QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FINAL FANTASY XIII 途中報告 2

FINAL FANTASY XIII 途中報告 2
現在第8章です。
ちょっとこれは、ストーリーが肌に合わないかもと思えてきました。
あと、召喚獣の扱いにも納得いかない部分が。



まず、閉塞感ですが、5章以後では開けたマップ(ほぼ一本道は同じだが)等もあって、だいぶよくなっていました。
ただ、ストーリーが壊滅的に私には合わないかもと思えてきましたね。

ちょっと書くと、ずっと反省会なんですよ。
登場人物が、うじうじと同じ事で延々と悩み続けていて、何かある度に反省会みたいになって・・・と。
これが繰り返されるんです。
なんというか、盛り上がれないというか。
楽しくないというか・・・・どうしたものかと。

物語は壮大な舞台で、そこで繰り広げられる複雑な人間ドラマ・・・
・・・を、狙っていたように見えますが、その人間ドラマがそんな状態なので、複雑どころか浅いですし、これはどうすればいいのだろう・・・・と、戸惑うばかり。
笑えないし、感動できないし、熱くもなれないしと。
・・と、こんな感じで、そろそろきつくなってきました。

次、戦闘についての不満ですが、召喚獣の扱いが期待はずれでした。

使用条件がTPゲージを溜めることなのですが、まずこれを溜めるのが結構大変で、そうそう使えません。
さらに、召喚獣を使えるのはプレイヤー操作キャラのみです

その時、シナリオの都合で操作キャラ(強制固定)が召喚獣を持っていない場合は、例えメンバーに召喚獣を持っているキャラがいても使えませんし、使ってもくれません。

そんなけで、使い所が限定されてしまって、ほとんど出番がありません。

さらに、召喚獣を使っても、一番攻撃力のある技がオーバードライブモードなのですが、このモードは、何故か召喚獣が乗り物になってしまいます。
シヴァがバイクになったり・・・・・

なにかもう、こういうのを見たかったんじゃないって・・・・(-_-;)
迫力ある召喚獣の戦いを見たかったんですけどね。
でもこれが一番強い攻撃なので使わざるを得ません。
召喚獣を使っても呼んでも、何か乗り物ばかり使っている印象です。

何か文句ばかり書いてしまっていますが、期待がそれなりにあった分、ガッカリ度も高いかなと。
ただ、投げ出すほどつまらないわけでもないです。
映像は凄いですから、ストーリーにまったく共感できなくても、その素晴らしい映像で、なんとかまだ見れます。

とまあ・・・・今はこんな感じでしょうか。
とにかくせっかく買ったので、さらに続けてみます。



ちなみに戦闘は、一番苦戦したのが『試作騎ユイジンシャン』でした。
これさえ乗り切れば、あとはメンバーにヒーラーがいればなんとか乗り切れます。
こいつは、ただ戦っていても勝てないので、攻略法を乗せておきます。

■試作騎ユイジンシャン
1・戦闘に入る前にパワースモークを使っていおいて攻撃力の底上げ。
2・ライトニングはブラスター、ホープはヒーラーでセッティング。
3・戦闘開始直後にライブラで敵の弱点を見極める。
(攻撃が弱点を突いた効率的なものになる)
4・HPに余裕がある時はホープもブラスターで参戦。
5・あとは根気良く回復しながら戦う。
6・敵がブレイクしたら、オーディーンも参戦



あと、快速機ファルケだったか、雑魚なのにガトリングという強烈な攻撃をしてくる奴。
これは、「ガトリング」と表示されたら、ディフェンダーでブロックしてやれば耐えきれます。
ディフェンダーがいないと、ガトリング撃たれる度に誰かが死にますね。
スポンサーサイト

コメント

No title

>戦闘
戦闘シーンは私の周囲では結構評判が良くて、「面白い」「気が抜けない」という肯定的な評価が多かったのですが、召喚獣の扱いが微妙となるとちょっと・・・ 歴代シリーズだと、IVとかVIとか召喚獣の存在感抜群(特にVIではキャラ育成に不可欠)だっただけに、ちょっと残念ですね。
あと、「ヒーラー」とか「ジャマー」とか「エンハンサー」とか、PCごとに役割を割り振っていくシステムの様ですが、このへんが「サガフロンティア2」の「ロール(role)」に近い感じがして、個人的には気になっていたのですが・・・ ハードもないことですし購入は暫く見送りですかね。

「ストーリーが一本道だというのを差し引いても微妙」
「単純に感情移入できない」
「ムービーは綺麗」

といった声が周辺では大勢を占めており、そのへんは南斗さんの感触と近いので、最大公約数的な見解なのかも知れませんね。

  • 2009/12/22(火) 03:45:18 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

No title

この趙綺麗映像で見せる召喚獣の戦いは期待していたのですが、ほとんど出番がない上に、『乗り物』なのがどうにも残念すぎて仕方ありません。

キャラの成長はスキル制(?)に近いもので、ポイントを溜めてそれでクリスタリウムというものでスキルを成長させていきます。
キャラによって複数の『アタッカー』『ブラスター』『ジャマー』等のスキルを使っても持っていて(シナリオ進行によって固定)戦闘時の組み合わせ(どの能力で戦うか)は事前にオプティマ(フォーメーション)をセットしておきます。
複数のオプティマを設定できるので、戦闘中にもこれを変えることが出来、状況によって使い分けることによって、強敵にも勝てます。
このあたりはいいのですが・・・・・
とにかく私は召喚獣の扱いにガッカリしました。
これにとにかく期待していたので、何故乗り物なんだと・・・・

・ストーリーに感情移入できない
・ストーリーが一本道なのは承知の上でしたが、歩くルートから、成長から、何から何まで一本道
・でも映像だけは素晴らしい

とまあ・・・・正直ゲームというよりはCG映画におまけに戦闘と移動をつけてみましたという感じになっています。

ただ、噂では10章越えた辺りから自由度が増すという噂もあるので、もうちょっと頑張ってみます。
せっかく買ったものですし。

  • 2009/12/22(火) 21:38:25 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1594-35c12d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。