QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第11回

PC版オブリビオン・プレイ日記  白いエルフの旅 第11回

今回のベストショット
今回は動画で。

[広告 ] VPS


LAMEの追加魔法・隕石シャワー(私はメテオシャワーと呼んでいます。)
自分も吹っ飛ぶこの威力(笑
魔法には強いレンの体力が半分になるほどの威力。
屋外専用。
使い所は・・・・・強力&広範囲無差別なので、ネタ以外ではないです(笑



【タマネギさんが牢から出てしまう(つД`)】
レン「ふふふ・・・・・ついに夢がかなったわ・・・・」
ナタリー「どうしたんですかレンさん、不気味な笑みを浮かべて」
レン「管理人の無駄な努力の成果で、ついに私の夢だった私専用、タマネギの牢獄+拷問装置+タマネギの楽園が完成したのよ!」
ナタリー「・・・・・・・・・・」
 obri2010-1011-01.jpg obri2010-1011-02.jpg

ちなみにどんなものかはこちらに。
http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1874.html

ラクウェル「なんというか・・・最近の貴方を見ていると、シェオゴラスのほうがまだましだったような気がするわ・・・・」
ナタリー「それはシェオゴラス的には喜ぶんじゃないでしょうか。」
リラルカー「いいんじゃね?被害はタマネギだけだし。」
ラクウェル「そうか、そうだったわね。」
ナタリー「タマネギさんならしょうがないですね。」
タマネギ「・・・・・?」

相変わらずの扱いだった。


とりあえず、最後の剣を探して旅に出る。
その前に、タマネギsをタマネギの楽園に移住させた。
obri2010-1006-024_20101011160713.jpg

ラクウェル「ああ、もうわけがわからない(#--)ヘ」
ナタリー「とにかく先を急ぎませんか?(汗」
レン「その前に・・・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ」
ナタリー「な・・・なんですかレンさん?私を見てにやりとして・・・」
レン「これを装備してみてっ!」
ナタリー「・・・・・?」
obri2010-1011-03.jpg obri2010-1011-04.jpg


ラクウェル「おお、似合う!」

これはロムスカファンタジーストアという、以前紹介した天空の巨大都市のMODで手に入れた物。

レン「よし、ナタリーはこの黒いのに決まり。」
ナタリー「き・・・決まったんですか?(汗」

ちょっと他りないものがあるので、遙々北の果てまでひとっ飛びして買ってくる(笑

レン「よし、完璧だ。」
ラクウェル「・・・・・ハア」

いいからさっさと先に進もう(笑

で、アンダーポール洞窟は、ブルーマ方面にある。

レン「また長旅になりそうね・・・・」
ラクウェル「途中でCTDしなきゃいいんだけど。」

これだけ長いと、さすがに落ちそう(笑

例によって自宅により荷物整理。
今後はタマネギの楽園を拠点にするつもりなので、こちらに寄る機会が少なくなりそう。
そしてまた戦利品を売りさばきに行く途中で、橋の上のタマネギの様子を見る。
obri2010-1011-05.jpg
丁度スクゥーマを飲んでいたところだったが、倒れない。
もう倒れた後だったのだろうか。
それはともかく、また食糧を置いて行ってやる。
obri2010-1011-06.jpg
レン「じゃあ、こそこそした人はこれでさらばだ。」
ラクウェル「なんのことやら・・・・」

