QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第7回

機動戦士ガンダムMS戦線0079・リプレイ第7回
第一回第二回第三回第四回第五回第六回
番外編・敵が武器を落とす法則は?


緊急任務だ
重要物資を積載したミデア輸送機が、エリア526の渓谷で消息を絶った。
この渓谷は、ジオン極東方面軍が、射爆場として使用していた場所だ。
問題のミデアは、ラサ基地への包囲攻撃に合わせれば、ここを安全に通過できると考えたようだ。
まだ、この遭難が敵の手によるものなのかは分からないが、積載された荷を敵にくれてやるわけにもいかない。
最悪のケースを想定し、ユニット1は渓谷内を索敵。
ミデアを発見せよ。
もし、敵部隊と遭遇した際は、ミデアの防衛を最優先とし、敵を掃討せよ。
では、健闘を祈る!

デニス「そういえば、あの後ラサ基地は陥落したそうだな。」
リル「何か、敵の新兵器が出てきたとか聞いたけど。」
ホア「はい。我軍もかなりの被害を出したようです。」
デニス「そういや、あの08小隊の隊長も行方不明だとか。」
隊長「・・・じゃ、量産型ガンタンクで出るね(-_-;)」
ホア「・・・隊長?^^;」


ミッション7-B『霧の中の死闘』

デニス「それにしても、こんな無茶してまで輸送しようとしたってことは、よほど重要な物資が積んであったのか?」
リル「新型のMSとかかな?」
ホア「その辺は、機密ですから。」
隊長「霧が濃いな・・・レーダーも当てにならない・・・今の俺の気持ちにぴったりだよ・・」
リル「うわ・・・」
隊長「んじゃ、デニスは陸戦型ジム+ザクマシンガン後期で、リルは陸戦型ガンダム+ビームライフル(陸戦型)で、俺は量産型ガンタンクで出るから。」
ホア「隊長、今回の任務は機動力が重要ですから・・・^^;」
隊長「俺にはこの最低コスト機がお似合いなんだ・・・(-_-;)」
リル「いいじゃない、私が陸戦型ガンダムで出るんだから、隊長が量産型ガンタンクでも楽勝よ。」
デニス「ま・・・なんとかなるか┐( -"-)┌」

量産型ガンタンク・コスト40
格闘攻撃力・無し
防御力・40
スラスター・40
機動力・35

副兵装1
120mm低反動キャノン砲(ガンタンクのものより弱い感じがする)

シールド以下、全て不可
一機制限・無し

固定武装
4連装ガンランチャー・コスト0
射撃威力2 射程距離25 リロード55 弾数900
実弾・換装不可

陸戦型ガンダム・コスト95
格闘攻撃力65
防御力50~55(よくわからない)
スラスター70
機動性65

副兵装
胸部バルカン(戦車や空を飛んでいる相手に当てやすい。削りにも結構使える)

シールド・有 ビーム兵器・可
肩添え武器・可 両手武器・可
一機制限・無し

ビームライフル(陸戦型ガンダム系)コスト30
射撃威力50 射程距離45 リロード85 弾数25
ビーム兵器・片手武器

(数字はゲーム画面のゲージから目分量で判断したもので、正確なものではありません)

今回はこの編成でぴったりコスト235。
量産型ガンタンクは、前回使用したガンタンクよりも遥かに火力で劣っている上に基本性能も低いので、うっかり集中砲火を受けると、あっけなく死んでしまう。
陸戦型ガンダムは、エースパイロットモード等でガンダム系の機体を手に入れない限りは、一周目では連邦側の最上位機体になる。
この後もジムコマンドやガンキャノン量産型やジムスナイパーⅡ等が出てくる可能性があるが、総合性能では陸戦型ガンダムには及ばない。
陸戦型ガンダム用のビームライフルは、ガンダムの物に比べれば威力が低いが、弾速も速く、威力もそこそこにある。
一応、陸戦型ガンダムがあれば、最終ミッションまでクリアすることは可能である。

