QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムバトルユニバース プレイ日記0088 その1

ガンダムバトルユニバース プレイ日記0088 その1
一年は開いていないですけど、それに近いくらい開いてしまったので仕切り直し。
とりあえずボールは結構強かった(笑

※このプレイ日記にはゲーム中には存在しない管理人の妄想やりとりが含まれ・・・・というか、そっちがメインです。
そういうものが嫌い、許せないという人は、見ても気分が悪くなるだけなので閲覧をご遠慮下さい。


現在キャンペーンモードは全ミッションクリア。

隠し要素はここまで開放されています。
・時代制限解除(時代を超えてMS、ゲストパイロットを使える)
・地形制限解除(地形に関係なくMSを使える)
・チューン下限解除(デフォルト値よりパラメーターを下げてその分のポイントを他に回せる)
・ハンティングモード(敵MSを滷獲)
・ゲストパイロット成長解除(史実パイロットが成長するようになる)
・EXTRA制限解除(EXTRAミッションで使用した機体をキャンペーンで使用可能)

ちなみにチューン限界突破を出したいのだが、全ミッションオールS以上は私にはちょっとムリ(-_-;)
これをやるとボールがもの凄く強くなるとか。

まあボールは制限範囲内でもやりようによっては結構戦えます。
逃げ回りながらコールボールで仲間召喚(笑

敵が隙を見せたらキャノンで攻撃。
そしてまた逃げながらコールボール(笑

ちなみに主にジオン陣営でやっているのでジオン側のMSを使っていますが、今まで一番使っている機体はブラウブロ。
扱いやすい。
MAなので操作性は微妙だが、4つの有線サイコミュが火力、弾数、命中率が高い。
後ろ向きながらでも離れたところからでも、敵の周囲に飛んでいって攻撃できる。
さらにSPも強力。
頑張ればアムロのνガンダムにも勝てる。
頑張ればだが(汗


エルメス、ジオング、キュベレイあたりも使ってみたが、やはりキュベレイは非常に使いやすく強い。
キュベレイなら全時代を通して使える万能機。
というかあの火力は鬼^^;


エルメスはMAなため操作性がいまいちで、ビットの弾数が微妙。
SPは強い。
COMが乗ればかなり戦ってくれる。


ジオングは・・・・
どうしたこれ(汗
一年戦争に限ってなら戦えるが、それ以降となると厳しい。
火力が足りない二本の有線アームも微妙な火力と命中率。
正直これを使うならシャア専用リックドムのほうが使える。


というわけで0088から再開。
ジオン系で行くつもりなので、ネオジオン陣営を選択。

エレン「お久しぶりです。オペレーターを務めさせていただきますエレンロシュフィルです。」
隊長「・・・・・・・・・・誰?」
エレン「クライマックスの嫁候補です。(たぶん)」
隊長「う~ん・・・?思い出せない?~(-゛-;)~」
エレン「ええ、やっぱり私はそういう扱いなんですね。そりゃ、プレイ日記さえやっていないゲームですけどっ!!(`-´メ) プンッ」

まあ、いろいろ難儀なゲームでした。
ファンネルの美しさは素晴らしかったですが。


現在の隊長と相棒リルのパラメーター。

たいちょ~っ(少尉)
体力95(耐久に関係)
射撃80(射撃の威力・命中率に関係)
格闘28(格闘の威力・命中率に関係)
防御25(防御力に関係+被ダメ時によろめきにくくなる)
反応95(機動力系に関係)
感知80(レーダー性能に関係)
SP 80(SPの回復量に関係)

パッシブスキル
スナイパー(予測射撃の移動速度2倍。盾防御時にも本体へ追加ダメージ)

additionalスキル
激昂(怒りに燃える一撃。ダメージ1.2倍)



リル・ソマーズ(少尉)
体力80
射撃57
格闘59
防御66
反応70
感知61
SP 73

パッシブスキル
超反応(理屈抜きの反応速度。必ずダウン回避成功。)

additionalスキル
憤怒(怒りに燃える魂。ハイパーモードの効果発生。)


余談だが、この時のハマーン様の能力はこんなだ。

ハマーン・カーン
体力54
射撃80
格闘78
防御74
反応78
感知85
SP 78



リル「・・・・って、格闘28の防御25って・・・今までどんな戦い方してきたのかよく分かるわね・・・・」
隊長「敵の接近を許さず、防御の必要すらない戦い方をしてきたのさ( -_-)フッ」

そんなことはないが(笑
このゲームは射撃戦がメインになりやすい。
あと、使う機体がシールド無しのが多かったので、最初から防御は捨てていた。
リルはバランス良く成長したものだ。

