QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 第一回

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 第一回


今回のベストショット・月が綺麗だ。
obri2010-1015-17.jpg 



【修行の旅に出発】
―私はタリア。
ノードの脳筋魔法使い―

タリア「って、いきなり何よ、この設定は!?」

また魔法使いキャラかって?
いえ、やっぱり魔法面白いですから(笑
今回はミダス魔法とかもっと掘り下げてみたいですし。

―ところで、私のこの格好は、あまり気にしないで欲しい。
・・・・・今持ち合わせが、ボロボロの服しかないのよ!管理人の不手際で!!
早く装備回収に行かないとなぁ・・・―

※というわけで、今回からの主人公タリア
顔はFrom2ch Livesのペリンから持ってきて髪の色だけ変えました。
猫にしようか、トカゲにしようか、シリアス系の格好いいキャラにしようか、美人系でいくかと考えた結果、途中で力尽きそうなので、相変らずふざけながら出来そうなキャラで。
ちんまくて、ちょっとドジそうで、完璧っぽくないのがふざけたプレイ日記のキャラとしてはいいかなと。

・・・・・・・え?
自分で顔作るのはちょっと挫折しましたil|li _| ̄|○ il|li
obri2010-1015-08.jpg


ところでここはどこかというと、船の上。
今回は、スタート地点をチュートリアルではなく、船でシロディールに着たところから始めるMODを導入しました。

Alternative Start Arrive by Ship
元MODのダウンロード先はここです。
http://www.tesnexus.com/downloads/file.php?id=11495
で、しとしん版準拠で日本語化されていますが、それをどこから手に入れたか、ちょっと前のことなので忘れてしまいました(汗
おそらくは、wiki(http://wiki.oblivion.z49.org/  か、 http://jpmod.oblivion.z49.org/?%C7%C9%C0%B8%C8%C7Mod)あたりを探せば出てくるとは思いますが・・・・すみません。

このMODはなかなかの優れもので、単に船から始まるだけでなく、キャラメイクも部屋の中にある入国書類を手に取ることで、出来ます。
obri2010-1015-04.jpg

ここで、キャラの顔を変えたり、さらにはデォではない、経歴なども設定できます。
これは・・・・チュートリアルを飛ばす分の経験分かなにかなのかな?
 

さらに、今回はレベルアップシステムを
Oblivion XP Levelling
http://www.tesnexus.com/downloads/file.php?id=15619
でやります。
詳細はこちら様を。
http://oblivionclarity.blog21.fc2.com/blog-entry-52.html
※自分に合わないと感じたら、途中で変更します。

より、レベルアップシステムが合理的になったというか、今までのようにずっと剣撃の訓練だけとかしなくても済みそうです。
これもしとしん版準拠の日本語化を使っていますが・・・・すみません、これもどこから手に入れたのか忘れました(汗
殆どのMODは記事を書く時のためにURLの記録を残してあるのに、時々忘れているのがあるのですよね。
たしか以前オブリスレかなにかで見かけたという記憶だけはあるのですが。
※コメント欄でご指摘いただいたとおり、翻訳wikiにある名詞英語版のテキストファイルに、名詞が日本語化されているしとしん版の場所が記載されていました。
ttp://modl10n.oblivion.z49.org/files/misc/Ob_XP_JP1.2.7z

さて、キャラメイクですが、タリアはキャラの顔をFrom2ch Livesのペリンから持ってきているので、自然に種族はFrom2ch Livesのノルド改になります。
まあ、本来は大柄で戦士向きなノルドですが、これは小柄なノルド?という感じでしょうか?
ちなみに私のプレイ日記で出てくるラクウェルなんかもノルドです。

宿星座はお約束の魔術師座マジカ+50は美味しすぎる。
クラスは戦闘魔術師
基本魔術師だが、結構やんちゃキャラ目指しています。

身分・・・・・
・・・・
まだ見習いにもなっていない魔術師志願なので、肉体労働者のわけないですし、戦士でも学者でも聖職者でもない。
貴婦人でも学者で職人でもない。
とりあえず、魔術師志願なのだから、一応学者と言うことにしておくか。
卵だけど。

