QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Elder Scrolls Ⅳ オブリビオン プレイ日記第四回

The Elder Scrolls Ⅳ オブリビオン プレイ日記第四回

・・・・あれ?
そういえばマーティンを山賊の野営地に置き去りにしてきてしまったような?(-_-;)


既に闘技場と暗殺ギルドに身を置く身としては、これ以上ややこしいのはごめんなので、盗賊ギルドの件は保留にしておく。

まずは任務からこなしてみよう。
目標は帝都の波止場に泊まっている海賊船・マリー・エレナ号の船長ガストン・トゥソー。

よし、ここにも巡回中の衛兵はいるな。
なら作戦が使える。
ついでに、この波止場地区のダレロスの広場で盗賊ギルドの人と落ち合うことになっているが、こっちは保留。

衛兵が近くにいるのを確認。
→海賊船に近づく。
→海賊が襲いかかってくる。
→それを見た衛兵が俺を助けに来て海賊と戦闘に。
→俺はゴースト召還して衛兵に加勢。
→海賊三人死亡。

→さらに船長室に侵入。
→船長が攻撃をしかけてきたところを、逃げる。
→そして船長に襲われて逃げている俺を見て衛兵が船長を攻撃。
→俺はゴースト召還して防御に専念。
→船長死亡。

・・・・よし、計画通り正当防衛成立。
※どっかで誰かがやっていたのを参考にしましたけどね(汗
しかしこれ、暗殺とは言えないというか、謀殺?^^;

この前まで俺を濡れ衣で追い回していた哺乳類どもも、結構使えるな。
・・・どんどん腹黒いキャラにっ(つД`)

しかしここでまた罠が。
戦利品を売りさばこうと町にワープしたら、この前服役して没収されたはずの盗品扱いのあの馬が待っていた(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
なんでだよ・・・没収されたんじゃないのか・・・
その前に死んだはずだろ?
マーカ確認、間違いなく白。
・・・念のため、衛兵に話しかけてみる。
普通の反応で特に罪人扱いはされない。

まずセーブ。
そして乗って降りてみてから衛兵に話しかける。
普通の反応だ。
特に罪人扱いはされない。
・・・・わけわかりません?
キャラのステータス確認
馬所有数0
盗んだ馬数0
・・・・もう意味不明です。
この馬は亡霊と思って無視しよう。
また罪人にされたらたまらない。
・・・既に大罪人だけど。

ちなみに行く先々でクヴァッチの英雄の話でもちきりだった。
虚しい。

そろそろどっかの野営地に置き去りにしてきたマーティンをどうにかしよう。
まだ律儀に野営地で待っていた。
俺が服役している間も、ずっとここで待っていたのか(笑
せっかくなので修道院まで運んでやることにする。

しかしマーティン強いなぁ・・・死なれちゃ困るからだろうけど、基本気絶はしても死なないので連れていると不死身の仲間がいるようなものだしなぁ・・・

そうだ、マーティンを連れてクロイヘイヴンに行けば万事解決だ!(待て
というわけで、予定変更して強いマーティンと共にクロイヘイヴンへ。
そして以前やられたハイイロオオカミ二匹が出てくる入り口付近へ。

オオカミが向かってきたら自分は後退。
先生、出番です!
マーティン、この二匹をあっさりと撃破。
強い・・・・って死体を調べたらただのオオカミになっている?
どういうことだ。
今度は本物のハイイロオオカミが出てきたが、これもあっさりと撃破。
よし、マーティンがいれば怖い物はない!
というか、こいつに護衛なんかいらないだろう(笑
中は吸血鬼の巣窟。
しかし、本当にマーティンがいなかったら確実に死んでた。
俺後ろから魔法使ってるだけだし。
例のマグロからもらった鍵で奥に侵入。

そしてどうやらグロ・マグロの親と思われるロヴィディカス卿の日記を発見。
もう何もなさそうなのでクロイヘイヴンを後にする。
ついでにまだ馬がついてきていたので、試しに乗ってみた。
所有馬数ゼロ
盗んだ馬数ゼロ
これはやはり変化無し。
しかし、何故かマーカーは白。
普通に乗れる。
試しにこれで衛兵の前まで行ってみよう。
丁度巡回中の帝都兵がいたので話しかけてみる。
・・・・問題なし。

