QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 第三回

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 第三回
ところで今回からKobu's Character Advancement Systemの設定で能力値の上限を変更しました。
初期能力値から計算する機能があったので、ちょっと使ってみたらこんなになりました。
obri2010-1018-12.jpg
筋力120
知力95
意思力100
敏捷100
走力100
耐久力110
魅力95
運110

なかなか力強いですが、これだといざ魔法使いになった時にマジカがちょっと不利ですね。
まあ、元々向いてない脳筋キャラですけど^^;
ちなみに魅力は後で好みで100に修正しました。
尚、自分で自由に上限を設定することも可能です。

ちなみに今回はベストショット無しなので、代わりにこれを。
obri2010-1017-05.jpg 
楽園の生け贄さん。
プレイ日記とは関係ないところで、ちょっとした事故で死んでしまいました。
見事なポーズで死んでいたので^^;






【バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!】
ミダス先生の魔法を覚えるべく、まずは資金稼ぎと強くなるために様々な依頼を受けたり砦や洞窟に潜るタリアだが、どんどん魔法使いではなく戦士として逞しく成長していった(笑
実際、魔法系のスキルがかなり低い。

タリア「これからですっ!これからミダス魔法を覚えて強くなるんですっ!」

というわけで、いよいよミダス先生の所に再訪問。


ミダス先生「おや、また来たのですか。」
タリア「先生の書いた本をくださいっ!」
ミダス先生「結構。少しは強くなったようですね。」

ミダス先生から本を買う。
本は色々あるが、最初は『オーラムによる魔術』『オーラム合成機の解説書』『オーラムの生命』の三冊があれば充分。
後にはもっといろいろな本を読んで、さらにいろいろな魔術を使えるようになるが、それらはちょっと今のタリアでは無理。
というか、この三冊だけでも手にあまるのだが(笑

タリア「えーと・・・・ようするに?」
ジーナ「この本に書いてある好きな魔術の中から、対応する素材を集めてそこのオーラム反応機に入れて、何か攻撃呪文をぶつければいいんですよ。それで魔術の元が完成します。あとはそれを自分に使うだけです。」
タリア「なんで知っているんですか!?∑(゚ロ゚;)」
ジーナ「昔の知り合いが、ちょっとだけやっているのを見たことがあるんですよ。」
obri2010-1018-01.jpg 
※オーラム反応器
これで魔法を合成する。

obri2010-1018-02.jpg 
※オーラム合成機
素材を合成したり、分離したりと便利


というわけで、早速何か簡単に作れそうな物を作ってみよう。

タリア「うわー、どれも素材集めが大変そうです。」

とりあえず、簡単そうでそこそこ効果が望めそうな物。

・スイカのアトロナック
金塊1
スイカ3
エクトプラズム1

金塊は持っている。
スイカはオーディル農園にある。
エクトプラズムは、近くの遺跡に確かゴースト系が出るところがあったのでそこで出に入るだろう。

スイカは結構強いし。
出来ればカボチャも揃えばいいのだが確かアレスウェルにちょっとあった。
そうすると一気に召喚が強くなる。
チーズは盗まないとならないので、ちょっと厳しい。


・マジック・ミサイル
金塊1
スクゥーマ3~5(強さ三段階)


・ペプル・ブラスト
金塊1
エメラルド1
オーガの牙1

他にも荷物を収納可能なチェストを呼び出す魔法とかがあったが、まあ荷物は、後でタマネギにでも持たせる(笑

まず金塊が二個しかない。
ここから何を作るかは、よく考えよう。
ちなみに金の指輪などをいくつかオーラム反応器に入れると、分離して金塊に出来る。

タリア「とにかく素材集めですね!行ってきます!」

とりあえず、まずは金塊が2つしかないので、確実に戦力になるスイカのアトロナックを作る。
あとは、今すぐ素材が揃うマジック・ミサイルを作ってみる。
強で作ってみたら、全然マジカが足りなかったので中で作りなおしてみる。
なかなか綺麗なエフェクトの呪文だが、消費マジカがタリアにはきつすぎる。
・・・まあ、スキル低いですからね(笑