結局落ちずに無事洞窟まで到着。
obri2010-1011-08.jpg
レン「ここに剣があるのね・・・」
ラクウェル「ま、どうせ敵が持っているんだろうけど。」

奥に進む。
激しい敵との戦いの末に、また地に伏せるレン。
obri2010-1011-07.jpg

ラクウェル「・・・・・・・・」
ナタリー「・・・・・・・・」
タマネギ「・・・・・・・・・・」
レン「・・・・・・みんな私をそんな目で見ないで(-_-;)」

要塞内はかなり複雑で敵も強い。
さらに奥に進むうちに、出ましたリッチ軍団(笑

タマネギ死亡、ラクウェル死亡。

レン「まずい、後衛の私とナタリーしかいない。」

しかも難易度上げたので、レンはあまり戦力にならない。
迷わず召喚獣をまとめて召喚してなんとか凌ぐ。

やがてベイリック卿の霊が現れた。

レン「うわー、強い強い!」

相変らず、タマネギとラクウェル死亡。

ラクウェル「最近こればっかりね。」

再び召喚獣軍団召喚で、なんとか倒した。

レン「よし・・・・剣は手に入れた。」
ナタリー「でも、穢れているので、チェイディンハルのアルカイ礼拝堂に持って行って清めてもらわなければならないそうですよ。」
レン「よし・・・行こう・・・・って、ラクウェル?」
ラクウェル「何?」
レン「『神経粉砕器』はどこに?」
ラクウェル「・・・・・無くした。」

レン「ええええーーーーっ!?∑(゚ロ゚;)」

なんてこったい(笑
二度と手に入らない物なのに。
まあ、しょうがない。
残念ながらこの砦の中を探し回るのも大変だ。
帰りがけに偶然見つけることが出来たら回収しよう。

レン「あったーーー!」

水の中に落ちていた。
先を急ぎたいので、夜を徹して進み、ロキシー亭あたりまで来たところで、帝都兵が地面にへばりついて動けなくなっていた。
obri2010-1011-09.jpg
レン「とうとうこの方面まで被害が出たか(-_-;)」

どうすりゃいいんだこれ。
生命探知をかけると反応しないのだが、荷物を盗ると泥棒扱いになる。
もちろん攻撃すると大変なことになる。

わからん。
これはもうどうにもならないのは分かっているので、disableした。

チェイディンハルも近いところで、アヤメさんにまた出会った。

アヤメ「あんた、こそこそした人だね」
レン「・・・私、アヤメさんに何かした? _| ̄|○ 」

チェイディンハルにつくと、聖堂がまたウリマルの手の者に襲われていたので倒す。
そして剣をここに収めてから、修道院に戻る。

レン「その前に、疲れたから、楽園に寄ろう。」

テレポートで行けるように出来ればいいのだが、出来ないので、魔法もどきのつもりでファストトラベルでコロルに飛んで、樫の木の下の異次元空間にGO(笑

レン「ああ、ナタリーさんのその後ろ姿いいなぁ・・・」
ナタリー「・・・・?」
ラクウェル「気にしないで、ただのコスプレエルフだから。」

と、噂をすれば影。
コロルにレイがいた。
obri2010-1011-10.jpg
レン「久しぶり。」
レイ「む・・・・最近風の噂だと、また妙なことに関わっているようですね。」
レン「まあ、かくかくしかじか?」
レイ「そしてお主はヒソヒソ・・・・」

だからなんでそれで話が通じるんだよ(笑

レイ「では私もついていくのです。久しぶりに暴れたいのです。」

しかし、そうなると人数が多すぎる。

レン「それはこれからタマネギの楽園に行ってから相談しよう。」
レイ「・・・・・・・・?」

ちなみにここにはMPCやMCSのコンパニオンは連れて行けるが、タマネギのようなデフォのフォローキャラはこれないらしい。
こさせるには、MCSでフォロー状態にする必要がある。


レン「みて!この素晴らしい空間を!これが私の求めていた物よ!」
obri2010-1011-11.jpg
ナタリー「・・・・・はあ、複数のタマネギさんのうめき声が聞こえるのですが・・・・」
ラクウェル「私は時々本気で貴方を倒しておいた方がいいんじゃないかって気がする時があるわ。」
レイ「さすがコスプレエルフなのです。もう何も言うことはないのです。」
レン「まだまだ・・・・驚くのはこれからよ!」

というわけで、楽園にGO(笑

ナタリー「これは・・・・・」
obri2010-1011-12.jpg 

タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!」
小タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!」
その他「バイアズーラ!バイアズーラ!」
obri2010-1011-21.jpg
obri2010-1011-16.jpg obri2010-1011-15.jpg

