QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 最終回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 最終回
今回のベストショット
obri2010-11-01-02.jpg
決戦前の日没。
綺麗だ。



【旅の終わり】
obri2010-1011-01.jpg
レン「ふう・・・もうこのまま楽園に留まっていたいわ...( = =) トオイメ」
レイ「バカですかおまえは。どうしてこんな異常空間がいいのですか。」
続きを読む
スポンサーサイト

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第11回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第11回

今回のベストショット
今回は動画で。

[広告 ] VPS


LAMEの追加魔法・隕石シャワー(私はメテオシャワーと呼んでいます。)
自分も吹っ飛ぶこの威力(笑
魔法には強いレンの体力が半分になるほどの威力。
屋外専用。
使い所は・・・・・強力&広範囲無差別なので、ネタ以外ではないです(笑



【タマネギさんが牢から出てしまう(つД`)】
レン「ふふふ・・・・・ついに夢がかなったわ・・・・」
ナタリー「どうしたんですかレンさん、不気味な笑みを浮かべて」
レン「管理人の無駄な努力の成果で、ついに私の夢だった私専用、タマネギの牢獄+拷問装置+タマネギの楽園が完成したのよ!」
ナタリー「・・・・・・・・・・」
 obri2010-1011-01.jpg obri2010-1011-02.jpg

ちなみにどんなものかはこちらに。
http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1874.html

ラクウェル「なんというか・・・最近の貴方を見ていると、シェオゴラスのほうがまだましだったような気がするわ・・・・」
ナタリー「それはシェオゴラス的には喜ぶんじゃないでしょうか。」
リラルカー「いいんじゃね?被害はタマネギだけだし。」
ラクウェル「そうか、そうだったわね。」
ナタリー「タマネギさんならしょうがないですね。」
タマネギ「・・・・・?」

相変わらずの扱いだった。

続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第10回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第10回

今回から難易度バーをちょっと上げてみました。
これでぬるかったらさらに上げます。

今回のベストショット
obri2010-1006-022.jpg 
新規加入のナタリーさん。
丁度良い光源とアングルで撮れた。


謎のポーズで寝ているテント妖怪(笑
バッファ開放で失敗したのかな。
obri2010-1006-03.jpg



【帝国橋の宿内の変】
聖騎士の遺物も、残すところあと二ヶ所。
レン達は、コロルを出てレーヤウィンに向うことにした。
が・・・神々に面倒くさい試練ばかり科せられて、少々不機嫌なレンは、わざと気分転換に遠回り。

帝国橋の宿で出会ったリスリニアンの要請を受けて、彼がブランブルポイント洞窟に落としてきた、研究ノートを取ってくることにした。

新たな仲間、ナタリーをいつの間にか加えて。

ラクウェル「こじけの理由さえなく、いきなり加わったわね。」
メア「よほどはまったキャラなんでしょうね。」

しかし、前衛が一人、後衛が三人、役立たずが一人と、かなり変則的なパーティーになった。 続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅~幕間2~

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅~幕間2~

【難易度上げて小タマネギと実戦訓練】
このキャラと仲間達も強くなりすぎて、潮時かな、そろそろ新キャラにすべきかなとか思ったり。
しかし、そこでふと、そういえば、オブリビオンには難易度バーというものがあって、難易度を調整できるのを思い出しました。
昔、知らぬ間に動かしていて、なかなか勝てずに不思議に思っていたらこの難易度バーがうごいていたことが。

というわけで、ちょっと難易度バーを動かしてみました。
obri2010-1005-01.jpg 

レン「というわけで、今日は実戦形式の訓練だ。邪魔が入らないようにテントの中で行う。」
テントの小タマネギ「あ?俺は今食事中なんだよ?」
obri2010-1005-02.jpg 

テントの小タマネギ「あおっ!?」
obri2010-1005-03.jpg 
まいど、テントの小タマネギは毒リンゴの後遺症で死んだ。

というわけで、普通の小タマネギと戦闘。

続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第9回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第9回

今回のベストショット
obri2010-10-03-013.jpg
さすがタマネギ、豪快な死にっぷりだ。



【寄り道、寄り道、また寄り道・・・・】

聖騎士の遺物も、残すところあと二ヶ所。
レン達は、コロルを出てレーヤウィンに向うことにした。

途中、また橋の上のタマネギの様子を見に行く。
obri2010-10-03-001.jpg
レン「ほれ、拾ってきたボールだ。」

飾り付けの助手で固定したボールが、ものを入れられなくなってしまったので、代わりに拾ってきた。
他に『不衛生な肉』×2と『犬肉』×1と『安物のワイン』×3と『スクゥーマ』×1を置いて行ってやる。
obri2010-10-03-002.jpg 
橋の上のタマネギ「もぐもぐ・・・うまいうまい・・・」
レン「これでしばらく盗みは働かないだろう。」
メア「もう肉が一つになっていますよ。」
レン「はやっ!?∑(゚ロ゚;)」

