QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記  黒き魔女の伝説(2)

PC版オブリビオン・プレイ日記  黒き魔女の伝説(2)
Oblivion Stutter Removerのバージョンが上がっていたので入れてみたらだいぶ安定しました。
4Gパッチ
iHeapAlgorithm = 5
iHeapSize = 800
で、今までは安定しにくかったのでiHeapAlgorithm = 1でやっていましたが、5で普通に行けるようになりましたね。 


Oblivion 2011-01-03 14
※あんまり強くないけど、いつも頑張ってくれる忠実な森林オオカミ君。
Oblivion 2011-01-03 11
何かを睨むタマネギ


【名探偵になろう】
なんの脈絡もなく、暗殺ギルドに行くことにしたアリスとタリア。
とりあえず、仲間になるための条件であるイル・オーメンの宿屋にいるルフィオ暗殺に向かう。
アリス「ここが、イル・オーメンの宿ね。」

中には帝都兵やら宿の主人やらがいる。

アリス「ルフィオとやらはどこにいるんだろう?」
タリア「あ、すいません、ルフィオって人を暗殺しに来たんですけど、どこにいますか?」
宿の主人「ああ、地下室に隠れているよ。わかりにくいけど、入り口はそこの昇降口を使いな」
アリス「了解。」
タマネギ「ええっ!?なんですかこのやりとり!?」
アリス「暗殺現場さえ抑えられなければ問題ないのよ。」

地下に行くと、ルフィオが眠っていた。

アリス「さて・・・・人を呼ばれては面倒。一撃で仕留めなければ。」

しかし、隠密スキルは低いので、不意打ちでも一撃で仕留められるかどうか。

アリス「よし、リラルカー。」
リラルカー「おっ!?俺の出番か!?」

ちなみにダニールは特に不具合もなく使えた。
ただ、テントのチェストにしまっていても何故か喋るのだが^^;
とりあえずまたリラルカーにスイッチ。

アリス「クレイモアになりなさい。」

一撃の威力が高いクレイモアで隠密+パワーアタックを食らわせれば一撃で仕留められるだろう。

背後から忍び寄って、一撃で仕留めた。

アリス「よし、いい仕事してるわね。」
リラルカー「へっ、人斬りなら俺にお任せっ!!」

しかし、ここであることに気がついた。
以前能力値を弄ったはずのリラルカーの能力値がデフォルトに戻ってしまっている。
どうやら導入時に元のファイルを上書きしてしまったらしい。

アリス「・・・・・・・・・・」
リラルカー「えーと・・・・ということは、どうなるの?」

もう一度、作るのが面倒すぎるので、もうこのまでいいや。
ちょっとトラブったが、仕事を終えて上に上がる。
特に気づかれた様子はない。

アリス「・・・よし、ちょうど夜だし、今夜はここに泊まっていくか。」

夜になって眠ると、枕元に闇の信徒のルシエンが現れた。

アリス「よし、死ね。」
ルシエン「いきなりなんだっ!?」
アリス「私の枕元に黙って立つな変態。」
ルシエン「ふ・・・驚くことはない。我らはなんでも知っている。既に儀式が済んだとこも知っているぞ。」
アリス「タマネギ以上のストーカーというわけだな」

ルシエンの話によると、今度はチェイディンハルの廃屋に行けという。
そこがアリスの属する仲間たちの隠れ家だそうだ。
地下の扉の前で合言葉を話せば入れてもらえる。

ルシエン「では、私はこれで。」

ルシエンは去ってい・・・・

宿の主人「不審人物発見!」
ルシエン「えっ!?」
宿の客「殺せ!」
ルシエン「ちょっと、まっ・・・・」
冒険者「貴様かぁーーー!!」
帝国兵「俺の前にのこのこ現れるとはいい度胸だ!!」
ルシエン「なっ・・・なぜ俺の姿が!?」

ルシエンvs宿の客軍団の戦い・・・・もとい、一方的なフルボッコ。

タリア「・・・助けましょうか?」
アリス「ほっといてもいいんじゃない?関わると私たちまで犯罪者になるし。」


ルシエン「・・・・・・・・・・・」
Oblivion 2011-01-03 01
ルシエンは無様に気絶した。
とりあえず、ルシエンとの接触だけで悪名が+1された。

チェイディンハルに向かう途中、野盗の軍団と青年自警団の間で戦闘になった。

タマネギ「助太刀するぜ!!」

突撃するタマネギ。

タリア「ライトニング!!」
タマネギ「はおうっ!?」
Oblivion 2011-01-03 02
またしてもタリアの雷撃が走りだしたタマネギの背中に直撃。
タマネギはそのまま頭からふっとんで死んだ。


タマネギ「・・・・・・・・」
Oblivion 2011-01-03 03 
タリア「また、魔法が滑ってしまいましたっ!?」
アリス「あんたね・・・(#--)ヘ」