レイ「五月蠅いのです、やかましいのです。抹殺するのです。」
レン「ちゃんと、私たち用の住居もあるのよ。」
obri2010-1011-13.jpg 

わざわざ岩を重ねて作った洞穴式住居だ(笑

レン「そしてここでは、祭壇もあり、黒魂石も作れる!」
obri2010-1011-14.jpg 

ラクウェル「なんというか・・・・無駄に力入れたわね。需要無いのに。」

いいんですよ、所詮自己満足なんだから、私が楽しければ(笑

というわで、作戦会議。
obri2010-1011-17.jpg
まず人数が多くなりすぎたわけだが・・・・

レン「とりあえず、難易度を下げましょう。」

実は、難易度を上げたらレンの攻撃がほとんど効かなくなってしまった。
さすがにこれはどうしょうもないので、もうちょっと難易度バーを戻す。
その上で、人数を減らす。

グアーは屋外専用だからいいとして、ここからはラクウェルに外れてもらう。

ラクウェル「私は別にいいけど、相変らず勝手ね。」
レイ「そんなだから、友達が少ないとか『こそこそした人とか言われるのです』」

いや、どっちも別の理由だろう(笑
今回はしょうがない。
ということで、ラクウェルが抜けることに。

夜中を待って、黒魂石を作って、生け贄のタマネギに使ってから出ようと思ったが、生憎の曇り空で黒魂石を作れなかった。

レン「しょうがない・・・・晴れる日まで待つか。」
ナタリー「ずいぶんのんびりしているのですね。」
レイ「コスプレエルフのこだわりは、この程度ではないのです。」

しかし・・・ここのタマネギ達は、狙ったようにスクゥーマを取り出して飲んでくれるな(笑
obri2010-1011-18.jpg obri2010-1011-19.jpg
そして・・・・

レン「なんで晴れないのよ?(ーー;)」

狙ったように、夜中は曇りだったり雨だったり。
しかも、晴れたと思ったら、何故か朝のように明るかったり。

レン「時間の概念が狂っている?」

カラモンの楽園をベースに作っているので、どうなっているのかさっぱりだ(笑
そして数日待って、ようやくブラックソウルジェムを作れた。

というか、条件間違って覚えていたようだ。
晴れて無くても出来るというか、曇っていた。
むしろ、月の満ち欠けが大事?

さて、さっそくブラックソウルジェムの一つを生け贄に使おう(笑
obri2010-1011-20.jpg 
しかし、よく考えたら生け贄は不死設定だった。

レン「じゃあ、本物のタマネギでいいや。」
タマネギ「?」

ちなみに不死設定はMCSで変えられので、そうしたくなったらそうしてみてもいいかも。
生け贄まで不死にしたのは失敗だったか。

さて、巣に戻ると、おかしなことになっていた。
牢獄のタマネギ達が、何故か外に出て、別の場所でねている。

しかし、その場所にいないのに、牢獄の罠のボタンを押すと、罠には有効で、反応するという。

レン「????」
ナタリー「体と魂が別の場所にでもあるのでしょうか?」

AIだけが指定された場所で機能していて、体は別の場所で動いている状態だ。
奇怪すぎるので、ゲームを終了して調整(笑
たぶんパスの指定がおかしかったのだろうと当たりをつけた。
で、修正した結果・・・・

どうも時間が経つとAIで指定した行動がキャンセルされてしまっているらしい。
一日中同じ行動をとるように指定しているんだけどなぁ・・・・・
ただ、バスを指定し直したら、一端気絶させてやったらまたリセットされたらしく、自分で牢に戻っていった。
しかし、扉は開けられずに、うろうろしていたので、わざわざレンが開けてやった(笑

出る時は勝手に出るのに、なかなか面倒ですね。
思うようには動いてくれない。
そこで、リセットされた行動を、さらに再命令するために、定期的に同じ場所で寝るようにAIを入れ直しました。
これでどうだ。


成功。
戻ってくれた(つД`)

一人出ているが
obri2010-1011-22.jpg
こいつは押し戻して落としておこう(笑
(待機すればこれも戻りますけど) 

obri2010-1011-23.jpg 
タマネギさんがいい感じで泳ぎだしてくれたところで、今回は時間が無くなったのでこれで終わりです。

※今までのverを落として下さった方は最新のverに変えておくことをお勧めします。
http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1874.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1876-f15c1175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。