QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・三國無双5Empires リプレイ 諸葛亮編 第一回

真・三國無双5Empires リプレイ 諸葛亮編 第一回
というわけで、気軽に行ってみましょう。
力入れると、途中で力尽きるので^^;

今回は
・難易度普通
・シナリオは乱世(ランダムで君主や武将が配置される)
・武器引き継ぎ
・初っぱながら師匠と弟子が弱いので(笑)開始時に10000金追加でやります。

・武将プレイ
ただし、最初に諸葛亮+仲間を入れたいので、一端諸葛亮を君主にして配下を選択して始めてから配下を引き連れて在野に下ります。

使用武将
・諸葛亮
そのまんま、無双武将の諸葛亮

仲間・馬謖
そのまんま雑魚武将の馬謖^^;

お助け仲間キャラ
・山田さん(攻撃型)
エディット武将・私のリプレイではお馴染みのあの人。
和風鎧装備で馬超モーション(斬馬刀のような巨大剣)
特に強くなかったり^^;

・高綺(標準型)
エディット武将・無双4リプレイに登場した強い護衛武将。
既に武器レベル10・その他いろいろ付属効果付きの超強力助っ人
モーションは曹操

こんな感じでスタートします。
ここの設定とか能力は、設定項目が多くて大変なので省きます。
まあ、ほとんど武器依存ですから^^;

この他にも作ったエディット武将も勝手に出てきます。


というわけでシナリオ乱世で、まずは洛陽に一端諸葛亮と配下を置いてから、配下を引き連れて下野。

まず最初に、洛陽には全ての店があるので、スキル工房で諸葛亮の能力を上げておく。
とにかく初期値ではきつい。
まずは能力値を三段階・スピードを二段階。
これで所持金の残りは900になった。

189年 2月
諸葛亮「さて、それではどこに行きましょうか。」

どうせなら、気に入った主君の所に行きたいものだが。
現在は

北平・・・賈詡
平原・・・黄蓋
洛陽+晋陽・・・淳于瓊
北海・・・春姫(エディット)
濮陽・・・皇甫嵩
下邳・・・胡車児
許昌+襄陽+江陵・・・呂蒙
合肥・・・張角
建業・・・黄忠
柴桑・・・貂蝉
会稽+交阯・・・典韋
長沙・・・韓浩
零陵・・・袁胤
長安・・・賈逵
漢中+天水・・・劉
西涼・・・劉曄
永安・・・馬元義
成都・・・呂岱
南中・・・閻象

山田さん「やっぱり貂蝉様だよなっ!」
高綺「同じエディット+超性能武器の春姫がいいんじゃないかと」
馬謖「みなさん何言っているんですか。君主を選ぶ時は天下万民のためを考えなければ。」
高綺「では誰が良いと?」
馬謖「漢室復興のためには、劉殿にすべきです。」
諸葛亮「今、馬謖が良いことを言いました。
しかし私は賈詡殿をおちょくりたいのです。」
馬謖「なんじゃそりゃーーっ!?」

とりあえず、この候補から、どれにするか、サイコロ振って決めることにした。
それぞれが20面サイコロを振って、一番大きな数字を出した人の推薦する君主に仕える。
というわけで

諸葛亮・・・・19

諸葛亮「すみませんね。もう決まりましたよ。」
山田さん「いかさましてないだろうな・・・・」

馬謖・・・・18

馬謖「くっ、さすが師匠、一歩及ばず。」

山田さん・・・・20

山田さん「・・・あれっ?」
馬謖「おおっ!?」
諸葛亮「そんな馬鹿な、どんないかさまをしたのです。」
山田さん「してねえよ。」

高綺・・・・9

高綺「うん、普通です。それにしてもみんな気合い入ってましたねぇ。」

というわけで、取り決め通り、山田さん推薦の
柴桑の貂蝉の元に行くことになった。


189年3月
諸葛亮「この諸葛孔明が天下の大計を披露しましょう」
貂蝉「あなたが来て下さるとは、頼もしい限りです!さっそく軍議を開きましょう!」
諸葛亮「では・・・」
貂蝉「あなたにはまだ発言権がありません。」
諸葛亮「なにっ!?」
貂蝉「あなたにはこの任務を。」

