QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate (シュタインズ・ゲート)椎名まゆり編(2)

Steins;Gate (シュタインズ・ゲート)椎名まゆり編(2)
記事の連続性の関係でタイトルは変えてないですけど、今回はフェイリスエンドにズレてしまいました(-_-;)

フェイリス・エンディング
【分離喪失のジャメヴュ】クリア


鈴羽との思いでを犠牲にして(倫太郎だけは覚えているが)倫太郎は過去を改変した。
しかし、鈴羽は無事に1975年に行って(はず)過去は変ったはずなのに、開発室にはIBN5100がない。
鈴羽が成功したなら、戻ってきているはずなのに。

不安になる倫太郎だが、時間になっても萌郁達の襲撃はなかった。
やはり過去は改変されたのだ。

倫太郎はブラウン管店の店長、天王寺裕吾の話で、鈴(鈴羽)は結局10年前に亡くなっていたことを知った。
しかし、今回は自殺ではなかったし、手紙もなかった。
そして意外な事実が次々と

・天王寺はヨーロッパ生まれのヨーロッパ育ち
・日本に来たばかりの天王寺の面倒を見たのが鈴
・天王寺の店と倫太郎のラボがあるビルは元々は鈴の持ち物

う~ん、複雑な因果ですね。
ということは・・・セルンへの直通専用回線を用意したのってもしかして・・・

鈴羽の家で世界線の変動を数値化するダイバージェンスを見せられる。
しかし、数値は変っていたが、それはまだ0.4%ほど。
鈴羽の以前の話では、1%を越えたところで倫太郎はα世界線からβ世界線(つまりより大きな分岐の別ルート)に辿り着くと言っていた。
しかし・・・肝心のIBN5100は結局行方知れずのままだったり。
そのあたりが原因か?

結局、今回は一日遅れで萌郁達の襲撃があった。
やはりまだβ世界線にまでは到達していない。
今回は鈴羽の助けもなく、自力でタイムリープして、再び過去に戻る。

どうすればメータの値を1%以上に出来るのか?
やはり紅莉栖に相談するしかない。
紅莉栖の話では、やはりIBN5100を手に入れてセルンにあるデータを消すことで勝ち。
つまり、世界線は1%を越える。
かつて一度は手に入れたことがあったのだから、もう一度そこまで行ければ勝機はある。

Dメールによる世界の改変によって、どこかの時点でIBN5100がない世界に来てしまった。
どのメールがそれだったのかを突き止めれば・・・・と紅莉栖は言うのだが。

これってもしかしたら最悪なことに萌郁が送った内容のわからないメールが原因だったら詰みじゃないですか。
取り消したくても、内容が分からないとどうしょうもない。
萌郁は敵だから、たぶん意図的にやっていたなら内容は教えてくれないだろうし。

他にもフェイリスやルカが送った内容も知らない。
まず倫太郎はフェイリスにその内容を確かめに行くが・・・
もちろん改変される前の世界の記憶は持っていないので、何かヒントになりそうなものを探るしかない。

・・・ここでフェイリスにメールしたらどうもフェイリスルートに入ってしまったのだろうか?
(そうでもなかった)
何かずっとフェイリスと走り回っていますが^^;

しかしここで世界線が変ったかもしれないきっかけのヒントを得られる。
なんとフェイリスが、世界線が変る前の記憶を思い出した!
すごいですね、さすが只者じゃないと思っていましたよ(笑

フェイリスが変えた過去は、10年前に死んだ父親が死なないようにした・・・・
そりゃ、いろいろ世界が改変されるわけでよね・・・・・(-_-;)

しかしこれを取り消して貰わないと、まゆりが死ぬのですが。
いろいあってDQNに追われている所を皮肉にもフェイリスの父親に助けられる。
これがまたいい人で、ますます悩む倫太郎。
元の世界に戻すということは、つまりこのフェイリスの父親に死んで貰うと言うことなのだ。
だが、全ての記憶を取り戻したフェイリス自身が、もう終わりにしようと言ってきた。
今の現実は現実ではない、まゆりを助けるために元に戻すだけだと。

で、フェイリスの送ったメールの内容は狂言誘拐の脅迫状だった。
つまり、飛行機事故で死ぬはずだった父親を飛行機に乗せないための嘘。
その結果、父親は死ななかったが、金を作るためにIBN5100が売り払われてしまい、世界線が変ってしまった。
これを無かったことにするメールを送らなければならない。・

そしていよいよ、取り消しのメールを送る段階。
ここでメールを送らずにいると、そのままフェイリスルート。
※メインルートに行くにはここできっちりメールを送信しなければならない。

しかしここで事前にセーブしてからメールを送信しなかった。
これでフェイリスルートに突入。
倫太郎はフェイリスの父親を死なせずにすむ方法を探そうと決心する。
その方法は2通目の脅迫メールによってIBN5100をフェイリスの父親が手放さないようにさせる方法だった。
メールを送った直後、世界線は変るが・・・・・
何か.2%になっていますけど?(-_-;)
最初の0がない。

・・・・結果から言うと、そこは何故かフェイリス以外とは誰とも知り合いでなくなっている世界だった。
ラボも無く、タイムリープマシンもない。
つまり、もうタイムリープすら出来ない。

この世界線では倫太郎のことを知っているのはフェイリスのみという状況だったが、それでもフェイリスの父親とまゆりは助けられた。
まゆりとの思い出や皆との思い出が、全て無かったことになってしまったことに寂しさを感じる倫太郎だが、
倫太郎はこの世界でフェイリスと共に生きていくことを決心する。


エンディング【分離喪失のジャメヴュ】クリア


・・・・・というわけで、今度は先ほどセーブした地点にまで戻って、取り消しメールを送る直前。
ここでとり消しメールをちゃんと送れば話はさらに続く。
これで世界線は0.45まで行く。
まゆり救出までは長そうですね。

今回は寄り道をしてしまいましたが、この流れだと、どうやら本編(まゆり救出)からの分岐に他キャラルートが乗っかっているようなので、まゆりを救出するつもりで分岐を捜しながら他キャラのルートもクリアしていけば一番攻略しやすい上に、ストーリー上も面白くなる?のかな?

この流れで他キャラルートとまゆり救出を同時に進行するのがよさげですね。
今のところは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1518-23d8e04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。