QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず伝説の勇者の伝説1~2


とりあえず伝説の勇者の伝説1
脱力のヒロイックサーガ
toden01.jpg 

とりあえず伝説の勇者の伝説2
無気力のクロスカウンター
toden02.jpg
鏡貴也/富士見ファンタジア文庫


古き懐かしきのり。

 

伝説の勇者の伝説シリーズの外伝というか短編集。
ギャグ中心。

読んでいて、どこか懐かしいのりだと思った。
・・・・・・どこでこの感覚を思い出したのだろう。
そう、かつてのスレイヤーズのギャグ部分のような、そんな懐かしいのり。

とは言っても、作品自体が2001年~2002年辺りに書かれた物なので、懐かしいのりなのは当たり前なのかもしれない

正直今の私にはちょっと苦しかった。
つまらなくはないが、面白いとも言い難い。
あと、本編で登場したミルクのエピソードが一部この短編と本編で完全に被っている部分があって、同じ文章を(ところどころ本編とは視点が違うが)延々と読むのは辛かった。

これを読んで「面白い」ではなく「懐かしい」という感想を持ってしまうのは、私も年を取ったのかなぁ・・・・・(-_-;)

ちなみに2巻の「暗殺者の見る夢は・・・」は、ライナの少年時代の話で、これだけシリアス。
この話は非常に面白く、一読の価値あり。
シリアス部分は王道ながらも押さえる部分はしっかりと押さえていて、やはり秀逸なんですよね~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1783-f13eee9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。