QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国無双3Z 元就・創史モード・ネタプレイ(4)

戦国無双3Z 元就・創史モード・ネタプレイ(4)
(1) /(2) /(3)

※内容はネタです。攻略の役には立ちません。
キャラの会話内容は私の妄想分が大半を占めます。
あと、私の腕では最後まで出来るかどうかは分かりません(戦いの回数によってだんだん敵が強くなるので)



現在レベル50
26日目。

仲間は
前田利家L5(攻撃上昇)
伊達政宗L1(無双維持)
ガラシャL5(無双維持)
お市L5(移動速度上昇)
蘭丸L4(防御上昇)

戦いがきつくなってきたので、無双維持を二人入れた。
連れて行けるのは3人までなので、利家、政宗、ガラシャが現在のチーム。

ガラシャ「教えよ!そちのように活躍するには、いかように精進すればよいのじゃ?」

最近ガラシャが戦闘が終わった後に毎回こればかり言うようになった。
なんのフラグが立っているのだろう。

5日で7000万両の所持金
萬屋で15000両の出費
これは楽にクリア。

そして29日目。
関ヶ原の戦いが始まった。




西軍の陣容
○総大将・ねね
○くのいち
○直江兼続
毛利勝永
平塚為広
木村義清
豊臣秀頼
木村成重
小早川秀秋
小西行長

○ガラシャ
○伊達政宗
○前田利家
●毛利元就

東軍
○総大将・徳川家康
○黒田官兵衛
○柴田勝家
○織田信長
石川数正
仙石忠政
大久保忠世
奥平信昌
松倉重政
牧野康成
松平忠輝
大久保忠隣
黒田直之
伊奈忠次
平岩親吉
赤尾伊豆守
徳川秀忠
鍋島勝茂
松平康重
松平忠明
本多忠朝
寺沢広高
井伊直政
黒田伊豫


政宗「突っ込みどころ満載な陣容だなっ!!」
利家「ああ、叔父きはまだしも、信長様がなんであんなところに・・・・」
お市「しかもこちらの総大将はねね殿・・・・・」

ガラシャ「戦は嫌いじゃ!これで終わらせるのじゃ!」
政宗「ふん!竜が天下を見せてやるわ!」
元就「では、我々は味方の補給線確保のために、南へ直進して、黒田官兵衛を撃ち松尾山を確保。その足での大久保忠世を撃つ。」
利家「今回は指示通りに戦うのか?」
元就「腹が減っては戦は出来ないからね。それに、悪くない作戦だ。」

味方の士気が下がりまくって足手まといになられても困る。

毛利隊は順調に黒田官兵衛を撃ち。
その後、南側をほぼ制圧。

信長「今ぞ、勝家。」
勝家「はっ!」

信長と勝家が正面から西軍本陣に迫る。
無双武将二人はさすがにきつい。

伊達政宗「竜の力、貸してやるわ!」
元就「君を仲間にして正解だったよ。」

政宗の無双維持が良いところで働いた。
立ちはだかる敵将を無双奥義で蹴散らし、短時間で信長、勝家に接近する。

信長「くくく、やりお・・・・=(´□`)⇒グサッ!!。」
利家「あ・・・すんません。討ち取っちゃいました。」
元就「あ・・・・ハイネセンから停戦命令が・・・まあいいか」

よくないだろう(笑
その後、勝家も討ち取る。

半蔵「・・・・勝負だ」

宿敵の半蔵が現れた。

元就「どっちかというと、黒田官兵衛のほうが苦手なんだけどなぁ・・・」

そうなんだよな・・・しょっちゅう大事なところで現れて、痛い目に遭わされる。
しかも、殆ど敵として出てくる。
 で「また卿を倒すための情報が収集できた」とか言うんだよなぁ
半蔵はむしろ、時々味方だし(笑

どうも友誼、好敵手以外にも、それに準ずる武将も設定されるらしい。
たぶん官兵衛は準好敵手なのだろう。

半蔵「ここで決着をつけよう」
元就「君のことは、私が歴史に書き残して上げるよ。」

半蔵を討って、残るは家康本陣のみ。

利家の攻撃力上昇が良いタイミングで発動して、いっきにこれを倒す。
関ヶ原の戦いは西軍の圧勝に終わった。

そしてクリア報酬で

迦桜羅霊足
という防具を入手。
これはいいものだ。
ダッシュで走っているだけで無双ゲージが回復する。

ねね「これで天下は治まったのかな?」
お市「いろいろ突っ込みたいことはありますが・・・・・」
半蔵「・・・・完敗」

・・・・完敗くらい一発で変換出ろよ(つД`)

