QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 最終回

PC版オブリビオン・プレイ日記  脳筋魔術師の冒険 最終回
あ、最終回って言っても、これでプレイ日記終了ってわけではないです。

最後なのでベストショット
クラウドルーラ前からブルーマを見下ろす。
Oblivion 2010-11-28 00 

仮面をとって普通のローブを着たマニマルコさん。
意外にいい感じのおっさんだ(笑
Oblivion 2010-11-28 15 


何故かタマネギが地面にうもれて動けなくなってしまった。
Oblivion 2010-12-08 22-11-49-29

ところでタリアのメインウエポンがドゥエマーの猛攻撃に戻った。
Oblivion 2010-11-28 01
ついでに盾も召喚盾でなく、コロルの紋章盾に。
召喚武具は戦っている間に何度も消えてしまって大変だったので。

タリア「やっぱり基本は重装備ですよね。」
ジェラ「だから魔法でたたかえばいいじゃん」

その発想はいまいちないらしい。
目の前に敵がいると魔法よりも、つい武器で殴る。
それがタリアだった(笑

まあ召喚ウォーハンマーも強いので、LAMEのと併用で使いたい時は使う。

また新しいミダス呪文。
・アイス・ウォーク
術者の足下に氷の足場が出来る。
Oblivion 2010-11-28 02
オブリビオンゲート内でのショートカットに便利そう。

【妖蟲の王vsミダスの弟子】

前回、スキングラッドのハシルドア伯爵からマニマルコが戻ってきたとの情報を得たタリア達は、魔術師大学に戻ってトラーベンにそのことを知らせる。
そしてトラーベンは評議会の結論が出るまで、自分に変ってブルーマの魔術師ギルドに行ってきて欲しいと依頼してきた。
ここのところ、何故かブルーマからの連絡が途絶えているのだという。


ブルーマに向う途中、いつものようにシジルストーン回収のためにオブリビオンゲートに潜って出てくると、タマネギがいなかった。
出てすぐに敵に遭遇したので、一目散に逃げてしまったらしい。

タリア「どこにいるのかな?」

MCSで確認したらなんたらかんたら洞窟の中にいることがわかった・・・・・

ジェラ「まだ発見してもいない洞窟だね。」
メア「敵から逃げるために、魔物だらけの洞窟に逃げ込むなんて、さすがタマネギさんですね。」
ジェラ「ああ、何も考えていないな。逃げながら、手近なところに扉があったから飛び込んだんだろう」

そのパターンで何度死亡フラグを立てたことか(-_-;)

しばらくすると、表示がフリーになった。
とりあえずマーカーを頼りにまだ発見していない洞窟の方向に歩いていくと、タマネギがやってきた。
Oblivion 2010-11-28 03
タマネギ「・・・・・」
タリア「何時間待ったと思っているのですか。」
ジェラ「なんだかんだ言いつつ律儀に待っている辺りが甘いな。」
タリア「そんなことありませんよ(^_^メ)」

その後、せっかくなのでその洞窟を探して、タマネギ一人に戦わせた(笑
Oblivion 2010-11-28 04 
メア「(^^)v」

何やってんだメア^^;

もっとも、メアの支援魔法とジェラの弓での援護はあったが、意外に戦うタマネギ。
オーガ一体と水のエレメンタルを素手で倒した。

タリア「やりますね・・・」
タマネギ「きりっ( ̄- ̄)」
Oblivion 2010-11-28 05
いつもこのくらいだったらいいのだが((笑
元々エンチャント防具つけまくりだから、強いはずなのだが。

タリア「では、頑張ったタマネギさんにご褒美をあげます(^^)ニコ」
タマネギ「やった!ど・・・・」
Oblivion 2010-11-28 06
タマネギ「・・・・・・」
タリア「タマネギさんはこの洞窟が好きなようなので、ずっとここにいて下さい(^^)ニコ」