そんなわけで、チェイディンハルの廃屋の地下まで来た。

タリア「この扉の向こうですね!」
アリス「では、行きましょう。」

合言葉を唱えて中に入る。
中では、どうやらこちらを待っていたらしい、オチーヴァというアルゴニアンが出迎えてくれた。

オチーヴァ「ようこそ、兄弟。今日からここが貴方の家よ。貴方にこの鎧を与えましょう。仕事についてはヴィセンテと話をして。」

が・・・・しかし・・・・

奥に進むと、突然スケルトンガーディアンがタマネギに襲いかかってきた。
それに呼応するように、他のメンバーも一斉にタマネギに襲いかかる。

タマネギ「あおっう!?あおーうっ!?」

逃げながら袋小路にはまり込むタマネギ。
そのまま死んだ。

タリア「何をするのですかっ!!」

今度はタリアが闇のメンバーに襲いかかる。
Oblivion 2011-01-03 04
アリス「えーと・・・?」

どうしたものか。
喧嘩仲裁魔法も全く効かない。

アリス「しょうがない・・・・森林オオカミ召喚・スカンプ召喚・スケルトン召喚」

消極的ながらタリアを支援。
しかし、召喚獣も「やってらんねぇ」て感じで動かず。
もうなにがなんだかわからない状態に。
とりあえず、タリアは倒された。

アリス「一応蘇生してみるか・・・」

まず、タマネギ蘇生。
そしてタリアも蘇生。

すると、またスケルトンガーディアンとタマネギが戦闘状態になった。

アリス「・・・・・どうしようかなっ!!」

しょうがないので、スケルトンガーディアンをMCSに登録して戦わないようにした。
タリアはとりあえず大丈夫らしい。
さっき戦闘になったのは、やはりタマネギが原因だ。

アリス「こいつか・・・・やっぱりこいつかっ!?」

・・・・とにかくヴィセンテの所まで行く。

ヴィセンテ「さっそく仕事にとりかかってもらいたい。」

海賊の船長を暗殺してもらいたいそうだ。
ただし、船には多くの船員がいる。
海賊船は帝都の湾口区に停泊しているそうだ。
さっそく向かうことに。
地下を出て、廃屋に戻る。

タマネギ「ふーっ・・・すっきりした。バイアズーラ!バイアズーラ!バイアズーラ!!グラ・・・」
アリス「はあっ!!」

いきなりリラルカーのパワーアタックでタマネギを吹っ飛ばす。

タマネギ「おうっ!?」
Oblivion 2011-01-03 06
アリス「ちょっとは反省しなさい(怒」 

無理だろうな、AI的に^^;
帝都に向う途中の旅で、タマネギに似合いそうな武器を見つけたので装備させてみた。
WarCryで追加された武器らしい。
Oblivion 2011-01-03 07
アリス「どうせなら、もっと情けない武器が良いんだけど。」
タマネギ「俺をなんだと思っているんですか!?」
タリア「ストーカー」
アリス「ネタ」

タマネギ「・・・・・・・・・・」

まあ、武器を持っても所詮はタマネギだ。
すぐに死ぬ。
Oblivion 2011-01-03 08

帝都湾口区に到着。
タリア「あれが海賊船ですね。」
アリス「よし、ちょっとそこの人、船長暗殺しに来たんだけど、今中にいる?」
マルヴリス一等航海士「あんたが何を考えているのか知らないが、あの船に近づこうものなら、あたしの仲間が黙っちゃいないよ。」
アリス「よし、近づこう。」
タリア「そうですね。」
タマネギ「(逃げる準備!!)」

船に近づくと、当然攻撃される。

タマネギ「逃げ・・・うっ!?」
Oblivion 2011-01-03 09
タマネギ死亡。

タリア「ここは私に任せて下さい!」
アリス「じゃ、私は帝都兵呼んでくるわ。」
帝都兵「俺の目の前で暴れるとは良い度胸だ!!」

こんな感じで船の外の海賊はあっさり死んだ。

船内の海賊も掃討し、船長も殺した。
さらに船内を物色し、ついでに一泊。

タマネギ「なんか余裕っすね!?」
タリア「じゃ、アジトに戻って報告しましょう。」
アリス「いや、面倒くさいから、このまま帝都をぶらついて仕事を探すわ。」

もう本当に適当だ(笑

帝都をうろついていたら、錬金術屋でソロニルという商人の噂を聞いた。

錬金術屋「ソロニルはずいぶん低価格でものを売っているんだ。おかげでみんな商売あがったりさ。何をしているのかわからないけどね。彼について知りたかったら『新品同様』のジェンジーネを尋ねてごらん。彼女はソロニルを調査する会の代表をやっているんだ。」
アリス「よし、名探偵になろう」
タマネギ「脈絡なさすぎですよっ!?」
タリア「面白そうですねっ!o( ̄へ ̄o)」
タマネギ「うわっ、この人も駄目だっ!?」

