QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第6回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第6回
第一回第二回第三回第四回第五回
番外編・敵が武器を落とす法則は?

ラサ基地
ジオン極東方面軍の拠点の一つであるラサ基地に対し、コジマ大隊が大規模な包囲攻撃を計画している。
山岳要塞攻略の要となるのは、市街地に配置される量産型ガンタンクの砲撃部隊である。
ガンタンクの超距離砲撃と、航空部隊による爆撃によって、強固な要塞表面を破砕し、基地機能を奪う。
格MS部隊は、市街広域に配置されたガンタンク隊の護衛に分散してあたってもらう。
敵機動部隊による襲撃が考えられるが、なんとしてでもガンタンクを守りきるのだ。
ユニット1は、2つの区画内のガンタンクの護衛任務に就け。
部隊の分散などに関してはアイワールド小隊長に一任する。
では、健闘を祈る!


ホア「市街地には人はいません、ビルなどの遮蔽物をうまく使って戦ってください。」
デニス「行動が制限されるフィールドでは、戦車でも結構な脅威になるな。」
リル「モビルスーツは機動性が売りなのに、それが生かせないなら、ただの大きな的だもんね。」
隊長「よし、ここでガンタンクの出番だな。」
デニス「・・・・隊長?」
隊長「敵は自由に動き回れない。こちらは長射程、破壊力抜群のキャノン装備。量産型ガンタンクはガンタンクで守る。」
リル「・・・なにげに気に入ったのね。ガンタンク・・・・」
隊長「敵は広域に分散している。こちらの担当区域だと二手に分かれてなければフォロー出来ない。デニスとリル、俺一人に分かれてガンタンクを護衛する。」
デニス「俺が単独でもいいが・・・・」
隊長「大丈夫、さっきの練習ではうまくいったから。」
リル「・・・また意味不明な(-_-;)」


ミッション6-B『震える山、死の光』

ちなみにこのミッションに出てくる量産型ガンタンクはガンタンクに比べるとあらゆる意味で性能が低いうえにパイロットも不慣れなので弱い。
接近を許すと簡単にやられてしまう。

隊長「つまり、その前に片をつけろということだ。」
ホア「各機、配置に就きました。作戦開始です。」

今回は隊長機の単独ミッション。
量産型ガンタンクは2機がそれぞれ両翼に展開。
その中間地点に補給コンテナと隊長のガンタンクがいる。
敵もザクが二手に分かれて量産型ガンタンクを狙って来るが、うかつにこちらから近づいていくと、要塞の砲撃に曝されてしまう。
まずは左翼のザクに平行移動で正面に回る。
そしてスナイプモードに入ってヘッドショットを狙う。

隊長「うわ・・・ビルとか橋とかが邪魔だ・・・」

遮蔽物に隠れてしまって、思うように攻撃できない。
やっと出てきたと思ったら、既にドアップ状態。
とりあえず、頭を狙って撃つ。
狙いは外れてザクの右腕が吹っ飛ぶ。

敵兵「なんだこれは!?戦車か!?」
隊長「戦車ではない、重戦車だ!!」

意味不明だった。
とりあえず、続けざまのもう一発で、ザク撃破。

その間に、右翼のザクが反対側の量産型ガンタンクに接近。

隊長「させるか!」

敵のザクは量産型ガンタンクの激しい抵抗を受けて後退しながらマシンガンを放っていた。
そこに、隊長機のキャノンが命中。
しかし、ほぼ同時に量産型ガンタンクのキャノンも命中。
ザクは跡形もなく吹っ飛んだが、どっちが倒したのかよくわからなかった。

ホア「敵の新手です。」

ドムが二機右翼から接近。

デニス「こう遮蔽物が多くては、ドムもその性能を生かせないな。」

これに三度ヘッドショットを試みるが、失敗。
しかし、大ダメージは与えているので、ボップミサイルの連射でしとめる。
その間に、もう一機のドムは左翼の量産型ガンタンクにとりついた。

隊長「誰だよ、遮蔽物が多いいとドムも性能が生かせないとかほざいてた奴は。」
デニス「・・・・・(-_-;)」

とにかく急いでスナイプモード。
そしてその視界に、味方の機体の姿が映る。

隊長「どこの部隊だ・・・?」
シロー「こちら08小隊。援護する!」

なにかわからないが助かった。
すかさずザクめがけてキャノンを放つ。
隊長のガンタンクの両肩から放たれた砲弾は、綺麗にザクとシローの陸戦型ガンダムに命中。
ザクは大破し、ガンダムは転んでいた。

隊長「・・・・ね、狙ったわけじゃないぞ!ほんとだぞ(汗」
ホア「敵の新手です。」

さらに右翼から二機の敵が。
これもドムだ。

隊長「シロー、邪魔だ!」

シローとドムが戦っているため、ドムが絶えず動き回っていて、さすがにこちらのヘッドショットが当たらない。
結局一機はキャノンとボップミサイルで、もう一機はシローとの協力で倒す結果となった。

ジオン兵「連邦め、これくらいで勝てると思うなよ!」

ホア「隊長、また新手です!」

今度は反対方向から、結構な数のマゼラアタックとザクが数機。

隊長「オデッサからの残存部隊か?ホア、ここの区画の味方部隊を退去させてくれ。」
ホア「了解。護衛任務を終了し、敵部隊の迎撃に切り替えます。」
隊長「08小隊のシローは量産型ガンタンクを誘導してくれ。」

