QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版オブリビオン・プレイ日記 ~エルスウェイル冒険譚(4)~

 PC版オブリビオン・プレイ日記
冒険者達(11)~エルスウェイル冒険譚(4)~
Oblivion 2011-06-09 01

Elsweyr Anequina 4回目
ハンターギルドの次の仕事は最高のシマウマの毛皮だそうだ。
ただし、そのシマウマは蛮族の王女の乗り物だとか。
ギルド長は蛮族の王女を殺せと言ってきたが・・・・

YOU「やるのかい?」
リディ「ま、とりあず情報があるというキングスウォークまで行ってみましょう。」

途中、スララバとかいうカジートが落とした魔法の指輪を探すのを手伝った。
Oblivion 2011-06-09 02
スララバ「魔法の指輪 落とした 探す 手伝って」
リディ「こんな砂漠で探すのは大変ね」
YOU「しかも砂嵐が続いていて何も見えないね。」

結局これも何も見つけられなかった。
もしかしたらアイテムを探す魔法で見つけられるのではと思ったが反応無し。
天候変更魔法で晴れにして見やすくしてみたりもしたが反応無し。

わからん・・・・

リディ「ファイヤーボール!!」
YOU「何をやっているんだい?」
リディ「いや、本当に指輪が落ちていたら、音がするかなと思って。」

これも反応無い。
結局諦めた。


キングスウォークでシマウマの情報を得て、その場所に向う途中で集落を発見。

リディ「ちっょと寄ってみましょうか」

のこのこ入っていったのが運の尽き。
容赦なく攻撃され、あっという間にパーティーが全滅してしまった。

やりなおし。

リディ「なんなのあの強さ・・・」
YOU「これは、シシワニもびっくりだね。」

今度はエンジェルを召喚して戦う。
Oblivion 2011-06-09 04 
エンジェル「はははははっ!私に任せなさい!!」

さすが、エンジェルが軸になると強い。
YOUも安心して後衛で魔法を使い敵を倒しまくる。
クーリィも死なずに生き残った。
敵の族長からは武器も手に入れた。
エンジェルで勝てるということは、シシワニほどではなかったのだろう。

タマネギ「ぜえ・・・・ぜえ・・・た・・・助けて・・グランドチャンピオン・・」
Oblivion 2011-06-09 05
リディ「死んでるのかと思ったら生きていたのか・・・」
タマネギ「も・・・もう動けません。」

スタミナを回復する呪文がなかったので、テントに連れ込んでスタミナ回復呪文を作ってから回復してやった。 
 

タマネギ「バイアズーラ!バイアズーラ!グランドちゃん鼻炎だ!」
Oblivion 2011-06-09 07
リディ「・・・・誰が鼻炎?」
タマネギ「ぜえ・・・?ぜえ・・・・?」 

ごめん、タイプミスです^^;

とにかく・・・この部族も全滅・・・と、思ったら一人だけ戦闘に参加しなかった人がいた。
スクゥーマを一心不乱に飲んでいる。

この後シマウマは容易に狩れた。
Oblivion 2011-06-09 06
コリントに戻る。

そして今度は白鹿を探せとのこと。

レーヤウィン方面に向う街道に出現するらしい。
街道を進むと、橋の上にトロールが。
Oblivion 2011-06-09 08 
YOU「橋の上のトロールとは、また基本に忠実だね。」

もう覚えていないが、子供の頃に読んだ北欧系民話とかではトロールはよく橋を塞いでいるものだったような気がする。
記憶があれですけど。

タマネギ「橋の上のタマネギのほうが基本に忠実ですよ!」
リディ「ありえない、それはありえない。」

倒すと、少し先にいた橋を塞がれて困っていた人にお礼を言われた。
橋の下にはトロールの財宝があった。

さらに進むと宿があった。
中にはいる。
Oblivion 2011-06-09 09 
猫がおかみにしばかれていた。

リディ「・・・・あれは?」
YOU「タマネギとリディか。」
リディ「違うわっ!」
クーリィ「でも似ている!」
リディ「なんでっ!?」

いや、リディはそこまで凶悪ではないですから。
それはむしろレンとかレンとかレンとか(  ̄∀ ̄)=○)゜⊿゜)ノ グハッ!?

