QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソード・ワールド2.0リプレイ From USA 2 姫騎士襲撃

2011-02-26-01.jpg 
ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
富士見ドラゴンブック

まあなんだ・・・・
とりあえず、アンセルムとクリフはそこに正座して反省しなさい(-_-;)
 

・・・と、いうわけで、アメリカ人?GMという試みのリプレイ本第二回。
まあ、前回も書いたとおり、馴染んでます^^;
二巻目にして、各キャラのキャラ付けや役割も固まってきたようで、だいぶ安定してきた。

ただ、所々に入るGMの述懐・・・・述懐くらい一発で変換出てくれよ(つД`)

まあ、とにかく述懐を見ていると、やっぱり日本人とは違う部分も見受けられるなぁと。
日本人感覚だと、ちょっとしたおふざけ程度のことだろうと思われることでも、結構衝撃受けてるところとか。
・・・そう書いているだけかもしれませんけど^^;

しかしですね、アンセルムのプレイヤーの悪ふざけは、日本人として言っておく。

あれは日本人でも唖然としたわ(笑

クリフはもう、そういうキャラづけがなされているので何をしても驚かないが。
いやいや、そういう問題じゃなくって、普通に唖然としたわ(笑

何か無性に楽しそうに見えるよな、このパーティー^^;
うん、本当に楽しそう。
ただ、ちょっと内輪に走りすぎて、読者おいてけぼりにならないか心配。
いや、まあ、あくまでもTRPGの楽しさを伝えるリプレイ本だから、楽しそうにプレイしている部分が見えればいいのかもだけど、やはり読者がいる読み物でもあるわけですから。


まあなんだ、ウィストさん・・・・ご愁傷様です(-_-;)
今の所ウィストが好きだなぁ・・・・
当初とキャラの立ち位置がだいぶ違っているようですが、あのメンバーじゃしょうがないか。
ウィストが本当の世間知らずになったら、突っ込み役がいなくなる^^;
スポンサーサイト

コメント

No title

読めました。ウィストが不憫すぎて… ありゃ一生もののトラウマですよ
そして、フィルゲンさんにも「あの伝統」は伝わっているのか?(^^;

アンセルムもクリフもシリアスな時は非常にシリアスなだけに、ギャップが凄い。そのギャップで勝手にウケてしまって、読んでいる時はずっと呼吸が苦しかったです。まぁ、通勤電車内で読んでいたのですが(お

このリプレイのキャラはNPCも含めて全部好きですが、個人的にはミケが良いですね。「バブリーズ」のパラサも良識派ながら存在感がありましたが、ミケも「イタズラ好き」というより「天真爛漫さ」を前面に押し出した、良い意味でグラスランナーらしいキャラになったかと思います。

  • 2011/03/03(木) 01:22:11 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

No title

個人的には、読んでいる時には、ニヤニヤ笑っていましたが、正直脈絡がなさ過ぎると思いました^^;
いや、ふざけるのは大好きですけど、あれはどう解釈したら良いんだと^^;

ウィストはあそこで『こんな変態パティーいやだ!』とダークナイトになっても私は非難しませんでしたよ^^;

>ミケ
ミケは非常に良い感じですね。
この系統のキャラで、苛つかないキャラは久しぶりです。
しかも何気に大活躍していますし。

  • 2011/03/03(木) 19:14:26 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/2014-4e635f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。