QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHAOS; HEAD NOAH

感想まとめです。


というわけで、エログロ18禁なので、あまり詳細は語らずにさらりと流します。
・・・PC版は18禁じゃなかったのになぁ・・・・

とりあえず、1週目はPC版と同じく本編のラストで梨深に殺されてオープニングと同じ展開になるルート。
ただ、この1週目でも、各キャラや細かい部分の台詞や展開に違いが見られるのでPC版をプレイした人でもシナリオが好きならプレイする価値はあり。

2週目からは、これがもう、面白い。
今までPC版では語られなかった部分や、裏の部分までフォローしている。
で、現在の進行状況と感想。

・本編1週目ルート・・・やはりシナリオは秀逸。あと、拓巳の声優さんの熱演ぶりがいいな^^;
得に七海の幻が消えてしまった時の絶叫は、拓巳の心情を思いっきりよく表現できている見事な絶叫です^^;

二週目以降
各キャラルートへの入り口は、一章から三章の間にある。
妄想トリガーが出たら、そこでポジティブ・何もしない・ネガティブのいずれかを選ぶと選択肢現れる場合があるので、次々と出てくる選択肢に正解すればそのキャラのルートに行ける。



・こずぴぃルート
こずぴぃには期待していたのに・・・・なんて殺生な(つД`)
・・・ほんとに殺生なんですよ(え

・七海ルート
ここまでやって、各キャラルートはバットエンドしかなさそうと気がついた。
しかし・・・よく考えれば、このエンドは二人にとってはハッピーな気がしないでもない。
妄想の存在どうしだし、お似合いだったりして。
なかなかのシナリオ。

・セナルート
今のところ、各キャラルートでは一番出来が良い。
最後は・・・えっ?あの人が?・・・という終わり方でした。

・あやせルート
今までクリアしてきた、こずぴぃ・七海・セナとは違って、ラストの演出の気合いの入りようが違う。
本編ラストほどではないにしても、それに似た熱さを感じました。
しかもハッピーエンド。(二人にとっては)
・・・・・ここに来て、はじめてハッピーエンドに来ましたよ(-_-;)
しかし・・これを見ると、やはりこずぴぃ、セナ、七海の扱いが不憫ですね(-_-;)
果たしてこの後どうなるのか。

・優愛ルート
これもハッピーエンド?
ただ、本編で綿密なシナリオが展開されているのに、こちらではいろいろとおかしなところが。
優愛と美愛の○○はともかく、最後にいきなり当然のように能力使っている拓巳は・・・・あれっ?
という感じでした。

・梨深ルート
ある意味裏ルートとでも呼ぶべきか?
本編では語られなかった将軍と梨深側の視点がかなりフォローされている。
クライマックスの「その目誰の目」は強烈。
さすがに本編メインヒロインだけあって、シナリオ的にも違和感が少ない良い出来。


・SilentSkyルート
PC版のAルート。
最初は必ずこのエンディング。

・CryingSkyルート
PC版の、その目誰の目ルート。(Bルート)
その目誰の目フラグを全て出すと行ける究極のバットエンド。

・blue skyルート
PC版のAAルート
真のエンディングとでも言うべきか。
PC版との大きな違いは、他のエンディングを全てクリアすると、タイトルから直接このルートに行けるのと、各ルートのシーンなども入れたり、ディソードが7本集まったりと、いろいろシナリオに修正が加わっていて、今まで長時間スキップして各ルートクリアした人には若干の達成感がある^^;
・・・それでも、ここまで来るのが大変すぎる。
スキップもっと速くならなかったものか・・・・・


その他感想
スキップが遅すぎです、このゲーム。
PCだとマシンパワーで強引にいけるのですが、こちらは各キャラルートの条件を開けてから、そのキャラのルートに入るまで、一時間~一時間半くらいはスキップ続けなければ入れません。
これは繰り返しプレイ前提のゲームではかなりきついです。

追加要素については、正直期待はずれでした。
本編の綿密さに比べて、唐突感が大きすぎるのと、シナリオに無理を感じるのと。
というか、こずぴぃのあの扱いが不満なだけですけど^^;

・・・・冗談は置いておいて、真面目に書いても、本編と違和感なかったのは、梨深、セナくらいでしょうか。
特に梨深編のクライマックスの「その目誰の目」は鳥肌が立つ出来。
あやせはラストの演出が良かった。
七海は可愛かった(こら
このくらいでしょうか。

PC版では見えなかった物語の裏が見えるのは良い。
ただ、総じて微妙でした。

もっとも、この評価はPC版プレイ済みなため、かなり厳しくなっているとは思います。
どうしても比較してしまうので。
CG、音楽、本編シナリオは非常に秀逸なので、PC版未プレイなら、PC版以上に強化されたCG、演出、シナリオは、このジャンルが好きな人にはたまらないものがあるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1137-f21fc272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。