隊長「いつのまにか階級が一緒だな。」
リル「あれ、ほんとだ。」
エレン「あの・・・・そろそろ始めたいのですが、どの機体で出撃しますか?」

ちなみにZまでのジオン側機体なら選び放題になっている。
さらに滷獲機体もちらほらと。
キュベレイだろうがジオングだろうがパーフェクトジオングだろうがエルメスだろうが、隊長ならニュータイプ不可以外の機体は何でも乗れる。

隊長「よし、私はサクで」
エレン&リル「やめて~!!」

隊長「じゃあこの前どっかで滷獲してきたボールでいいよ。」
エレン「では出撃してください。」
隊長「ボールはいいのかよっ!?」

さすがにボールだけでこの時代のMS相手に勝てるとも思えない(笑
というわけで、リルはザクレロ@フルチューンで出撃。
ちなみに今までのミッションは全てキュベレイ(HC)とザクレロのコンビでオールS以上にしたが無駄な努力だった(笑

リル「ザクレロ・・・・・まだあったんだ・・・」
エレン「モードが開放されたので過去の機体も使えますよ。では、頑張って下さい。」


『シャングリラの少年』
エレン「エゥーゴの戦艦アーガマがサイド1のコロニー『シャングリラ』に潜伏しているとの情報を入手しました。アーガマは先の戦争でほとんどの戦力を失っており今が撃墜のチャンスです。尚、エンドラのマシュマー・セロが我が軍の援軍としてこちらに向っています。協力して作戦に当たって下さい。」

シャングリラの宇宙船ドックに隊長の部隊が侵入。

エレン「攻撃目標を発見しました。頑張って下さい。」


通路を進み、隔壁を開ける。

隊長「うおっ!?」

いきなりリックディアスの攻撃を食らった。
しかしそこはフルチューンしたスーパーボール(笑

隊長「なめるな!これでもザクよりは強くしたんだ!!」

フルチューンでその程度か(笑

隊長「よし、リル任せたぞ!!」
リル「あんたはどうするのよ。」
隊長「コール、ボール!!」

ポンッ!ポンッ!・・・・
次々とボールが召喚される。

敵のリックディアスがそれに惑わされる。
ちなみに呼び出されたボールはキャノンは使わずに機銃のようなもので貧弱な攻撃をする。
それでも数で勝負だ(笑

リル「ええい、面倒くさい(-_-;)」

リルのザクレロのミサイルでリックディアス達が瞬殺される。
さすがフルチューンだ。
ちなみにこのザクレロは狭い場所でも小回りが利くように旋回性能をオーバーチューンしてある。

