QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語(下)攻略中

bk.png
化物語(下) 西尾維新 講談社BOX
下巻に収録されているのは
第四話なでこスネイク
第五話つばさキャット

今回は第四話。
・・一度PCが落ちて消えたんですよね・・・・(-_-;)



第四話『なでこスネイク』

新規登場人物
千石撫子・・・阿良々木の妹の昔の友達。今は疎遠になっている。
大人しく無口で人見知りが激しい。
お笑いの要素はなく、ある意味今までの登場人物で一番まともな性格をしている。
忍野の依頼で神社に向かった阿良々木たちと偶然再会するが・・・・・

解説&感想
忍野の依頼で神社に向かった阿良々木と神原は山頂に向かう途中の石段で一人の少女とすれ違う。
それは阿良々木の妹の昔の友達、千石撫子だった。
そして神社について一仕事終えた阿良々木たちが発見したのは、刃物で五等分にされた蛇の死骸だった・・・・

前ページの約3分の1を使って書かれている。
相変わらずの馬鹿トークも健在だが、どうも物語重視の比率も高くなっている。
しかしそれが悪いわけではない。
阿良々木の葛藤や、忍野の別の(?)一面なども見えて、薄っぺらなキャラが演じるよりは、物語にも深みが出てくる。
だが、どうしても馬鹿な掛け合い目的で買った私としては、少々物足りなさを感じる。

いつもは皮肉と嫌味を織り交ぜた説教と説明を長々と続ける忍野だが、今回は、あっさりと撫子に救いの手を差し伸べる。
今までの『被害者』は全て自分から怪異に首を突っ込んだ『加害者』でもある。
いわば、怪異とは共犯関係にあった。
しかし、今回の撫子は違う。完全な被害者である。
「誰かの悪意によって狙われた被害者にまで自己責任を求めるほど、僕は狂っちゃいない。」
とは忍野の言葉。
なにか分かったような顔をして、自己責任という言葉を連発する偉そうな人たちに聞かせてやりたい台詞である。

阿良々木の心理描写も、第3話あたりから多くなってきている。
誰にでも優しいいい人という周囲の評価を、「無個性を評価されちゃって」「無責任」と自己批判していたり、この話のクライマックスでは、撫子を救うだけなら必要は無いのに、あえて怪異と対決し「お願いだから、ありがとうなんて、そんな聞くに堪えない言葉・・・言わないでくれ。僕に、お前からそんなことを言ってもらう資格はない。僕は、あろうことか・・・お前を呪った人間までも、助けようとしていたのだから。」
と、独白をしている。

手当たり次第に人を助けようとするのが無責任だと指摘されても、それがわかっていても、忍野のようにはなれない。
忍を見捨てれば完全な人間に戻ることが出来るとわかっていても、それをしない。
阿良々木は、確かに無責任に優しいのかもしれない。
忍野がいなければ、たぶん誰も救えずに共倒れになっていたのではないだろうか。
出来もしないことに首を突っ込んで、悲惨な結末を迎えていただろう。
だが、そんな阿良々木を無責任なキャラと感じないのは、やはり阿良々木自身がそれをわかっていて、葛藤しているからであろう。

で、肝心の馬鹿トークだが、今回は神原がメイン。
どうも戦場ヶ原はキャラ的に出てくると身も蓋もなく、物事を一刀両断して解決してしまいそうな所があるので、使いにくいのだろうか。
それとも、単に神原が使いやすいだけか。
確かに、今回さらに芸風を増やした神原は、動かしやすいキャラになってはいる。
ちなみに、阿良々木の各キャラの評価はこうだそうだ。

忍→高慢横柄(過去)
忍野→軽薄皮肉
羽川→説教指導
戦場ヶ原→暴言毒舌
八九寺→慇懃無礼
神原→甘言褒舌

う~ん、なかなか的確ですね。
というか、八九寺は結構毒舌も使っているように感じましたが^^;
スポンサーサイト

コメント

相互リンクのお願い

 はじめまして、アニメ・マンガ・ライトノベルのレビューを検索するサイト
アニマライトを運営する高橋と申します。

 このたび、貴サイト「徒然なるままに・・・」を訪問し、化物語をはじめライトノベルレビューを楽しく拝見させていただきました。とらドラシリーズは最近買ったので、なるほどと頷きながらレビューを読ませてもらいました。

 今回お願いがあるのですが、もしよろしければ相互リンクをお願いできないでしょうか。

 取り急ぎなのですが、こちら側で貴サイト紹介ページを用意させていただきました。
http://www.anima-light.jp/?PAGE=reviewer_info&SRC_ID=468

 現在、当サイトでは取り扱い作品数853、検索可能レビュー数は57707、
定期巡回サイト数は2329です。今後、データを充実させアクセス数を向上させてゆく予定です。

 お忙しい中恐縮ではありますが、相互リンクについてご検討頂けると幸いです。
 
 サイト紹介文の変更などご希望がありましたら、お気軽にお伝え下さい。
 support@anima-light.jp
 
 それではどうかよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
ANIMA-LIGHT
URL : http://www.anima-light.jp/
EMAIL : support@anima-light.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
相互リンクの件、了承しました。

ご覧のとおりの駄文だらけの混沌としたブログですが、こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します。

  • 2007/04/20(金) 21:02:14 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #I4t1ZHtI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/123-47d0ce3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。