QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記(7) ~アヴァロンに行こう(1)~

 PC版オブリビオン・プレイ日記(7)
冒険者達(5)~アヴァロンに行こう(1)~
【選定の剣】
Oblivion 2011-05-27 05


レンの時に0.5をやったのですが、それとは位置も作りもだいぶ変ったようです。
というわけで改めて。
----------------------------

Avalon Project II v0.98
http://siraltriapendragon.blog12.fc2.com/
アヴァロンはヴァルス山地あたりの地域に、都市や砦やダンジョンを追加する大きなMOD。
要SI。
導入するとダイアログが出て、アヴァロンに招待されます。
Oblivion 2011-05-22 29

----------------------------


 
王者のアミュレットをジョフリに届け終えた一行は、特に行くあてのない旅を続ける。
そして、成り行きから、最近噂の都市、ヴァルス山地にあると言われるアヴァロンに行ってみようと言う話になった。
・・・・そんなわけで、アヴァロンに向う。

Oblivion 2011-05-27 01
旅の途中でWACで追加されたアズーラクラブというのを見つけた。

クーリィ「綺麗な蟹ですねっ!」
タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!」
小タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!」
リディ「・・・・いや、そのアズーラじゃないんじゃないかな(#--)」

旅の途中、敵から拾った杖を小タマネギに持たせておいた。
炎35pのなかなかの威力。
Oblivion 2011-05-27 03
小タマネギ「すげー、強力じゃん威力35だぜ。これさえあれば俺も一人前だ!」

どこかで聞いたような台詞だ
そして数分後、やっぱり死んでいた。

Oblivion 2011-05-27 02
小タマネギ「あれ?・・・おかしいな?・・・・杖・・この杖さえあれば・・・つ・・え・・・」
タマネギ「(どっかで見たことあるような光景だ・・・・)」

しょせん中身は同じタマネギだし。

リディ「ちょっと戦力になるかと思ったんだけどね(#--)ヘ」
クーリィ「小タマネギさんとタマネギさんはまだレベル1だから。」

まあ、プレイヤーレベル連動-6なので、リディのレベルが7だとまだレベル1なんですよね。
殆どの敵に瞬殺されます^^;

そんなことをしながら、帝国橋の宿まで到着。
途中、アヴァロンへの転送塔とかあったが、そこはスルーしました。
やはり一度は歩いていきたい。

夜になったので休もうと、宿に入ると声をかけられる。

ツキカゲ「やあ、また会ったな。」
Oblivion 2011-05-27 13
リディ「ツキカゲさん。」

せっかくなのでツキカゲさんと一緒にアヴァロンまで行くことにした。

リディ「じゃあ、明日はアヴァロンに向けて・・・」
シトシン「ダマレ」
リディ「・・・・・え?」
シトシン「ワタシニハナシカケルナ」
リディ「・・・・・」
クーリィ「・・・・・」
タマネギ2匹「・・・・・・・」
リディ「えっ・・・と、私何かした?」
クーリィ「そりゃ、誤爆とか誤爆とか誤爆とか誤爆とか・・・」

なんとシトシンさんの友好度が15になっていた(笑

リディ「うわぁーーーーっ!?わざとじゃないのよ!?」
クーリィ「いや、わざとじゃなくても嫌ですから。」
リディ「あんた誤爆でさんざんタマネギ殺してるじゃない!?」
クーリィ「それがなにか?(`へ´)フンッ」

ちなみにクーリィも友好度30くらいだった(笑

というわけで、シトシンさんとはここで別れることに。
いえ、まあ、正直シトシンさんにあまりはっちゃけたことをやらせられなくて、困っていたところだったので。

朝になったらアヴァロンに向うが、今回は旧街道を通っていく。
Oblivion 2011-05-27 04
これは本体ではなく、おまけで付け加えるのだが、ULのSilverfish River Valleyを入れていると競合するので注意。
個人的には、この場所はULが入ると歩きにくくなってアヴァロンまでの道を見つけるのも容易ではなくなるので、アヴァロンを入れる場合はSilverfish River Valleyは使わずに旧街道を使うのがお勧め。

旧街道名物、桜並木。
やっぱりアヴァロンにはこれがないと。
  Oblivion 2011-05-27 05

長い山道を越えて・・・
Oblivion 2011-05-27 14

Oblivion 2011-05-27 15
タマネギ「ぜえ・・・ぜえ・・・」
リディ「鎧脱げば?」
タマネギ「お・・・俺はアリーナの闘士・・・ぜえ・・・」
ツキカゲ「鎧着ただけで死にそうになる闘士なんてないだろう。」
Oblivion 2011-05-27 17 
リディ「ぜいぜい五月蠅い(-_-;)」

