QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第一回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第1回

というわけで、以前から予告していたMS戦線0079リプレイを開始したいと思います。
連邦軍ストーリーモードで、あえて新ファイルを使ってまっさらな状態から苦行プレイをします^^;
最初は既にMSが集まっているデータを使おうとしたのですが、それだと甘えが出て、困ったら強い機体を使ってしまいそうなので、ここでは弱い機体しか使えない状況で四苦八苦してみようかと。
実際、最初は辛かったですからねぇ・・・・(-_-;)

キャラクター・データ及びキャラの実力の比較はこちらを参照して下さい
MSデータは登場したもののみ載せます。
ただし、正確な数値情報とかはないので、ゲーム画面のゲージから管理人が見た、おおよその評価になります。

主人公たちの所属部隊・SRT-ユニット1
モビルスーツでの支援により機動力と打撃力を併せ持つ部隊のテストケースとして編成された独立機械化混成部隊。
広域作戦を行い、ジオン掃討の為世界中を転戦していく。

キャラクター説明
主人公・アラン・アイワールド少尉
実戦経験はないものの士官学校での高成績が認められ、SRT-ユニット1の隊長に抜擢された。
しかし、今回は管理人が乗り移っているので、別人と思ってください^^;

リル・ソマーズ准尉
良家の家の出だが、純粋に実力でG4部隊のパイロット候補生を努めていた。
強気でプライドが高く、SRT-ユニット1に配属されたことにコンプレックスを持っている。

デニス・バロウ曹長
軽口の多いいプレイボーイだが、部隊をまとめるムードメーカー(そうはみえなかったけど^^;)
部隊の中で唯一、上層部からお目付け役として送り込まれた実戦経験者で、オールマイティの実力を持つ。

ホア・ブランシェット伍長
非常に高い情報分析能力を持つが、兵士としてのコミュニケーション能力に難があるため、新設されたSRT-ユニット1に配属された。
人当たりが柔らかく、多少の事では動じない。


ミッション1『月光照らす初陣』(EASY)
10月6日・シアトル
SRT-ユニット1に初任務を与える。
今回の任務地は北米シアトルの廃墟区画。
戦略的価値の低い場所だが、ジオン最大の拠点、キャリフォルニア・べースに近いこともあり、ガウ攻撃空母などを中心とした、敵部隊の移動ルートとして多数の目撃報告がある地区でもある。
同地区では、先日大きな戦闘があり、この戦いにおいて、ジオン地球方面軍司令であるガルマ・ザビの死亡が確認された。
ジオン公国総帥であるギレン・ザビは。これを士気高揚に利用し、全世界規模での追悼放送を行った。
諸君らは、モビルスーツ運用におけるデータ収集を基本とし、この廃墟区画を偵察せよ。
現在も敵部隊が展開している可能性が高いが、遭遇した場合、これを撃破せよ。


尚、このゲームはストーリーモードにはしっかりとしたストーリーがあって、この後ブリーフィングがあってキャラが会話を交わす。
戦闘中にもストーリーが展開したりするが、その辺は管理人妄想でフォローしたり無視したりします。
基本的に、隊長に管理人が憑依しちゃってるので、会話内容とかはほとんどが管理人の妄想で、例のごとくふざけまくりす(おぃ
もちろんストーリーもフォロー出来たらしていきますけど、そっちはあまり期待しないで下さい^^;



隊長「というわけで俺が隊長だ、実戦経験は無いはずなんだけど、なんとなくデジャブするのでよろしく。」
リル「・・なんなのこいつ」
ホア「隊長は、隊長であって隊長でないんですよー^^」
デニス「この部隊では実戦経験者は俺だけか。」
リル「私はオーガスタのG4部隊でテストパイロットをやっていたわ。」
デニス「そいつは期待できそうだ、公私共によろしく。」
リル「ふん、馴れ合うつもりはないわ」
ホア「私がオペレータとして、情報収集、解析、その他諸々を担当します~^^」
リル「・・・まったく、なんでこんな得体の知れない集まりに私が配属されたのよ」
隊長「一番得体の知れないのはもちろん私だ。」
リル「自分で言うなっ!!」

