QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム戦記(PS2)リプレイ 連邦編 第三回

機動戦士ガンダム戦記(PS2)リプレイ 連邦編 第三回


今回はキャリフォルニアベース近くで確認された未確認兵器の破壊。

マップは最初と同じ中央に巨大な湖があるマップ。
僚機は二機ともガンキャノン。

まず最初に全体マップに映っている三機のMSを破壊に行く。
これは余裕。

ノエル「敵の増援を確認!」

11時の方向から二機と7時の方向から一機。
そろそろガンタンクの操作にも慣れてきて、スペシャル攻撃を交えつつ危なげなく敵を撃退。
最近分かったが、スペシャルを出し惜しみしても使わずに終わってしまうことが多い。
ならば、使わなければ損。
隙があったらどんどん使っていく。
これを倒している間に、さらに敵の増援が来る。

背後を取られたが、まず雑魚二機を撃破。
そして目標の未確認MAの登場。

隊長「あれは・・・・?アッザム?」
ラリー「毎度のことだが、なんで名前知ってるんだ。」

アッザムは動きが鈍い。
僚機が前線で頑張っている間に、後方から的確に砲門を潰し、弾薬も惜しみなく使っていく。

隊長「本当は本体を直接狙いたいのだが、ロックするとどうしても先に砲門とかをロックするんだよな(-_-;)」

これはガウを攻撃する時も同じ。
急いでいる時にはなかなか困りものである。

今回は急いでいないので、砲門をとにかく潰す。
キャノンが弾切れになったら、マシンガン、マシンガンが弾切れになったら、ミサイルと、どんどん切り替えていく。
弾薬が豊富なガンタンクならではの力押し。
他の弾薬が尽きる頃には、スペシャル攻撃が回復しているので、これでとどめを刺す。
実にあっけなく、アッザムは撃沈。

残ったズゴックを適当に倒して終了。

ランクはAだった。

ノエル「凄いです!今度隊長のモビルスーツ戦術論を聞かせて下さいね!」
隊長「それは戦場でいかにボケとツッコミを・・・」
ノエル「やっぱりいいです。」



次のミッションはヒマラヤで遭難した味方モビルスーツの救助。
機密情報を入手した味方部隊と合流し、脱出まで護衛する。

隊長「ここは滑るんだよな(-_-;)」

雪の中だから、よく滑る。
僚機は二機ともジム・寒冷地仕様。
もちろん隊長は滑ってもガンタンク。

敵のドムが見えたので、横移動しながらキャノンを・・・

隊長「うわ~、すべるすべる~」

横移動しながら敵をロックして、そのまま斜面を滑って戻って行ってしまうガンタンク。

ラリー「うわ、だめだこりゃ。」
ノエル「・・・・・・・頭痛が...(o_ _)/[壁]」

ブーストを使ってジャンプして斜面を超える。
キャノンを撃ちまくり、敵三機を撃破。

隊長「・・・とにかく、次行こう(-_-;)」

ノエル「敵の増援を確認。隊長、防衛目標が攻撃を受けています!」

こちらからは敵影は見えても、防衛目標の位置が見えない。

隊長「ま、交戦しているなら、敵影がある辺りだろうな。」

というわけで、そこに急行。

ノエル「隊長!防衛目標の損傷増加!これ以上持ちません!」
隊長「そこまで分かってるなら位置教えろよ!(ノー"ー)ノ ┫ ゜・∵。」

ラリー「いたぞ!敵だ!」

なんとかぎりぎりで間に合ったらしい。
強引に割り込んで、敵の注意をこちらにむける。
あとは火力で圧倒してなんとか防衛目標の撃破は逃れる。

防衛目標「よくやってくれた。諜報員はこちらで確保した。安全圏への脱出まで護衛を頼む。」
ノエル「了解。」

防衛目標「よし、いくぞ!」
隊長「わーまってぇー」

防衛目標は、やはりジム寒冷地仕様らしい。
どんどん先に進んでいく。
ガンタンクは元々遅い上に、この雪の中ではさらに遅かった。
ジム寒冷地仕様にはついていけない。

隊長「散開!私に構わず先に行け!」

フォーメションを散開にする。
とにかく僚機だけでも行かせよう。

ラリー「なんというか、場面が場面だったら格好いい台詞なのにな・・・」
アニッシュ「足遅いだけだもんな・・・」

幸い残った敵はザクが一機。
これを倒して無事にクリア。
ランクはBだった。

なんだかんだで僚機に頼ってはいるが、ガンタンクも結構行ける。



次はジャブロー。
降下してくる敵を排除して、地下施設への入り口を守るミッション。
ガウが次々とモビルスーツを投下してくる。
それを僚機と共に撃破していく隊長。
しかし、ガウの砲撃も激しい。

アムロ「こちらホワイトベース隊のアムロ。援護します!」

ちなみにアムロはガンダムだが、たいして強くない。
いろいろ喋っているだけで、一機も敵を倒せないことなどザラである。
正直僚機より弱いんじゃないかと思ってしまう。

結局、次々と降下してくるモビルスーツとガウの砲撃の前に、アムロの援護も虚しく隊長機は撃破されてしまった。

隊長「というか、アムロが一人で叫んでいる間に何機倒したかな・・・・(-_-;)」

再度の挑戦では、とにかくごちゃごちゃ現れる敵の増援が面倒なので、ガウを攻撃。
しかし、ガウを撃破しても、やはり増援は現れるし、次のガウが現れる。

ガウ「無駄無駄、例え私を倒しても、第二、第三のガウが必ず現れる!!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ」


そんなことは言っていないが、そんな状況だったり。

今回は、とにかくダメージを受けにくいように、森林を盾にして、ときおり飛び出して攻撃。
チャンスがあったら、スペシャルとキャノンを食らわせるやりかたで戦う。
しかし、それでもラリーは撃破されてしまい、隊長機も撃破寸前までボロボロになる。

隊長「あと一機!」

キャノンを撃ち込む。

隊長「もう少し!」

敵の体力は少ない。
とどめの一発。
ついに敵を撃破した・・・・が。

アムロ「敵を撃破しました!」
隊長「なにっ!?」

どうやらわずかの差で、アムロのガンダムが最後の一撃を食らわせていたらしい。

ランクはCだった。

隊長「・・・一機しか倒していないのに目立ちすぎじゃないか?(ーー;)」

アムロ+ガンダムがどうにも弱いのに、最後でこれとはあんまりだった。

次回はジャブローの地下。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1365-467a1b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。