作戦伝達の任務を仰せつかってしまった。
依頼主は張遼。
よくわからないが、成都まで行って指定時間内に特定の味方武将に親書を渡すらしい。

諸葛亮「何故私がこのようなパシリを・・・」
高綺「最初はみんなそうなんですよ。」

そう、出世しないと軍議にも口出しできない。


189年4月
諸葛亮「では、こんな任務は華麗に片付けますか。」

戦闘には、任務戦闘と、討伐戦闘がある。
次の軍議が任務戦闘は開かれるまでに達成できればよい。
討伐戦闘についてはまた後ほど。

馬謖「成都まで来ましたよ。」
副将「これを孫堅殿の元に・・・」
諸葛亮「では高綺、さくっと片付けて来なさい。」
高綺「いきなり私に頼るんですかっ!?」

まだ弱いもん。
ちなみに高綺はレベルは1だが、武器は強いのを引き継いでいるので最高のレベル10。
さらに
武器効果
旋風回避(回避の時に周囲に衝撃波を出す)
真乱舞(無双乱舞が真になる)
精霊印(属性攻撃が強くなる)
真空攻撃(攻撃範囲が広がる)
一閃(一定確率で雑魚が一撃死・武将は大ダメージ・超強力)

特殊技
氷刃(氷結の衝撃波を出す)
潜伏(奇襲時に敵の攻撃を受けない限り見つからない)
分身(分身して複数攻撃・地味に凄い)

高綺「でも私は足は普通なんですよね~」
諸葛亮「しまった・・・」

制限時間は2分。

高綺「とにかく仕事ですから、全力で行ってきます!」
馬謖「さすが護衛武将。職人ですね。」

敵副将「待てい!」
高綺「待ちません!」

敵は全て無視して全力で孫堅の方に。
桟道を渡り、崖を飛び降り、あと少し。

馬謖「残り時間1分!」
諸葛亮「余裕ですね。全て計算通りです。」

しかし、そこで孫堅が突然進軍しだした!

高綺「わあぁぁぁー逃げるなーっ!?」
馬謖「・・・・これも計算通りですか?」
諸葛亮「愚問ですね。」
山田さん「(どっちの方向に愚問なんだろう・・・)」

なんとか無事に追いついてクリア。

孫堅「ふ・・・・よく追いついたな。」
高綺「足遅いですね。」
孫堅「・・・・・・・」

とにかく、無事任務達成。
功績と、いくばくかの謝礼をもらった。

貂蝉「素晴らしい戦いでしたね!」
諸葛亮「全て計算通りです。」
高綺+馬謖+山田さん「(どこがっ!?)」

貂蝉「なんという武勇・・・・心を奪われそうになってしまいました。貴方には褒美を授けましょう。」
諸葛亮「その手は通じませんよ。もらえる物はもらっておきますが。」
高綺+馬謖+山田さん「(もらうのかいっ!!)」


所持金が増えたので、とりあえず武器をレベルアップ・・・

馬謖「柴桑には武器屋がありません。」
諸葛亮「もちろん、計算通りです。」
高綺+馬謖+山田さん「(絶対嘘だ!)」

189年5月
軍議は3ヶ月おきなので、それまでは任務を達成してしまうと、他のことをすることになる。
イベントや戦闘で何かできないか確認してみよう。

諸葛亮「討伐戦闘しか出来ないようですね。では、私も初陣と行きますか。」
馬謖「ついに師匠の勇姿が見れるのですね。」
諸葛亮「この諸葛亮の知略、見せて差し上げましょう。」

まだレベルが低いので、とりあず無難に一番簡単そうな
小華山賊討伐を選ぶ。

諸葛亮を操作キャラに、他の仲間を連れて出陣。

民「山賊が村を荒らして困っているだ!助けてくんろ!」
諸葛亮「ええ、そのために来ました。」

とりあえず、敵がいそうなマップ上に行ってみる。

商人「ああ、そこの人、ちょっと助けて下さい。」

商人が襲われていた。

諸葛亮「いいでしょう。」

軍師団扇(違う)で、さくさくと敵を倒す。

諸葛亮「この程度では敵ではありませんね。」

ちよっとここで軍師ビームの出し方の特訓。
諸葛亮はこれがないとつまらない。
▲(強攻撃)2回押しで出るらしい。

諸葛亮「・・・よし。」
民「おおーい、助けてくれーーっ!!」

そんなことをやっている間に、別方向の民がやられかけていた。

諸葛亮「大丈夫、今助けてあげましょう。軍師ビームっ!!」

諸葛亮の前面の空間に円が出現。
そこから光り輝く光線が一直線に伸びる。

山田さん「おおっ、すげえ!」

斜線上にいた雑魚が一瞬にして消える。
掠った山賊も倒れる。
起き上がってきたところにさらに一発。
しかしはずれ。

諸葛亮「・・・照準が狂っているのか。」

結構難しい。

とにかく倒した。
そしてマップ上に、山賊の頭目が出現。

面倒なので、出会い頭に一発炎刃(炎ダメージ)を撃つ。
さらに、羽扇でぺちぺち叩いて倒す。

諸葛亮「終わりましたか・・・・」
民「おおいーっ、助けてくれーーっ!!」
諸葛亮「手のかかる人たちですね。」


またそいつらを倒すと、ついに山賊の頭が出現。

王甫「俺が相手だ!!」
諸葛亮「・・・・落ちぶれましたね┐( -"-)┌ヤレヤレ」
王甫「うるさいっ(つД`)」

諸葛亮軍師ビームが炸裂する。
倒れる王甫。
起き上がってきたところに、さらに一発。

高綺「やあっ!」
山田さん「とおっ!」
王甫「おおっ!?」

二人の攻撃で王甫が後退して、軍師ビームは外れた。

諸葛亮「あなたたち、何故私の邪魔をするのです。」
高綺「これが仕事ですから。」
山田さん「敵が目の前にいると、体が勝手に。」
馬謖「私も行くぞ!」
諸葛亮「いいでしょう、ならば、徹底的に軍師ビームです。」