どうもこいつは「バイアズーラ、バイアズーラ」言い出す度に行動がリセットされるらしく、その度にまた食糧を取る。

レン「よし、これ以上なくならないうちに退散だ!!」

ところで気づいたが、飾り付けの助手は、別に固定しなくても、単純に並べやすくなるのでそういう使い方でも充分便利ですね。
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第8回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第8回

今回のベストショット
obri2010-1003-01.jpg 
街道で遭遇したメルと百獣のぬこが敵と戦っている場面。
静止画だとわかり辛いが、メルの動きが華麗だった。
ぬこは相変らずだったが(笑
というか、メルはあの鎧が似合うなぁ

ところで今回からPCのメモリを増設して6Gになりました。
(3.25認識で拡張+2.74)
拡張領域をZドライブにして、ここに仮想メモリを指定したところ、オブリの長時間プレイでも重くならなくなりました。
尚3Gスイッチと4Gパッチは導入済みです。(でないと意味がない)
ただ、これでも一定時間が経過すると、突然落ちます。



【面倒くさい神々】
ウリマルの復讐を阻止すべく、聖騎士の遺物を捜しに旅に出たレン達は、遺物の一つである兜を手に入れた。
そして、過去に同じく遺物を探して志半ばにして果てたアミエル卿の日記から、鎧は彼らの騎士達の拠点であるナイン修道院にあることがわかった。
そこは、現在地からは遙かに離れたスキングラット方面の辺鄙な土地であった。

というわけで、途中自宅や帝都に立ち寄って荷物を整理してから、レン達はナイン修道院を目指す。

ラクウェル「街道がないわね」
レン「道を捜しながら進むしかないわ。」


結局道らしき物は見つからずに、森の中を、途中砦に潜ったりしながらのんびりと移動。
そしてマーカーを頼りに、ようやく目的地に着いた。
obri2010-1003-02.jpg 続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 ~幕間~

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 ~幕間~

本当は本編行くつもりだったのが、面白い場面に遭遇したので。
というわけで、今回のベストショット。
obri2010-0930-12.jpg
橋の上のタマネギ、ガードから羊肉をスリ取ることに成功。
脱兎のごとく逃げる瞬間(笑


【ガード対橋の上のタマネギ 】
アヴァロンを出ると、正面近くの岩場に腰掛けている見覚えのある人物がいた。
obri2010-0930-01.jpg
レン「ダリアさん?」
ダリア「あんた、こそこそした人だね」
レン「il|li _| ̄|○ il|li」
ダリア「あら、お久しぶりですね。メルさん。」
メル「わあー、無事だったんですか。最近見ないので、MMMの大量沸きモンスターに殺されたのかと思ってましたよ。」
ダリア「あら、私は不死設定ですよ。」

確認してみたら、確かに不死設定にしていた。
自分でも忘れていたが、どうやら死なないように以前MCSで変えていたらしい。

レン「ポツーン・・・・・」
ラクウェル「なんというか、これも日頃の行いの成果?」

続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第7回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第7回

アンヴィル教会目指して移動中。
現在ようやくクヴァッチ手前くらいまで来たところ。


現在のパーティー
・レン
obri201009-26-01.jpg
プレイ日記の主人公。
ミスティックエルフの魔法使い。
魔法だけは無敵だが、他のスキルはそうでもない。
性格があれなために、活躍のわりには人望がない。


・ラクウェル
obri201009-26-02.jpg
戦士ギルド員。
後ろ姿がやたらに目立つ。
種族は・・・・ノルドかなにかなのかな?
なんだかんだ言いいつつ、レンの我が儘に付き合ってやる面倒見のいい奴。
武器が戦慄の島で手に入れた「神経粉砕器」のためか、攻撃力はかなり高い。 


・メア
obri201009-26-03.jpg
ロボエルフというちょっと変った種族。
レンと同じく肌色が真っ白。
ヒーラーなので基本、回復魔法と支援魔法が得意で、戦闘は苦手。


・グアー
obri201009-26-04.jpg
つい最近仲間入りした。
http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1858.html
荷物持ちから戦闘までこなす可愛い奴。
タマネギいらず。


・タマネギ
obri201009-26-05.jpg
植物。


今回のベストショット
obri201009-26-23.jpg 
アヴァロン湾口の朝。
とても美しい。
重いけど^^;

obri201009-26-33.jpg
そして生えてくる途中のタマネギ。
やはり植物だったか(笑


【巡礼とバグのジュリアノス】
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第6回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第6回