ホア「では、出撃準備をお願いします。」

このゲームの楽しみの一つがこの出撃準備。
MSは数や武装が揃ってくると、結構いろいろな組み合わせが出来て楽しい。
ジムでも武装次第では、いろいろな戦いが出来る。

隊長「初期のCOSTは180か・・・」

出撃にはCOSTというものがかかり、これを超えた編成は行えない。
これはゲームを進めていくと増えていく。

デニス「とりあえず、最初に選べるのは陸戦型ジムのみだ。武装は100mmマシンガンかロケットランチャだな。」
隊長「よし、俺はスナイプショットでザクをゲットしたいのでロケットランチャー装備でいく。デニスとリルは使い勝手のいいマシンガンで出撃だ。」
リル「なんでよ、私もスナイプショットくらい・・・・」
隊長「射撃D・リロードD・精度Cが何か?」
リル「うっ・・・^^;」

編成
全機・陸戦型ジム
隊長機装備ロケットランチャ
リル・デニスは100mmマシンガン

機体データ
陸戦型ジム・コスト55
(データの数値はゲーム画面を見ての目分量で、正確なものではありません。)
格闘50
防御力40
スラスター45
機動性45

副兵装1
ハンド・グレネイド(使い勝手はいまいち)

シールド有・ビーム兵器対応・片添武器対応・両手武器対応(シールドはなくなる)
一機制限無し

武器データ
100mmマシンガン・コスト0
威力5・射程距離30・リロード50・弾数500
実弾ダイプ・片手武器

ロケットランチャー・コスト25
威力30・射程距離30・リロード70
実弾タイプ・肩添武器・爆風による範囲ダメージあり

*陸戦型ジムはジムよりも全体的に性能がやや上であり、初期の機体としては汎用性もあり使いやすい機体である。
100mmはコスト0なのが魅力。
そして連射が出来るので、命中させるのも容易であるし、当たり続ければバズーカ系の武器よりもダメージを早く与えることも可能。
しかし、これでスナイプモードに入ると、弾がかなりばらけで飛んでいるのがわかる。
頭に照準しても弾はばらばらに飛んでいて、照準の中央にはなかなかあたらない。
連射も効き、コストも安くダメージを蓄積しやすい武器だが、精度はないので狙撃には向かない(あたりまえか)
ロケットランチャーは一撃の威力と爆風による範囲ダメージがあるのが魅力。
弾数が多くはないが、チャンスがあったら積極的に連射すべし。
自分が食らえば分かるが、バズーカ系の連射を食らうと恐ろしいことになる^^;
決して狙撃用の武器ではないが、一応弾はまっすぐ飛んでいくので、狙撃用武器がない間は、これを使ってもいい。


隊長「うん?・・・出撃出来ないぞ?」
ホア「隊長~、コストが190になってしまっています^^」
リル「ばか?こんな簡単な計算も出来ないの?」
隊長「・・・いいさ、なら私も100mmで出る。武器は戦場で拾ってやる!!ユニット1・出撃!!」
デニス「なんか貧乏くさくてわびしいな(-_-;)」

というわけで戦闘開始。

リル「あれ?隊長のジムが蒼い・・・・?」
デニス「まさか・・蒼い死神か?(時系列的にあれだが)」
隊長「ああ、このゲームはMSのカラーを自由に変えられるので、気分だけ蒼く塗装してみた。」
リル「・・・・アホ?」
隊長「そういうリルのジムは赤いな」
デニス「ははぁ・・・赤い彗星か」
リル「こっ・・・これはっ、単に敵味方を目視で見分けやすいようにっ!!」
隊長「ザクとジムは見間違えようがないだろう」
リル「うっ・・・そういうことにしておいてあげるわ(汗」

そしてデニスのジムは金ぴかに輝いていた。

デニス「俺はスナイパーだからな。」
隊長「スナイパーって、目立っちゃ駄目だろ?」
リル「なにこのネタ集団(-_-;)」
ホア「リルさんも仲間ですよ~^^」
リル「いやだあぁぁーーーっ(つД`)」

ホア「ミデアから一時の方向に敵影1・3時の方向に敵影2確認しました。」
隊長「よし、まずは北上してから回り込み、一機を確実にしとめる。」
デニス「各個撃破か」
リル「ふーん、意外にまともじゃない。」
ホア「ところで皆さん、ここがガルマ・ザビの死んだ場所だって知ってました~?」
隊長「らしいな、木馬が隠れていたドームもあるし。」
リル「なんで、あんたそんなこと知ってるのよ!?」
ホア「・・・あ、とか言っている間に、敵が合流しちゃいました~^^」
隊長「・・・・」
リル「・・・・」
デニス「・・・・」

