QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・三國無双5Empires リプレイ 諸葛亮編 第六回

真・三國無双5Empires リプレイ 諸葛亮編 第六回
第一回/第二回/第三回/第四回/第五回

流浪の将、馬謖が突然やってきた。

馬謖「我が手元に良い酒があるのだ。今宵は大いに飲み語らおうぞ!」
諸葛亮「いいからさっさと戻ってきなさい(^_^メ)」

まさかこんな近くにいたとは(笑


高綺「今の帝って何もしていないじゃないですか。殿の方が帝にふさわしいと思うんだけど。」
諸葛亮「何を言うのです高綺。私は漢の臣。そのようなことは・・・・」

194年11月
諸葛亮は皇帝を称した。

高綺「うわー馬謖さんがいたら突っ込んでいるところですね。」
月英「というか、彼は結局飲みに来ただけだったのですか。」

195年1月
ついに諸葛亮軍は劉を追い詰め、劉領は西涼を残すのみとなった。
この頃には旧劉領はほとんどが諸葛亮の支配地域となり、配下にも多数の将が集まっていた。

高綺「で、なんで馬謖さんは戻ってこないんでしょうね。」
諸葛亮「彼に期待した私が馬鹿でした。もう彼のことは忘れましょう。」


西涼の戦い
諸葛亮軍

諸葛亮
高綺
貂蝉
月英
麋芳
孫休
張苞
陳蘭

劉軍
劉 
許褚
華雄
高覧
曹宇
李堪
荀攸
李カク

ゲームシステム的に、連れて行ける武将と兵数に制限があるので、戦力は互角。
西涼の地形は広大な砂漠なので、戦略も減ったくれもない。
本陣と兵糧庫を落とされないように注意しながら、広い戦場を縦横無尽に駆け回って敵を撃破すればよい。

月英「そういえば、あなたは未だに馬を買っていないのですね。」
諸葛亮「神速刹那が便利なので、いりません。」

神速刹那早いです。
というか、このゲーム、足が標準以上あれば馬が無くても余裕です。
以前の無双シリーズだと、馬との速さの差がはっきりとしていたのですけど、このゲームは足の速いキャラは馬いらずですね。


華雄「なんだ?どんな大軍が来るかと思ったら敵はあれだけか?大したことないな。思いっきり暴れてやるぜ!」

華雄が一騎当千の武を発揮。
主に武力系のキャラが戦闘開始時にこれを出すことがある。
これが出るとその武将は出陣中は恐ろしく強くなり、味方の武将では歯が立たないほどになる。
無双武将がこれを出すとそれなりに驚異。

状ちなみに華雄は雑魚武将。
雑魚でも強う部類ではあるが。

華雄「雑魚じゃねぇ!鶏を屠るに、牛刀を用いる必要はない!」
高綺「・・・・それって、華雄さんは牛刀以下ってことですか?」
華雄「・・・・・」

ここで使うべき例えではなかったようだ。
華雄「ええい、ぶっとばしてやる!」
諸葛亮「ぺちぺちぺちぺち」
華雄「て・・・撤退!」

華雄も弱かった。


華雄でさえこれなのだから、あとはもう無力。
許褚?
このゲームの許褚はただの大食いです(いいやつだけど)
諸葛亮軍は怒濤の進撃で本陣に殺到。

劉「ふむ、思わしくない戦況だ。ここは私が修正しなけれ・・・・・。」
諸葛亮「ぺちぺちぺちぺち・・・」
劉「せ、台詞が終わるまで待って・・・」

劉撃破。

一時は皇帝にまで上り詰めた劉は、見事に梯子を外され、蹴落とされた。

劉を滅ぼした諸葛亮は、軍師陸遜を得て、さらに成都の呂岱を攻める。
呂岱の配下は、曹操とか司馬懿とか、ミニ曹操軍になっていた。

司馬懿「・・・そろそろ敵が攻めてくる頃だな。私ならそうする。ここは備えをしておくべきか。」

司馬懿の案で呂岱軍の軍備は増強されていた。

諸葛亮「ふはははは!無駄ですよ、無駄!」
司馬懿「げえっ!?諸葛亮!!」
曹操「心配するな、私に策がある。」
諸葛亮「目の前で言われましても。ぺちぺちぺちぺち・・・」
曹操「・・・・こ・・・ここは一端退却するか・・・」
司馬懿「そ・・・・曹操様っ!?くっ、諸葛亮!一時の勝利に酔いしれているがいい!」

