QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者達7

ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者達7
sosin07.jpg
秋田みやび/グループSNE
富士見ドラゴンブック

前巻までのルーフェリアを巡る事件は一段落して、今回から新展開。
しかし、いきなりムーテスとソラが脱落。
メンバーチェンジはいいですけど「交代しました」でいきなりだったのがかなり唐突に感じましたか。
交代するにしても、何かもっとあればと思わなくもないです。

新キャラは逃げたニゲタニゲラ(表紙・ジークの後ろ)とタビットのイスミー。
ニゲタニゲラはいなくなった前衛を補う形で結構活躍している。
絡み系の武器が意外に役に立っていますね。
イスミーは・・・・ライダー技能装備ですが、バイクや馬に乗るタビットとかちょっと想像できないんですけど^^;

マージナルライダーではラファルの軽率な行動により、メルが死んでましたが、こちらではメッシュの軽率な行動によりメッシュが死にました。
・・・自業自得ですね^^;

読んでいて、「そこで何故殴る!?」と、結構イライラしたり。
いや、結果が見え見えですし。
じゃれてきていてダメージを入れてこないドラゴネットに対して、ダメージの入る反撃をするという場面はかなりちょっと・・・・・・

メッシュというキャラなら・・・・・そうするのかな?
・・・・と、考えても、やはり無謀に過ぎるような。
その結果、メッシュの死により、かなり予定していたシナリオも大幅に狂ったようですし。
まあここでもサイコロの目が、示し合わせたようにメッシュを殺しましたが(笑

メンバーから抜けたソラは、行方不明に。
ソラの行方を追って、幻獣の島に行った一行は、そこでちょっとした事件に巻き込まれますが・・・・・
ソラ・・・・いったい何やってんだ^^;

いなくなっても存在感ありまくりですね。
いったい何をやっていたのかは・・・・・次巻になったら分かりそうです。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/02/03(水) 04:14:06 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

No title

パーティのバランスがかなり変わってしまいましたね~
システム面でもそうですが、それまでの人間関係も結構変わっているので、どのプレイヤーも多少無理があった様に思います。特にジークとエアのプレイヤー。ちょっとハイテンションすぎるというか、以前はもう少し抑制が利いていた様な気もしますが。
メッシュは・・・ 「ありがち」な死亡例かと。事前に敵の正体がわかっていた場合なら、戦力面でPC側が不利であっても意外と何とかなったりします。プレイヤーが十分に用心しますから。
逆に、それほど戦力的に苦戦する要因のない戦闘では「死亡」事故がよく起こります。少なくとも、私や私の所属していたサークルではそうでしたね。

>シナリオ大幅修正
 「パジャリガーの記憶を戻す」
っていう選択肢を思いつくあたり、凄いなと感心します(^^;

ちなみに、シナリオが狂い始めるとそれを補正しようとしたら余計に予定が狂ってくる、というのはGMやっていて経験があります。
私の場合だと、
 予期せぬ方角にPCたちが動いた
   ↓
 敵対するNPCたちを軍馬で移動させて先回りする
   ↓
 戦闘終了後、プレイヤーたちが「軍馬を捕獲して売り払う」と言い出す
   ↓
 軍馬一頭10000G・・・
 買い取り価格を四分の一ということにしたけど、バランス崩壊

という苦い経験があったり(^^;
こういう「予測のつかないところ」がTRPGの魅力なのですが

  • 2010/02/03(水) 04:26:55 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

No title

■管理者のみ閲覧さん
ご指摘ありがとうこざいます。
いろいろ考えたり悩みながら読んでいたためか、間違えたまま記憶してしまっていたようです。
本文も訂正させていただきました<(_ _)>

■オジオンさん
>ハイテンションな二人
何か古参のメンバーか抜けた分、盛り上げようとして、浮いているというか。
特にエアについては、ソラと絡めなくなったせいか、とにかくはりきりすぎに見えました。

>メッシュ
う~ん、私はTRPGのプレイは経験が数回程度なので、経験豊富な方達とは見方や考え方が違うのかもしれませんね。
どうも、私の感覚では、攻撃意思のないじゃれているだけのドラゴネットをわざわざ攻撃して自らピンチに落ち入って死亡したようにしか見えないので。

>シナリオ大幅修正
きっかけは、メッシュの死で、メッシュの記憶を戻すところから来ているのですが、話の流れが変って「パジャリガーの記憶を戻せばいいんじゃね?」
で、なるほど!
と、感心しました^^;
これって簡単そうで、意外と話の筋に沿って行動してしまって、思いもつかなそうです。

GMは大変でしょうけど、傍観者の立場だと、こういう予想外の展開は読んでいて面白いです。

  • 2010/02/03(水) 23:16:46 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

No title

はじめまして。新米女神のリプレイ感想を検索していてたどり着きました。

メッシュの行動については、赤ちゃんドラゴンがパワーショベルのようなパワーを持っていると考えれば納得しやすいかと。
第二巻ボスのクィンドゥームよりはるかに強いですからね、ドラゴネット。
むこうに悪気がないので攻撃はしたくない、でもパワーショベルにじゃれつかれたら死ぬ。しかも赤ちゃんなので、どれくらいで人間がつぶれるなど考慮しているかは疑問。
なおかつ、メッシュは普通に避けるより殴り返す方が攻撃回避できる可能性が高く、殴り返してもドラゴネットにとってはちょっと痛いくらいのもん……じゃあ殴るか。
みたいな流れかなあと。
(ダイス目が)普通なら失敗してもせいぜい気絶、成功すればノーダメージな対抗手段ですので、PL的にも理にかなっています。
ココで死ぬのがメッシュたるゆえんですね(笑)

  • 2010/02/13(土) 10:57:36 |
  • URL |
  • mayo #-
  • [ 編集 ]

No title

はじめまして。
ご説明、大変分かりやすかったです。
つまり、リアルならヒグマにじゃれつかれたようなものと考えればいいのですね^^;
普通の人間なら反撃も何もないところですが、メッシュのような反撃手段を持っている冒険者なら生き残る算段としてはそのほうがいいと。

ただ、一点、私が本文中でもちょっと不快感を感じたのは、それ以前にドラゴネットとコミュニケーションが成立している点でしょうか。
それこそ初見とかならともかく、一度コミュニケーションが成立していて、知らない仲でもなく、相手も手加減してダメージを入れてこないということがわかっていて、その状況で一切の交渉無しにいきなり本気の反撃というのはちょっと感情的に納得できない部分ではありました。
(これも熊に例えれば射殺もやむを得ない状況ですが)
ただ、メッシュ本人やその他のパーティーメンバーはドラゴネットとはコミュニケーション出来ないので、いたしかたないというところでしょうか。

理屈としては理解できましたが、感情面ではやはり少々複雑な感じです^^;

  • 2010/02/14(日) 12:06:30 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1639-92824b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。