QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢想灯籠 一週終了

あれっ・・・何かもう一週してしまいましたよ。



過去編は尹治公呰麻呂の乱の頃の話し。
苅田麻呂の制止を無視して征東軍に参加しようと一人で蝦夷の地まで来た田村麻呂は、途中で蝦夷に追われ「流」と名乗る若者に手も足も出ず負けて捕らえられてしまう。
しかし、連れて行かれた村では、まるで客人のように扱われた。
村の長であるという女性、アルは田村麻呂に朝廷とのとりなしを頼むと申し出た。
このサカエムラは呰麻呂には加担せず、朝廷との争いは望んでいないようだ。

ちなみにこのゲームでの呰麻呂は何故か女性です^^;
田村麻呂はそれを引き受け征東軍の参謀・藤原大黒麻呂に書簡をしたためる。
そして、村で過ごすうちに田村麻呂はアルにすっかり惚れてしまったが、アルは流と婚約していたそうだ。
やがて大黒麻呂からの使者が来て、朝廷への口添えを約束してくれた。
喜んで大黒麻呂の元へ行く流と田村麻呂だがそれは罠だった。
朝廷にも見放され敗色濃厚な大黒麻呂たちは既に朝廷を裏切り蝦夷に付いていたのだ。
そして二人が留守の間にサカエムラは大黒麻呂の軍によって滅ぼされていた。

・・・おいおい。

ここまでで過去話終了。

てか、肝心のアルがどうなったかは語られていないな・・・
そして各務に強制的に元の世界に戻された鷲志は、自宅で目をさますが・・・・

舞の剣の舞と各務が鷲志を元の世界に戻す時に舞っていた舞と似ていることに気がつく。
もしかしたら何か関係があるのかも知れない。
そして舞のことを調べ、ついに舞と将一と三人で灯籠世界に行くことに成功する。
そしてそこにいた各務に、夢の続きを見せられる。

村を襲ったのは呰麻呂。
村人は事前に事を察知したアルによって山の中へ避難していたが、アルは捕まって湖に連れて行かれたようだ。
しかし湖に行くと、そこには夥しい朝廷軍の屍と蝦夷の屍があった。
捕らわれたアルを見つけた流と田村麻呂はそれを助け出そうとするが、呰麻呂は二人の前で鬼の姿になる。
鬼の前に為す術もなくやられる流と田村麻呂。
アルは二人を助けるために大黒麻呂の言うとおり「扉」を開けてしまう。
田村麻呂と流は助かったが、アルはその後行方不明。

その後、流と田村麻呂は化け物に対抗できる刀を作ることに時を費やす。
そういや将一の家系は鬼を斬るための刀を作る鍛冶の家系だったが、それと関係あるのだろうか。

呰麻呂鬼vrを倒した二人だが、大黒麻呂の目的は死者の国を支配してその軍団でこの世をも蹂躙することであった。
そうして大黒麻呂は二人の前で巨大な三頭の竜に姿を変える。

・・・・大丈夫、太祖(九頭)よりは少ない(こら
竜に手も足も出ない二人だが、ここまで二人を導いてきた謎の声にアルが正気に戻り、
邪竜の動きを封じるか後一歩というところで力尽き、流が竜に捕まってしまう。

予定が狂った竜は、流を助けたければもう一度扉を開けとアルに言う。
そして自分はあちらで眠りにつき、その間、朝廷と蝦夷を争わせるのだという。
為す術がなくなったアルは扉を開く。
つまりアル=各務?
その力で、竜に取り込まれかけていた流の残った魂が飛んだ。
それが坂守鷲志。

ちなみに田村麻呂はその後京に戻り、大黒麻呂の計画を潰すべく蝦夷討伐に乗り出す。
そしてサカエムラの人に協力して鬼退治をするようになった。
という話らしい。

話が終わって三人を帰そうとする各務だが、
当然ここは各務を連れて帰る!


それからいろいろあって、
具体的には各務と舞の稽古を毎日見学していた(おい
現在話はさらにややこしいことに。
登場から怪しさ満点だった灯と巴は鬼だった。
もっとも、灯は各務に懐いていて、巴は竜に忠実。
鷲志に襲いかかるが、攻撃型のため弱い。
強いカードから積極的に出してるので、読みやすい。
攻撃を防御し続けて、溜った必殺やキャラクターカードで一気に倒せる。

巴の攻撃を封じるが、各務と灯の懇願により、巴を逃がす鷲志。
しかし、この戦いを隼人に見られてしまった。
隼人は鬼の姿に驚くこともなく、むしろ嬉しそう・・・・

そしてある日、真琴の取材が終わって送っていく時、鬼に襲われ、それを倒した後に、隼人が山の中で人を殺しているのに遭遇する。
連続殺人鬼の正体は隼人だった。
そして隼人は鬼は美しいだとか何かわけ解らんことを言って、巴を手に入れるとかほざいて去っていく。

ちなみに隼人はかなり強い。
何故か過去の世界で見た流のような動きをする謎の人。

その後巴と戦って翻意させたり、舞がさらわれたりして、鷲志、将一、一徹、大護朗、各務、巴、灯の全員で舞を取り戻しに灯籠世界に。
助け出した舞も加わっての総力戦の末、竜を倒して終わり。

・・・あれっ?(・_・?)

一週のプレイ時間10時間もなかったような?
う~ん、久遠の絆のような深いシナリオを期待していたのですが、何かキャラの行動原理はわかりやすく、描写も単調で、心理描写がかなり弱かったような気が・・・?
敵も安っぽいというか。
竜に貫禄を感じなかったというか。
いまいち盛り上がりに欠けました。
う~ん、絵に味はあるのですが、キャラもシナリオもいまいちな印象が・・・・

いや、しかし待て、これはたぶん舞エンドだから、まだ真のエンディングには行っていないはず。
隼人も置いてけぼりだし^^;

クリア後の特典の映像鑑賞を見ると
オープニング
舞ハッピーエンディング
バットエンディング
となっている。
これは確実にまだ何かありそう。
きっと本筋から離れている。
とにかくもうちょっとやってみますか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1164-87d582ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[趣味雑談]日付は参考用です。

いつも一日くらいのズレがあります。原則として、当日の日付は前日の事ですが、追加記事として当日のものも混在しています。気にしないでくださいね。 というわけで、今晩(22日)は、実験予定です。技術職員が戻ってから実験を開始します。今は18:34ですが、まだです。 し

  • 2009/03/22(日) 19:43:36 |
  • 久遠の絆ファンサイト はてな

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。