途中の砦で敵から拾ったアリーナの重装鎧が気に入ったらしいが、重さ72(笑
まだレベル1のタマネギには辛い。

途中に温泉があった。
Oblivion 2011-05-27 16
タマネギ「や・・・・休みましょう・・・ぜいぜい」
ツキカゲ「いや、鎧捨てろよ」
タマネギ「おれは・・・ぜい・・・・アリーナの・・・・闘士・・・ぜい・・・・」
クーリィ「いやもう、平民だってばれてるから」


そんなこんなでアヴァロンに到着。 
重そうだった鎧は売った。

タマネギ「・・・俺の・・・鎧・・・・・アリーナの・・・・」
 Oblivion 2011-05-27 20
リディ「いやもう・・・・いい加減にしてよね?」

いろいろ街を回ってみる。
Oblivion 2011-05-27 06
入国管理所

リディ「・・・・あれ?目が悪くなったかな・・・・?...( = =) 」
クーリィ「大丈夫です、私の目にも変な頭が見えます・・・・」

宿
Oblivion 2011-05-27 07 
リディ「こ・・・・・この町は・・・既にタマネギ頭に侵略されている!?」
ツキカゲ「落ち着け。」

ちょっと他とは違った家があった。
Oblivion 2011-05-27 08 Oblivion 2011-05-27 09

リディ「・・・・・えっと、フィンガー・オブ・ザ・マウンテンの使い方はっと・・・・」
クーリィ「うわぁーーー!?こんな所で撃っちゃ駄目ですっ!?正気を保ってくださいっ!?」

ツキカゲ「みろ治安は保たれているぞ。」

独房があった。
Oblivion 2011-05-27 10 

ツキカゲ「じきにこの独房も奴らで一杯になることだろう。」

いや、それはないんじゃないかな^^;

地底湖
Oblivion 2011-05-27 11 

温耕区
Oblivion 2011-05-27 21 
ツキカゲ「ここが温耕区だ。この寒い地方で食糧が採れるのも、この温水を利用した施設のおかげだそうだ。」


そして、行政区。
門をくぐると、リディの耳にどこからともなく声が聞こえてくる。

剣を取れと。

リディ「これのことかな?」
Oblivion 2011-05-27 12
ツキカゲ「だろうな。」
タマネギ「・・・・・」
リディ「タマネギ」
タマネギ「なんでしょう?」
リディ「邪魔。」
Oblivion 2011-05-27 19 
相変らず視界を塞ぐように立ってくれる。
そんなAIはないはずなのだが、これがタマネギだ(笑


リディ「私にはまだ資格がない・・・・」
ツキカゲ「資格?」

なんといってもレベル7(笑
アヴァロンを背負って立つには、さすがにどうかというレベルだ。

声「とってみればいいじゃないか」
リディ「?」
声「君に必要なのは資格じゃない。試されているのは『覚悟』だよ。」
リディ「誰?」
YOU「失礼。私のことは呼びやすいように呼んでもらってかまわない。ただの物好きなエルフさ。」
リディ「『覚悟』ねぇ・・・・」
YOU「何故躊躇う?それを手にしても、君の何が変る訳でもない。君のやることは今までと同じさ。」
リディ「?」
YOU「『生き抜くこと』そのために最善を尽す。それで救われるものもある。だから君は呼ばれたんだ。」
リディ手「私まだレベル7なんだけど。」
YOU「その君が何故今日まで生きてこられた?簡単だ。自分に足りない物は補えばいい。そのために仲間がいる。君は今日までそうして生きてきたはずだ。忘れたのかい?」
クーリィ「なんでしょう・・・・このエルフさん」
ツキカゲ「言ってることは分からないでもないが・・・・何故そうまでしてリディに剣を取らせようとするのかがわからん。」
YOU「・・・・・そんなの、管理人の都合に決まっているだろ(怒」
Oblivion 2011-05-27 22

ぶっちゃけるなよ(汗
※まあ本当はこの辺りの役回りをシトシンさんか未登場のマユ辺りにやらせる予定だったのですが・・・・・
シトシンさんにあまり無茶な役をやらせられないのと、マユはちょっとイメージがずれてしまったということでこうなりました。

