QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢想灯籠 初日

というわけで、待ちに待った夢想灯籠が着弾しました。
ちなみに昼頃には着弾していたのですが、いざ始めようとしたら、PSPのシステムアップデートが必要と言うことで、まずシステムアップデートから・・・・・・
と、思ったら、電池残量が足りないそうで「充電して下さい」と言われてしまい、先に進めませんでした。
・・・・まだ二目盛残っていたのに駄目なのか・・・・・

とにかくしばらく充電のために放置。
電源繋いでも充電が終わらないとシステムアップデートしてくれないらしいので(笑

その後、やる気を削がれてしばらくボーっとネット巡回。
先ほどようやく気力復活してこれから始めようかと言うところです。



夢想灯籠・公式サイト
夢想灯籠がどんな感じのゲームかは公式を参照してもらうとして、初回限定版のパッケージの大きさに驚きました。
いえ、PCゲームの箱並にでかかったので^^;
PSP本体が4つくらい入りそうな大きさでした。

とりあえず、起動してみました。
どうやらまずは現代から始まるらしい。
基本このゲーム、立ち絵無しで一枚絵とカットインのみだそうで、その分CG枚数が半端でないそうだが、そのあたりも気になるところです。

ちなみに最近ではこのてのゲームのデフォである音声も無し。
BGMとSEと文章とCGのみの演出になります。

・・・・始めてすぐにCGが多いいんだなというのはわかりました。
冒頭に殺される役のキャラだけでこんなに出てくるのか^^;
・・・・ちょっとグロかったですけど(-_-;)

音声が無いですが、演出はそのぶん頑張っていますね。
にしても本当に冒頭からどんどんCGが出てくること^^;
ちなみにPCで公式を見ていた時は味のあるCGだと思っていましたが、さすがにこの画面はちょっと小さくて
化け物に殺されたカップルのあとは、その化け物と日本刀持った謎のおっちゃん(一徹)との対決。
謎のおっちゃんというより主人公の父親か^^;
もう一人ごつい坊さんみたいなのも出てきた。
こちらは大護朗。
すごい名前ですね(汗
ヒロインの一人、舞の父親らしい。
どうやらこの二人は自らの意思で鬼退治の使命を背負ったらしいが・・・

・・・・・・これ次世代機の超絶綺麗CG+大画面でやりたいよ(つД`)

オープニングが終わると場面は変って栄重村。
なんでも毎年この村では灯籠流し祭りというのがやられるらしいが、
今年の委員は20歳になった主人公の鷲志と舞と将一だそうだ。
さっそく最初の選択肢
・・・・・面倒なことは二人に任せてしまおうとか考えている主人公・・・・

・・・・熱血系かと思ったら、案外適当な人ですか?^^;

・顔を洗う
・道場に行く

・・・道場に行け!
と、中の人、もしくは第三視点の私が選択してみる。
すると将一と会って稽古になった。
どうやらこの二人、道場主の代理が務まるほどの腕らしいです。

ここからカードバトル。
ちょっと忘れていたが、戦闘はカードバトルらしい。

配られるカードは5枚で、それぞれ
攻撃カード1~5
防御カード1~5
必殺カード1~5
キャラクターカード

とある。

攻撃カードと防御カードはそれぞれ数字の分だけ攻撃や防御が出来る。
ようするに数字が大きいほど有利というわけ。

防御カードは必殺技の威力を半減させ
必殺技カードは複数枚あると同時に使用され、そのぶん威力が上がる。

キャラクターカードはプレイヤーだけが持っている特殊カード。
キャラ事に特殊な効果を発動するらしい。
さらに使用するとそれとは別に相手の全ての攻撃を防ぐそうだ。
ちなみに誰が助けてくれるのかはストーリー展開次第だそうだ。
・・・・ようするに、好感度次第ですね^^;

攻撃カード同士だと数字が大きい方が差分だけダメージを与える。
防御カード同士だとお互いに間合いの取り合い状態で何も無し。

防御カードと攻撃カードの場合は数字の差分攻撃を防ぐ。
同じ数字なら引き分け。

必殺技カードと攻撃カードの場合は必殺技カードの勝利。
必殺技カードと防御カードの場合は数値に関係なく必殺技の威力半減。

・・と、チュートリアルが終わったところで、将一とのスパーリング行ってみよう。
・・・・というか、これもチュートリアル戦みたいなものでしょうね^^;