隊長「じゃ・・・逝ってくるね(-_-;)」
デニス「逝くなよ^^;」

戦場は霧が深く視界が利かない。
しかもレーダー(全体マップ)にも敵の姿が映らない。
自機の降下位置は何度かやってみたが、マップの上か中央付近か、下のほうか、ランダムできまるっぽい。
一応、攻略本開いてみたら、やはりそうだったようだ。
今回はマップ上のほうに降下。
ミデアの位置はマップ中央付近の崖を上ったあたりにある凹地形の部分。
とりあえず、Vフォーメーションにして、そこに急ぐ。

リル「うわ・・・隊長遅い。」
デニス「量産型ガンタンクだからな・・・」
ホア「敵の偵察機、ルッグンを確認。」
デニス「敵も探し物があるらしいな・・・・・」
ホア「ルッグンは見つけ次第撃墜して下さい。敵の目を潰しましょう。」

一応、追いかけながら4連装ガンランチャーを撃ってみる。
何発か当たったようだが、逃げられた。

リル「隊長が遅すぎて追いつけないわ(-_-;)」
デニス「量産型ガンタンクだからな・・・」

ルッグンを見失った辺りで、右の崖を二回ぐらい上る。
昇った先にドムが待ち構えていた。

リル「なっ!?」

ドムのバズーカがリルの陸戦型ガンダムにヒット。
ドムはそのままリル機を狙っている。

隊長「させるかよバーカ( ̄▽ ̄)」

いきなりスナイプモードでヘッドショット。
ちょっと弾速がガンタンクよりも遅い気がしないでもないが、一撃で命中。
ドムは大破した。

デニス「お、復活した?」
隊長「やってやる・・ガンダムが無くたって・・・!」
デニス「いや、元々ガンダムはなかったから(-_-;)」

そのままミデアのある場所に直行。
・・・場所知ってると、このミッションは楽だ^^;

ホア「ミデアを確認、防衛目標に設定します。」
隊長「フォーメーション、散開!」

フォーメーションを散開にすると、その場で隊長機を中心に、前後に味方機が展開して、その場から動かなくなる。
防衛目標を守りたい場合、隊長機に僚機がついてきて、いつのまにか現れた敵に背後の防衛目標がやられてた、なんてことにならないためには、時々使う。

リル「時々・・・?」
隊長「臨機応変にな。特に俺は量産型ガンタンクだから、単独行動は死亡フラグだし。」
ホア「隊長、敵部隊です!」
隊長「相変わらずレーダーに反応なしか!」

適当にロックオンボタンを押してみる。
背後の崖から飛び降りてくるザクに照準が移動した。
すかさずスナイプモード。
しかし、リル機とデニス機も入り乱れての乱戦。
いまいちうまく当たらなかった。
しかも、リル機はザクの格闘をもろに食らってしまう。

隊長「おいおい、格闘だけが取り得の上に、陸戦型ガンダムだぜ?(-_-;)」

デニス機が格闘でザクを退ける。
しかし、ザクも粘り強く応戦。

隊長機のヘッドシッョトが決まらないため、戦いが微妙に長引く。

隊長「ヘッドショットは諦めよう。」

ガンランチャー連射。
しかし、これが丁度割り込んできたデニス機の背中に当たる。

ホア「デニス機損傷!」
デニス「おいおい(-_-;)」
リル「このぉー!!」

ようやく、リルの陸戦型ガンダムが格闘でとどめを刺した。

隊長「たかがザク一機にてこずったな・・・」
ホア「隊長機、損傷が拡大しています!」
隊長「・・・・えーと、どっかからマシンガンとかで撃たれてるかな?」

マシンガンとかで撃たれると、微妙にわかりにくい。
探すと、少し坂を下ったあたりにザクがいた。

リルとデニスが既に銃弾の雨を降らせているが、地形を利用しているのか、なかなか当たらない。

敵兵「そんな攻撃が当たるものか!」
隊長「さようなら。」

スナイプモードからのキャノンの一撃。
既に敵はだいぶ耐久が減っていたので、無理にヘッドショットは狙わず、ど真ん中にぶち込む。
ザクは吹っ飛んで大破した。
などとやっている間に、背後からもザクが出現。