容赦なかった。
まあ術が解ければまたついてくるだろうけど。

ブルーマの魔術師ギルドにつくと、既にマニマルコに襲われて全滅した後だった。

タマネギ「~♪~♪」
Oblivion 2010-11-28 07 Oblivion 2010-11-28 08
久しぶりの松明信号。

メア「えーと・・・『た・い・へ・ん・だ』」
ジェラ「『は・や・く・に・げ・よ・う』」
タリア「ウォーハンマーが・・・・(怒」

ちょっと急いでいるので滑らなかった^^;

タリア「えー」

ブルーマ魔術師ギルドがマニマルコに襲撃されたことをトラーベンに知らせるが、評議会は完全に分裂。
死霊術師のアミュレットと血虫のヘルムが持ち出されてしまった。

タリア「というわけで、私たちがそれを取り戻さなければならないのですね。」

これをあっさりと取り戻し、今度はマニマルコのために製造されている特別ブラックソウルジェムを回収にシーロンまで。
そしてギルドに戻る。

トラーベン「よくこれを持ってきてくれた。これを奴にくれてやろう。ただし、持つのはお前だ。これから私の魂をこのブラックソウルジェムに充填させる。奴はお前の奴隷化に失敗するだろう。奴が失敗した時がチャンスだ。このギルドはお前に任せる。お前なら、うまくやってくれるだろう。」
タリア「トラーベンさん?」

トラーベンはそう言ってブラックソウルジェムに自らの魂を取り込ませ、死んだ。

ジェラ「トラーベン・・・・」
タリア「これでこの病的な装備を外せますね!」
ジェラ「いやいや、死んでるから。」
タリア「では、身ぐるみ剥いでやります。」
ジェラ「結局私たちってこれだよね。」

メア「犯罪行為を賛美し助長する行為だとかいって規制されますよ」

嫌な世の中になったもんだ。

とにかく、いよいよマニマルコとの決戦だ。
とりあえず、マニマルコの本拠地の入り口。
Oblivion 2010-11-28 09
メア「門番みたいのが立っていますね。」
ジェラ「まだ気がついていないな。」
タリア「コメット」
Oblivion 2010-11-28 10
とりあえず落とした。

タマネギ「ステイ、ガァル、オデワイゲ」

だからイメージで聞こえたままに書くなと(笑
何故かタリアに懸賞金が+5になってしまった。

タリア「不意打ちは駄目なのかな?」

というわけでやり直し。

タリア「アヴァランチ」
Oblivion 2010-11-28 11 Oblivion 2010-11-28 12
ジェラ「また不意打ちか」

今度は懸賞金も付かずに死んだ。
そしてマニマルコの本拠。

マニマルコ「ようやく来たか。トラーベンが来ると思ったのだが、ここまで来たと言うことは、君にはそれだけの力があるのだろうな。」
Oblivion 2010-11-28 13
タリア「マニマルコ・・・・?変な顔・・・」

なんかいつもと違うのだが(笑

マニマルコ「愚かだな。君たちのギルドも、私も力を求めるという点では同じだ。なのに君たちは『善』『悪』に縛られる。」
タリア「それは・・・・『綺麗なブラックソウルジェム』と『汚いブラックソウルジェム』のことですか?」
マニマルコ「誰に吹き込まれた、そんな与太話。」
ジェラ「すみません、タリアが馬鹿でほんとにすみません。」

マニマルコ「まあいい、君たちにはここで私の研究材料に・・・」
タリア「アヴァランチ」
マニマルコ「おおう?!」
Oblivion 2010-11-28 14 
ガラガラと音を立てながら落ちてくる凍れる巨石。
あっさりと巨岩に押しつぶされて死んだマニマルコ。

タリア「ミダス魔法の勝利ですね。さてと・・・」
ジェラ「まさか・・・・これを楽園につれていくの?」
タリア「もちろんです。ようは、被害者が出ないのなら、実験は自由です。」
メア「冒涜的な術を賛美したとかいいがかりをつけられて、規制されますよ^^」