お上に話しかけると、ちょっといろいろとあれな依頼を受けたがスルー。
白鹿の情報を求めてアラバスターという集落まで移動。
レーヤウィンとコリントの中間に位置する集落だ。
Oblivion 2011-06-09 10
門番らしきカジートに聞いてみる。

門番「白鹿?さあねぇ?狩人に聞いてみたら?」

しかし、こういう時に限って夜だった。
誰もいない。家も全て閉まっている。
朝まで待つしかない。

朝になって情報を集めると、白鹿はここから北東の山裾で目撃されたらしい。

リディ「よし、行こう。」

それにしてもエルスウェイルでは何を聞くにも情報料というか賄賂が必要になる。
リディの話術が低すぎるだけなのだろうか。

そして山の中をうろつくこと数時間・・・
Oblivion 2011-06-09 11
リディ「いた。」

問題はどうやって近づくかだ。

リディの弓では隠密攻撃でも一発では仕留められない。
魔法も貧弱。

リディ「逃げられちゃうじゃない。」

インビジブルで近づいて剣で一撃・・・・で、葬り去れればいいのだが。
だが・・・

リディ「固い!?滅茶固い!?」

隠密3倍攻撃が効かなかった。

リディ「ならば全員で総攻撃!」
YOU「おい、何か変なのが出てきたよ」
Oblivion 2011-06-09 12
先祖鹿とか出てきた。

タマネギ「あぁっ・・・」

どこかからタマネギの断末魔が聞こえてきたが、死んではないな用なので無視。
戦いが終わると、タマネギと小タマネギの姿が見えなかった。

リディ「・・・・放置しよう。」

次の依頼は人食いライオン退治だ。
情報を集めると、人食いライオンの寝蔵を教えて貰える。

「地図に印を付けておこう」と言われるが、マップを見ると何も表示されていない。

YOU「何故だ・・・・」

クエストはちゃんと選んでいるよな・・・謎だ。
しかし、ねぐらには心当たりがある。
以前入った「ライオンのねぐら」とかいうダンジョンだろう。
行ってみよう。
やはりここが当たりだった。

次は巨大サメ退治。
海に潜るので前回見せられなかった海の中のSS。
Oblivion 2011-06-09 18 Oblivion 2011-06-09 16 Oblivion 2011-06-09 15 Oblivion 2011-06-09 14 Oblivion 2011-06-09 13
様々な魚たち。
かなりいろいろいる。

Oblivion 2011-06-09 17 
そして海中にはタマネギも生えている(違

ウニもいた。
Oblivion 2011-06-09 19 
小タマネギ「ウニ!ウニ!全部持っていって後で食おうぜ!」
リディ「はいはい」

ちなみに効果が麻痺と沈黙とマジカ回復だ(笑
サメ退治根簡単に終わり、コリントに帰還。

さて、コリントのハンターギルドでの仕事はもうないようだ。
今度はオークレストのハンターギルド支部に行けと言われる。
しかし、手みやげを用意しないと駄目らしい。

リディ「どうしようか?」
YOU「怠い、めんどくさい」
クーリィ「そろそろシロディールが恋しくなってきました」
リディ「じゃ、シロディールに戻ろうか。」

というわけで、今回はエルスウェイルはここまでにします。
この他にもスルーした商人ギルドのクエストやら、盗賊ギルドやハンターギルドの続きやら、未解決のミニクエストやら、いろいろあるのですが、それはまた気が向いた時にということで。
せっかくWACとか入れているので、そろそろシロディールに戻りたくなりました。

小タマネギ「キャンプ!キャンプ!ウニ食おうぜ!!」
リディ「はいはい」

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・
~数時間後~

Oblivion 2011-06-09 20
小タマネギ「ぜえ・・・ぜえ・・・ウニ・・・ウニ・・・」
タマネギ「ぜえ・・ぜえ・・」
クーリィ「う・・・・ウニ・・・恐い・・」
リディ「・・・・・」
YOU「ん?みんなどうしたんだ?」

YOUだけ何故か平気だった。

※ちなみにエルスウェイルのウニは食べてもこうはなりません。
麻痺は敵に対しての効果のようですし。
この状況はネタとしてスタミナ減少の武器を使ってわざと作りました。
その結果・・・・

リディ→小タマネギの反射によって自らも倒れる(汗
YOU→何故なのかは知らないが、魔法が全く効かなかった。
その他→計画通り(こら

というわけで、こうなりました^^;
ちなみにリアルウニも毒があるのは棘ですし。


というわけで、今回はこれで終わりですが、次回からシロディールに戻ります。
ただ、別ゲーをやるので、ちょっとまたお休みします<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

橋とトロールの童話というと3匹のがらがらどんを思いだしますね。あれは表現がえぐかったです。
絵本なのに目玉は角で田楽刺しって・・・

  • 2011/06/11(土) 22:25:44 |
  • URL |
  • Rath #aEmTB4nk
  • [ 編集 ]

私は記憶力がアレすぎで、覚えているのが「なんとなく昔読んだ本では」程度なのですが、トロールと橋という組み合わせは、かなりいろいろな方面で使われていますね。

>3匹やぎのがらがらどん
このプレイ日記のトロルがそれを元にしていたぽいです。
橋を渡れなくて困っているのが三匹のやぎを引き連れた人なので、たぶん作った人もそれを意識して作ったのだと思われます。

  • 2011/06/12(日) 13:33:12 |
  • URL |
  • 木陰(南斗) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/2106-71e34f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。