QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記 遺物コレクター(1)

PC版オブリビオン・プレイ日記 遺物コレクター(1)
~黒き魔女の伝説(13)~

Franの沸きをHardcoreでやっていたのですが、意外にMMMと比べると少ないので、今回からExtra-Hardcoreに変えてみました。
すると、とたんにきつくなった^^;
MMMほど街道は危険じゃないのですが、ダンジョンがいるところには鬼のように大量に沸いてくる。
しかもWarCryの敵が混ざってきた時は、まさに地獄(笑
これでもMMMほど重くはないですね。
あとなんか、やたら安定していて、滅多に落ちないのですが正直MMM環境の時よりもいろいろ入れまくっているのですけどね。
今回だけで
FlexibleQuestTarget(NPCのマーカー表示)

mpc_no_drop_equipment(MPCが死んだ時に武器を落とさなくなる)

mmersive Field of View(FOV自動調整)
を追加しているのですが。

これはいい。

今回のベストショット
Oblivion 2011-02-05 68 
めんどくさくなってきたので、久しぶりのミダス魔法・ホーリー・ジャッジメント。
敵を一掃。

Oblivion 2011-02-05 75 
ULで追加されたハンマーミルに向かう途中の風景。


というわけで本編。

氷王の財宝の件も片付いて、またジェラとタマネギsだけになった一行。
とりあえず、人数が多いと戦闘中に誤爆しまくりだったので、いい加減MPCタマネギはドック入り。
テントの中で待機。

タリア「いいですか、ここを動いちゃ駄目ですよ?その樽の中でじっとしていなさい。」
Oblivion 2011-02-05 50 
小タマネギ「どうしてもかい?あっちのベットとかで休んじゃ駄目?」
タリア「そこにいなさい」
小タマネギ「わかったよ、俺はあいつ(オリジナルタマネギ)とは違うんだ!なんでもやるさ!」
Oblivion 2011-02-05 52

そういやオリジナルもずっと連れ歩いていない。
こっちで永遠に「役立たずでごめんなさい」の刑^^;
Oblivion 2011-02-05 51 
※まいどのことですがポーズMODのお世話になっています。

というわけで連れているのはMCS用に作ったタマネギなのだが・・・・・
時々蘇生するとフォロー状態から外れていることがある。
原因は不明。

とりあえず、めでたく武器と盾持ちになってご機嫌のタマネギだ。
Oblivion 2011-02-05 53 

しかしこの直後、コロルの出口でついてこずに延々と馬商人と話し込んでいたため、武器は没収された。
Oblivion 2011-02-05 54
ジェラ「ほんとうにこいつは雑談好きだよな。」

まともに話してくれる人が少ないし。

タマネギ「なんでですか!?俺の剣!?俺の盾は!?」
Oblivion 2011-02-05 55
タリア「・・・・えーとね?・・・とりあえず、行方不明にならなくなってからね?」

それは永遠に不可能だと思うが(笑
まったく武器がないのも何なので、またマグカップを持たせておいた。

タマネギ「宝物にしますっ!」
タリア「口だけなんだから・・・・」
ジェラ「どうせまたすぐに無くすしね」
やることもないので、とりあえずあてもなく帝都に向かって歩く。
橋の上のタマネギはもう寝ていた。
Oblivion 2011-02-05 57
タリア「まだ18時ですよ?」
ジェラ「そいつは夜中に本領を発揮するからな。」

帝都に着くと、妙な男に話しかけられた。

ルスラン「よう、ちょっといいかい?汚い衛兵に揺すられて、有り金全部とられちまったんだ。」
タリア「・・・・む。汚職ですか。」
ルスラン「あの男の名前は知らないが、店で買い物をしていたら窃盗の罪で逮捕されたんだ。罰金を払わなければ牢獄送りだった。いいか、警備兵には気をつけろ。」

そういって男は去っていく。

その直後、また別の男から声をかけられる。

ジェラ「今日はモテモテだね。」
ジョルリング「我が主、ユンバカノが、あなた様に是非お会いしたいと、この招待状を預かってきました。」

タリア「その馬鹿が何か用ですか?」
ジョルリング「ええ、馬鹿はアイレイドの古代の遺物のコレクターなのです。最近、貴方が売り払った、あるアイテムが主人の目に止まったのです。詳しいことは、その招待状に書いてあります。」

ジェラ「そういえば、いろいろ手に入ったから売ったね。」
タリア「ええ、たっぷりお金に換えました。」

招待状は丁寧な文面で、特に怪しいところもない。
確かに、最近アイレイドの彫像を売り払った。
どうやらそれが目に止まったらしい。
そして、アイレイドの彫像のコレクションに力を貸して欲しいと言うことだ。
もちろん、それにふさわしい報酬もあると。

タリア「特に行くあてもないですし、行ってみますか。」
ジェラ「僕は暇にならなければなんでもいいよ。」

とにかく夜なのでタイバーセプティムホテルに行ったら、ミスティキャットと再会した
Oblivion 2011-02-05 59

ミスティ「やあ、久しぶり。」
タリア「あ、もう一人の猫さんですね。」
ジェラ「タリア、君はもう少し僕たちに対する認識を改めたほうが・・・・・」
タリア「これからまたちょっと仕事がありそうなんですけど、一緒にどうですか?」
ミスティ「OK、なかなか羽振りの良さそうな客じゃないか。」

まあ、まだ受けると決まったわけではないが、せっかく再会したのでMCSでキープした(笑
しかし、弓使いが二人、前衛はタリアのみ。
戦力外が一人。

バランス最悪のパーティーだな。
回復役もいないし。
ジェラは一応回復魔法は使えるが、殆ど効かない。

とりあえず、作ったばかりの動物コンパニオンの鹿を入れておいた^^;
Oblivion 2011-02-05 80 

HumantouchNPCでこう設定しておく。
Oblivion 2011-02-05 70 
思考回路が、パーティーの中で一番優秀になってしまった^^;