曹操と司馬懿は撤退。
そして敵本陣

呂岱「貴様の武、見事なり!だが、私が必ず止めてみせる!」

言うまでもなく、敵ではなかった。
成都もあっけなく陥落。

南蛮には関羽がいて、一騎当千の武を発揮してきたが、もはや諸葛亮の敵ではなかった。
交阯攻略戦では、黄忠に仕えていた山田さんが一騎当千の武を発揮。

山田さん「ははははは!今日の俺様はひと味違うぜ!」
高綺「うをっ!?今日は強いですねっ!?」

高綺が撃破されて撤退。

諸葛亮「やってくれますね。では、私は軍師ビームだけで貴方を倒しましょう。」
山田さん「はっ、あんな命中率の悪い物・・・っ!?」

軍師ビーム3連
さらにまた三連
下手な鉄砲数打ちゃ当る。
しかも強攻撃改を装備して、なにげに強攻撃が強くなっていたりする。

山田さん「触れることも出来ずに撤退かよっ(つД`)」
諸葛亮「もはやこの地上には私に勝てる者はいないようですね。」


195年11月
人材を捜していたら、黄忠から解雇された山田さんが出てきた。

山田さん「よお、人を探しているのかい?」
諸葛亮「・・・・・・」
山田さん「無言でキャンセルするなよっ(つД`)」

196年1月
残すは揚州に勢力を残す黄忠のみとなったかと思えたが、ここで何故か建業でで曹操が独立。
その後さらに曹操は合肥を落とす。

ここで諸葛亮軍の進撃は一時止まる。
国を挙げて馬謖の捜索を始めたのである。

小橋「馬謖さーん」
高綺「怒ってないから出ておいでー」
月英「彼は家出した子供か何かですか(-_-;)」
諸葛亮「今年いっぱいまで待ちましょう。」
高綺「それでもし出てこなかったら?」
諸葛亮「死んだものと諦めましょう。」

196年12月
ついに馬謖の捜索が打ち切られた(笑
一方、曹操は揚州を統一。
天下の大半を占める諸葛亮と対決姿勢を見せていた。

197年1月
諸葛亮「高綺殿、最後の戦いは貴方に任せましょう。」
高綺「いいんですか?」
諸葛亮「最後の大役は馬謖に花を持たせようと思っていたのですが、酒の飲み過ぎで死んだようなので(^_^メ)」
高綺「とても納得できましたっ!」

197年4月
曹操を会稽まで追い詰めた諸葛亮軍は、相国・高綺の指揮の下に最後の戦いに臨んだ。

諸葛亮軍
高綺
貂蝉
劉
月英
麋芳
張苞
胡車児
王平


曹操軍
曹操
王双 
郝萠
諸葛恪
孫桓
劉勲
劉劭
鍾会


諸葛恪「恐れることはない、我が知略によれば必ず勝てる!」
高綺「甘いですね、正面から待ち伏せしていたりして。」

というか奇襲するのに堂々と正路を通ってくるなと(-_-;)

諸葛恪は大胆にも味方の軍勢に紛れてこちらの先鋒をやりすごそうとしていたようだが、さすがに高綺も以前の失敗から学習している。
堂々と正路から来た諸葛恪を、他の将軍もろともあっけなく粉砕。
曹操軍の勝利の目は、あっけなく潰された。

