QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付喪堂骨董店5

付喪堂骨董店5 御堂彰彦 電撃文庫

tuku5.png
 
第一章 幸運
幸運を呼ぶバングルの話
このシリーズ第一章は、よく騙されるので注意。
まあ、今回も騙されました^^;

・バングルが二つある
・幸恵が嘘をついている

この可能性は考えたんですけど、作中で幸恵は一つしかバングルをしていないことと、、幸恵が嘘をついていないことは来栖が「心声」で確認している。
で、真相はバングルも持ち主も二人いたという。
しかも双子落ち^^;
いきなり双子が出てきたらツッコミ入れるところですが、実は幸恵と思われた人物が同一人物でない可能性を臭わせる場面はいちおうあったんですね。
普通に読んでたらスルーしてしまいそうですが。
というわけで、今回も敗北しました(-_-;)

ところでいちいち焼き餅を焼く咲が可愛い(おい
あと、伏線と思われる謎の二人組登場。


第二章 希望
厄災の壺に隠された真実。
それは、母が子を守ろうとする物語だった。
・・・切ないなぁ・・・・これは。
ただこれ、真実を忘れると、また壺のことを調べようとして・・・
という無限ループに(おい

・・・・・まあ「世界は愛に満ちあふれている」とか言われちゃうと、大人げなくもつっこみたくなっちゃうんですけどね^^;
せっかくいい話なのだから、物語は美しく終わらせておきましょうか。


第三章 言葉
二章から繋がっている話。
こちらは母に捨てられた子が真実を知り、それを守ろうとする話。
来栖と咲は壺の中から、古代ギリシャ?
(巫女の名がパンドラ、子の名がピトスなのでたぶんそうだろう)
に行ってしまった模様。
ところが、咲は何故かその光景を知っている様子。
どうも巫女が厄災を世に放ってしまった後の世界の話になっているらしい。
それにしても咲は何故この世界から帰るのを躊躇ったのか?
※というか咲はもしかしてカ・・・・・・

第四章 本音
「これであなたもデートマスターになれる!」
なんて本を買ってんだ^^;

待ち合わせでとっさに出た言葉が
「いらっしゃいませ」
ちょ・・・・咲のボケが面白すぎです^^; 



今回はまた咲の正体に関わる伏線がちょっとだけと、あと新たに謎の二人組登場。
そしてどっかでアンティークを売りまくっている謎の店主も健在の模様。
このありたが今後どう絡んでくるのか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1064-ca90f272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。