おかしい・・・タマネギが常識人に見える(笑

ジェンジーネに話を聞くとこの町は商品のバランスを取るために価格は商業組合で話し合って決められている。
もちろん組合に参加していない店もあるが、今まではうまくいっていた。
だが、ソロニルの店は、かなりの低価格で品揃えも多く、みんな困っている。
商業組合の加入についても断られた。
そこで、顔を知られていないよそ者のアリス達に下調べをして欲しいとの依頼だ。

アリス「任せて下さい。この名探偵アリスがすっぱりと彼の正体を暴いて見せましょう。」
ジェンジーネ「期待しているわ。」

というわけで、ソロニルの店にやってきた。

アリス「貴方が怪しいと聞いてちょっと調べ物に来たのですが。」
ソロニル「ははは・・・私は怪しくなんかないですよ。商品の入荷先は明かせるわけないでしょう?ま・・・さる信頼できる筋とだけ言っておきましょう。」
タリア「『さる信頼できる筋』なんて言葉が出る時は怪しいに決まっています!」
アリス「よし、閉店を待って、こっそり奴の後をつけよう。」

ソロニルの店の前で、隠密モードで張り込み。

オーク男「やあ、何をしているんだね。」
タマネギ「へへへ・・・・ちょっと張り込みを。」
Oblivion 2011-01-03 10 
張り込みになってねぇ(笑

アリス「・・・・後でお仕置きな・・・(怒」
タマネギ「・・・きっ!」
Oblivion 2011-01-03 11
なんだその反抗的な態度は(笑

しばらくすると、ソロニルが店から出てきた。

アリス「よし、尾行するぞ。」

つけていくと、ソロニルは宿に入っていった。

アリス「ただの食事か・・・」

店の外でまた張り込み。
出てきたので、また後をつける。

後をつけると、何故かヒッチハイクしているスケルトンに出会った。
WarCryで追加されたものらしい。
Oblivion 2011-01-03 12
それはともかく、ソロニルと謎の男との密談現場に遭遇。
どうやらあの男が商品を仕入れているらしい。

アリス「よし、今度はあいつをつけるぞ。」

後をつけると、奴の家をみつけた。

タリア「押し入りましょう!o( ̄へ ̄o)」
アリス「いや、いない時にこっそり侵入すればいいんじゃない?」

ここは奴が家を出て行くまで張り込み。
Oblivion 2011-01-03 13
丸一日半待って、ようやく奴が出ていった。

しかし、調べようとしても、今度は衛兵がうろついていて、なかなか侵入できない。

タリア「見つかったら不法侵入で逮捕されますね。」

なんとか衛兵の目を盗んで家の中に侵入。
地下室があったので調べる。

アリス「なんだこれは・・・・・」

地下室は、骨やら服やらシャベルやら、血の跡やら、土やら。
その他アクセサリーやらいろいろと・・・・・

タマネギ「(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
アリス「ん・・・・これは?」
タリア「最近死んだものの名簿ですね。」

アリス「つまり、死人から副葬品とかを剥ぎ取って、それを横流ししていた?」

これをソロニルに突きつけると、ソロニルは何も知らなかったといい、謝罪した。
そして、男(アルガミル)がまさに今日、何か重要な用事があると言っていたと話す。

アリス「よし、この名簿の最後の場所に行ってみよう。」
タリア「帝都の墓所ですね。」

その場所に行ってみると、霊廟が暴かれていたので中に入ってみる。
中ではアルガミルと謎の男が墓荒らしの真っ最中。

アリス「よし、タマネギに戦意向上!そして森林オオカミ召喚!」
アルガミル「ふん、お前が俺のことをかぎ回っているのはわかっていたさ。だからこうして罠を張って待っていた。この墓は既に盗掘済みさ。今夜、ここにお前の死体が加わるがな!」

戦闘開始。
しかし、タリアもタマネギも何故か動かない。

アリス「何をやっているの!?」
タマネギ「( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ」
タリア「( ̄◇ ̄)ポケー」

森林オオカミだけが戦っていて、アルガミルを倒した。

アリス「・・・・おまえだけだよ、私の友達は(つД`)」
森林オオカミ「クゥーン・・・・」
Oblivion 2011-01-03 14
アルガミルの遺品から証拠品を取ってソロニルの元に報告に行く。
ソロニルは感謝して、今までに得た金と商品は処分し、教会に寄進して、今後は組合にも参加するとのことだった。

アリス「一件落着ね。」
タマネギ「お礼ももらったし、何か食いに行きましょうよ!」
Oblivion 2011-01-03 15
アリス「うん?その前に・・・・・」
タマネギ「・・・・・・?」


当然、お仕置きタイム(笑

アリス「働け!この穀潰し(怒」
タマネギ「あおうっ!?なんで俺だけっ!?」
Oblivion 2011-01-03 16

そりゃあ、タマネギだから^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1958-3429a231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。