半蔵「天下の大富豪の名・・・譲る。今は・・な・・・」
元就「そいつは驚いた。」

半蔵が天下の大富豪だったのか(笑

こうして「天下の大富豪」クリア。
石高200万石+
一応ここで創史演舞クリアとなるっているが、騙されて終わってしまってはいけない(笑

次の目標は六日で所持金80000万両。
萬屋で20000万両消費。
既に100000万両持っているので、簡単に達成できそうだ。

そして本当にあっさりと達成できた。
20000万分買い物すりゃいいだけだし(笑


そして37日目
再起した徳川家康が大坂城に攻め寄せてきた。
これが最後の決戦だ。

ねね「お金の力で関ヶ原に勝ったけど、まだお金を大事にしない子がいるみたいね。」

これはそういう話だったのか(笑

蘭丸「今度こそ、これで最後ですね」
ガラシャ「戦のない優しい世を作るのじゃ!」
利家「戦のない世界ですか・・・・提督は、本当にそんなものがあると信じているのですか?」

お市「また始まった(#--)ヘ」

元就「確かに人類史上、戦がなくなったなんてことはない。だけど、ほんの数十年~数百年くらいの平和な時代なら、確かに存在し得たんだ。私は求めている物は、そんな些細な平和だよ。」
利家「その、たった数十年の平和のために戦うのですか。」
元就「そうだ。これはもしかしたら、私のエゴなのかもしれない。でもね、私は蘭丸のような子供達が戦場に出る所など見たくはないんだよ。」

蘭丸「もう出てますよ。」
ガラシャ「出てるのじゃ!」

利家「結構、期待以上の返事は聞かせていただいた。では、永遠ならざる平和のために、全力を尽くしましょう。」

お市「でたらめなのに、最後だけ綺麗にまとめた・・・・」
ねね「利家もやるわねぇ・・・・」
蘭丸「僕はもう、疲れ果てましたよil|li _| ̄|○ 」

とにかく大阪夏の陣が始まった。

元就「みんな、これが最後の戦いだ。馬鹿馬鹿しい戦いではあるが、それだけに死んでは意味がない。かかっているのは、たかだか国家の存亡だ。個人の自由と権利に比べれば、たいした価値のあるものじゃない。全員生き残って大坂城に戻ろう。」

大阪夏の陣は、あっさりと終わった。
もう所持金を気にしなくて良い元就はアイテム使いまくり。
楽勝だった。

勝利後に
孔雀霊足という武具が手に入った。
ぶっちゃけ、関ヶ原で手に入ったやつのほうが、走っているだけで無双ゲージが回復するので使える。
敏捷性の数値も3しか違わないし。

これで終わりかと思いきや・・・・

なんかまだ続いている。
このモードは明確な終わりがないそうだ。
トロフィーとるためには50日まで流行った方が良いらしいが、私はトロフィーに興味がないので、ここで終わり。
まあ、どちらにしても防具を手に入れるためには知力や武力もやらなきゃならない。

知力で手に入る籠手のレアは、正直自分で良い籠手を手に入れて好きな効果を付けた方が使えるレベル。
アイテム集めに便利なので成功・失敗にかかわらず30日クリアだけで手に入る金剛瓢籠手だけは手に入れといても良いかも。
武力で手に入る鎧は単純に防御力が強化できるし、レア1なら全部失敗でもとりあえず30日やって関ヶ原に行けば手にはいるので、やっておいて損はないかも。

ちなみに、この財力で手に入った迦桜羅霊足は、かなり使えるので、とりあえず財力は簡単ですし、失敗しても30日頑張れば手にはいるので、やっておいて損はないかも。


とまあ・・・・こんな感じで創史演舞、終わりました<(_ _)>
とりあえず、知力30日と武力30~37日はやっておくかな・・・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/2016-2f38fb0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。