QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 第14回

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 第14回

またまたミダス魔法大量追加。

・ミラーシールド
金塊+銀塊+ミスリルシールドで作れる。
Oblivion 2010-11-23 01
ダメージ反射8
呪文反射14
防御12
の優れもの。
これでシールドも持ち歩く必要が無くなった。

どんな時に消えてしまうのかがわからないが、両手持ち武器を装備しても消えないので通常のシールド同様、両手持ち武器の時でも魔法効果は反映される。
今の所、この状態消えるのが分かっている
・装備を外したとき。
・剣を収めた時
・召喚剣が消えた時

・・・結構面倒なので、もっといい性能のシールドがあったらそっちを使った方がいいかも^^;


ところで現在のタリアのレベルは34なのですが、破壊のスキルも100になりました。
というわけでついにこの魔法も追加


・メテオ
コメットよりも小規模な魔法。
炎を纏った小さな隕石を目標に向って発射する。
Oblivion 2010-11-23 02 Oblivion 2010-11-23 03 Oblivion 2010-11-23 04
レベル28(+エンチャント防具)のタマネギが三発で死んだ位の威力。
コメットに比べると威力が低いが、消費マジカもやや低くなる上に屋内でも使用可能。


・コメット
破壊魔法のスキル100必要。
かなり豪快で派手な呪文。
彗星を標的に落とす。
屋外でしか使えない。
標的は敵である必要はなく、狙った場所に落ちてくるので、範囲ダメージを計算すれば気づかれずに放つことも可能。
威力は消費マジカが案外低いこともあって、レベル28(+エンチャント防具)だとタマネギがぎりぎり生き残ってしまう程度。
それでも魔法の一撃でそのダメージ量なら凄い方だろう。
消費マジカはLAME導入環境で95なので、威力を考えたらコストパフォーマンスは悪くない。
屋外でしか使えないのが残念だ。
Oblivion 2010-11-23 05 Oblivion 2010-11-23 06


・アヴァランチ
クラッシング・ストーンの上位版と思えばいいのだろうか。
氷の岩が落ちてきて、物理ダメージ+氷ダメージが入る。
とても強力な呪文で、消費マジカも高いが、レベル28(+エンチャント防具)のタマネギが一撃死。
氷耐性が58の魔法耐性が8、防御力が60のレベル34タリアでも一撃で体力の半分を削られた。
屋内でも使用可能な上に特に回数制限もないので、切り札に出来そう。
Oblivion 2010-11-23 07


それにしても山賊の装備が未だにしょぼいのは、やはりWarCryの影響かな?
ところで召喚の方はエンジェルがティラエルにまでグレードアップしましたが、あまりにも強すぎるので封印^^;
いえ、ティラエルさん・・・アスモデウスとサシでやりあって勝ってしまうような強さなので。
で、代わりとしてとりあえずLAMEの幽霊戦士を使っています。
召喚スキル100でもマジカ200消費だけあってかなり強いです。
でも当然強すぎずなので丁度よい。

他にウォーターグローブという魔法も覚えたが、いまいちいいSSが撮れなかった。





前回、死霊術師の拠点に潜入したムシアヌスを救出に行ったタリア達だが、既にムシアヌスはゾンビ化していた。
そして戻ってきたタリア達の前には、顔色の悪いトラーベンが。

タリア「またその病的な装備ですか」
メア「リスポーンしたんですね。」

トラーベンの話によると、緊急の任務があるという。
スキングラッドのハシルドア伯爵が、魔術師達の生死に関わる情報があると、タリアたちを寄越すように言ってきたのだ。

トラーベン「何故君たちだけと指名してきたのかは分からない。」
タリア「まあ、重要な情報があるというのなら行ってきましょう。」
ジェラ「そうだね。この前の借りもあるし」
タリア「・・・何かあったんですか?」

タリアは酔っぱらっていたのでよく覚えていない(笑

メア「じゃあ、行きましょう。」
タマネギ「バイアズーラ・・・バイアズーラ・・・」
Oblivion 2010-11-23 08
ちなみにタマネギは、ちょっと事故があって蘇生呪文が効かなくなってしまったので、復帰するまで死霊戦士だ(笑
前回覚えたホーリー・リザレクト(蘇生呪文)は、どういうわけかタマネギが蘇生できる時と出来ない時がある。

ジェラ「つまり邪悪な時とそうでないときがあるということか」
タリア「さすがタマネギさん、何事にも中途半端ですね。」

まあ、帝都兵とすぐに喧嘩はじめるだけでもハラハラものですが。
せっかく助けに来てくれているのに、敵が死んだと思ったらタマネギがちょこちょことそっちに歩いていって

タマネギ「えいっ!えいっ・・・!」
Oblivion 2010-11-23 09
・・・って感じで、殴り始めるもんだから帝都兵も怒って反撃。
以下乱闘。
喧嘩仲裁魔法で収めるか、関わっているのがタマネギだけの時はそのまま帝都兵に殺してもらいます^^;

まあ、タマネギを蘇生できない理由は、他のミダス魔法と同じで不安定だからだと思いますが。
他の魔法も時々抗力を発揮しなかったり、エフェクトが出なかったりすることがありますし。