まあ、馬はいらない。
スキップで鍛えよう。
というわけで、帝都の闘技場へ。
向かう途中で以前はスルーした鉱山や洞窟を攻略。
マーティンがいれば上級の召還獣がいるようなものだ。
・・・このさい勝てば手段はどうでもいいのだ。
そもそも強くなるのが目的のゲームではなく、自己責任で出来ることは何をしてもいいのがこのゲームだ(たぶん

俺の先にあるものはマーティンが倒した敵の屍のみ。
せっかく武器を弓に変えたのにまったく使う機会がなかったりする。

アラゴニアンは元々射手や盗賊向きの種族なため知力や腕力が低い。

魔力も低いので魔法戦士として成長させるのはかなり大変だったりする。
実際最近はこちらの攻撃が魔法も剣も通用しないことが多くなってきた。
そこで、弓でも使ってみようかと。

しばらくマーティン連れて彷徨う。
そしてたっぷり戦利品を獲てから闘技場へ、グロ・マグロに日記を渡す。
お礼に何か教えてもらったが、ステータス上がったのだろうか?
とりあえずマーティンをコロールに置いて自分は再びアジトに帰還。
そういえば以前同族の達磨ダ・ルマが誰かの様子がおかしいと言っていたので調べることに。
で、様子がおかしいレイナルドと思われていた人物は、実は生き別れの双子兄弟ギルバート・ジェイメンだった。
俺が気まぐれで話しかけたことがきっかけで生き別れの兄弟は再会を果たした。
で、兄弟の再会を見にコロールに行ったら、今度はダ・ルマが行方不明。

さらにギルバートからは自分たち兄弟が昔済んでいた家をオーガから取り戻してくれと頼まれる。
・・・では、まとめてかたづけるためにマーティン連れて行くか。
特にダ・ルマは俺を邪険にしなかったし、同族なので全力で助けよう。
しかしマーティン便利なNPCだな。
このまま暗殺ギルドまで連れて行って奴らを皆殺しにしてしまおうか(笑


その前に、この辺で装備や戦闘方針を変更。
PS3の裏技?
魔法で召還した武器や防具が制限時間が消えても使えるようになる技を使う。
魔法で召還した武具は重さが0の上に防御力や攻撃力も上位クラスなため非常に使える。
ただ、普通は制限時間が来ると消滅してしまう。
しかし、その前に消耗してそれ修理して捨てると、制限時間が来ても消えない。
あとはそれを拾うと普通に装備できるようになる。
とっても美味しい技だ。
これで鎧と籠手とグリーヴとブーツを製造。

強力な防御態勢を整えた。
ちなみに最近気づいたが、魔法はやはり防具類をつけていると効果が落ちるらしい。
ということは、魔法戦士は戦士メインで魔法は補助程度に考えたほうがいいのか・・・
そして武器を剣や弓からやはり魔法で召還した斧に。
打撃系武器はメインスキルではないが、ぶっちゃけこのゲームメインスキルが上がるとレベルアップし、それに合わせて豪華な戦利品が手に入るようになる。
戦利品が豪華=敵の装備も豪華
なので、敵も強くなってしまう。
こちらはメインスキルによく使う幻惑系の魔法と治療系の魔法が入っているため、戦闘系スキルがあまり上昇しないうちにどんどんレベルアップしてしまって、結果的に敵が強すぎて歯が立たない状態になっていた。
そこで、メインスキルに関係ない打撃系武器を鍛えまくってレベルアップせずに戦闘力だけを上げようという作戦。
しかしこれ、あとでレベル上げたくなった時に苦労しそうだが(苦笑)

というわけで、亡霊を召還しまくってそれを攻撃して戦闘訓練。
これに数日費やした。


以下次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

いや~とてもおもしろいです。
これこそ私のやりたかった理想のゲームです。
Wiiに移植しないだろうか、PS3と360は先行きがちょっと…
グラフィックは私はps2でも十分満足なので。
読めば読むほどやりたくなります。

  • 2008/02/02(土) 09:20:06 |
  • URL |
  • 黒犬 #-
  • [ 編集 ]

たぶんwiiへの移植はないと思います。
元々日本語版が出るまでもかなりかかったようですし、ゲームの処理もあのクラスぐらいのマシンでないと難しいようです。

ちなみに、自由度が高い分ときどき整合性が取れない謎のバグ(?)が出るようですが、それを差し引いても余りあるほどに面白いです。
基本、何をしてもいいですから。
悪い事すればペナルティはありますけどね。
ただ、何をしたらいいのか分からない人には逆に辛いでしょうからユーザーをかなり選ぶでしょうね。

  • 2008/02/02(土) 11:52:43 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/558-df15b1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。