この魔法は障害物も目標も貫通して消えるまで通りかかった物全てにダメージを与える。
しかし、やはり破壊魔法のスキルが低いタリアには荷が重すぎたようだ。
消費マジカ77で20ポイントのダメージなら、ウォーハンマー振り回してたほうがいい(笑
ちなみに中だと50、強だと70のダメージだ。
敵が固まっていない限りは普通に戦った方がよさそう。

というか、とにかくタリアのスキルが低すぎるのだ。
高ければ連射して、そこそこの効果は望めるだろうが、それすら出来ない。

というわけで、次は本命のスイカ。
確実に戦力になる。
これはレンの時にもやっているので詳細は省きます。
ちりあえずエクトプラズムを集めに近くの遺跡に向う。

ジーナ「・・・・・・・・・・」
タリア「どうしたんですか?湖の家をずっと見て?」
ジーナ「ん?なんでも。ずいぶん大きなお屋敷だなと思って・・・・」
ジェラ「ここって誰が住んでいたんだろうな。以前はずいぶん人が集まってにぎわっていたと聞くけど。」
タリア「今は人の気配すらしませんね。」
ジーナ「・・・・・・・・・・・」
obri2010-1018-03.jpg

とにかく、近くのヴァーチュー砦に潜る。

・・・・え?何この敵?
 obri2010-1018-04.jpg
自然のエンチャントスカル?
どうやらルーンスカルの自然タイプのようだ^^;
倒したらルーンスカルが手に入った。
エクトプラズムも手に入ったし、ここは撤退。
さっそくスイカを作る。
問題は、タリアのスキルで呼び出せるかだが、幸い毎晩召喚魔法でスケルトンを召喚してスパーリングしていたせいか召喚スキルは結構上がっていて余裕だった。
obri2010-1018-05.jpg
ついでにカボチャも作ろうと、あと一つ足りないカボチャを求めて、はるばるレーヤウィン方面まで来たところで、フブキさんに話しかけられた。
Cuty Travellerのクエストだ。
仇討ちを手伝ってほしいとのこと。
とりあえず受けておく。
ついでがあったらフブキさんの仇とやらも探してみよう。

道を歩いていたら、たまたま通りかかったタムリエルトラベラーズの商人がカボチャを売っていたので購入。
あっさりとカボチャも揃った。

タリア「スイカとカボチャがいれば、とりあえずは壁は揃いますね!」
ジェラ「いやいや、タリアだけでも頑丈な壁だよ?」
ジーナ「素晴らしい戦士に成長しましたね(^ ^)bグッ!」

とにかく一応まともに使えるのが召喚魔法だけだが、これでアリーナに殴り込みしてきて欲しい。

タリア「グランドチャンピオンになってくればいいのですね!o( ̄へ ̄o)」

こいつなら、グランドチャンピオンと呼ばれるにふさわしいような(笑
というわで、アリーナに来た。

タリア「・・・・・ストーカーさんは・・・いないですね。」

うん、よかったよかった(笑


アリーナではスイカとカボチャの壁に阻まれて、殆どの敵がタリアに近づくことさえ出来なかった。
なんとかすり抜けてもそこにはさらなる壁が(笑
防御しているだけで後ろからスイカとカボチャが倒してしまう。
obri2010-1018-06.jpg 
そして、もうすぐチャンピオンという戦いの前に、援軍として送られてきた猪を、スイカとカボチャが倒してしまった。

タリア「ああっなんてことを!?」

相変らず敵味方の区別がかなりシビアだ。
チャンピオンになり、いよいよグランドチャンピオンのグレイ・プリンスとの対決になる前に、グレイ・プリンスの依頼で、彼の出生の秘密を調べる。
彼はなんとヴァンパイアとオークのハーフだった。
それを知ったグレイ・プリンスは、自分と戦ってくれと言い出す。
そして、そこで死にたいのだと。