ノルドは氷耐性が50%
さらに古代の入墨という能力を一日一回(シールド30%60秒)
さらに氷の攻撃50pを一日一回出せる。

その他、裕福かどうか、研究分野はどうか、病歴はあるのか、アンヴィルと帝都のどちらに到着するとかを決めて、終わり。
ベットで寝ると、船がシロディールに到着する。

タリア「うわー・・・・ここが帝都かぁ・・・」
obri2010-1015-07.jpg
田舎娘丸出しで(笑

タリア「とにかく・・・・装備の回収にレッツゴー!」

まずは、帝都にある分のMOD装備の回収をしないと(笑
あ、あと最初に立っている地点の横にサックが置いてあって、ここに初期装備なんかは職業に合わせて置いてあります。
メインクエストについては、船を下りたところで説明され、王者のアミュレットが持ち物に追加される。
あと、今回はいろいろ面倒なので、タマネギの的追加MODはマージしてこの辺にチェストにまとめて置いておきました。
他にも、グラスウォーハンマーをベースにした『家宝の1tハンマー』というネタ武器を追加(笑
これは通常のグラスウォーハンマーと違うところは、攻撃力が+3、重さが-25、エンチャントはないが、物理攻撃が効かない相手にも有効にしてある。
その他、必ず使いそうな物で簡単にまとめられそうなものは、まとめて一つのESPにしてリスポーン設定にしてチェストに放り込んでおきました。

タリア「ふう・・・なんとか魔術師ぽくなった・・・」

いや、そのウォーハンマーは魔術師っぽくないが(笑

さて・・・走ってみるが・・・・遅い。
激烈に遅い。
久しぶりの低レベルキャラということもあるが、体が小さいのが大きいようだ。
とにかく遅い。
前キャラのレンは普通の男キャラと比べても負けないくらいの長身だったので、小柄なタリアはもの凄く遅く感じる。
ちなみにオブリビオンでは身長も速度に影響する。歩幅が違うようだ。
CSで小さくした種族ほど足が遅くなるんですよね。
同じタマネギをコンソールでも、大きくした時と小さくした時では走る速度がまるで違いますし。


さて・・・・装備回収のために、アリーナに行ったら・・・・・・・・

タリス「きゃーーーっなにーーっ!?」
obri2010-1015-12.jpg 

タマネギs「わお、グランドチャンピオンだ!あんたとグレイプリンスとの戦いを見たよ!出来ればあんたに付いていきたいんだけどいいかい?邪魔はしないからさ!!」
タリス「え?あの・・・・グランドチャンピオン?・・・グレイプリンス・・・・って?」

どういうことだ(笑
恐えぇ、すげえ恐(笑
自キャラの背が低くなると、こうも恐いものなのか(笑

あれー、タマネギsはグランドチャンピオンにならないと出てこないはずだったんだけどな~
増幅MOD作った当初は出てこなかったのに、何がどうなっているんだ(笑
まあ、こんな事もあるか(笑

タリス「えーと・・・どうすればいいんでしょう?」

とりあえず、キープしておいて待たせておけばいいんじゃないだろうか。


タマネギs「イエス、グランドチャンピオン!俺も連れて行ってください!」
タマネギs「イエス、グランドチャンピオン!俺も連れて行って下さい!」
タマネギs「武器でも持ちましょうか?肩でも揉みましょうか?」
タリア「うるさいでーーーす!!」

とりあえず、よく考えれば、いきなり人数が揃ったようなものだ。
だが、戦意向上の呪文がなければ、はっきりいってこいつら邪魔でしかない(笑
MCSで制御する手もあるが、今はいらないだろう。

タリア「と、と、とにかくっ!グランドチャンピオンとかわからないですからっ!ここで待っててくださいっ!」
タマネギs「わかりましたっ!グランドチャンピオンがそういうなら、梃でもここを動きません!」
タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!」
タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!」
タリア「ひーん、恐いです!新手のストーカーですか!?」

とにかく脱出した。

ついでに、グランドチャンピオンになる前に出てこられるとどんなバグが起るか分からないので、玉葱増殖MODはグランドチャンピオンになるまでは外しておいてやりなおすことにした。
幸い、まだ始めたばかりだし。


装備回収といっても、まだ持てる荷物の量も少ないし、最低限必要な物だけ回収する。
いろいろ装備するのは、後でいいだろう。

タリア「さっきの人たちに持ってもらうとか・・・」

もったまま逃げてどこかで死ぬぞ、奴は(笑
とにかく夜になった。

タリア「どうしよう・・・・宿に泊まるお金はあるけど・・・・」

この先のことを考えると、もったいない。

タリア「こんなときのためのテントね!」

どこでも持ち運べるテントは今回も入れてある。
便利だ。

しかし・・・・・・

タリア「前の持ち主さんがもの凄く安く売ってくれたんですよね。これさえあれば野宿も安心!・・・って、きゃーーっ!?」
テントの小タマネギ「よう、あんたが新しい家主か。」
タリア「す、す・・・ストーカーっ!?」
テントの小タマネギ「人聞きの悪いことを言うなよ。俺はこのテントの付属品だぜ?」
obri2010-1015-05.jpg 