作戦は裏目に出た。
回り込んで確実に一機をしとめて数の優位を確保するはずが、もたもたしている間に敵が合流してしまった。

ホア「考えてみたら、こちらのレーダーに映っているということは、敵にもこちらが丸見えなんですよね~^^」
隊長「それを先に言ってくれーーー!」
リル「・・・アホだ、やっぱりアホだ。」

隊長「Vフォーメーション!デニスとリルは前へ、私は後方からフォローする!!」
デニス「隊長、敵がまた分かれたぜ。」
隊長「よし、ミデアの方向に向かっている二機からしとめる。」

敵の姿が見えてきた。
ザク二機。
一機はバズーカ装備だ。
スラスター全開で急接近。

隊長「キサマァ!そのバズーカをよこせぇぇぇぇっ!!」
敵兵1「なにっ!?強盗MSだと!?」

いきなり格闘に持ち込み、隊長一機撃破。

デニス「いい腕だ、実戦が初めてとは思えないな、フォーメーションは無視だが。」

何故か隊長が前線に出ていた。
もう一機もあっさりと格闘で隊長が撃破。

敵兵2「馬鹿な・・連邦にMSが・・・!?」
リル「・・・・う、やるじゃない。」

そしてさっきの敵が落としたザク・バズーカを拾う。
残り一機にスナイプショットを試みる。
しかし、よく考えたら、スナイプショットで敵を鹵獲出来るのは二周目からだった。

隊長「意味ないじゃん!」
デニス「まあ、それでも当てやすくなるし、スナイプショットで倒せればボーナスつくし。」
敵兵3「くそう、聞いてないぞ、連邦にMSがあるなんて!」

とりあえず、3対1の戦いは、袋叩きにあったザクが一方的に負けて終わり。

ホア「隊長、上空にガウ攻撃空母を確認しました。ガウから敵MSが降下してきます。注意してください。」
リル「よし、まずはガウを落とすのよ!」
デニス「無視しろ。」
リル「なんでよ!?ガウの攻撃力は侮れないわ、上空から爆撃を受けたら・・・!!」
ホア「大丈夫ですよ~。このミノフスキー濃度では、敵も上空からでは、味方機が残っているかどうかも確認できないはずです。味方がどこにいるかもわからないのに、爆撃はしませんよ~。」
デニス「そういうこと。俺たちはMSの殲滅に専念すればいい、OK?」
リル「うっ・・・わかってるじゃない。ちょっと貴方たちを試しただけよ(汗」

負け惜しみがばればれだった。

隊長「うおっ!?」
ホア「隊長機、ダメージが大きくなっています!」

いきなり隊長が降下してきたザクに背後から格闘でやられる
さらに敵か味方かわからないが、マシンガンの弾丸が当たりまくる。
しかしすぐに反撃、これを逆に格闘でしとめる。

隊長「ザク程度では話にならんな!!」

陸戦型ジム強し。
隊長の能力値の補正もあるのだろうけど。
さらにリルと戦っているザクにバズーカを連射。

リル「うっ!?背中に被弾!?」
隊長「あっ、ごめん、いきなり動くから・・・・」
リル「あとで殺すから(^_^メ)」

デニス、リルのジムの100mmが残った一機にダメージを与える。
隊長機もこれにダメージを与えつつ、クリア。
もう二機ザクがいたはずなのだが、誰かがしとめたらしい。

ちなみにランクはAだった。

リル「・・・なんなのこの部隊。背中から味方には撃たれるわ、フォーメーションは無視して隊長が飛び出すわ、もう最悪(-_-;)」
ホア「まあまあリルさん、おいしいお菓子が用意してありますから~^^」
リル「私は子供かっ!?」

ミッション終了。

ちなみに、この戦いでザクバズーカとザクマシンガンを拾った。
しかし、一回の戦いで得られるのは一種類のみなので、ここはザクバズーカを取る。
ザクバズーカのいいところは、威力はちょっと低いが、そのぶんコストが安く、弾数が多いい所である。

