QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめて・とらドラ!

というわけで、とらドラ!3・4まとめていきます。
一巻二巻の感想はこちらです。
一巻二巻

もともとは幻想工房オジオンさんの影響で読み始めたシリーズです。

tr03.pngt4.jpg

とらドラ3! 竹宮ゆゆこ 電撃文庫
二巻から直接話が繋がっている感じなので、一巻二巻で感じた前半部分のとっつきにくさやパワー不足は感じなかった。
ただ、かわりに一巻二巻であった終盤部分の迫力や心理描写はこの三巻では弱かったように感じた。
なんとなく、流れ的に4巻へのつなぎのようにも思えなくもないが、どうなんでしょう。

とらドラ4! 竹宮ゆゆこ 電撃文庫
前半から中盤まではいつもののり。
あくの強いキャラクターたちが、どたばたと動き回る。
しかし、この巻の後半にさしかかると、そんなキャラクター達の本音が見え隠れしてくる。
いつもどたばたを演じているキャラだけに、そのギャップがさらにキャラクターの魅力を際立たせ、強い印象を読者に与える。
この辺の手法はこの作者さんは本当にうまいと感じた。
そして、実乃梨・亜美・大河の心中は・・・・・
次巻からの展開が大いに気になる描写の数々を残して、夏休み・別荘旅行編は終わるのでした。

ところで初めてトラックバックを使ってみたんですけど、うまく行ったんでしょうか・・・・

追記
うまくいっているようです。よかった・・・・
スポンサーサイト

コメント

更新お疲れです。
3巻&4巻はセットですよね、これ。
実乃梨はやってくれた、というか竜児がさりげなく自分に気づいて欲しくって話を続けるくだりは良かったと思もいます。
てか、今回で実乃梨はかなり多くの信者を獲得できたのではないでしょうか。例えば俺とか(殴
亜美さんは まぁ、頑張れ(え

しかし、この4巻で一気にきな臭くなってきたというか。「田村くん」シリーズでは両ヒロインの直接対決は無かったわけですが、「とらドラ」では直接対決は不可避ですからね。

本音の描写が秀逸

実乃梨については、一巻ではまさに唯一まともっぽいキャラだと思っていたのですが(ちょっと変なところもありましたけど)結局、2巻3巻で他のキャラと大差ない崩れっぷりを発揮してくれました。
それでも、結局こうなるのか・・・と思っていたのですが、4巻ではその内面にもスポットが当てられ、ようやく影のヒロインぽくなってきたというか。

株は確実に上がりましたね。
亜美は相変わらずですが、この作品って普段馬鹿っぽく振舞っている人でも内心ではいろんなことを考えているっていうリアルに通じる部分が書かれているのが印象に残ります。
だから、あんなに普段馬鹿っぽい各キャラも安っぽくならないというか。
まあ、それも挫折せずに最後まで読めた人にしか通じないわけですけど。

とにかくこれで次巻以降の展開が楽しみになってきましたね。

  • 2007/01/21(日) 11:03:57 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #2fJLHROY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/24-f2eadfa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。