ちなみに、私が改造して住ませているだけで、オリジナルMODとは一切関係ありません。
持ち運べるテント+小タマネギ

タリア「テントの付属品?・・・ここで何をしているんですか?」
テントの小タマネギ「ここで勝手に飲んだり食ったり寝たりしているだけだ。一緒に戦ったりはしてやらないからな?」
タリア「前の持ち主さんが、こんな便利な物を二束三文で売ってくれたわけが今わかりましたっ!!」
テントの小タマネギ「まあそういうよ、スキル上げくらいは手伝ってやるぜ?あと、新米冒険者のあんたにいいアドバイスもしてやる。」
タリア「アドバイス?」
テントの小タマネギ「このシロディールは危険だ。MMMが導入されているからな。一人では帝都の外に出るな。出たらあんた程度じゃ死ぬぞ。」
タリア「し・・・・・・」
obri2010-1015-06.jpg
テントの小タマネギ「誰でもいい、まずは一緒に戦ってくれる仲間を捜せ。どうしても一人で外に出るなら、街道から外れるな、他の人間のあとにくっついて歩け。俺から出来るアドバイスはこれくらいだな。」
タリア「あ、ご親切にありがとう・・・・ところで・・・・そのワイン」
テントの小タマネギ「あ?気にするな、これは情報量だ。ああ、うめえうめえ。」
タリア「一瞬感謝してしまいましたが、なんかやっぱり変ですっ!?」
テントの小タマネギ「ああ、あと、もしコロルに寄る機会があったら、樫の木の下を調べてみな。」
タリア「・・・・・・・・・・・?」

まあ、それはともかく(笑
とりあえず、魔術師を目指しているのだが、魔術師ギルドについてはPS3版でやっているので、今回は、ちょっと変わり種のミダス魔法を極めたい。
脳内設定としては、ミダス先生の弟子になるつもり。
その過程でいつもどり行き当たりばったりでいろいろなクエストを。

このテントは、呪文の作成もエンチャントも出来る機能があるので、ギルドに入らなくても一応支障はない。
ただ、一応魔術師なので、ギルドクエもついでがあったら進めます。

さて、とにかく仲間捜しだ。

MPCのマーカを確認すると、一人この湾口に、一人帝都のエルフガーデンにいる。

タリア「どんな人かわからないけど、会ってみよう。」

湾口の酒場にいたのはフェイ。
帝都にいたのはミナツキだった。

とりあえず、ミナツキさんに声をかけてみる。
返事は例によってサイコロでも振って決めよう(笑

よし、奇数だ、断られた(笑

タリア「うわー、どうしよう。」

近いところでは、ウェイーにも誰かいる。
最悪はMCSで手頃なのを拉致しよう(笑

橋の上を通ると、いきなり声をかけられる。

橋の上のタマネギ「バイアズーラ、バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!何か恵んでくれるに違いない!!」
タリア「ひいいーーっ!?こんな所にもストーカーですかっ!?」
obri2010-1015-10.jpg 
全力で走って逃げてウェイーのワネット亭に入ると、ラクウェル、ギャメラというそうそうたるメンバーがいたりした。

タリア「うわー、でっかい。」

レンの時は感じなかったが、ラクウェルってこんなに背が高かったのか。
見上げるような長身だ。 
 obri2010-1015-09_20101015080726.jpg

ちなみに他にもジェラがいた。

タリア「えー、どなたか私に協力してくれませんか?ちなみにお金はあまりないうえに、レベル1です。」

なかなか斬新な勧誘方だな(笑
サイコロ振った結果、応じてくれたのはジェラだけだった。

ジェラ「丁度よかった。私も実はレベル1で、誰か手頃なパートナーがいないか探していたところなんだ。」
obri2010-1015-11.jpg
ジェラは軽業師のようだ。
メインは後衛で、弓がメイン武器のようである。

タリア「じゃ、私がこのウォーハンマーで前衛ですね!」

もう魔術師じゃないじゃん(笑 
ちなみにジェラはタリアよりも小柄なせいか、タリアよりさらに遅い。

そういやLAMEも入っていて召喚獣も三体呼べるので、いざというときのために召還呪文も買っておこう。

とりあえず、魔術大学の敷地に行って、ミダス先生を尋ねる。 

ジェラ「そのミダス先生とやらは、何故大学内で魔術を教えないのだ?」
タリア「私も詳しいことは知らないけれど、偉い人と対立して追い出されたらしいわ。で、最近になって戻ってきて、大学内でなければということで、大学の外に店を構えているの。」

