QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Elder Scrolls Ⅳ オブリビオン プレイ日記第二回

The Elder Scrolls Ⅳ オブリビオン プレイ日記第二回

前回は魚類に勝利して元漁師の依頼を達成したところまで。



戦利品を売りさばくためいったんワールドマップから町に(ノ゚▽゚)ノ ワー--プ!★*゚*♪ ……*パッ!
戻って売りさばいて壊れた剣と防具の修理。
そしてスケルトン召還呪文を購入。
軽量化の呪文も欲しかったが、何故か売っていなかった。
※よく見たら自分で既に買っていました^^;
あれがあると戦利品をたくさん持てるので助かるのだがなぁ・・・

ちなみに俺はここで町中に放置されている麦やら布やらを片っ端から漁り拝借した。
言っておくが、これは盗品にはならないものだけを選んでいる。
売れるものは全部売ってしまい。

そしてまたウェインまでワープして、てくてくと走ってクロウヘイヴン目指す。
一人は寂しいので、召還呪文の練習かわりに、スケルトンを召還しながらの旅だ。
てくてくと俺の後をついてくるスケルトン。
・・・・スケルトンすぐ消えちゃうんだけどな。

そして遺跡のようなものがあるあたりで、突然インプが襲いかかってきた。
すぐさまスケルトン召還。
これで敵がスケルトンに注意を奪われているうちに・・・・
と思ったら、敵も二匹だった。
一匹はスケルトンと戦闘。
しょうがないのでこちらは炎の呪文でインプを倒す。
もう一匹はスケルトンちゃんが見事に倒していた。
・・・・強いじゃん!!
「ぐもー」だか「ごもー」だかよくわからない唸り声をあけでてくてくとこちらに近づいてくるスケルトン。
きっと「やりましたぜ、ご主人様!」とか言っているに違いない。
なんかちょっと可愛いぞ、褒めてあげよう。
と、思ったら制限時間が来て消えてしまった。

なかなか使える奴だった。

途中グリーンミント洞窟という場所を発見。
好奇心で入ってみる。
明かりの呪文を唱えるが、やはり松明ほど明るくはないな。
※ぶっちゃけオプションで画面硬度を調節すれば明るくなるんですけど、それじゃ面白くないですしねぇ(笑

というわけで、暗視の呪文を使ってみる。
おお、こいつはよく見える。
でもいまいち持続時間が短い。
・・・ここは松明を使うか。

洞窟内はインプの巣だった。
スケさんとともにインプを倒して、洞窟内にあった金目のものを強奪。
そして外に出る。
一対一ならスケさんはインプよりも強いので頼りになる相棒だ。
やはり哺乳類よりも骨類か。

再び外を歩くと、今度はグレイロック洞窟というものを発見。
さっそく入ってみる。
・・・キャーーーー>*0*<キャアアッ
いきなり人骨の山がっ∑(; ̄□ ̄
入ってすぐに今の自分じゃ危なそうなので引き返した。

インペリアルシティを出て何日かたった。
今度は廃れた採鉱跡を発見。
その入り口前ではゴブリンが数匹野営していた。

妖精類め、爬虫類と骨類に勝てると思うなよ。
ゴブリン三体のうち二体をスケさんが倒し、俺は一匹倒したのみ。
連戦に次ぐ連戦で武器と防具の消耗が心配だったが、スケさんに接近戦をさせていたためか、意外とまだもちそうだ。

採鉱跡ということもあるが、なんといってもゴブリンが宝をため込んでいる可能性がある。
ここは強奪しなければ。

入ってすぐにゴブリンの集団に襲われる。
スケさんを召還するも、敵がやたらと堅い。
危ないところだったが、なんとかスケさんとともに敵を4匹ほど倒す。
倒れた敵は生意気にも鋼鉄の盾とか、鋼鉄の斧とか持っていた。
手強いわけだ。
鋼鉄の盾は湖で魚類と戦った時に錆びたまま使っていた盾よりも防御力が高かったのでもらったおくことにした。

そしてこのまま進むのは危険な気がしたので、いったんインペリアルシティに
(ノ゚▽゚)ノ ワー--プ!★*゚*♪ ……*パッ!
戦利品を売りさばいて、装備と呪文を買ってくることにする。
氷弾とスキャンプ召還の呪文を買っておいた。

気がつけばレベル3。
そのわりには余り強くなった気がしない。
やはりトカゲの魔法戦士は間違っていたか。
むしろ魔法戦死


・・・とにかく坑道を奥に進んでいく。
途中のゴブリンは新たな召還モンスター・スキャンプで対応。
スケさんの半分くらいしか出ている時間がないが敵が遠くにいても炎の魔法で攻撃してくれるので、結構使える。
採鉱跡はやはり宝の山だった。
鉱石やゴブリンの宝を奪って、さらにゴブリンシャーマンの持っていた雷撃の杖がとんでもなく高価な品で7760G。
しかも使えば111回は雷撃を放てる。

奥まで探索して油断していたら帰り道にも襲われた。
こいつら沸いて出てくるのね。
と、思ったら、まだ行っていないところがあってそこから来た模様。
見落とした脇道からもう一つの広間へ。
そこにもゴブリンがわらわらといた。
さすがに数が多い上に妙に装備がいいのでスケさんと共に戦っても苦戦する。
ここでもゴブリンシャーマンを倒し、また雷撃の杖を手に入れた。
すげえ、大収穫だ。

というわけで、また町に売りさばきに行こう。
・・・というか、まだ目的地まで三分の一も進んでいないな。
次回に続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/554-2b4856c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。