というわけで、途中、オブリビオンゲートを発見したら潰していき、スキングラッドに到着。
スキングラッド城に来たら、以前呼び出したオブリビオンゲートの跡が消えていた。

タリア「時間で消えるのかな?」

よくわかないけど、元通りになったならそれでいいや。

ハシルドア伯爵は、情報を教える前に取引としてタリア達に一仕事して欲しいと依頼してきた。

ハシルドア「君たちをあえて指名したのは、君たちなら信用できそうだからだ。何事もただでは済まないのだよ。」

ハシルドア伯爵の依頼は、ブラッドクルスト洞窟に住み着いたヴァンパイアの一団の始末と、それを討伐に来たヴァンパイアハンター達を待ちから追い出して欲しいとのことだった。

タリア「・・・・・?」
ジェラ「つまり、正体がヴァンパイアな伯爵にしてみれば、どちらも迷惑だと。」
ハシルドア「だいぶはしょっているがそういうことだ。」

尚、ヴァンパイアハンター達の生死は問わないそうだ。
もちろん、そんなことをして騒ぎになっても伯爵は擁護はしてくれない。

メア「理想はこうですね。」

ヴァンパイアハンター→洞窟に向って全滅
その後、タリア達が洞窟の残りのヴァンパイアを掃討。

タリア「話し合いで済みませんかね~」
ハシルドア「それで彼らが大人しく帰ってくれるならそれでもかまわんがね。では、任せたぞ。」

さて、どうしたものだろう。

ジェラ「ようするにそいつらはヴァンパイア専門の賞金稼ぎだ。だったら洞窟の場所を教えてやればいい。彼らはそれを退治に行って、成功すれば満足して他に行くだろうし、失敗したならそれまでだ。」
タリア「そうですね。それが穏便な方法かもしれませんね。」

というわけで、ヴァンパイアハンターのリーダーに、街の住民を装って、ブラッドクルスト洞窟にヴァンパイアいると教えてやる。

ジェラ「嘘じゃないし、彼らも知りたがっていたことだし、なんの問題もないよな?」
メア「あとはあの人達の力量次第です。」

その後、ずっとヴァンパイアハンター達を監視しているが、一向に動く気配がない。

タリア「・・・・やる気無いのかな?」

そして夜中。
ようやく動き出した。

ぞろぞろと後をつける。
Oblivion 2010-11-23 10
タリア「あれ?・・・メアの背が私より高くなっている?」
メア「そういえば、いつのまにかもどっていますね」
Oblivion 2010-11-23 11
タリア「あ~、なんかくやしい」
ジェラ「どうでもいいじゃないか、そんなこと。」

洞窟に入ると、戦い始めるヴァンパイアハンター達。
それを観戦するタリア達。

タリア「どっちが勝つかな?」
ジェラ「ヴァンパイアハンターが勝って、さっさと去ってくれれば楽なんだけど、そうはいかないだろうね。」

なんたってMMM+WarCryだ。
ただのNPC集団が勝てるとは思えない。
しばらくすると、ヴァンパイアハンター全滅のお知らせがあった。

ジェラ「やれやれ、やっぱり私たちの出番か。」
タリア「プロの癖に、弱いですね。」

いや、環境的にしょうがないだろう。
残ったヴァンパイアを殲滅し、スキングラッド城に戻り報告。

ハシルドア「そうか、これで静寂が戻ったか。ではこちらの情報を話そう。君たちのギルドは、事の重大さを認識していない。」
タリア「?」
ハシルドア「死霊術師共の跋扈など、前兆に過ぎないのだ。マニマルコが戻った。」
タリア「ち○まるこ?」
ハシルドア「おまえは本当にどうしょうもない愚か者だな。」
ジェラ「すみません、タリアが馬鹿で本当にすみません。」
タリア「今、さらりと酷いこと言った!?∑(゚ロ゚;)」

ハシルドア「君たちが知らなくても、トラーベンなら知っているだろう。一刻も早く大学に戻って知らせてやるといい。君たちのギルドにはなんの情もないが、滅ぶのを見るのは忍びない。」

大学に戻ってトラーベンに報告すると、トラーベンはえらく驚いて、すぐに評議会を招集した。
Oblivion 2010-11-22 21-12
タリア「顔色悪いですね」
ジェラ「装備のせいだろ」


議会の結論が出るまですいぶん時間がかかりそうなので、とりあえずテントで休息。

テント妖怪「おお、戻ったか。まあ休め、だがここの酒は全部俺のものだ。やらんぞ。」
Oblivion 2010-11-23 12 
タリア「まずこのテントは私のもので、備品も私のものだと理解しているのでしょうか。」
テント妖怪「そして俺の盗ったものは俺のものだ。おうっ!?」

Oblivion 2010-11-23 13 
罠として置いておいた改造スクゥーマーを飲んだらしい。
愚か者め( ̄- ̄)

タリア「管理人さんは管理人さんで、何勝手に備品追加しているんですか(-_-;)」

タマネギを弄って遊ぶのが私の生き甲斐さ。

メア「それ、すっごく寂しいですよね。」

言うな。

というか時間もないので次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1912-a7f4d5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。