QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  戦慄の島編 第一回

PC版オブリビオン・プレイ日記  戦慄の島編 第一回

今回から戦慄の島に入ります。
ストーリーは、そのまま戦士ギルド編からの続きで。

久しぶりに自宅に帰還。
何故か扉の前に死んだはずのマグリールが。
obri031401.jpg 
マグリール「お帰りなさいませ、お嬢様。くそっ・・・なんで俺がこんなこと・・・」

レン「え?ただで蘇生してやった上に、楽で安定した収入がある仕事あげたのに不服?」

マグリール「私は犬でございます、お嬢様<(_ _)>」
レン「よろしい。」

結局マグリールは蘇生して自宅の門番をやらせている。
最初は連れ歩こうとしたのだが、マグリールをMCSに登録してフォロー状態でファストトラベルすると必ず落ちるので、諦めて自宅の門番にした。

戦士ギルドの件が片付いたので、ホカゲとも一時お別れ。
レイもどこかに旅立っていった。

というわけで、現在の共はタマネギと召喚獣のホワイトタイガー。
最近、ミダス魔法のチーズ魔神も召喚できるようになった。
これは物理攻撃に非常に強いらしい。
反面、炎には弱い。
obri031406JPG.jpg 


 
 
レン「さてと・・・・何か面白そうなことはないかな。」

旅の途中でいくつか放置したクエストがある。
その中から、とりあえず、神象のクエストを選んでみた。


■一つ目
確かノクターナルというデイドラの神から、盗まれたノクターナルの目という秘宝を取り戻して欲しいと頼まれた。
そしてその盗賊はレーヤウィンにいるらしい。
レーヤウィンに行くと、最近ウィーバム=ナが珍しい宝石を手に入れたらしいという情報を入手。
さっそく聞きに行ってみるが、当然知らないと答える。
それどころか「ネズミネズミ」と言いだして、わけがわからない。


■二つ目
調査を進めるうちに、別件でローゼンティアという人物が珍しいディードラの杖を手に入れたが、それは呪いの杖で、スカンプ4体に取り付かれて困っているという。
こいつらは倒してもまた沸いてくる。
魔術師ギルドの知り合いに話を聞くと、その呪いを解くにはその杖を誰かが進んで受け取るしかない。
一番の方法は、その杖を杖があった場所である、ダークファザム洞窟に返すのがいいそうだ。

レン「とりあえずこの辺りから進めてみるか・・・・」


まずは状況と解決法がはっきりしているローゼンティアの件から。
杖を受け取り、ダークファザム洞窟を目指す。

四匹のスカンプ達も杖を持っているレンについてくる。
洞窟内で戦闘。
ビホルデンを倒すとタマネギが何故かスイカとカボチャに殺された。

レン「またかよ(^_^メ)」

タマネギは召喚獣にも嫌われているらしい。
ちなみに別のSSだが、ホワイトタイガーも敵よりもタマネギを狙う^^;
obri031409.jpg 

簡単にシュオゴラスの神象のあるあたりまで達して、杖を返して戻る。

ローゼンティア「ありがとうございます。お礼にこれを差し上げます。」

エイドロンの剣の指輪というものをもらった。
剣撃+15 防御+15

レン「おお、これはいいものをもらった。」

こっちは簡単に片付いた。
問題はもうひとつのほう。

とりあえず、ウィーバムのいる家に行く。

しかし、知らぬ存ぜぬで、何も情報を引き出せない。
チャームで友好を100にしてみたが駄目。

レン「話術が低いせいかな?」

というわけで、話術を上昇させる呪文を作ってみた。
しかし聞き出せない。

レン「(姿を消して尾行してみるか・・・・)」

一度外に出てから姿を消してスニークで侵入。

すると油断したのかウィーバムとその妻が話を始めた。

ベージン「でもあれをトロールが盗ってしまったら?」
ウィーバム「いや、トロールはあんなものに興味はない。あの目はタイドウォーターの洞窟に置いておくのが一番安全だ。」

というわけで、タイドウォーター洞窟を探索に。
洞窟の中はトロールの大軍。
散々殴られて何度か死にかけた。
召喚獣も次々とやられてしまう。
今までいかにコンパニオンに助けられていたかよくわかった。

レン「今度レイにでも声をかけてみるか・・・・」

まあ突っ込み役がいると書きやすいですし。
ノクターナルの祠に目を返しに行くと、ノクターナルから礼としてスケルトンキーがもらえた。
何に使うのかはよくわからない。
何かの鍵だろう。

レン「んー・・・この調子で祠巡りでもしてみるか。何かいいものがもらえるかもしれないし。」

とりあえずは発見済みの祠に行ってみることに。
ハーシンの祠に。
向う途中でゴブリンとの戦闘中にマリカと再開。

レン「久しぶり。」
マリカ「久しぶりじゃない。ジョフリ殿が探していたぞ。」
レン「・・・・・こちの用事が済んだら行く。」
マリカ「またか・・・ 」
レン「というわけでさよならーーー!」