普通に戦えよ。

王甫「くっ、これでは私の知略が発揮出来ん。」

王甫は撤退していった。

諸葛亮「敵将、討ち取りました。」
民「ありがとうございました。助かりました。」
諸葛亮「全て私のおかげです。」

この戦いで、また謝礼と功績が上がり、さらに武芸が磨かれ、今後は侵攻戦において若干攻撃力が上昇するそうだ。
こんな感じに、討伐戦闘では、謝礼や功績の他に、能力や特殊効果がついてくることがあるので、やっておいて損はない。

たぶん次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

No title

お疲れ様です。
どうも猛将伝によくある修羅モードと既存のエンパが組み合わさった感じですね。
従来のエンパよりは面白そうに見えますが・・・。

まぁ、新コス・新モーションに魅力を感じないのがあれですが・・・。
ただ、貂蝉のエロさは認めますけど(笑)

ちなみに、エディットって作った分だけ全員出せるんですかね?
あと既存のように顔ありと顔なしで出撃数制限があったりとか。

  • 2009/06/15(月) 21:53:28 |
  • URL |
  • 国士無双 #RFphBmaY
  • [ 編集 ]

No title

王甫・・・・・・ (つД`)

 新リプレイ、お疲れさまです。まさか再び高綺嬢の活躍が見られるとは・・・・・・。あと、山田さんこんな所にいたなんて(でも能力は普通なんですね)。
 面白そうなゲームだとは思うものの、アクション系がどうもダメでして。つか、PCしか持っていないんですが。『三國志12』に望みを繋ぎたいところですが、仮に出ても退化していそうな気がします (^_^;)

 リアルでバタバタしているのですが、木陰さんのリプレイで楽しく逃避させていただきたいと思います。

  • 2009/06/15(月) 22:44:39 |
  • URL |
  • Barbal #L.zFf.1o
  • [ 編集 ]

No title

■国士無双さん
修羅モードよりは面白くて、4エンパよりは戦略性がないって感じですね。
個人的には、実機イベントを復活して、イベント戦闘も復活してくれればとりあえずは満足だったのですが。
戦闘そのものは、ちょっと敵が多すぎて埋もれて見えなくなることがありますけど、結構面白いです。

>新コス・新モーション
これは全然納得できません。
元々ネタキャラだった張郃とかはいいのですが、全員がネタキャラになってしまったかのような気分で、さすがに引きました。
ただ、劉備の雌雄一対の剣とか、孫尚香の武器が弓だとか、そのあたりは逆に良かったとも思います。
ただ、全体的に、なんでこんなにしちゃったんだろうという印象です。

個人的には貂蝉のエロさよりも孫尚香の可憐さが(黙れ

>エディット
作っただけ出せるというか、出すか出さないかしか選べないので、出せば全員出ます。
在野で登用されないままというのはありますけど。

>出撃数制限
・自分
・無双武将(エディット)3人
・顔無し3人
まででしたね。
これは変りません。
ちなみに今回は倒しても倒しても復活してきます。
本陣を制圧しても構わず復活してきます^^;

■Barbalさん
あまりネタを考えるのに時間をかけると、そのままやる気がなくなってしまいそうなので、思いつきで高綺と山田を入れました。
山田は作ったばかりなので、全然強くないんですよね^^;
一応攻撃型+馬超モーションなので、同レベルでは強い方だとは思いますけど。

このゲームは面白いですけど、アクションは基本ボタン連打でどうにかなってしまいます。
ただ、やはりアクションが苦手だと辛い部分がありますね。
三国志12は・・・・もう諦めた方がいいのかもしれませんね。
コーエーもやる気がなさそうですし^^;

個人的には9PKが一番でした。
11は、最初からPK並の完成度だったら、あそこまで叩かれなかったと思います。
正直、あそこからさらに武器とかアイテムを煮詰めてくれればよかったのにと。

  • 2009/06/16(火) 19:47:26 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

No title

>国士無双さん
すみません、出現制限のところ、私の勘違いでした。
正しくは無双武将4人まで(君主含む)の計八人までです。
間違った情報を書いてしまい申し訳ありませんでした。
訂正させていただきます。

  • 2009/06/21(日) 11:01:46 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1325-84a5bab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。