QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境晒し

今回はやっと環境が安定したので、環境晒しから。
まあ、新しいMODを入れる度に不安定になって、安定したと思ったらまた・・・・
の繰り返しですが(笑
ようやくほとんど落ちなくなったというか?
別記事で書こうかとも思いましたが、過去にも似たようなことは書いているので、さらりと。

過去記事
WryeBashで安定化を図ってみる。
比較的簡単な日本語化維持の話

私の環境
OS  XP SP3 32bit
CPU E6850
グラボ HD5750 2G
メモリ4G (3.25認識+拡張768M)




■安定化必修
・Oblivion Crash Prevention System for OBSE
・Oblivion Stutter Remover
・BOSS
・WryeBash

もうこの4つがないとまともに動きません(笑
そして、この4つさえあれば、あとはさじ加減ですね。

Oblivion Stutter Remover はいろいろやってみた結果
iHeapAlgorithmは1でないと、戦闘中によく落ちます。
1にすると全然落ちないことに気がつきました。

上の二つを導入して、iHeapAlgorithmは1にして、BOSSで並び順を整えて、WryeBashでBashed patchを作ってやれば、ほぼ安定します。
ただ、これだけだとメモリ2Gの壁でMODてんこ盛り状態だと、いずれ限界に達し、必ず落ちます。
そこで、それを少しでも引き延ばすために

・3Gスイッチ設定
・4Gパッチ適用

この二つをやりました。
もうこれで殆ど落ちません。
と・・・・言いたいところですが、やはり私のマシンスペックでは重いMODだとマシンの限界があるので、ゲームのオプション設定での物体や人、草木の描画距離はほぼデフォルトにしました。
上げると、重いMODで落ちます(笑
上げなければ、ぬるぬると動きます。
全然落ちません。

これでパフォーマンス面と安定面はほぼ解決しました。
で、やはり問題なのは日本語化。

以前書いたように日本語化MODを導入してもどうしてもいろいろなMODを入れていると、何故か関係なさそうな会話部分まで英語に戻ってしまったりという経験をしている人も多いいと思います。
自分で日本語化できればいいのですが、私はよくわからなかったので、以前「比較的簡単な日本語化維持の話
」で書いた方法で日本語化を維持しています。


最近は、日本語化されていない部分以外での英語はほぼ見なくなりましたね。

時々、何故か英語にもどっているときは、OBMMを見直すと、だいたいうっかり日本語化MODの下に英語が残っているMODが来ていたり。

とりあえず、こんな感じで、ほぼ完全に安定しましたよと。
・・・・まあ、また何か入れるとしばらくCTDとの戦いになるかもですが(笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1850-c3884494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。