逃げた。

さらに進むと、前方で大規模な魔物の群れと魔物掃除屋が戦っていた。
加勢すると、その中にメルの姿が。

メル「久しぶり」
レン「ああ、丁度よかった。弓プレイをするには前衛が必要だったのよ。」
メル「(相変わらずだなぁ・・・)断る。」

もう少し自由気ままな一人旅を満喫したいらしい。

MMMの高レベル一人旅は結構危険だ。
装備が貧弱+弓プレイというのが主な理由だが。

ハーシンの祠に行ってみたが、ハーシンの求める供物を持っていなかった。
駄目駄目だ。


レン「そうだ、帝都に行こう...( = =) 」

何も当てもなく、ぶらぶらと帝都に。
一日帝都をぶらぶらして、そのまま帰還。
目的を失ったとたんにだらけた^^;

レン「えーと・・・まだ未解決のクエストは・・・と。」

メインクエストがあるだろ。

発生しているクエストのうち、アンヴィル大聖堂襲撃事件があった。
行ってみることにする。

レン「一人はキツいなー」

タマネギは何故か召喚獣と仲が悪く、すぐに殺されてしまう。
・・・・タマネギは誰とでも仲が悪いのだが。

旅の途中での出会いにでも期待しよう。
アンヴィルに向う旅も半ばというところで、トッコが死んでいるのを発見。

レン「またか(-_-;)」

実は今までに数え切れないほど会っているのだが、生きているところにあったのは2~3回ほどで、あとはみんな死んでいた。
軽装備の弓使い一人旅ではMMM高レベルは地獄のようだ。

レン「よし、蘇生。」

蘇生してアンヴィルまで一緒に行くことにする。

ところが・・・・・・

ついてこない。
よく見ると、死んでいるわけではない。
ただ、地面にめり込んでいるだけだった。

レン「・・・・・・・・・・」

実はこれはガードとかもよくなる。
特に私の環境ではクヴァッチ~アンヴィル間の街道でガードがこうなって動けなくなっていることが多い。
でも会話だけは出来る。
こんな状態です。
obri031404.jpg 

で・・・・直す方法は、該当するNPCが入っていたMODを外して、一端そのMODが無い状態でセーブしてからゲームを終了し、改めて導入し直すしかなかった。
一度こうなったキャラは死んでリスポーンしても直らない。
このトッコに関しても一回死なせてからリスポーンさせてみたのだが、やはり地面にめり込んで動けないトッコが復活してしまうのだ。
トッコはFrom 2ch Livesで追加されたキャラなので、これを外してから入れ直すしかない。
もちろんその場合は、From 2ch Livesのキャラ全てがリセットされてしまう。
手当たり次第コンパニオン化魔法に登録していたキャラ達も、また探して登録し直さなければならなくなる。

だが、問題はそれだけではない。
設定がリセットされるとはいえ、まだ追加MODのキャラならこの方法で直せるのだが、元からいたNPCがこうなったら、直しようがない。
これはもう、諦めるか、そうなる前のデータでやり直すしかなくなってしまう。

結論としては、今のところこのバグ(?)の被害者はトッコと、このガードだけのようなので、諦めることにした。

レン「・・・・・・・・・(-_-;)」

アンヴィルに向う途中だったが、激しく萎えた(-_-;)
と、そこに突然聞き覚えのある声が。

アリア「アークメイジ!」
レン「あれ・・・どうしたの...( = =) 」
アリア「・・・・どうしたんですか、そのやる気のなさそうな目は」
レン「う~ん、目的を失ったら、急に虚しくなって...( = =) 」
アリア「丁度よかったです。ニーベン湾に奇妙な扉が発見されたという噂があるんです。調べに行きましょう!」
レン「相変らず、そういうのが好きなんだね。」
アリア「暇ならアークメイジも是非。」
レン「私はなんだと思われているんだろう・・・・」

暇人。 
obri031418.jpg  


まあせっかくなので、黄金海岸から遙か遠くブラヴィル方面のニーベン湾に調査に向うことにした。
obri031405.jpg 
レン「そうだ、なんか寂しいから、魔術師ギルドの見習いも連れて行こう。」
アリア「いい考えです。大学に籠もって研究ばかりしているのではなく、こういうものを実地調査するのもいい経験になるでしょう。」