嫌な時代だ。

でもとりあえず蘇生して連れて行こう。

タリア「・・・というか、仮面を取ったら普通のおじさまの顔ですね。」
マニマルコ「わ・・私の威厳が・・・・」
Oblivion 2010-11-28 15 

と言うわけで楽園の牢獄。
Oblivion 2010-11-28 16

マニマルコ「こ・・・ここは・・・?」
タリア「どうです、いくらでも復活する実験材料がただで手に入りますよ。」

いいのかよ(笑

囚人タマネギ「バイアズーラ、バイアズーラ!グランドチャンピオンだ!」
マニマルコ「・・・???」
ジェラ「気にしないで。それ、誰にでも言うから。」
Oblivion 2010-11-28 17


さらに、楽園。
Oblivion 2010-11-28 18 

マニマルコ「こ・・・これはっ!?」
タリア「どうですかっ!?ブラックソウルジェムの祭壇に、さらに生け贄志願のタマネギまで標準でついてきます!今ならお買い得!」

ジェラ「いつから売り物になったんだよ。」
タリア「ちなみに生贄さんはこう使いますっ!」
今日の生贄「・・・Zzzzすやすや・・・」
Oblivion 2010-11-28 20 
タリア「せーのっ!!」
今日の生贄「おうっ!?」
Oblivion 2010-11-28 19
メア「魂を捉えました!!(^ ^)bグッ!」
マニマルコ「・・・敵だと思っていたが・・・・お前はもしや・・・・」
タリア「同志ですっ!o( ̄へ ̄o)」
マニマルコ「おおおっ!?」

ただし、タマネギ限定(笑

ジェラ「人間にこういうことしちゃだめだからね?」

誰に向かって言ってるんだ。

ジェラ「保険だよ。怪しい宗教相手の。」

本当に面倒な時代になったもんだ。

マニマルコ「素晴らしい、ここで永遠に、誰にも邪魔されることなく研究を続けられるのだな!!」
Oblivion 2010-11-28 21
なんかよくわからないが、こうしてマニマルコも楽園の一員になった。

マニマルコを楽園において、魔術師大学に戻る。

ラミナス「無事戻ってきたか。トラーベンからの伝言を伝えよう。大学とギルドのことはすべてあなたにまかせるということだ。あなたが、アークメイジだ。」
タリア「つまり、これでいよいよ大学でもミダス魔法解禁ですね!」
ラミナス「それは駄目だ。」
タリア「何故です!?」

だって、そんなシステムないから(笑
※実は、NPCがミダス魔法を使うようになるMODはあることはあったのですが・・・。
MidasSpellsForNPC正式1.32
残念ながらリンク切れになっていました。

タリア「・・・・私の今までの苦労はいったい・・・・il|li _| ̄|○ 」
ジェラ「あー・・・まあ、なんだ、とりあえず、今後のことはテントの中で。」

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・
テント妖怪「あ?今回で最終回?なんで俺の出番がこんなに少ないんだよ?おれ一応メインキャラだぜ?」
Oblivion 2010-11-28 22
タリア「ミダス魔法が・・・・私の野望が・・・・ぶつぶつ・・・・」
ジェラ「まあ、タリアはこの調子だし。なにより管理人のネタ切れだそうだ。」

ばらすなよ(汗


というか、一応ミダス魔法編が最終回というだけで、引き続き、名前を変えてタリアを使ったプレイ日記は続きます。
次回以降は、たぶん単発ネタやMOD紹介が中心になると思いますけど。
さすがにシリーズものはそろそろネタ切れです(汗
ただ、そうなると実はタリアよりもレンのほうが動かしやすいんですよね。
まあ、そんな時のためにコンパニオン化してあるので、もしかしたらそっちも登場するかもしれません。

ところで、現在体調がいまいちなので、ガンダム無双3に向けて充電中です。
ガンダム無双3の出来によってはこっちに戻ってくるのが遅くなるかもしれません<(_ _)>


テント妖怪「ちっ・・・・しょうがねぇな・・・その間は、俺様のタマネギダンスでも見てろ」
Oblivion 2010-11-15 20-37 
テント妖怪「~♪・・・・・~♪」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・
タリア「・・・・あれっ?拳が滑った」
テント妖怪「なるとおもったぜっ!?」
Oblivion 2010-11-11 31 
わかってたならやるなよ(笑

Oblivion 2010-11-11 32 

そして今日もドタバタしつつ、日が暮れる・・・・

終わり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1924-acbb69a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。