まあ鹿に飛び道具と回復魔法はないですけど。
とりあえず夜なので朝までテントで待つ。
テントの中では鹿より馬鹿なタマネギが言われるままに踊っていた。
Oblivion 2011-02-05 60 Oblivion 2011-02-05 61

Oblivion 2011-02-05 64
朝になって、ユンバカノ家を訪ねる。


ユンバカノ「来てくれてありがとう。そこの机の上に飾られている彫像には見覚えがあるはずだ。最近君が売りに出したものだよ。相場より遙かに安い額でね。」
ジェラ「なんだって・・・・あの商人・・・・・」
タリア「これにそんな価値がねぇ・・・・戦闘に使えないし、飲めないし」
Oblivion 2011-02-05 63
戦うことしか頭にないんですか(汗

ユンバカノ「これの真の価値は商人などにはわからないさ。現在、これと同じものが10は存在しているはずだ。それを見つけてきて欲しい。相場の倍額で買い取らせてもらうよ。」
タリア「ふ~ん・・・」
ジェラ「どうするの?」
タリア「いいですよ。今暇ですし。」

こうしてアイレイドの彫像捜しが始まった。
ちなみにこれもマップマーカーが出ない。
アイレイドの遺跡に行けばあるだろうから、しらみつぶしに探していくしかない。

ジェラ「思った以上に大作業だね。」
タリア「このくらいじゃないと間が持ちません。」

なにしろクエストネタはネタ切れ寸前です(笑
ちなみにこのクエストはPS3版でもやったことがないです。
発生条件を満たしていなかったのかな。

まず手近なファナカゼカルに入る。

ジェラ「ここにあるならとっくに見つかっているはずだけどね。」

まあ、念のためだ。

タマネギ「この化け物め!グランドチャンピオンに触れるなっ!!」

タマネギが敵を倒した。
ちなみに相手はネズミだ。

ジェラ「相手がネズミだと強気なんだね。」
タリア「相手がネズミでも戦意向上が切れると逃げますよ^^」

ちなみにタマネギは今までに15体の敵を倒しているが、ほとんどはネズミと蟹と犬だ。
一応報償として鎧を与えた。
Oblivion 2011-02-05 69
タマネギ「やった!これで俺も立派な闘士ですね!」

だが、やっぱりタマネギはタマネギだった。

タマネギ「このっ!このっ!」
タリア「痛い!痛い!」

乱戦で背後からタリアの頭をぽかぽかとマグカップで殴るタマネギ


マグカップの攻撃速度は1.40
実はこれはFranで武器調整が入った後だと、結構速い。

つまり、タマネギは高速でタリアの頭をマグカップでぽかぽか殴り続けた(笑

というわけで、降格・鎧没収。 
Oblivion 2011-02-05 74 
タマネギ「え?なんでですか?俺の鎧・・・俺の・・・・・」
ジェラ「・・・あのね(#--)ヘ」

ウォーハンマーが滑らなかっただけましだろう。

タマネギ「まあいいや、マグカップがあるし。」
タリア「・・・・・(ーー;)」

その後もいろいろな遺跡に潜った。

ヴィルバーリンでは、面倒になって久しぶりのホーリー・ジャッジメントで敵を一掃。
Oblivion 2011-02-05 68
そして二つ目の彫像を見つけた ファナカス。

ジェラ「あれ?タマネギがいない?」
タリア「ミスティもいませんね?」

どこかから声が聞こえてくる。

???「あおっ!?おおうっ!?ふんっ!?」
ジェラ「あれは・・・・」
タリア「タマネギさんの断末魔ですね・・・・・」
鹿「きゅん」

駆けつけてみると、既にタマネギは死んでいて、ミスティがヴァンパイアの部族長と戦っていた。
Oblivion 2011-02-05 76
部族長を倒し、タマネギが落としたマグカップを回収する。

タマネギ「ふーっ・・・・あっ?俺のマグカップは?マグカップどこですか?ちゃんと拾ってくれたんですよね?」
Oblivion 2011-02-05 77

タリア「・・・・・・・」

やっぱりウォーハンマーが滑った。
Oblivion 2011-02-05 78
こうしてまたタマネギは素手になった。
とにかく彫像が手に入ったので、一端報告に帝都に戻る。

ジェラ「あてがないから慎重にね。」

帝都の橋では橋の上のタマネギが寝ている間に、タムリエルトラベラーズの商人が椅子に座って飲んでいた。

タリア「ちゃんと働きなさいよ。」
商人「働かざるもの、食うべからずだな」
Oblivion 2011-02-05 79 
※働きたくても働けない人を指しているわけではありません。

ユンバカノの邸宅に入り、報告。

タリア「馬鹿さん、また見つけてきましたよ~」
ユンバカノ「ああ、一体目は偶然かと思ったが、これでこの仕事が君に向いているとわかったよ。実はこちらにも新たな情報があってね。古代アイレイドの都市で、いくつかこの彫像がありそうな場所が分かった。」

現在に名前が伝わっているのは
モランダ
マッカメンテン
ファナカス
ウェニアンダウィク
ニネンダーヴァ

ジェラ「闇雲に探すよりは、これで探しやすくなったね。」

全体マップにも出てきたし。

まあまた、夜になっていたのでテントの中で一休み。
Oblivion 2011-02-05 73 


ついでに余ったSS
Oblivion 2011-02-05 58 
Weather - All Natural を入れてから、本当に光源の感じが良くなって、風景がリアルに見える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/1996-4b4a2b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。