途中自宅に立ち寄ると、またダリアが遊びに来ていた。
obri031407.jpg 
レン「よく来るわね。貴方何者?」
ダリア「何者と言われても・・・・」

確か、誰かと一緒に行動していたような気が。
ただ、その誰かが出てこない。

途中で前に供物が無くて失敗したハーシンの祠による。

ハーシンの祠に熊の皮を捧げると、ハーシンの声が聞こえて、近くの果樹園にいるユニコーンの角を取ってこいと言われた。

レン「ユニコーンを殺せということ?」
アリア「嫌ならやらなくてもいいんじゃないですか?」
レン「まあユニコーンは見てみたいし、行くだけ行って、そこで考えよう。」
ハーシン「貴様に度胸があるなら、見事ユニコーンの角を取ってくるがいい」

果樹園に着いたら、出てきたのはミノタウロスの群れ。
ユニコーンは既に死んでいた。

レン「・・・・・・・・・」
アリア「・・・・・・・・・」
タマネギ「♪~♪~(タマネギダンス)」
※別の時のSSだが、この画像を交互に表示するとタマネギダンスになる。
obri031402.jpg obri031403.jpg

レン「台無しにしてくれやがって、このミノタウロス野郎(^_^メ)」

タマネギダンスを見て、レンの怒りが頂点に達した。

嵐の精霊、氷の精霊、スケルトンヒーロー召喚。
魔法をうちまくってミノタウロス軍団を壊滅。

ユニコーンの角も回収。

ハーシン「ほう、よくぞやった。その血を啜り、その肉を喰らったか?奪った命は決して無駄にしてはならぬ。お前には我から報償を与えよう。身につけるがよい。」

救い主の皮をもらった。
魔法耐性25%の防具だ。
装備してみた。
obri031408.jpg 
外した。

レン「後で売るか・・・・」
ハーシン「おまえなぁ・・・・友達いないだろう?」

まあ、保管しておこう。

ブラヴィル方面に向う途中でラクウェルに再開。

レン「丁度よっかった。前衛お願い。」
ラクウェル「あなた、私をなんだと思っているの?」
レン「お友達。」
ラクウェル「戦士ギルドがらみじゃなければ、助ける理由がないのだけど。」
レン「私が死んだら戦士ギルド壊滅だよ?」
ラクウェル「・・・仕方のないε-(ーдー)ハァ」
タマネギ「♪~♪~」

いつの間にかタマネギがどこで拾ったのかメイスを持っていた。

レン「そんな危ないものは没収。」

とりあえずブラヴィルに着いた。

アリア「ここからどうやって扉のある島まで行きましょうか?」
レン「船がなさそうなんだけど・・・・泳ぐしかないのかな?」

というわけで、大水泳大会。
obri031410.jpg 
レン「あの島目指して飛び込むぞー!」
アリア「おーー!」
タマネギ「♪~♪~」
ラクウェル「いったい私は何をしているのだろう・・・・・」

ポツーン
obri031411.jpg 
誰もついてきていない・・・・・

島に上陸。
島はガードが警備していた。

レン「あの・・・」
ガード「話している暇はない。まだ扉から音がする。これから起ることは見ない方がいい。」

扉から人が出てきた。
何か騒ぎながら暴れ出す。

ガード「下がっていろ!こいつはもう正気じゃない!」
obri031412.jpg 
ガードはその人物を斬り捨てた。

ガードの話によると、この扉に入っていった人物はみな狂ってしまうようだ。
入る時は正常だったのに、出てくると正気を失っている。
ガードはここに入ろうとする者に警告を与えるためにいる。

ガード「お前達がこの扉に入りたいなら好きにするがいい。俺の役目は警告を与えることであって、追い払う事じゃない。」
アリア「入らないと調査は出来ませんね。行きましょう。」
レン「じゃあちょっと行ってくる。」
ガード「ふん、命知らずめ。」

扉に入ると、そこは不思議空間だった。


男「どうぞ、椅子に腰をかけて。」
レン「何者?」
男「まずは椅子に腰をかけて。礼儀正しく話をしましょう。」
obri031413.jpg 

男はシュオゴラス神の執事、ハスキルと名乗った。
この扉は戦慄の島へ続く扉だそうだ。
よくわからないが、シュオゴラスは自分の闘士となる者を求めているらしい。
この扉はその招待のためにある。

ハスキルは進むも戻るも自由だと言う。

アリア「私は行きます。神の領域ですか。面白い。」
レン「暇なので行きます。」
ハスキル「これは素晴らしい。我が主が貴方とお会いできればお喜びになることでしょう。まずは『狂気の門』を越える必要があります。そうそう、『ゲートキーパー』には気をつけて下さい。彼らは外から来る者を嫌いますから。では。」

男が去ると、景色が変った。

ポツーン。
obri031414.jpg 
レン「・・・・あの野郎(^_^メ)」

というわけで、戦慄の島にやってきた。
どんな冒険が待っているのかは、次回に続く。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1673-7ce59dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。