ホア「初陣。ごくろう様でした~^^」
デニス「結局隊長は4機撃破か。」
ホア「敵は最初の3機と、ガウから降下してきた4機でしたよ~。」
隊長「あとは誰が倒したのかいまいちわからないんだよな。」
ホア「乱戦でしたからね~^^」
リル「ええ、おかげで背中に味方のバズーカを食らったわ(怒」
隊長「Vフォーメーションは味方二機が前で戦うので、どうしても誤射しやすくなる。味方の動きに注意を払って撃たなければ、今回のように味方に当ててしまうので気をつけることだ。」
リル「お前がいうなーーーっ!!(怒」
デニス「┐( -"-)┌ヤレヤレ」

--------------------------------------------------------------
さすがにもう何回もプレイしているので、難易度の低いこのミッションは楽勝でした。
ネタに走らなければ、ランクSも出せたでしょう。
このミッションは戦いに慣れるための軽いミッションですから、特に難しいこともないんですけどね。

次回に続く
スポンサーサイト

コメント

0079リプ、乙です。

>デニス「そいつは期待できそうだ、公私共によろしく。」
曹長、セクハラですよ!? (゚□゚;)

 0079リプレイ、とうとう始まりましたね。
 幸か不幸か、連邦でもジオンでも主役となる部隊の編成や人員構成はほぼ同一なので、キャラ的には感情移入しやすいと思うのですが、どうでしょう?

 他の機体の武器を拾って使えるシステムは、たしか『アーマード・コア』にもありましたね。でも、たとえばザクでビーム兵器を使用することはできるのでしょうか?

 今後の木陰隊長(憑依)のご活躍をお祈りしております。

  • 2007/08/05(日) 18:15:11 |
  • URL |
  • 黒耀竜 #L.zFf.1o
  • [ 編集 ]

>黒耀竜さん
いつもありがとうございます。
今回のストーリーモードはなかなかに良く出来ていて、戦記と比べれば雲泥の差です。
キャラについては人によって賛否両論ですが、私的には無難かつ扱いやすいのでOKですね。

ちなみに、ザクはビーム兵器は使えません。
モビルスーツデータにはそれぞれビーム兵器や両手武器、片手武器、肩添え武器などの項目があって、そこに可否が設定されています。
ジオンでは、ビーム兵器を使えるのはゲルググとかくらいではないでしょうか。
水陸両用機は固定武器なので使えないですしねぇ・・・・
ただ、無くてもさほど困らなかったですけど。
というのも、削るならマシンガンが結構いいので、あとはジオンは状況によってMSを乗り分ければなんとかなります。
というか、あの多彩なMSがジオンの魅力なので^^;

  • 2007/08/05(日) 19:00:04 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

余談ですが、デニスのあの台詞は、ゲーム中のものです^^;

あと、リルのキャラ紹介で、准尉准将と間違えて記載してしまっていました。
・・・准将って、いつのまにそんなに出世したんでしょう^^;

  • 2007/08/05(日) 19:04:07 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

更新お疲れです。
なかなか良さそうな感じですね~

しかし、このリプレイだと陸ジムは格闘戦に強い印象を受けますね・・・ 連邦は火力型のMSが多い印象ですが、陸ジムは格闘担当ですかね?
それとも、ザクが弱すぎるだけなのでしょうか?
ちょっと気になったりしています

>オジオンさん
いつもありがとうございます。
今日時間があったら、ちょっとこのゲームの戦闘の特長について書こうと思ったんですけど、ただいま帰宅だったので書けませんでした。
後日詳しく書きますけど、陸戦型ジムに限らず格闘はかなり強めです。
ただ、後半ミッションになると敵MSも硬いのが増えますし、パイロットも強くなるので、それだとクリアは出来ても、高ランクを狙うのが難しくなります。

今回は、ザクよりは陸戦型ジムがやや強めだったのと、最初のミッションということで相手のパイロットも新兵並の思考だったので弱かったのだと思います。
ザクでも微妙に倒しにくい奴もいますから^^;

ザクの強さはたぶん無印ジムと同じくらいではないでしょうか。
詳しいデータがないので感覚的なものですが。

  • 2007/08/06(月) 22:34:14 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/264-0dcb6b78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。