というわけで、ここがミダス先生の店だ。
obri2010-1015-16.jpg

タリア「そんなわけなので、弟子にしてください。」
ミダス「どんなわけかもわからないうえに、弟子は取りません。」
タリア「ええー」
obri2010-1015-15.jpg

ミダス「貴方が私の魔術を学びたいと思うのなら、まず私の書いた本を読んで理解し、実践なさい。そして魔術の基礎くらいは身につけてからにしなさい。」 

しかし、先ほど召喚魔法をいくつか買ってしまったため、本を買う金さえなかった。

タリア「しまったあーーーーー!?」

とあえず、どこかの砦か洞窟に潜って稼がなきゃならないようだ(笑
ミダス先生に別れを告げて帝都の外に出る。
夜になったので、テントを張って一休み。

タリア「しかし・・・・こんな装備で二人だけでダンジョン探索は危険かな?」

せめて後一人ほしいところだ。

タリア「じーーー・・・・・」
テントの小タマネギ「なんだよ・・・俺は働かないぞ。ただ飯食うのが俺の存在意義なんだ。」
ジェラ「なんなのだ、この駄目生物は。」

しょうがなので、歩きながら考えることにした。
橋の上のタマネギはのんきに昼寝中。
道中、誰かとゴブリンの戦いがあったのか、ゴブリンの死体があったので、金目の物を剥ぐ。

タリア「これを売りさばけば少しはお金になります!」

なんか惨めだな(笑

そのままさらに街道をコロル方面に進む。
移動はいたって平和。
レベル1だと旅人達の方がモンスターよりも強いせいか、ほとんど何もしなくてもいいくらいだった。
そうこうしているうちに初見殺しのアッシュ砦に来た。

ジェラ「猫が走ってくるぞ。」
追い剥ぎ「猫はお前だろっ!じゃなくて、金をだせ。さもなければ命を出せ。」
タリア「私は貧乏なんです。」
追い剥ぎ「じゃあ、命をもらうぜ!その後身ぐるみ剥ぐ!」
タリア「あなたのその装備・・・背中のウォーハンマー・・・・高く売れそうですね。」
追い剥ぎ「・・・・・・・・・・あ?」

タリア「その装備をわたせっーーー!!」
追い剥ぎ「ぎゃーっ!?追い剥ぎだーーーっ!?」

追い剥ぎはお前だろ(笑

背中の家宝のウォーハンマーを持ち出して戦う。
通りすがりの旅人とジェラの加勢もあったがタリアはあえなく死んだ(笑

タリア「世の中を舐めすぎたのです・・・・il|li _| ̄|○ il|li」

というわけでセーブ地点からやりなおし。

タリア「今度こそ、その背中の装備いただきますっ!!」
追い剥ぎ「同業者かよっ!?しかもしつこいなっ!?」

今度は油断しない。
無理はせずに、スケルトン、スカンプ、ゾンビを召喚しつつ逃げる。
そしてジェラの援護を受けつつ勝利。
obri2010-1015-13.jpg 
タリア「ふっ・・・・金目の物は全て剥いでいくのです。」
ジェラ「私たち、もう立派な強盗だな。」

そして難なくコロルまで来てしまった。
ウェイノン修道院?
ジョフリ?
もちろんスルーしました(笑

とりあえず戦利品を売りさばく。

せっかくコロルまで来たので、いっそ魔術師ギルドに立ち寄ってみようかと思ったがふと、チェックしてみると、ここにもMPCがいるらしい。
探してみると、タリアと同じ服を着た、同じくらいの背丈の魔術師の卵ぽい人物が。
obri2010-1015-18.jpg
ジーナ「・・・・あなた、そのテントはどうしたのですか?」
タリア「前の持ち主の人から二束三文手で売ってもらいました。」
ジーナ「・・・へえ。あの人がねぇ」
タリア「・・・・?」

なんだかんだと話し込み、お互い旅の道連れを必要としているという流れになったという脳内妄想の元に、ジーナを仲間に加えた(笑
ジーナは魔術師で戦闘も魔法中心になる。
一応、召喚魔法も指定しておいた。

タリア「これで砦でも洞窟でも潜れそうです。」

そういえば、コロルに寄ったら樫の木の下を確認しろとか言われていなかったか?