ファ「ファ・ユイリィ行きます!」
隊長「きたな!コール・ボール!!」

隊長、徹底的に逃げの姿勢。

ボールがわらわらと出てくる。

リル「戦えよ(^_^メ)」
隊長「おりゃ!」

突然遠くからキャノンを放つ。
ボールのキャノンはちょっとだけ威力がある。

ファ「や・・・やられたの!?」

ボール軍団によりファ撃退。
その間にアーガマはザクレロが撃破した。

エレン「マシュマー・セロ様の援軍が到着しました。」
マシュマー「ハマーン様のために・・・・・」
ジュドー「なにやってんの!」
エレン「敵増援も来ました!」

隊長「コール・ボール!!」

ジュドー「お前は・・・ってわあっ!?」

ボールがゼータに群がる。
さらにマシュマーも追撃する。

隊長「ふっ・・・・」

隊長の親玉ボールのキャノンが火を噴く。
キャノンの引き撃ちは弾道が水平になって早くなり回避しにくくなる。
見事に直撃。
かなりのダメージを与えた。

ジュドー「このままじゃ・・・・!」
隊長「コール・ボール!!」

またまたボールが群がる(笑

マシュマー「ははは、どうしたその程度か?」
リル「はいはいザクレロが通りますよ~」
ボール軍団「わらわらわらわら」
ジュドー「うわっ・・・・やられっ・・・」

ゼータ撃破。
ランクS。


エレン「勝てるものですね・・・」
リル「フルチューンザクレロが強すぎただけでしょ。」

そうかもしれない。
そこで、今度は二機ともボールにしてみた(笑

ジュドー「ちょ・・・・何これ!?」
隊長「ボールを増量してみました( ̄▽ ̄)」

さっきは一度に4体までしか呼ばなかったが

隊長「さらにこれがSP!!」

なんかボールがむぅう~~~ん・・・(( ( ( ̄  ̄メ) ) ))とポーズを取ると・・・・

ジュドー「うわああっ!?なんだこれっ!?」

ボールが細胞分裂のようにわらわらと増幅(笑
哀れゼータはボールによって撃破された。

隊長「・・・・・・・戦いは数だよ兄貴。」
リル「強かったねボール・・・・・」
エレン「ええ・・・恐ろしいくらいに・・・・・」

限界突破チューンできなくてもこれだよ(笑



『決闘!アーガマ』
エレン「シャングリラから脱出したアーガマにこちらから追撃戦を仕掛けます。」
隊長「あれっ?撃破しなかった?」
エレン「気のせいです。」
隊長「・・・・・・・・」
エレン「エンドラからの援軍も期待できますが、Zのパイロットからはニュータイプの素養を感じます。注意して下さい。」
隊長「大丈夫、こちらもニュータイプだ。」
リル「機体がボールじゃ意味無いでしょ(^_^メ)」
隊長「というわけで、ララァを呼んできた。」
リル「故人を呼ぶなっ!!」


ララァ「・・・・・あれ?ここは?大佐は?」
ハマーン「・・・・・・・・」
ララァ「・・・・・・・?」

(メ ̄ ̄)・・・バチバチ・・・( ̄ ̄メ)

リル「ああ・・・・なんか睨んでる!?ハマーン様がララァを睨んでるっ!?」
隊長「いや、ララァも何か感じるものがあったのか、にらみ返しているぞっ!?」
エレン「そうですか、では面倒なことになる前に出撃させちゃいましょう。」
リル「ずいぶん冷静ねっ!?」
隊長「私はボールで出る。ララァ、エルメスで出ろ!」
ララァ「はい、少尉・・・・あれ?」

階級が同じだった(笑

エルメスは自分では使いにくいがcomに任せれば結構強い。
オールレンジ攻撃とSPのビットも使った一斉射撃の精度はキュベレイほどではないが、かなり使える。

エレン「進路クリア。攻撃目標発見。作戦を開始して下さい。」
隊長「よし、アーガマを撃墜する!ララァ、私を導いてくれ・・・・・・」
ララァ「それより貴方は誰ですか?」
隊長「気にするなっ!!」

というわけでさっそくコール・ボール(笑

ララァのエルメスはレーダー範囲も広くララァ自身も感知が高い。
しかも高速なので、さっさと隊長のボールを置き去りにして戦いを始めていた。

ジュドー「アーガマを守りながらじゃ戦いにくいっ!くっ・・・・・」
ララァ「この人は・・・・」
ジュドー「まだだっ!!」
隊長「コール・ボール!!」

10体くらい呼んでみた(笑

マシュマー「マシュマー・セロ、参る!」
ジュドー「団体で来ればいいってもんじゃないぞ!!」
隊長「戦いは数だっ!!」

ついでにエルメスのビットも団体だ。

ジュドー「ま、まずいっ!?」
隊長「よしっ、追い詰めた・・・っ?」

突然横から二発食らってボールが転がった。

隊長「なんだっ!?」
エレン「データにない機体が接近しています。気をつけて下さい。」
ルー「ジュドー!」
隊長「面倒なっ!」
エレン「既存機種の改造機体が投入されたようです。」
マシュマー「くそっ・・・・私は死なん、この子供だましがっ!!」
エレン「マシュマー・セロ機撤退しました。」
ララァ「くっ・・・・・」

ララァも辛そうになってきた。
隊長「ぴんちか?」
エレン「攻撃目標、ロストしました。作戦を変更します。敵部隊を殲滅して下さい。」
隊長「くそっ!コールボーール!!」

さらにキャノン。
これが当たった。

ジュドー「くそっ!」

ゼータ撤退。
残りは雑魚だ。

エレン「攻撃目標を撃墜しました。作戦終了です。」

当然だがランクはD。

隊長「エルメス・・・・微妙だったな・・・(-_-;)」
リル「微妙なのはあんたのボールだっての(^_^メ)」

というわけで再戦。
今度は隊長がブラウ・ブロ。
こいつは自分で使う分には使いやすく、オールレンジ攻撃の精度が高く攻撃力がある。

隊長「いくぞララァ!」
ララァ「はあ・・・」

もう呆れられていた。

隊長「ははははっ見よ!この圧倒的な力をっ!!」

ブラウ・ブロ無双。
アーガマを落とし、ゼータを苦もなく撃破。
雑魚は瞬殺。

さらに出てきたZZをSPのオールレンジ攻撃でやはり瞬殺。

ルー「なんて火力・・・」
ジュドー「くそぉっ!」

ブラウ・ブロは武装が少ないがこの4つの有線サイコミュによるオールレンジの凶悪さは後半戦でも使えるほどだ。
欠点は、MAなので使えないステージがあることと、やはり小回りが利かない。