リディ「自分に何が出来るかわからないけど・・・・『生き抜く覚悟』だけならある。今までも、そしてこれからも!」

リディが剣を手に取ると、どこからともなく声が聞こえ、リディはカリバーンに認められ、アヴァロンの領主となりアヴァロン伯爵の称号を得た。

リディ「ほんとうにいいのかな・・・・レベル7で(汗」
タマネギ「何を言っているんですか!あなたは最強のグランドチャンピオンですよ!」

あれもコンパニオン軍団を使ったインチキだったけどな(汗

YOU「アハハハッ!なるほど、つまり君たちは全員揃って一人前というわけだ!いいね、なら私もそこに加えてもらおう。退屈せずにすみそうだ!」

ちなみにカリバーン、めちゃ強いです。
さすがにこれは常用できない(汗

とにかくアヴァロン伯爵になってしまった。

城に入れるようになったので、城内を回ってみる。

Oblivion 2011-05-27 25
城の食堂。
何故か怪しい動きをするタマネギ。

タマネギ「へへっ・・・みんなが踊りに気を取られている隙に、食い物を・・・・」
リディ「・・・・・いや、普通に食べようね?(-_-;)」
クーリィ「こそこそしなくても食べ放題ですよ~」


城主の私室。
城主用のチェストもあり、アヴァロンの装備も一式ある。
Oblivion 2011-05-27 26


謁見の間
Oblivion 2011-05-27 23

ツキカゲ「さて、領主様はこれからどうする?」
リディ「よし、冒険者ギルドに行って仕事を探そう。」
クーリィ「小さいですねっ!?」
リディ「だってレベル7だし。というかタマネギ・・・・・」
タマネギ「皆のもの、ゴブリンは嫌ですね、倒さねばならないとは思いませんか!」
リディ「お前は何でこの場面で尻向けて演説しているんだ。」

レンの戦慄の島の時もそうだったが、タマネギはこういった場面では何故か尻を向けて階下に向って演説を始める。
なんでだろうな、凄く話し好きみたいだけど。



側近「・・・・それはともかく、冒険に出るなら、伯爵がいない間はいかが致しましょう?」
リディ「・・・・・・・・・・・・」
Oblivion 2011-05-27 27
リディ「これが私の替え玉って事で。」
一同「全力でお断りします!」


Oblivion 2011-05-27 29
タマネギ「へへっ・・やった~!俺がグランドチャンピオンの代わり~♪ひっやほー♪」

調子に乗って踊り出すタマネギ。
ちなみにポーズmod使っています。

Oblivion 2011-05-27 31
タマネギ「きりっ」

Oblivion 2011-05-27 30
タマネギ「どうです?決まっているでしょ?領主様ぽいでしょ?」

その気になって剣を持ってふんぞり返るタマネギ。

リディ「調子に乗るのもいい加減にしろ!(怒」

Oblivion 2011-05-27 33
タマネギ「え?なんで?俺完璧に領主様になっていたでしょ?」

リディ「ダニール!」
ダニール「ほいさ!なんか久しぶりの出番だねっ!!」

Oblivion 2011-05-27 34 
タマネギ「ほうっ!?」

Oblivion 2011-05-27 35 
タマネギ「・・・・・・・・・・」
リディ「・・・・・ふう、馬鹿は滅んだ( -_-)フッ」
近衛兵「伯爵・・・」
リディ「なに?」
近衛兵「ちょっと、そこの牢獄まで来てもらいましょうか」
リディ「ええっ!?捕まるの、伯爵でも!?∑(゚ロ゚;)」
近衛兵「伯爵といえども、明確な犯罪行為を見過ごすわけには参りません。」

・・・・まあ、このあたりはセーブしてからやったので、なかったことになっていますが^^;

落ちがついたところで、今回は終わりです。
次回は冒険者ギルドに行く予定・・・・

※ちなみに同様の行為をここで行うと、戦闘になる場合と、両脇の近衛騎士に延々とループして話しかけられる場合があります。
戦闘になるのは、いつものことです。
ただ、ループして話しかけられてしまった場合は、一見終わらなそうに見えます。
しかし、衛兵が駆けつけてスタップされると終わります。
たぶん、近衛騎士も衛兵と同じくスタップしようとしているのでしょうけど、そのための選択肢などが存在しないためにこうなるっぽいです。強制的に会話にはいるのですが、噂話しかできません。
そして終わるとまた強制的に会話・・・・を繰り返してしまいます。
衛兵にスタップされるまでこれは続きます。
・・・・・一応CS覗いてみたのですが、どこをどうすればいいのかよくわかりませんでした(汗

しかし、こんな所でこんな事をする人は普通はいないでしょうから、ものすごくどうでもいいことかもしれません^^;

---------------------------------------------------------------------
■余ったSS
Oblivion 2011-05-27 28
偉そうにふんぞり返るタマネギ。
今回上げたssでは、他にも踊るタマネギや剣を持って立っているタマネキとかは以前に紹介したポーズMODです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/2097-0d24cde2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。