QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祟殺し編・憑き落とし編終了

ひぐらしのなく頃に 祭
祟殺し編・憑き落とし編終了

・・・とりあえず、ホラーなレナよりもマジ切れしたレナのほうが怖かった^^;
現在の状況

第零章 暇潰し編終了
第壱章 盥回し編終了
第弐章 鬼隠し編終了
第参章 綿流し編終了
第四章 祟殺し編終了


第五章 目明し編終了
第六章 憑き落とし編終了

出やすいのは出でしまったので、この辺りから、どこで分岐するのかわからなくなってくる^^;


祟り殺し編
メイン主人公の前原圭一が、仲間で妹のような存在の北条沙都子をろくでなしの虐待クズ叔父から守るために、殺人計画を立てる話。
・・・まあ、なんというか・・・・沙都子が虐待を受けているのに、生活相談所も学校の教師も当てにならない、自分たちはなんの力もない子供だから、沙都子を保護してやることも出来ない。
そこで、圭一は沙都子を守るのが無理なら、逆に元凶のクズ叔父を排除すれば、ことは簡単・・・・と殺人計画を思いつくのだが・・・・

話はかなりややこしくなる。
確かに圭一は綿流し祭の夜に祟りになぞらえて北条鉄平を殺して埋めた。
しかし、何故かその後も鉄平は生きていて、しかも、圭一は祭当日は鉄平を殺して埋めていたから、祭に行っていないはずなのに、仲間たちは圭一と一緒に祭りに行ったという・・・・

そのうちに不思議なことがいろいろ起きて、圭一が死ねと呪った相手が次々と死んでいく。
そして最後は、こんな雛見沢なくなってしまえばいいと思ったら、有毒ガスの発生で、村は全滅してしまう。
夜の間にガスが発生したため、誰も気づく人はなく、村人たちは眠ったまま死んでしまった。
生存者は、その時河原で倒れていて村にいなかった圭一一名。

しかし、どうもこれもおかしい。
有毒ガスの発生源から計算すると、圭一が倒れていた河原は、真っ先にガスの通り道になっているはずで、そこに倒れていた圭一も死んでいるはずなのだ。
数々のホラーなネタを残して、謎のままに物語りは終わる。

ちなみに、この話では、何度かレナが本気で怒るが
ホラーなレナよりも普通におっかなかった^^;


憑き落とし編
PS2のオリジナルシナリオということですが、かなり微妙ですね。
圭一とレナメイン。
それに+して園崎詩音がメインキャラとして復活。
目明し編では復讐の鬼となって、道を踏み外し、悟史の妹の沙都子まで殺してしまい、後悔のうちに死んでいった詩音。
今回は沙都子を守るために、鉄平を殺す・・・・って、結局そっちの方向に行くのですか^^;
しかも、レナと組んでの最狂タッグ結成。

う~ん、この話はまず詩音のキャラが、ちょっと馬鹿になりすぎているかもしれない。
狂気を表現しようとしたのだろうけど、高笑いが多すぎて、馬鹿笑いにしか聞こえないというか、おばかなキャラになってしまったというか。
目明し編での凄みも、普段とのギャップもなくなってしまった。
これなら出さないほうが、詩音の物語は目明し編で綺麗に終わっていてよかったような気がする。救いはないが。
最終的には狂気に走ったレナが皆殺し状態になる。
そして逃亡中に倒れている間に、村は有毒ガスで全滅。
よくわからないのが、
・レナを追っていた連中が、やたらと発砲してきたこと(射殺目的)。
・しかも警官も撃たれていたこと
レナを追っているのは警察ではないようだ。
最後にダム工事現場跡地で、隠れ家でレナはあることに気づく。
が、そこで射殺されてしまう。

う~ん、わからない。
有毒ガスで、虫の鳴き声さえしないほど全滅した村で、何故レナが隠れ家に置いていた、あれは生きていたのか?
圭一の時も、ガスの通り道に倒れていながら、圭一は死んでいない。
ということは、有毒ガスの発生源は別にあって、レナの言う「やつら」が知らない場所にいた場合は、ガスの被害を受けずに済んだと言うことか?

とりあえず、この話で、祟りを異常に信じて怖がっていたレナも、これが祟りでないと気がついたようだ。
しかし、真相はいまいちわからないですね~
とりあえず、大石でないのは確かそうですが(笑
もっと大規模な何かですか。
あとは、古手梨花は、かなり物語の核心に近い部分まで知っている模様。
こんかいのも、また繰り返しで馬鹿馬鹿しいとか発言していましたし。
確かに、今回の憑き落とし編は、ちょっとくどかった。
特に詩音の扱いが
スポンサーサイト

コメント

「北条鉄平殺害イベント」
これは100年に数回のレアイベント、「叔父の帰宅」が発生すると連続して発生するイベントらしいです。
殺害実行者は圭一・詩音・レナ・梨花の4人。
格の違いでいえば、レナ>圭一・詩音>梨花の順。
レナは圭一や詩音よりも3手早く殺害から埋葬まで終わらせるとか。
梨花に至っては返り討ち。

・・・こうやって書いてるとランダム性豊かなゲームのようですが^^;
ある人物の目線から行くとそうなるといった感じですね。
こういった設定は他でも使われる事が多いですからね・・・。

で、後は罪滅し編と皆殺し編と澪尽し編ですね。
ここらに至ると滅茶苦茶ネタバレしまくるらしいですから、腰を据えて頑張ってください。

余談ですが、問題編と解答編はそれぞれ対になってるらしいです。
・鬼隠しと罪滅し
・綿流しと目明し
・祟殺しと皆殺し
とか。

  • 2007/06/30(土) 23:50:44 |
  • URL |
  • 国士無双 #RFphBmaY
  • [ 編集 ]

>鉄平
レナの手際のよさは半端じゃないですね^^;
圭一はだいぶもたついていましたし、詩音もこの章ではまったく冴えがありません。

ちなみにゲームそのものはほとんど一本道で、ちょっとだけ選択肢があって、多少台詞や展開が変わりますが、章分岐に関わる選択肢以外は、たいした意味はありません。

罪滅ぼし編は面白かったですよ。
怖さとかはまったくなかったですけど、笑ったらいいのか、感動したらいいのか、悩む微妙さがなんとも(笑)

  • 2007/07/01(日) 14:40:56 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #I4t1ZHtI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/217-7cbfe58d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。