デニス「交互に背後から現れるとは、面倒な連中だな。」
隊長「最初のドム以外はザクばかり。楽勝だ!」

ヘッドショットを狙う。
しかし、これは頭部を破壊はしたが、どうやら失敗したらしい。
そのまガンランチャーでとどめを刺す。
デニス、リルの攻撃も食らってはザク一機ではどうにもならない。

デニス「挟撃は悪くないが、戦力を分散しすぎたな。」
リル「もうちょっと、まとまって来られたら、結構苦戦したかもね。敵の腕も悪くは無かったし。」
隊長「崖の下に敵機確認。ザクとドムか。」

デニスとリルが降りていってしまう。

ホア「デニス機の損傷が拡大しています!」
隊長「ミデアの護衛をがらあきにしたくないのだが・・・仕方ない。」

隊長機も降りて、まず瀕死だったザクにガンランチャーを食らわせる。
その後、デニス機の格闘でザク撃破。
そのまま振り返るとドムがこっちにバズーカを向けていたのでキャノンで吹っ飛ばす。
これが頭部に命中。
起き上がってきたドムは頭がなかった。
デニスとリルの攻撃もドムに集中し、トドメにもう一発キャノンを食らわせて、ドム撃破。

ホア「周囲に敵の反応はありません。皆さん、任務達成です。ご苦労様でした。」
隊長「んじゃ、ユニット1撤収!」

ちなみにこのミッション、隊長がもたもたしすぎた上に、ルッグンも逃し、ヘッドショットもほとんど決まらなかったのでて、ランクはDだった。

隊長「あ・・・やっぱり逝ってくる(-_-;)」
デニス「やめとけ。」

この戦いでMMPマシンガンを取得した。

-----------------------------------------------------------
というわけで、隊長の腕が悪すぎたのか、量産型ガンタンクという選択が無茶だったのか、ランクDでした。
腕のいい人になると量産型ガンタンクでもこのくらいのミッションならこなすんでしょうけど、とりあえず、ルッグンに弾があたりませんでした。
あとは、ヘッドショットについては、ガンタンクのキャノンより弾速が遅い気がしました。
ただ、出来ないレベルでもないと思うので、単にまた、私の腕のムラがでてしまったというところでしょう(笑
スポンサーサイト

コメント

何か、隊長が妙に躁鬱気味になってきましたね(-_-;)

そのうち、
 デニス「ドクター、ドクター!」
 ホア「早く軍医を呼んで!」
とかにならないか、少し心配です(お

>>量産型ガンタンク
破壊力そのものは充分な様ですから、ひょっとしたら「おそい弾速でも頭部狙撃できる」とかいう職人さんたちにとっては不可能事ではなかったりするのでしょうか?

なんというか、現在ネタ切れ気味の私の心情がそのまま出てしまったというか^^;

>量産型ガンタンク
ガンランチャーはちょっと使い物になりません。
まるでバルカンをヒートしやすくしたようなものです。
キャノンはそこそこ使えますが、弾速、威力ともに落ちている気がします。
直撃したときの敵のダメージを見ても、たぶん落ちています。
ただ、ヘッドシッョト狙いなら、充分な破壊力があると思います。

>職人さん
基本的に彼らは量産型ガンタンクだけでもランクSを狙うような猛者ですから^^;
ガンタンクのキャノンは狙撃に向いているほうなので、あの程度なら楽勝なのでは^^;

  • 2007/08/19(日) 19:22:52 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/284-6b32d217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。