QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・三國無双5Empires リプレイ 諸葛亮編 第四回

真・三國無双5Empires リプレイ 諸葛亮編 第四回
第一回/第二回/第三回

190年7月
イベント覧がとんでもないことになっていた。

・張角に仕官する
・馬謖と義兄弟の契りを交わす
・高綺と婚姻を結ぶ
・胡軫と仲間の誓いを立てる
・旗揚げする

仕官と旗揚げはいつもあるのだが・・・・

馬謖「わ・・・私が諸葛亮様と義兄弟!?」
高綺「あー、私が魅力的なのはわかりますけど、仕事なのでこういうのは・・・」
諸葛亮「安心なさい、私の方から願い下げです。」
馬謖&高綺「それはそれでムカツキますね(^_^メ)」

191年6月
そろそろいいだろうということで、またどこかに仕官することにした。
現在は河北の黄蓋と皇甫嵩、中原から揚州にまで広大な勢力を持つ張角、長安から西涼までを支配する劉が大きな勢力だ。

諸葛亮「張角に仕えるのは管理人が嫌がりそうなので、ここは長安を支配する劉殿の下に行ましょう。」

劉は現在領土数NO2。

劉「先生!よく来てくだされた!」
諸葛亮「梯子を外された恨みを晴らしに来ました。」
劉「(まだ根に持っていたのか!?)」
諸葛亮「ご心配には及びません。劉様のことは持ち上げるだけ持ち上げてから梯子を外すつもりですから。」
劉「アナタハ、ホントウニ、コウメイセンセイ、デスカ(゜◇゜)」


ちなみに現在諸葛亮の武器には強奪や落石の「特殊技」がついている。
特殊技は一閃などの常時発動の「付加効果」と違って、コマンド入力で発動するが、この強奪がかなり使える。
攻撃がヒットするたびに金が入るので、敵が多いところで粘ると金がどんどん増える。

191年9月
イベント覧に「丞相 張飛の派閥に参加する」とか出ていた。

諸葛亮「・・・私には劉様のお考えがさっぱりわかりません。」

とりあえず保留。

そして軍議
劉「宴会しよう」
諸葛亮「宴会などしている場合では・・・・」
劉「先生に発言権はありません。」

またか。
そして徐州の民警護の任務を受けた。


10月
イベント覧に月英と仲間の誓いを立てるというのが出てきた。

諸葛亮「いいでしょう。やはりあなたは私の下にいるべきです。」

ちなみに仲間は在野でないとなれないので、月英は黄忠から解雇されたって事だろうか^^;

月英「共に歩み、己の進むべき道を見つけると致しましょう。」
馬謖「ところで、仲間キャラは三人までなので、一人外さないとなりませんが・・・・」
馬謖&高綺&山田さん「・・・・・・・・・・・・」
諸葛亮「では、最近空気になっている山田さんを放逐します。」
山田さん「なんだよ今回の俺(つД`)」

思いつきで入れただけなので、正直何も考えていませんでした<(_ _)>

ちなみに月英のレベルは11。
今まで在野で惰眠をむさぼっていた諸葛亮は9だったり。

11月
馬謖「愚鈍な君主を頂く臣民の不幸を考えよ。君主として立つべきは、そなたではないか!」
諸葛亮「脳は大丈夫ですか?今、華佗を探させていますから・・・」
馬謖「イベントです、イベント!」
諸葛亮「主君を裏切ることなど出来ません。梯子を外すのは相手を高見にまで上り詰めらせてからです。」
劉(ひいぃぃぃっ!?(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル)


192年1月
そしてまた次の軍議
劉「宴会をする!」
馬謖「駄目だこいつ。」
諸葛亮「まあ、今回の任務は侵攻戦だったのでよしとしましょう。」
月英「勝てるのでしょうね?」
諸葛亮「今度は大丈夫です。スキルで能力を4段階目までアップした上に、落石の特殊技も持っています。」
スペックだけでは勝てないことは高綺が証明したが。

今回の侵攻戦は襄陽。
諸葛亮の任務は味方武将の護衛。
イベント覧に鎮南将軍・許褚の派閥に参加するとか出ていたが、保留。
というか、張飛と許褚が同じ勢力にいて、しかも派閥争いしているのか^^;
恐るべし、劉陣営。

馬謖「この国が滅ばないのが不思議です。」

建業侵攻戦・味方武将護衛任務

劉軍

諸葛亮
劉
高綺
月英
呉懿
蒋幹
楊柏
馬謖


張角軍
周瑜
郝萠
朱光
向朗
辛ピ
曹植
木鹿大王

・・・・あれ、8人いる。
もしかして雑魚武将は4人までだったとか?
あるいは君主は数に入れないでよしだったとか?
どうも以前書いた7人までというのが私の勘違いで、無双武将は4人まで(君主含む)で合計八人だったようです。
というか説明書にそう書いてありました<(_ _)>


月英「目的は呉懿殿の護衛ですか」
諸葛亮「では、私のことは放って置いて、全員で呉懿殿の護衛について下さい。」

というわけで、仲間には呉懿護衛の指示を出しておく。
もちろん自分も呉懿の護衛に行く。

馬謖「周瑜に不穏な動きがあります。」
諸葛亮「では、私が撃破してきます。」
周瑜「私が相手になろう!」
諸葛亮「ふっ・・・・・・・」
周遊「何がおかしい!」
諸葛亮「貴方は永遠に私を超えられないのですよ。落石!」