当然ランクS。



『幻のコロニー』
エレン「旧式コロニー『ムーン・ムーン』でエンドラがエゥーゴMSと交戦状態に入りました。『ムーン・ムーン』には住民が崇める謎の敵機も出撃しているとの情報も入っています。エンドラを救出し、謎の敵機を撃墜し、彼らの戦意を喪失させて下さい。」

隊長「住民に崇められる敵機か・・・」
リル「よほど強いのかしら?」
隊長「よし、ならばこちらも伝説を作ろう。」
リル「どんな理屈よ(^_^メ)」
隊長「私はジオングで出る。リルはビクザムで出撃だ!」
リル「なんでもあるのねっ!?この部隊は!?」
エレン「過去の機体ならなんでも調達して見せます。」

そんな馬鹿な。


エレン「では作戦開始して下さい。」
隊長「ララァ・・・私を導いてくれ」
エレン「もう帰りましたよ。お盆も終わりましたし。」
隊長「あっ、そう。」

ジオングでオールレンジ攻撃。

隊長「見える・・・・見えるぞ。私にも敵が見える!」
リル「一発も当たっていないじゃないの!」

リルのビクザムのビーム砲が敵を蒸発させる。
ジオングのオールレンジ攻撃はあまり使い物にならない。
腕が飛ぶのが遅い上に、命中率がまるで悪い。
唯一なんとか使えるのがSPだ。

あとは口からビームの連射で戦うのが効率的だ。

リル「口からビームならこちらの方が上!」

ジオングの口からビームが三発で敵を倒す間に、容赦なく一発で敵を葬るビクザム。

グレミー「私も戦功を立てねばならんのでな。」
エレン「グレミー機、援軍到着です。」
隊長「君の出番はないよっ!」

よくわからないが、次々と出てくる敵を倒し続けていると、ビクザムの流れビームが遺跡のようなものを直撃して撃破した。

エレン「目標破壊。作戦を変更します。残った敵を殲滅して下さい。」
隊長「どんだけの戦力があるんだ!?」

どんどん出てくる。

ジュドー「よーし、ジュドー・アーシタ、行きまーす!」
隊長「いかせんよ。」
ジュドー「あっ、お前は!?」

ジオングがZZの前に立ちふさがる。

隊長「ア・バオア・クー以来だな、ガンダム!!」
ジュドー「しらないよっ!」

容赦なくSP。
ZZちょっと時間がかかったが撃破。

隊長「よし終わった・・・ん?」
リル「まだ変なのが残っている!」
エレン「この部隊ほど変なのはないですけどね。」

何か火炎放射をしている変なMS。

隊長「攻撃が効かない?」
リル「見かけはふざけているのにずいぶんタフね!」
エレン「あれが住民が崇めているMSです。」
隊長「なるほどっ、だがっ!!」

ジオングのSPならどうだ。
ジオングのオールレンジ攻撃がしっかりと敵を捕らえた。
容赦なく減っていく敵の耐久。
しかし・・・・・

隊長「耐えきった!?」
リル「ならこれでっ!」

ビクザムの巨大ビーム砲が直撃。
転んだものの、立ち上がった。

リル「嘘でしょ!?」

どんだけ頑丈なんだ。

結局手間取ってランクA。

隊長「リル・・・・ザクレロ出撃だ。」
リル「オーケー・・・・」

再戦。

容赦ないザクレロのミサイル弾幕によって戦場は修羅場と化した。
ランクS。

隊長「・・・・やっぱ強いなザクレロ。」
エレン「圧倒的ですね・・・・」
リル「我ながら恐いわ。」

弾幕と言えばズサもある。
ミサイル艦のようなMS。

隊長「よし、これもフルチューンしてあるし、ちょっと試すか。」

今度はズサ二機で。

ズサ@フルチューンも強い。
圧倒的な誘導ミサイルの雨。
出てきたZZも謎MSもSPのミサイル一斉射撃で瞬殺。
ザクレロよりは機動力も耐久もないが、攻撃力だけならかなりのものだ。

ついでにボールもやってみた。
ランクS。
僚機が強ければ案外クリア出来るものだ(笑
とりあえず、ボールが結構使えそうなのでボールで行けるところまで行ってみるか(笑

というわけで次回に続くかどうかはわからない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1799-e0b1694b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。