この戦いにおける高綺率いる諸葛亮軍の侵攻はあまりにも早く、PS3の処理能力が追いつかずに、次の拠点を落とした時に、前の拠点に火がついたことが表示されるほどであった。
・・・だからなんだと(汗

曹操「たいした戦ぶりだ。だが、それもここまでだ。」

曹操、最後の悪あがき。
大軍を率いて本陣に出現。

高綺「無理ですよ。今日の私は疾風ウ○○○な気分なんです。」
曹操「3倍か。」
高綺「三倍です。」
曹操「蛮勇といえども侮れぬか。ここは一端退いて体勢を立て直すか・・・」
高綺「いえ、もう終わりですから。」

曹操に退く国はない。
出てきたと同時にやられていた。

こうして天下は諸葛亮によって統一された。

月英「ついに乱世は終わりましたね。」
都督・張飛「俺の働きが一番だったよな、兄弟!」

あんた旗揚戦以来一度も使わなかったわ(笑

相国・高綺「天下統一、おめでとうございます。」
衛将軍・小橋「あなたってすごーくエライ人?」
驃騎将軍・麋芳「民の歓喜の声がここまで聞こえますぞ!」
驃騎将軍・張苞「この偉業は未来永劫語り継がれましょう!」
白虎将軍・貂蝉「おめでとうございます!」
右将軍・雪姫「ついに太平の世が訪れたのですね。」
昭武将軍・王平「俺も頑張ったかいがありましたぜ!」
昭武将軍・満寵「心よりお祝い申し上げます。」

劉「・・・・わ、私のコメントはなしか!」

そもそも発言権がない。


高綺「で、馬謖さんはどうしたんでしょうね?」
月英「もう忘れましょう、そんな人は最初からいなかったのです。」
小橋「うん、そういえばいなかったね。」
貂蝉「馬謖・・・?誰だったかしら?」
劉「・・・・・記憶にないな。」
諸葛亮「馬謖?誰ですかそれは?」

みんなひでぇ。
終わり。


というわけで最後は駆け足気味に見えますが終わりです。
君主になってからは基本侵攻戦ぐらいしかやることがなくなるので、非常に展開が早くなりますね。
やはり真・三國無双5Empiresは武将プレイでまったりやるのが面白そうです。
早くシナリオクリアだけしたい人は君主プレイが早いですけど。
で、次は無双OROCHI Zに手を出そうと思っています。
リプレイはやるかどうかわからないですけど。
なんといってもPS2ではうちのテレビは厳しいので、PS3で旧無双シリーズのキャラを動かせるのは嬉しいかも。
ではまた<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

No title

 とりあえず終了ということでお疲れ様でした。馬謖と山田さんが切り捨てられたのはちとお気の毒でしたが (^^;) そうだ! 彼らもキレイどころの女武将だったら最後まで活躍できたかも・・・・・・、イタタ (ノ∀`)

 まったく話は変わりますが、9月にノブヤボの新作が出るそうですね。よりにもよって転職を考えている時期でなければ買いたいのですが・・・・・・。

 それでは、次回のリプレイ楽しみにしております。

  • 2009/06/27(土) 09:55:25 |
  • URL |
  • Barbal #L.zFf.1o
  • [ 編集 ]

No title

山田さんはともかく、馬謖は旗揚げ戦で帰ってくる予定だったのですけどね^^;
見事に失敗して、流れが変ってしまいました。
ただ、君主プレイは失敗でしたね。
劉ネタをやりたくて、あえて旗揚げして劉を追い詰めたはいいのですが、やはり君主になるとやることがなくなりすぎます。

>信長の野望
公式サイトの情報は7/10以降になるようですがすでにこちらで記事が出ていますね。
ttp://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090626_297058.htm
革新がベースになっているなら、そう酷いものにはならない・・・と、思いつつもコーエーなので何故か良い部分を削りそうで恐いです^^;
続報に期待ですね。

ちなみに次のリプレイはたぶんオロチになります。

  • 2009/06/27(土) 18:08:26 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1333-339f6173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。