・・・余談ですが、カードバトルのヒントを読んだら・・・・
相手も一応思考はしているが、せいぜい攻撃タイプ、防御タイプ、バランスタイプの3パターンくらいだそうです^^;
まあ、カードバトルはおまけでしょうから。
それにしてもこのヒントの文章がなにげに面白いのですが
「私」って・・・このヒントの人は誰設定なんでしょう?^^;

ちなみに相手のカードも見えるので、それでだいたい相手のタイプは判断出来るそうだ。
ちらにヒントの人は将一がバランスタイプだと教えてくれた。
・・・・一番やっかいなタイプですね。
しかも将一は、初めてのプレイヤーにぶつけるようなものではないほど0強いんだそうです。

よし、前置きが長くなったが、行くか!

こちらのカードは・・・・
防御3 攻撃5 防御1 攻撃2 攻撃3

将一は・・・・
防御2 攻撃3 防御3 攻撃1 攻撃2

・・・迷わず攻撃5で先制。
将一は防御2だったのでいきなり大ダメージ。
楽勝ムード。
次は将一の攻撃カードの最高が3なのでこちらは防御3を出してみる。
相手も防御3で引き分け

将一に防御5が来たので、様子見で攻撃1
相手は攻撃3で負け

見ると将一のカードが防御3枚に偏っていて、攻撃は2枚でしかも1と2
ならばこちらも弱いカードを消費しておこう。
攻撃2将一は攻撃1
防御1将一は防御4

現在の手持ちは
攻撃3 攻撃3 防御4 攻撃4 防御3
将一が
攻撃2 防御2 防御5 攻撃3 攻撃4

・・・・ここは防御3
将一は攻撃2
防御4 将一は防御2
う~ん、ここは思い切って攻撃4
はい、防御4で防がれました(-_-;)

ここで必殺カードが回ってきた。
遠慮無く使ってしまおう。
将一は防御1
これは効くんじゃないかと思ったら・・・・微々たるダメージ。
もしかしてまだ必殺技が弱い?
攻撃4 防御5で弾かれる。
防御5 防御3
攻撃3 防御3
防御4 攻撃3

・・・・均衡が崩れん^^;

攻撃3 攻撃4
やられた。
防御3 攻撃2
攻撃3 攻撃3
防御2 攻撃4
そろそろお互いに手札が無くなってきた。

防御2 攻撃5
・・・・やばいなぁ・・・・(-_-;)
って、将一の新たな手札が4とか5ばかりなんですけど?(-_-;)

攻撃2 防御5
こちらにも新たな手札が来た。
攻撃5 防御3
防御4 防御4
防御5 攻撃2
防御3 攻撃4
攻撃4 攻撃4
攻撃3 防御3
防御3 攻撃2
攻撃3 防御3
防御4 攻撃3

・・・・ここにきてこちらの手札
攻撃2 攻撃1 防御1 防御2 防御2
・・・詰んだ(-_-;)

攻撃2 攻撃1
攻撃2 防御1
攻撃3 防御2
・・・なんで?
あちらは強いカードを持っているのに^^;
まるで負けてくれているようだ。
ちなみにCOMはこちらのカードは見ないで思考しているそうです。

防御3 防御3
ここで必殺カードが手札に出てきた。
こちらは他のカードは1と2ばかり、将一は全て3以上4とか5が多い。
必殺使うしかない(-_-;)
しかもこの後は手がない。

どうせまた微々たるものなんだろうな・・・
必殺 防御4
と、思ったら何故かそこそこのダメージ。
・・・僅差で勝った・・・・

長かったな・・・・・・
ちなみにカードバトルが終わっても、物語の中の戦闘は続いていたりする。
互いに相手の隙を突き、隙を見せたと見せかけて技を放ち・・・
なんてことを繰り返しながら、相討ち寸前で二人の勝負を止めたのは舞だった。
結局引き分け。

・・・・ちなみに真剣勝負だった。
刃は無いけど、竹刀でさえ防具無しで全力で当ったらかなりのダメージなのに、達人並の腕で鉄の塊で相手を打ったら刃がなくても骨をやられそうなのだが^^;
昔の人はよく木刀なんぞで練習出来たなとか思ったり。

それにしても将一に勝てたってことはこの先も安心ってことでいいのかな?
そんなところでセーブ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1160-0ec86143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。