タリアはそれを受けた。
試合が始まると、グレイ・プリンスはまともに戦おうとしない。

グレイ・プリンス「なにをしている?わかっているだろう?早く殺してくれ!」
タリア「・・・・では、望み通りにしてさしあげますっ!!。」

とりあえず、グレイプリンスを倒す。
そしてすぐにMCSに登録しておく。

試合はタリアの勝利に終わり、タリアがグランドチャンピオンとなった。
そして、アリーナの外に出る。

タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!」
タリア「出たーーーーーっ!?」
obri2010-1018-07.jpg
出ましたよ(笑
まだ一人だけですが。

タマネギ「俺も連れて行って下さい!邪魔になりませんから!靴磨きでも、荷物持ちでも、なんでもやりますっ!」
タリア「・・・そうですか?じゃあ、この荷物持って貰えますか?鎧が重くて・・・・・」
タマネギ「・・・・・・・・・・」
タリア「・・・・・あの?荷物を・・・・」
タマネギ「俺は重さ0.1以上の物は持てません。そして、荷物を渡す時はスニーク状態でスリ渡してくれないと受け取れません。あと、一度受け取った物は俺の物になります。盗らないで下さいよ?」

タリア「・・・・今、ちょっと殺意が(怒」
ジーナ「押さえて、押さえて^^;」

デフォだとこうなんだよな(笑
ただ、MCSがあるので、それを使えば荷物でも何で持たせられる。
というわけで、オリジナル・タマネギはこのままにして、タマネギsを召喚。
一人を小タマネギにして連れて行き、こいつに荷物持ちをさせる。
普段はタマネギはMCSに登録だけして、フリー状態で使用しているのだが、この荷物持ち小タマネギは、フォロー状態で使う。
荷物持ちが行方不明になっても困るので。
ただ、戦意向上はかけない。
あくまで荷物持ちの位置だ。
・・・まあ、鎧とか武器とか渡すと勝手に装備してしまうので、何故かデフォよりも武装してしまうが(笑
obri2010-1018-08.jpg
タリア「あれ・・なんだろう・・・預けただけの荷物を勝手に装備されて、ちょっとこみ上げてくる殺意が・・・・」
ジーナ「押さえて、押さえて^^;」


そして・・・・・

またまたタマネギの楽園(笑
タマネギ海岸。

グレイ・プリンス「・・・ここは?私は死んだはずでは?」
タリア「MCSで強制的に生き返らせました。」
グレイ・プリンス「よけいなことを・・・私のような悪魔の子は死んだ方がいいのだ!」
タリア「これを見てもそういえますかっ!?」

小タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!!」
グレイ・プリンス「いや、私はもうグランドチャンピオンでは・・・」
小タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!!」
obri2010-1018-09.jpg
タマネギ「すごい!新旧二人のグランドチャンピオンが揃ってる!!信じられない!!」
グレイ・プリンス「・・・・・・・・」
タリア「過去のことは忘れて、未来のことを考えて生きるべきです。」
グレイ・プリンス「・・・・・・・・」

いや、思いっきり過去に逆行していないか(笑

小タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!」
グレイ・プリンス「ん?今度は貴方に向って言っているな?」
タリア「もう、そう言われても問題ありません。」
小タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!」
obri2010-1018-10.jpg 
グレイ・プリンス「・・・・今度はそこのタマネギ頭に言ってるぞ・・・?」

ジェラ「こいつは誰にでも言うぞ。」
グレイ・プリンス「やっぱり死のうかな・・・...( = =) トオイメ」

そんなこんなで、グレイ・プリンスも、この楽園の住人となった(笑
obri2010-1018-11.jpg

ジェラ「で、これからどうするんだい?」
タリア「結局ミダス魔法を極めるには、魔法のスキルを上げなければならないと分かりました。これから修行の旅+色々な素材集めの旅に出ます!!」

まあ、鍛えながら素材集めが妥当な線でしょうね。
しかし、シジルストーンが必要な物とかはどうするんだろうな。
敵も強くなってきたから、強力な防御エンチャントも必要だし。
そのあたりはまた次回以降に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1880-338c20fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。