QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate (シュタインズ・ゲート)一人人気投票

Steins;Gate (シュタインズ・ゲート)一人人気投票
恒例(?)一人人気投票の時間がやって参りました。
単に私の好みと独断と偏見と主観により、好きな順に並べてみました。
・・・キャラ数が少ないので、後半は好きってほどでもないですけど。

もちろんネタバレ含むので注意。



1位・・・・・岡部倫太郎
本作品の主人公。
狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真(自称設定)を名乗る厨二病。
公道でも堂々と芝居を始める上に初対面の人間相手でも設定トーク。
さらにラボをもち、役に立たない数々の発明品を作っている。
痛い人なのだが、そうなった理由はなかなか優しく切ない。
さらに熱い面も持っており、声優さんの名演技と併せて、物語の主人公として非常に面白く感情移入出来るキャラになっている。

中の人が刹那の声の人だとは、最近知った。



2位・・・・椎名まゆり
すみません、最初はちょっと頭の足りないキャラだと思っていました。
そういうのは好みでないのですが、とんでもない間違いでした。
この人は女神です(え
声優さんの演技も良い。
特に語り出すともう・・・・(つД`)


3位・・・牧瀬紅莉栖
クリスティーナ、助手、ザ・ゾンビと数々の不本意な呼び名を持つ天才少女。
しかし、その実体は、重度の@ちゃんねらー。
・・・・もとい、天才少女。
この人も声優さんの名演技が光りました。
素晴らしいツンデレぶりを発揮してくれました。


4位・・・橋田至
通称・ダル
スーパーハカーと呼ばれているがとんでもない。
電話レンジを作ってしまったり、初見のタイムマシンの修理を手伝ったり、セルンにクラッキングを仕掛けたり、未来においては独自にタイムマシンを開発していたりと、この物語のMVP。
脇役で、出番もそれほど多くはないが紅莉栖と倫太郎の力だけでは物語は完結しなかったであろう。
・・・技術・知識共に本来なら紅莉栖に匹敵するノーベル賞ものの超天才だったんじゃないだろうか・・・・・・
でもセクハラオタク(おい


5位・・・阿万音鈴羽
物語のキーであるジョン・タイターを名乗っている。
どっちかというと、β世界線に戻ってきてから出て来た鈴羽が好み(おい
ダルとの感動の対面と別れは思わず涙腺が緩んだ。
そして「失敗した失敗した失敗した」


6位・・・天王寺裕吾
ただの脇役かと思っていたら、結構重要なポジションにいたんですね。
渋いキャラでした。
萌郁を切り捨てたのかと思いきや、むしろ生かすために突き放していたと知った時には、見直した。


7位・・・天王寺綯
・・・・・恐いですよ。
6章と9章。


8位・・・・漆原るか
う~ん。
なにかうじうじしているのがちょっと。
ただ、ルートのエンディングは切なくて泣けました。


9位・・・4℃
卑怯。不正上等。
ものすごく嫌いなタイプだが、それだけに小物の悪役としてよく頑張った^^;
立ち絵すらない、道化役なのですが^^;


10位・・・・ドクター中鉢
脇役かと思いきや、実は結構重要ポジションにいた。
しかし酷い奴だ^^;
その酷さと小物ぶりと徹底した屑ぶりが逆に何故かこの順位に。


11位・・・・フェイリス
息を吐くように嘘をつける人。
という印象。


12位・・・・桐生萌郁
閃光の指圧師。
しかし、序盤はそのメールがとにかく邪魔だった。
しかも超依存精神構造。
駄目です、耐性がありません<(_ _)>


・・・・他に誰かいましたっけ・・・・
思い出せないのでこれで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1525-004ab326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。