QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪尽し編終了

ひぐらしのなく頃に 祭
澪尽し編終了

ついに終わった・・・・終わってしまった・・・・・
第零章 暇潰し編終了
第壱章 盥回し編終了
第弐章 鬼隠し編終了
第参章 綿流し編終了
第四章 祟殺し編終了


第五章 目明し編終了
第六章 憑落し編終了
第七章 罪滅し編終了
第八章 皆殺し編終了
最終章 澪尽し編終了


う~ん、終わってしまったのが残念になるのも久しぶりですね。
ゲームというよりは、電気紙芝居とでも言ったほうがいいくらいに選択肢は必要ないゲームですが、ストーリはボリュームたっぷり、様々な要素も入っていて、このジャンルに抵抗がない人ならば良いんじゃないかと。

最後は圭一も梨花も羽入の力を借りて人間離れした活躍をしましたが、それよりも恐ろしいのは、沙都子のトラップワールド。
・・・自衛隊から選抜された一個中隊規模の特殊部隊相手に部活メンバーだけで裏山トラップで撃退するとは恐るべし^^;
ありえないと言ってしまえばそれまでですけど、粉塵爆発とか、洒落になっていないんですけど^^;
よく死人が出なかったな。
部隊長らしき人物も、ここのトラップは外国の戦場でもおめにかかれないものだとか言ってたが、そんなハイレベルなものを一人で裏山に大量に作っていた沙都子は敵から悪魔呼ばわりされてました^^;

期待の赤坂は、普通に公安らしく情報戦を制していました。
いつも真っ先に死ぬ富竹も、ラストには登場して、しめるところは締めました。
大石や茜、その他準主要登場キャラにも見せ場があり、最終章にふさわしいシナリオだったと思います。

・・・これが何故原作ファンには評判が悪いのだろう・・・原作はもっと凄いということなのでしょうか。
というわけで、私的ランク付け(5段階)
第零章 暇潰し編・・・・・☆☆
第壱章 盥回し編・・・・・☆☆
第弐章 鬼隠し編・・・・・☆☆☆
第参章 綿流し編・・・・・☆☆☆
第四章 祟殺し編・・・・・☆☆


第五章 目明し編・・・・・☆☆☆☆
第六章 憑落し編・・・・・☆
第七章 罪滅し編・・・・・☆☆☆☆☆
第八章 皆殺し編・・・・・☆☆☆
最終章 澪尽し編・・・・・☆☆☆☆


PS2オリジナルは盥回し・憑落し・澪尽しの三つ。
このうち面白かったといえるのは最後の澪尽し編のみ。
正直盥回しは何故入れたのか意図がよくわかりませんでした。
憑落しはキャラの立て方を失敗した感じです。
最高に面白かったのが、罪滅ぼし編。
最終章の澪尽し編以外で、わざわざ専用のエンディグテーマがはいるだけあって、この物語が一つの転機になります。
最後までやって気がつきましたが、罪滅ぼし編でのレナの妄想が、微妙に当たっていたのが笑えます(笑
スポンサーサイト

コメント

別にクライマックスだけで比較している訳ではないので、クライマックスが悪いという意味ではないと思います。
原作の方がよりそれらしく終わった、という感覚はありますけど。
ただ、原作の最後は部活メンバー含め仲間が人間離れしてきたので、不満を持っている方も多いですね。
例えば魅音が部隊長に一騎討ちで勝っちゃったり、赤坂が素手で車の窓を突き破ったり。
まぁ、プレイしてない身としてはそこまで深くは語れませんけどね・・・。

  • 2007/07/07(土) 13:46:35 |
  • URL |
  • 国士無双 #RFphBmaY
  • [ 編集 ]

アマゾンレビューだといろいろ削られている部分があるとかないとか。

>人間離れ
澪尽し編では、身体能力的に人間離れしているのはいなかったですね。
圭一や梨花が銃弾かわしましたけど、それは羽入という外部の力があってこそと、一応フォローがありますし。
魅音は裏山でメンバーの指揮を採っていました。

ちなみに、本文のランク付けはあくまで作品中の比較で、作品そのものは4.5くらいで、このジャンルが嫌いでないならお勧めです。
かなり文章量が多いいので、全章制覇は大変ですけど^^;

  • 2007/07/07(土) 19:04:18 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #I4t1ZHtI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/225-95317594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。