諸葛亮の落石が発動。
ちなみに周囲の地形は平坦な城の一角。
空中から人の大きさほどの巨大な岩が次々と降ってくる。

敵兵「うわあぁぁーーー!?」
周瑜「これは落石というより、メテオストーム!?」

計略と言うより魔法だった(汗
しかもハイレベルな。

諸葛亮「分身!」

分身した諸葛亮が周瑜を叩きのめす。

周瑜「あ・・・相変らず非常識なっ!撤退!」

周瑜撃退。
周瑜の奇襲を退けた諸葛亮の見事な知略によって、劉軍の士気は上がった。

馬謖「知略!?」
高綺「どうみても魔法です。」
月英「あなたも似たようなものでしょう。」

周瑜を撃退して、開始直後の奇襲の危機は去ったので、月英を呉懿の護衛から外し、諸葛亮の護衛に付けて進軍。

ちなみに諸葛亮が最初に侵入した敵拠点では火計が発生するようになっている。
討伐戦闘で火計計の任務をこなすとこの能力がつく。
的は混乱し、さらに諸葛亮の特殊技で岩まで降ってくるので、敵拠点はパニック状態。

諸葛亮「ふはははは!」
馬謖「なんか悪役みたいですね。」

このタイミングで張角軍には荀らが援軍として登場したが、諸葛亮に強奪の餌食にされた。
この調子で行く手に現れる敵を次々と撃破し、拠点を制圧していった。

月英「素晴らしいお働きです。日頃の鍛錬の成果が出たのでしょう。」

まあ特殊技とか武器の効果とかは金で買ったのだが(汗
そしてとうとう残すは敵本陣のみ。

諸葛亮「とりあえず、制圧まで管理人は書くのをストップして操作に集中して下さい。」

はい(-_-;)

本陣には敵がいっぱい。
強奪を発動してさらに分身・無双乱舞。
金が舞いまくる。

諸葛亮「ふはははは!稼ぎ時ですよ!」
王甫「私が出るしかないようだな!」
諸葛亮「山賊の頭目が何か用ですか?」
王甫「張角様に拾われて大将になったんだよっ(つД`)」
諸葛亮「えせ宗教の犬になるとは、どちらにしても哀れな┐( -"-)┌」
王甫「くそう、口では勝てないっ(つД`)」

気がつけば、高綺、月英、馬謖、呉懿らも集まって、最後は王甫袋叩き。

王甫「撤退(つД`)」

ついに諸葛亮・初勝利。

陳武「お前の武名、陣中にとどろいておるぞ!俺も負けられないな!」

何か陳武が対抗意識を燃やしていた。

諸葛亮「私と張りあうつもりですか。」

この手柄で、諸葛亮は昭文将軍に昇進。
軍議での発言権が得られた。

馬謖「せっかく発言権が得られたのですから、どっかの派閥に入ったらどうですか?」

派閥に入っていると、進言を潰されそうになった時とかに、支持してくれたりするので便利だ。
ただ、許褚と張飛の二択というのが・・・・

諸葛亮「そんなのに属するくらいなら、馬謖と義兄弟の契りを交わします。」
馬謖「嬉しいですけど・・・その理由はなんなんですか(つД`)」

次の軍議
劉「宴会だ!」
馬謖「本当に駄目だこいつ。」
劉「君には橋の死守という任務を。」
諸葛亮「お待ち下さい。ここは洛陽に侵攻しましょう。」

ようやく軍議に口出しできた。

楊弘「何を言うか!」

楊弘が反対した。

劉「ふむ、進言を却下する。」
諸葛亮「(梯子外そうかな・・・)」

ちなみにいつの間にか派閥が楊弘と蒋幹になっていた。
張飛も出てくるから、どうも派閥というのは沢山あるらしい。

次の軍議
劉「武器レベルを上げよう。」
馬謖「目覚めた!?」
劉「先生は許昌に侵攻してくれ。」
諸葛亮「どうしたんですか、脳は大丈夫ですか。」
高綺「いや、いくらいきなりまともになったからって(汗」

この戦いでも諸葛亮は艾の奇襲を看破。
もはや敵無し。
ちなみにいつのまにか龐統が味方にいた。

諸葛亮「ふははは!強奪で稼ぎまくりでしたよ!」

強奪は敵の沢山出てくる戦場だと本当に儲かる。
こうして稼いだ金や財宝で武器に真乱舞(無双乱舞が真・無双乱舞になる)と真空攻撃(攻撃範囲拡大)をつけた。

龐統「あんた本当に諸葛亮か。」
馬謖「強盗みたいですね。」

そして192年2月
幾多の作戦を一緒に行って親身になった諸葛亮と月英が婚姻。

月英「私は密かに確信していました。あなたとなら共に乱世を歩めると・・・」
諸葛亮「愚か者呼ばわりされましたけどね。」
月英「(∩゚д゚)アーアーきこえなーい」
諸葛亮「・・・・・」

・・・・・とにかく婚姻した。

次回に続く
スポンサーサイト

コメント

No title

人数制限の訂正については了解しました。
今回はちょっと多いですね。
しかし、今回の諸葛亮は魔法まで使えるんですか(違

とりあえず、諸葛亮がいちいち盗賊っぽいですね。
この破綻した諸葛亮が分身して近づいてくるのを想像したら噴きました。

  • 2009/06/21(日) 16:55:43 |
  • URL |
  • 国士無双 #RFphBmaY
  • [ 編集 ]

No title

いつもより多めですね。
落石は、ホントに何もない空中から岩石が降ってきます^^;
どうみてもメテオ系の呪文です^^;

強奪はいいですよ。
使わなくてもなんとかなりますけど、使うと楽に強くなれます。

>分身
分身が似合いそうなのは司馬懿とか^^;
何か分身して笑いながら近づいてくる姿を想像したら似合っているというか^^;

  • 2009/06/22(月) 22:08:12 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1329-893656ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。