QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しいタマネギVer1.1を探索する。-其の1-(OBLIVION・MOD)

他作者様の『妖しい地下室』を改変した『怪しいタマネギ』
ver1.1にバージョンアップしました。
というわけで、今回はちょっと紹介を兼ねて探索。
尚、MODの各エリアは元MODのものをほぼそのまま使っています。
ちっよとオブジェクトをいじったりアイテムを追加したりしたヶ所はありますが、基本タマネギを追加した以外は大きく弄ってはいません。


怪しいタマネギver1.2
http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1707.html


変更点
オブリビオンホールの檻の中に以下のものを追加しました。

・罠に嵌ったタマネギ
・生存競争に負けたタマネギ

目の前の食料に釣られて、罠に飛び込んで出られなくなっています。
しかし、本人は深く考えずに満足そうに確保した食糧をずっと食べ続けています。
obri042809.jpg 

隣の檻には食糧が尽きて死んだタマネギが・・・・
obri042810.jpg 


レン「というわけで、帝都の自宅で発見された地下室と、そこに出現したという食糧泥棒を見に行くぞ。」
小タマネギ「見るだけですか~?」
レン「うん、見て楽しむMODだし。」

身も蓋もない^^;

レン「と言うわけで行くぞ!」
obri042811.jpg 

小タマネギ「まって~~~」

相変らず遅い。


 
導入すると、帝都のボロ小屋(自宅)の隅に地下への入り口が出来ます。
obri042813.jpg
小タマネギ「よく今まで見つからなかったね~」
レン「そんなわけあるか(^_^メ)」

きっと誰かが人知れず一晩で作ったに違いない^^;
とにかく地下に降りてみる。

誰か「・・・・・・・・・バタッ・・・・・」
レン「うわっ!?∑(゚ロ゚;)」

いきなり誰かが倒れた。
obri042814.jpg
レン「『生存競争に負けたタマネギ』・・・?なんじゃそりゃ(-_-;)」
 
小タマネギ「あっ、こんな所にマンホールみたいのがあるよ。」
obri042815.jpg 
これが今回のバージョンアップで追加したタマネギがいる場所に行く入り口。
ちなみにこれ自体は元MODにあった空間です。
私が改変した部分は、タマネギの追加と、それ用に若干オブジェクトやアイテム類を変更していじっただけです。

レン「よし行ってみよう。」

入ってみると、そこはオブリビオン空間だった。

レン「・・・・びっくりした。」
小タマネギ「誰か走り回っているよ~」
obri042816.jpg
迷子のタマネギ「!???!!~~!??」

どうやら出口が分からなくなったらしい。

レン「・・・・・すぐそこなんだけど、食糧泥棒に教える義理もないか・・・」

相変らず容赦なかった。

小タマネギ「あれ?これは眠っているのかな~?」
obri042810_20100429134051.jpg 

レン「死んでいるわ・・・・どんな罠にかかったのか知らないけど、出れなくなったまま食糧が尽きたのね・・・・」
近くで声「ああ・・・・旨い旨い美味しい・・・・」
レン「・・・・・・・・・・」
obri042809.jpg 


隣の檻では一心不乱に食糧を食べるタマネギが。
檻の中には肉がばらまかれている。
どうやらそれに釣られて檻の中に入ったらしい。
obri042807.jpg   
罠に嵌ったタマネギ「ふ~満腹満腹」
レン「気が済んだら出たら?出れるのかどうか知らないけど」

罠に嵌ったタマネギ「まだまだあるぞ~旨い旨い・・・・」
obri042809.jpg
レン「・・・・死ぬまでそうやってろ(^_^メ)」

いずれ食糧が尽きて隣のタマネギと同じ事になるのだろう。
もっとも、こいつには無限食糧を持たせているので、ゲーム内ではずっとこれを繰り返しているのだが。

レン「次行こうか・・・・」

一端最初の部屋に戻る。

レン「『豪華な部屋』とか書いてある扉があるわね。」

行ってみる。
obri042817.jpg 
小タマネギ「うわ~豪華だね~」
レン「うん?・・・隣の部屋から物音が?」

obri042818.jpg 
怪盗食っちゃ寝「ああ~旨い旨い・・・」
レン「ここにも食糧泥棒か(^_^メ)」

obri042819.jpg
怪盗食っちゃ寝「あ~食った食った」
レン「こら(^_^メ)」

obri042820.jpg
怪盗食っちゃ寝「・・ん?」
レン「・・・・・(^_^メ)」

obri042821.jpg

怪盗食っちゃ寝「・・・・・寝るか。」
レン「無視かよ(^_^メ)」

腹が立ったので寝ているところに弓で思いっきり不意打ちしたら、よれよれになりながら逃げていった。
さらに豪華な部屋を探索。

小タマネギ「あれ?こっちの通路に石の扉があるよ~?」

入ってみると、そこは巨大な風呂かプールだった。
obri042822.jpg

レン「・・・・って、何か浮いてるぞ(^_^メ)」
小タマネギ「『溺れた風呂泥棒』・・・?」

どうやら文字通りらしい。
奥には逃げた怪盗食っちゃ寝が座っていた。
ちなみにこいつはよくここから出ようとして風呂の中を歩き、そのままハマって出られなくなる^^;
obri042823.jpg
レン「ほっとこう(^_^メ)」

というわけでさらに豪華な部屋を探索。

レン「まだあるの?」
小タマネギ「こっちに地下への扉があるよ~」

行ってみると、地下の独房に捕らわれているタマネギがいた。
obri042824.jpg 
レン「『食い逃げで捕まったタマネギ』・・・・?」

またしても食糧泥棒だった。
ちなみに、こいつは鎖と壁の間に挟まっていて、逃げることが出来ない。
どうとでもして下さい状態である。

レン「まあいいや、今回はスルーで。」

というわけで、豪華な部屋までは終わり。
しかしまだまだエリアはあるので、SS枚数が多くなりすぎるので、その2に続く。

~其の2~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1708-bf9d8ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。