タリア「そういえば、そんなこともありましたっ!」

さっそく調べると、なにかとってつけたように目立つ落とし戸があった(笑

本当はこの楽園も、どこからでもテレポートで行けるようにしたいのですが、スキル不足のため出来ません。
当分は、脳内妄想でテレポートしたということにして、コロルまでファストトラベルするしかなさそう。
うん?
各街の入り口に落とし戸をつけて、楽園側に各街分の出口を設ければ、だいぶ楽になるかな・・・・?
しかし、それはそれで何か違うような(笑

まあ、とにかく落とし戸に潜ってみる。

タリア「キャーっ!?なんなんですか?この空間はっ!?∑(゚ロ゚;)」
obri2010-1015-19.jpg
ストーカー(笑)が牢の中で眠っている。
さらに、でかい檻の中にもストーカーがいて、何か食っている。

タリア「そうか!ここはストーカー行為で捕まった人の収容所なんですねっ!?」
ジーナ「・・・・えーとね・・・・まあ、そういうことにしておきましょう^^;」

新解釈だな(笑
ちなみにジーナは前の持ち主のこともよく知っているのだが。

ジェラ「奥に扉があるぞ。」
タリア「行ってみます!」

行ってみると、今度はうって変わって、開けた自然に溢れた別世界だった。
obri2010-1015-20.jpg
タリア「これは・・・・?」

小タマネギ「バイアズーラ、バイアズーラ!」
タリア「キャー!?ここにも小さなストーカー!?」

小タマネギ「ねえグランドチャンピオン?荷物でも持とうか?靴でも磨こうか?肩でも揉んで欲しいかい?・・・・
嘘だけど。」
タリア「・・・・いま、ちょっと殺意が」
ジーナ「押さえて押さえて^^;」

道なりに先に進むと、そこは巨大なストーカーキャンプだった(笑
obri2010-1015-21.jpg
タリア「あ・・・頭が・・・・(#--)ヘ」
ジェラ「だが、あいつらよく見るとストーカーでもなさそうだな。」
タリア「外見は同じでも、別にこちらをつけてくるわけでもなさそうですね。」
ジーナ「あれ?こんなところにちょっと立派な洞穴が?」
ジェラ「何故か所有者がプレイヤーになっているぞ。」
タリア「よくわからないですけど、これは労せずして拠点ゲットですか?」

そんな感じです。
今回なんで、こんな無理矢理ここに来させたかというと、このMOD、まだまだ隠れた不具合が出るかもしれないので、このプレイ中も定期的に監視して見極めるためです。
ある程度長期間置かないと出ない不具合もありそうですから。

というわけで、タリアにはここを拠点にしてもらうことに。
荷物は牢獄側でも楽園側でもどちらにも収納が用意してあるが、牢獄は落ち着かないので(笑)楽園側を拠点に。
ちなみに食品指定されている物を置くとタマネギが盗むかもしれない(笑
(そういうネタMODです)

ついでに、やはりいつも行くのにすぐに行けないのは不便&タリアの足が遅いので(笑
コロルの樫木までファストトラベルを可能にしました。

タリア「それはすみませんでしたね!」

そしてついでに、タマネギ海岸を追加。
obri2010-1015-02.jpg obri2010-1015-03.jpg

さらに『脳内』追加(笑
obri2010-1015-01.jpg

・タマネギの楽園
http://seasons3000.blog89.fc2.com/blog-entry-1874.html


タリア「とりあえず、こんなに大きな拠点もゲットしましたし、あとはミダス先生の弟子になるために、魔術の勉強と経験とお金稼ぎです!」
ジェラ「何をするにもお金は必要だからな~」
ジーナ「そーなんですよねー。それに、ミダス魔法だって、魔術の基礎は出来ないといけませんし。」


そんなわけで次回からはとりあえず経験を積むためにクエストをいろいろ受けてみよう。
スポンサーサイト

コメント

No title

ラクウェルのデカさと迫力は異様。
初めて会った時に微笑まれて、食べられるかと。。。(笑)

あ、こちらのコンパニオンMOD、有り難く使わさせて頂いてます。


あと、Oblivion XP Levellingのしとしん風日本語化は
翻訳wiki版の必須ファイルに書いてあったかと思います。

  • 2010/10/15(金) 15:53:52 |
  • URL |
  • DOLL #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

No title

はじめまして。
今まで使っていたPCが長身だったために、今回初めてラクウェルのでかさを実感しました(笑

>Oblivion XP Levelling
情報ありがとうございます。
これは助かりました。
実は私が使っている物も初期の物なので、翻訳wiki版の必修ファイルに書いてあるものよりもバージョンが古かったようです。
さっそく入れ替えてみます。

  • 2010/10/15(金) 19:17:22 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1878-2cf82404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。