QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"文学少女"見習いの、初戀

"文学少女"見習いの、初戀 野村美月 ファミ通文庫
bn201.png
短編集はおおいにありうると思っていましたが、まさか本編後のほぼ続編という形でこれだけ長い話が出るとは思っても見ませんでした。


本作は文学少女本編の後日譚・・・・というよりはほぼ続編に近いほどのボリューム。
なにしろ、この巻で完結していないですし^^;
本編が終わって、遠子が去り、心葉達が3年になってからの話し。
主人公は表紙になっている日坂菜乃。

実は文学にはまるで興味がなかったのに、心葉狙いで文芸部に入った強者^^;

あの完璧なまでに綺麗に完結した本編エンディング後からこの展開は、正直「それはないだろう」と思う人もいるんじゃないだろうか。

単なる後日譚ではなく、続編と言ってもいいほどの本格的な話になっています。私は面白ければ続編も大歓迎なのですが、さすがにこれは読んでてそう思いました

それでも内容が面白ければokです。
文芸部での日坂の天然なボケっぷりが笑えました。
名文を次々と執筆していましたね(笑

既に敗北した琴吹さんや、ラスボス改め、すっかりただのツンデレと化した美羽様もなにげに登場する。
琴吹さんは、心葉達と関わっていた頃よりも恐くなってませんか?
相手が日坂だからか?

まあ、相変らず超マイペースの芥川君が笑えましたが(笑

ちなみに今回の題材は曾根崎心中でした。
近松門左衛門といえば、文学に疎い私でも名前は知っていますね。
というか、歴史の授業で出てきたかな?

・・・・私も日坂レベルですみません(汗
スポンサーサイト

コメント

No title

地元大阪に住むオジオンです(^^;
まだ未読なのですが、とりあえず書けることを

近松門左衛門は現在の文部科学省の定める学習指導要領により、小学校の歴史教育で採り上げることが推奨されている42名の歴史人物の一人です
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301b/990301i.htm

まぁ、私らの頃とは随分様変わりしているのですが。
そういう訳で、清く正しいファミ通文庫のメインターゲット層である中高生は多分、知っていると思います。知っていると良いなぁ~

あと、近松門左衛門といえば歴史好きとしては『国姓爺合戦』が外せないところ。現在も衰えを知らない「ifもの」の嚆矢の様な存在で、かつスケールが大きいのも良いですね。
・・・まぁ、呉三桂が「明の忠臣」だったりとかツッコミどころはいっぱいありますけど。

  • 2009/05/07(木) 06:06:41 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

No title

近松門左衛門→東海道中膝栗毛→「それは十返舎一九だろ!」なんて感じでテストに出るので名前と作品名をひたすら暗記して、テスト前に友人と答え合わせをしていた記憶があります^^;

>国姓爺合戦
私は南宋以降の中国史はほとんど知らないのですが、これは明末あたりの物語ですか。
歴史ifものというと、良くできている物は史実と違っていても、それを含めてかなり面白いですからね。
何か調べたら、その後続編書いてもあまり人気無かったとかいうところもリアルですね^^;

  • 2009/05/07(木) 09:45:51 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1248-86c618e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。