シローはガンタンクを連れて撤退。
これで本格的に隊長一人になった。
とりあえず、敵が近づいてくるまでに補給。
弾薬と、被弾した機体を修理する。

ホア「隊長・・敵がどんどん増えてるんですけど。」

レーダーを確認すると、10体ほどの敵に包囲されていた。
もっとも、ほとんどがマゼラアタックだろうけど。

隊長「では、軽く料理するか。」

武器を4連装ボップミサイルにして、マゼラアタックをどんどん排除。
近づいてきたザクをヘッドショットで沈める。
何か隊長機ぽかった。

ジオン兵「ひいいっ!?お兄ちゃん!?」
隊長「・・・?(-_-;)」
ホア「・・・また、あの人でしょうか?」
隊長「気のせいだろう。」

残ったもう一機のザクもキャノンで転ばせてから、起き上がってきたところをヘッドショットで破壊。
さらに反転して、マゼラアタックを撃破。
しかし、ここで油断した。

隊長「よし、残るはマゼラアタックのみ・・・・」

いきなり、バズーカの連射を食らう。

隊長「しまった、もう一機いたのか!?」
ホア「隊長!?その機体はもう持ちません!!」

迂闊にも、バズーカをまとめて食らってしまった。
隊長機の耐久は残りわずかになった。
しかし、これをなんとかキャノンでのヘッドショットで排除。

さらにもう一機ザクがいた。
ヒートホークを抜いて急接近してくる。
かなりまずい、接近されたら確実に死ねる。

隊長「冷静になれ、キャノンで吹き飛ばせば勝ちだ。」

ガンタンクのキャノンが火を吹く。
画面いっぱいドアップで広がるザクの姿。
ヘッドショット狙いではないので、ただど真ん中に撃つだけでいい。
敵をふっ飛ばせばいいだけなのだ。
しかし、普段ならはずしようのない至近での一撃は、何故かザクの頭上を超えた・・・・

隊長「うわわわぁっ!?俺の馬鹿ぁ!!!?」

ザクのヒートホークが振り下ろされた。

隊長死亡。


-----------------------------------------------------------------
リル「・・・敵の数を間違えるなんて馬鹿?」
隊長「おかしいな、何度もプレイしているミッションだし、練習では楽勝だったのに・・・(-_-;)」
デニス「何度もプレイしたうえに、事前に練習までしていて、敵の数を間違えるのがよくわからないんだが(-_-;)」
ホア「まあまあ、隊長は天然なだけですから^^」

とりあえず、もう一回リトライ。
今度はちゃんと敵の数を間違えずに、確実に倒していって、ランクSでクリア。

ちなみにこの戦いでMMPマシンガンとGバズ(ドム)を取得。
ここは使えそうなGバズを選択。

ホア「陸戦型ガンダムが使用可能になりました。
量産型ガンタンクが使用可能になりました。」
隊長「ああ、やっと出てきたんだガンダム・・・・」
ホア「次は量産型ガンタンクで・・・・^^」
隊長「お願いします、もう勘弁してください _| ̄|○ 」

ちなみにこのミッション、最初にプレイしたときは、なんて難しいミッションなんだろうと思いました。
なにしろ、量産型ガンタンクがすぐに撃破されることされること^^;
敵に接近しての格闘等で倒そうとしても、その間に片方はやられてしまいます。
一方でも残っていればゲームオーバーではありませんが、この調子で、ドムが出てくるとすぐに全滅してました。
実はこのミッションは一周目で高性能な機体や強力な武器がない場合、ガンタンクが意外に相性がよかったりします。
敵にあまり接近せず、キャノンでのヘッドショットで敵を倒し、後半出てくるマゼラアタックはボップミサイルで一掃出来ます。
強力な長距離射撃さえ出来れば移動速度を要求されないミッションなので、短時間でかたをつけるには意外にガンタンクの火力は侮れません。
ていうか、こんなミッションで死ぬとは私も思っていませんでした(汗

ホア「敵の数は間違えないで下さいね^^」
リル「そんなの隊長くらいしかいないから(-_-;)」
隊長「・・・il|li _| ̄|○ il|li」

次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

>>「震える山」
これは、確かMS08小隊のサブタイトルにもありましたよな?
ノリスが次々と量産型ガンタンクを撃破していたあのエピソードをモチーフにしているんでしょうか。

>>ガンタンク強し
起動の余地がない戦場では火力と装甲の厚さがものを言いますね。「vs」シリーズでも、ゾックの火力と撃たれ強さには辟易させられた記憶が(^^;)

>震える山
はい、これは80小隊が元ネタだと思います。
というのも、ジオン側では逆にこの場所でガンタンクを撃破するミッションがちゃんとあり、ノリスも出てきます。

>ガンタンク
せめて接近されたときに格闘で跳ね返すだげても出来れば、あの火力は使えるんですけどね。

>ゾック
強いですよ戦記に比べると移動しながら撃てなくなったので、使いづらくなりましたけど。

  • 2007/08/19(日) 19:16:15 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/283-c0e82a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。