QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FINAL FANTASY XIII 途中報告 4

FINAL FANTASY XIII 途中報告 4
現在面白くなると噂されていた11章に突入しました。

なるほど、グラン=パルス(下界)に降りると、広大な世界が広がっている。
マップは見渡す限りの広大な原野で、湖や丘や草原や、いろいろなものがある。
そこを巨大な怪物や、おなじみの怪物達が闊歩している。

で、この中で、本編とは関係ないミニミッション等も受けて達成できるのだ。

・・・が。

遅かったと思うのですよね。
 

 

ここまで来る前に何度挫折しそうになったことか。
これは、もっと早い段階で主人公達を下界に逃げさせて、そこでこの広大な世界を自由に探索させる一方で、メインストーリーを進めていくという形にした方がよかったんじゃないかなーと。
ゲーム的には。

ストーリー的にはそうではなかったのでしょうけど、これはゲームですから。
早い段階で遊び要素を提供していれば、今日のようなここまでの酷評も無かったような気がする。
ここはもう、終盤中の終盤ですよ。
そしてここに来るまでに何十時間もかかってしまっているわけです。
ここに来る前に挫折した人がいたとしても、責められないと思いますね。

さらに、こにも不満点があります。

・キャラの成長要素の全開放
この辺りで、ようやくキャラのレベル、ロール(スキル)が全開放されて、自由にキャラを育てることが出来るようになります。
やった!
・・・・と、思ったのもつかの間。
成長にかかるポイントが激増。
いくらポイントを溜めてもなかなか成長しない。
・・・なんでここまで苦労してきて、やっと・・・というところで、さらなる数倍の苦行を強いるのだ(-_-;)


・自由と言っても移動とミッション選択だけ。
遊び要素はほぼ無いに等しい。
マップが広大になり、そこを自由に移動できる。
散在するミニミッションを選択できる。
ここまではいい。
でも、そのミッションの内容が、基本、敵を倒してくるだけ。
やっていることは今までと同じ。
何かこう・・・・ミニゲームとか変ったミッションとか、そういうのも期待していたのですが、今作では無しでしょうか。


こんな感じでしょうか。
特に最初のさらなる苦行がかなり効きました。
もう心が折れそうです(-_-;)

映像は相変らず素晴らしいのですが。
グラン=パルスは絶景です。
褒める点がそこくらいでしょうか。

戦闘は、敵を永遠に空中に浮かせるのが楽しい。
まるで格闘ゲームのコンボのよう。
一部のブレイクしにくい敵を除けば、ブレイクさせちゃえば、耐久力の高い敵でも空中に浮かせっぱなしで反撃をゆるさず倒せる。

意味がないと思っていた、武器の改造ですが、耐久力の高い敵をブレイクさせて、空中コンボやっている時によくダメージ数値を見ていたら、一応効果があった模様。
ブレイクしていないと大差ないですけどね。
早く敵を倒すには、やはり強力な武器が必要なようですね。
ただ、これにも膨大な時間がかかります。
ミッションは敵を倒すだけという単調なものなのに、そこまでやれるかどうかは好みの問題でしょうね。


この章は期待していたのですが、やはり遊び要素はそれほどあるとは思えなかったです。
それでもせっかく買ったので、さらに先を目指してみますが、ここからはさらなる持久戦になりそうなので、他のものを先に進めながら、こっちはのんびり行こうかと。

ストーリーについては、だいぶましにはなってきたが、やはり微妙。
反省会の無限ループが無くなっただけでも良しとしますか。
多少は・・・残っていますけど(-_-;)



・ここまでの感想
個人的にはやはりここまで来るまでが結構苦痛でした。
駄作とまで言うほどではないですけど(大作ではある)、名作とも言い難いです。
私的には・・・・遊び要素がなさすぎ。
序盤~中盤にかけては、自由度ないというよりは、苦しいほどの閉塞感のマップと息苦しいストーリー展開。
大きく評価が分かれても当然と言えるくらいの作品だと思います。

まあ、いつも書いていることですけど、一つの作品に最高と評価する人と最低と評価する人がいるのは当然のことで、それはその人の趣味趣向の問題ですから、私にはこの作品が合わなかっただけと言うことなのでしょう。
で、ここで書いていることも私の主観に基づいた感想でしかありません。
私はこの作品を最高と評価する人がいてもいいと思いますし、最低と評価する人がいても仕方ないかなとも思います。


ただ、
『この作品を絶賛(高評価)する奴は○○○』
『この作品を酷評(低評価)する奴は○○○』
(○には煽りや中傷語句やレッテル貼りが入ります)
と、作品のレビューにかこつけて、他者を貶め中傷するようなことは、出来ればして欲しくないとは願いますけど。
そんなことをしなくても作品の良い部分や悪い部分は語れるんじゃないかと思うのです。
制作陣に対する不満や批判はいいと思うのですけどね。
ちゃんと正規のルートでお金を払って買ったお客様なのですから。



あれっ?(・_・?)???

自分で自分の揚げ足とるなら、
こういう事を書くのも駄目なのかっ!?∑(゚ロ゚;)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1597-bcf5f53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。