変えてみたり。
最近はBOSSで並べて、並べられなかったやつは登録して自動で並べさせていたのですが、今回は登録されていないものは手動で。

今までは装備品MODがわりと上の方に来ていたのを、ほとんど一番下の方に移動してみた。
何故か安定した。
・・・・・わかりません。

ちなみに、手当たり次第コンパニオン化魔法ですが、良い感じです。
その後、オブリビオンゲートに入ったりもしましたが、MPC側のキャラが死んでも特に不具合は起りませんでした。
ゲートからも普通に脱出しました。
MPC側にはDo Freeのみで、喧嘩しないように認識させて、あとは余計なことをしなければ、併用も安全そうです(私の環境では。)
obri020603.jpg obi020604.jpg
ちなみにまた魔法陣の盾を新しくしました。
今度はダメージ反射魔法をエンチャントしています。

というわけで、本編に。

続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十一回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十一回

メル「雨・・・降ってきたね。」
メア「そんなことより、いつの間にか一人メンバーが増えていませんか?」
obri020401.jpg 

これは手当たり次第コンパニオン化魔法http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1642.html)で仲間になってもらったマリカさん。

obri020402.jpg 
鎧がブレイズなのでたぶんブレイズの騎士だろう。
おそらくFrom 2ch Livesで追加されたNPCだと思う。

mpcコンパニオンとの喧嘩で死んでしまう問題は、mpc側にこのmodのDo Freeを掛けてやることでお互いに仲間と認識し、喧嘩しなくなるのを確認した。
ただ、mpcにこれを使ってどんな不具合が出るかは、これからの課題になる。
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第十回

さて、新たなコンパニオン制度も導入したし魔法の盾も新しくしたし。
(http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1633.html)
いい加減コロルの戦士ギルドに赴いて、新しい任務を。
020200.jpg 続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第九回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白い悪魔編改 第九回

さて戦士ギルド編を進める前にちょっとトラブルがありました。
少し強い魔法を使えるようにと、訓練とレベルアップを繰り返している合間にオブリビオンの門に入ったり砦に入ったりしていたら、うっかり戦闘中にメルを殺してしまいました(汗  
obri012404.jpg 
ようやく普通に顔を出せるようになった白い悪魔さん。
・・・・もうほとんど関係なくなっていますけど^^;

obri012402.jpg
今回の最終兵器。
やはりこの剣は巨大だ。


続きを読む
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。