今回のベストショット
obri2010-0925-12.jpg
ガード対タマネギ。
ガードとはすっかり仲が悪くなってしまった。

obri2010-0925-11.jpg
何故かタマネギダンスを披露するテントの小タマネギ。

※ところで、レンの装備している メイドアーマーですが、以前紹介した記事のリンク先が消滅していることに気がつきました。
探してみてもどこもリンク切ればかりだったので、再配布は問題ないようなので、私のところで保管することにしました。
http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-category-45.html
ちょっとアップ容量上限の関係で、分割していますけど。



【こそこそした人がアンヴィルを目指す】
アリア「アンヴィルですか・・・・私はもうちょっとアヴァロンについて調べたいことがあるので。」

というわけで、アリアとはあっさりと別れることに。

レン「うー・・・こんなことならフェイをキープしておくんだった。」
リラルカー「そんなことだから、真っ白けとか言われるんだぜ!」
ホカゲ「私もアヴァロンを見に来ただけなんですよね。」
レン「えー、ホカゲさんまでいなくなったら、私はモンスターに袋にされるわ。」
ホカゲ「あなた、一人の方が強いでしょう。」

誤爆の気兼ねなく超強力魔法ぶっ放せるからな(笑

まあ、アンヴィルまでは長い道のりなので、偶然誰かに会うのを期待しよう。
会わなかったら、適当に理由こじつけて拉致(笑
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第5回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第5回


今回のベストショット
こんな座りポーズもあったらしい
obri2010-0923-17.jpg 
後ろで小タマネギが物色中(笑


余談だが、前回改造したリラルカーはクレイモアタイプが使いにくかったので、重量と攻撃力を減らして速度を上げた。

重量35 攻撃力35 速度0.6000
これでもオリジナルに比べると遅いが、まあ両手で振り回していて違和感がないし、強すぎない。

あと、ものすごくどうでもいいことだが、テントの小タマネギの名前を「テント妖怪」に(おい
obri2010-0923-18.jpg obri2010-0923-19.jpg
いやまあ、一時の気まぐれです(汗



朝になってテントを出て、村の様子を見る。
obri2010-0923-01.jpg
レン「うわー、ユニコーンだ。生きているのは始めて見る。」

そういえば、以前はミノタウロスに殺されてたな。
続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第4回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第4回


今回のベストショット
obri2010-0922-05.jpg 
勇敢な小タマネギ。
一人でこれを全て倒した。
今回は大活躍だった。
obri2010-0922-12.jpg 
ベストショットではないけど、食糧を物色中のテントの小タマネギ。
おまえ、今回はそんなことしてる場合じゃないんだけどな(汗


【霧の村へ】(アヴァロンMOD)
氷の召喚剣も作れたし、次は何をするべきか。
ちょっと雨が降ってきた。
橋の上に行ってみる。
橋の上のタマネギが、雨の中ぽつんと突っ立って、獲物を探していた。

レン「・・・・・・・(-_-;)」

小タマネギ「教会が襲撃されたのです。」
レン「あー、そういえばそんな話もあったわね。」
小タマネギ「なんと恐ろしいことでしょう」
レン「そんなことより、私の手元に、何か入っていたわ。」

初代アヴァロン大公ペンドラゴンの書簡だ。
なんでもアヴァロンに忠誠を誓った霧の村の民の集落に行き、そこにあるペンドラゴンの祠デイの利を捧げよとのこと。

霧の村への入り口は南部国境港付近にある洞窟だそうだ。
しかし、そこはマーリンによって守られている。

レン「ふ~ん、私を試そうってわけね。」
ホカゲ「マーリンって、あの伝説の魔術師ですか?」

ペンドラゴン・マーリン・アヴァロン・カリバーン・エクスカリバー、これだけ揃っていれば、やっぱりそういうことなのだろう。

レン「今、強力な魔法を封印しているけど、行ってみましょう。」

まあ召喚剣も充分強力だけど魔力と攻撃力はそこそこなので問題ないだろう。



・・・・で、ここで最悪の事態が。

今回追記覧に書いた本文が、全部消えてしまいました。
しかも、気がついたのがメモ帳に書いてあった本文を削除してしまった後。

最悪です。
というわけで、以下は記憶に頼ってかなりダイジェストで。

続きを読む

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第3回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第3回

アヴァロンを見て回った後、レンは念願のミダス魔法の氷の召喚剣を作る素材「氷のロングソード(+20)(強)」を求めて旅をすることにした。
ちなみに今回はSSの枚数が異常です。
重かったらすみません<(_ _)>

今回のベストショット
相変らず地に伏せています(-_-;)
obri2010-0920-01.jpg 
obri2010-0920-35.jpg

そして、やはりオブリビオンの景色は綺麗だ
obri2010-0920-02.jpg 続きを読む
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。