QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない 2

僕は友達が少ない 2
boku02.png 
平坂読 MF文庫J

『裏切りそうな顔だから』なんて理由で信用されなかったって、可哀想すぎる。
まったく他人とは思えないぜ魏延・・・・

今巻も絶好調。
今から三巻が待ち遠しくてしょうがないです。



待望の二巻発売です。
相変らずの面白さと切れ。
今巻は、前巻は冒頭のみの登場だった志熊理科が隣人部に加入。
さらに残り二人、マリアと小鳩もメインキャラとして活動に加わります。


・志熊理科
天才少女。
一年生。
なんでも理事長に頭下げられてこの学園に入学したほどの頭脳だそうだ。
理科室(志熊理科の部屋という意味)という専用の部屋に登校していて、学園に来てから生徒と口を利いたことがないそう。
小鷹が初めて口を利いた生徒だったそうだ。

ちょっと小柄でポニーテール、眼鏡をかけて、いつも白衣を纏っている。
すみません、ちょっとストライクかも(何が

天才なのだが、性格はオヤジなのか腐なのか、いろいろと変態発言が目立つ。
また、ちょくちょく小鷹に気があるような素振りを見せたり意味ありげな台詞を連発するが、性格が性格なため、どこまで本気なのかよくわからない。
何か案外本気で小鷹を狙っていそうだが。


・高山マリア
隣人部の顧問にしてシスター。
実年齢で10歳。
知識レベルは自称天才だけあって大人顔負けだが、性格は限りなく子供で簡単に夜空に騙される。

シスター服に、銀の髪。
けっして禁書目録ではない。
口はかなり悪いが、根が素直な子供。
意外なことに三国志マニア。
ただし、漫画版の知識しか無く、熱烈な孔明ファンだった。
しかし、小鷹に魏延の悲哀を説かれ、いつのまにか『孔明は最悪だな』(そこまでは小鷹も思っていない)とまで言うようになってしまった^^;
というか、小鷹も何気に三国志マニアですか^^;



・羽瀬川小鳩
前回も書いたとおり。
マリアに対抗心を燃やして、隣人部に顔を出すようになる。
知識レベルではマリアに全くかなわないが、子供という面ではいい勝負。



・感想とか
新キャラも加えてさらに賑やかになり、面白さも倍増。
ただ、いつも夜空に虐められている星奈がちょっと不憫になってきた^^;
夜空よ・・・・そろそろやり過ぎだよ(-_-;)

新キャラの理科が非常にいいノリですね。
会話のテンポがいいというか。
あと、わりと要所で核心を突いてきたり。
前巻は星奈がよかったのですが、今巻は理科がかなり良い味を出していました。
まあ・・・ちょっと腐に偏りすぎていましたけど^^;

三国志マニアのマリアが小鷹に洗脳されていく様が面白い。
思わずニヤリとしてしまった^^;
しかしこの場面に歴史オタ設定の幸村が登場しなかったのはもったいない気も。
・・・・出てきたら収拾つかないか。

今回も、ゲームしたり、リレー小説を書いたり、カラオケに行ったりと、相変らず楽しそうな面々。
理科に『私は楽しかったですよ』と言われて、自分も今までこの状況を楽しんでいたことに気がつく小鷹。
理科がいいな~。

次巻はいよいよ夏休みに突入。
夏休みも隣人部は活動するようです。
どうやらめでたく三巻も出る予定のようなので、今から三巻が待ち遠しいです。

というか本当に面白いですね。
いや、面白いと言うよりも、読んでいて楽しいというべきでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

No title

素晴らしい説明文だ!

志熊理科検索で此処にたどり着いた
あのキャラはツボですね

  • 2010/05/06(木) 19:58:51 |
  • URL |
  • かんがる #-
  • [ 編集 ]

No title

そうですね、理科は一巻、二巻で出てきたときは良いキャラしていました。
出で立ちはかなりストライクなのですが、三巻ではちょっととばしすぎて、ただの引っ掻き回し役になっているのがちょっと残念です。
もうちょっとストーリーにも絡んで欲しいです。

  • 2010/05/07(金) 22:03:45 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1570-2b4fefd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。