QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンタリアンの書架1

ダンタリアンの書架1 三雲岳斗 角川スニーカー文庫
darian01.png 
この本を読んだ後、何故か揚げパンを探してしまった人は正直に白状しましょう。

・・・すみません、私です<(_ _)>

というわけで、揚げパンが食べたくなる本です(違う

この世の知られざるべき悪魔の知識が封印された『幻書』。
その幻書を封印した図書館『ダンタリアンの書架』の管理人、ダリアン。
祖父の遺産である蔵書の全てを受け継いだ青年ヒューイ。
このダリアンとヒューイの二人が幻書を巡って繰り広げられる様々な事件に関わるダークファンタジー。



幻書を手にした物はその力を得ると同時に、殆ど必ず不幸な結末を迎えるようですね。
そういえばダリアンに認められていたヒューイの祖父ですら最後は殺されているわけですから。

ちなみにダンタリアンというのはソロモン王に封印された72柱の悪魔の一人だそうで、やはり本を持っていたり、人間に叡智を授けたりするそうです。

この本を手にしたきっかけは、幻想工房でタイトルを見かけてからタイトルが気になっていました。
いえ、ちょっと栞っち(書架のウルスラ)や、とあるインデックスさんを思い出したり(汗
その他、ダリアンの性格や口調が翠星石似だったり、姿もちょっとだけ面影があったり(こら
設定が付喪堂骨董店にちょっと似ているのも興味を引かれました。

どの話しも基本、幻書を手にした人間は、その力に溺れて破滅するか不幸になるパターンが多い。
ある意味救われない暗い話しばかりなのだが、一方で、口が悪く、何かあるとヒューイを罵り、でも甘い物には目が無く、簡単に食べ物に釣られる翠星石ダリアンと、それをさりげなく流すヒューイとの掛け合いが、物語の暗さを吹き飛ばすくらい絶妙な清涼剤になっている。


第一話「美食礼賛」
美食家と料理長のお話し。
いきなりダリアンの揚げパン炸裂です。
すみません、もうダリアンがいればいいです。
ところで、思わず士郎の母親が雄山の○を雄山に食わせているところを想像してしまった私は・・・(-_-;)
かなりグロいです。

第二話「血統書」
いろいろ救われない話です。
人間って・・・・と

第三話「叡智の書」
あっさりめの話です。
ある意味不幸ではないようで、不幸なのだろうか。
悟りきってしまった子供って・・・(-_-;)
「人間の方が猿より勤勉とも幸せとも限らないのです」
というダリアンの台詞が印象に残った。

断章一「独裁者の書」
ある独裁者の話。
ダリアン達は出てこない。
ここにちらっと出てくる幻書を渡した謎の少女はいったい・・・?

第四話「仕掛け絵本」
ダリアンとヒューイの出会いが描かれている。
とにかくダリアンを懐柔するにはまず食料だと(違う、いや違わない?

断章二「天寿の書」
あるおじいさんの話し。
ダリアン達は出てこない。

第五話「焚書官」
これもダリアン達は出てこない。
ある街で焚書官ハルと謎の少女フランが幻書を追って焼く。
フランはどうも『読姫』ダリアンとは対の位置にいる存在ぽい?
ダリアンが幻書の管理人なら、どうもこの二人は幻書を燃やして回っているらしい。

でも、フランのキャラがあまりにもぶっ飛びすぎていて、今まで読んでて、どちらかというとこの作品には「静」の雰囲気を感じていたのですが、作品の雰囲気が、一気に変ってしまった印象。
何か、なんでこんなキャラにしてしまったんだろうと^^;
それまでとても良い雰囲気の話が続いたのが、急にどこにでもある現代風ラノベになってしまったと感じた。
話しそのものはちょっといい話?
みたいな感じなのですが・・・・・


ところで、ちらっと設定が付喪堂に似ていると書きましたが、あまりしつこく他作品をあげて比較してどうこういうのもあれなのかもしれませんが、私が興味を持ったきっかけの一つでもありますし、ちょっとだけ書かせていただきます。
毛色が似ている作品という意味で言うと、総じて、本来手にするべきでない禁断の力や知識を手に入れてしまった人間の救いようのなさとか、しょうもなさとか、心の闇とかは、それをメインテーマにするなら、付喪堂の方が上手く表現出来ている(徹底している)かなという印象がしました。
その分救われない感も強いですけど。
あくまでも私の感覚で、です。

もちろん、この作品にはこの作品にしかない良さがあります。
ダリアンのキャラが可愛すぎ。
何かダリアンが揚げパンにかじりついている姿が文章からありありと浮かんでくるくらいキャラは魅力的に書けています。
ヒューイとの掛け合いも絶妙ですね。
これは今のところかなり好感触の一冊です。

ちなみに『このボケナス』と、ヒューイをなじるのもこんな感じでした。
※帯より
darian00.png

そういえば・・・・結局揚げパンなかったな・・・・・(-_-;)
(本当に探してたのか^^;
スポンサーサイト

コメント

No title

揚げパン・・・ 小学生の頃は給食に出ていましたね~

>ダリアン
個人的には、彼女の
 「是(イエス)」
という言い回しが気に入っていたりします。

てか、先行しているのに1巻レビューは先を越されてしまいました(-_-;

  • 2009/05/23(土) 23:41:34 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

No title

何かいろいろなところのレビューを見ていると、話は暗めなのに、やはりダリアンが可愛いので大丈夫的な感想が結構ありますね。
もちろん私もですが。
というか、この話はダリアンのキャラ無しでは面白さも半減してしまいそうですし。

>「是(イエス)」
普段の子供っぽい立ち回りと、時々長く生きている悪魔らしい台詞を言ったりと、そのギャップもいいです。
それにしても・・・・揚げパンって売ってないですね^^;

  • 2009/05/24(日) 09:47:59 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1276-60b668ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。