QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Elder Scrolls Ⅳ オブリビオン プレイ日記 第七回

The Elder Scrolls Ⅳ オブリビオン プレイ日記 第七回

さて今回は暗殺ギルドの任務に戻る。
目標のサッチ砦はクロイヘイヴンよりもさらに奥地にある。
・・こんなところの砦って何に使うんだよ(-_-;)

熱狂的なファンを連れてサッチ砦に到着(おい
さすがに中には連れて行けないので(足手まとい)外で待たせておく。
以前オブリビオンの門の中で手に入れた印石を使って指輪に気力上昇7pのエンチャント。
他にも今まで手に入れたアイテムなどで気力が上昇しているので完全に透明化の呪文が連用できる。
透明化の制限時間が来る前にマジカが全快する上に余裕もあるので他のちょっとした魔法を使っても大丈夫。
というわけで、薬すり替えるくらいの任務は楽勝でクリア。

・・・次の任務は・・・・
うわー、館の中にいる人間全員の暗殺。
しかも確実に一人ずつ、他の人間には見られないようにか・・・・

というわけで、スキングラードのサミットミスト邸に。
ようするに、この館のどこかに館の鍵があるって、それを見つけた者がこの館を手にすることが出来る・・・というお膳立てかな?
もちろん全ては仕組まれた罠だが。
館内部に入るといきなり他の参加者に話しかけられる。
屋敷内はかなり広いので、一人で部屋に入ったところを狙って姿を消して隠密で近づいて気づかれないうちに一撃で仕留める。

そして早速犯人は誰だ?状態に突入。
・・・・てかさあ、こんな鎧姿の完全武装の参加者が一番怪しいだろ(笑
雰囲気出すために、普通の服に着替えるか。

みんな集まってしまって機会が少なくなったが、隙を見つけて一人ずつ。
意外に簡単に任務終了。
そして帰ろうとしたら・・・
グラアシアの死体がまだ路上に放置されていた(-_-;)

片づけないのかよ衛兵。

またまた報酬と能力値上昇の特典。

次。
いよいよ帝都の衛兵を取り仕切るフィリダの暗殺か。
この組織も目の敵にされているみたいだし・・・・・
いっそたれ込んで滅ぼしてもらった方が世のためだとは思うが(笑

フィリダは最近隠居してレヤウィンにいるらしい。
で、フィリダを一撃で殺せる特殊な矢をもらった。
鎧には効かないが、鎧さえ脱いでいる時なら確実に殺せると。
もっとも、殺す手段はなんでもいいわけだが、どうせなら完璧を狙いたい。
・・・って、もはや完全な暗殺者に(つД`)

しかし、殺すだけでは駄目で、わざわざフィリダを殺した証拠を帝都の獄舎の執務室の机の中にいれなければならないと・・・・

面倒な。
とにかく熱狂的なファンを引き連れて目的地に(え
しかし、途中で山賊に会い、とっさに透明化したら、ファンだけ見つかって追いかけられていた。
俺はもちろん透明化して逃げたので無問題。
ファン・・・・無事に逃げられただろうか・・・・
いや、助けようとはしたんですけど、逃げ足が速くって(汗
あ、戻ってきた。

・・・・で、今度は熊に追いかけられてるし(汗
ま、いいか。
レヤヴィンに到着。
ここの監視塔だったな。
目標発見。
つけていると、突然鎧を脱いで池の中に入っていった。
絶好のチャンスぽいが、護衛が見ているから難しい。
角度を変えて誰も見ていない所に移動して例の矢で狙撃。
成功。
そして証拠を盗って今度は帝都にか・・・
それにしても・・・護衛もあっさりと引き上げるな^^;

いろいろ鍵を持っているようだが、持って行くとろくなことになりそうにないので、必要なものだけもらっていく。

・・・・あれ?
何故か俺に賞金が40ほどかけられている。
誰にも見つかっていないと思ったのになぁ・・・

やりなおし。
別の機会を狙おう。
結局水泳中には護衛がずっと見張っていて駄目だった。
そこで今度は監視塔の中に潜入。

深夜になると、ようやくフィリダは寝た。
護衛も去った。
ただ監視塔の部屋なので、他の兵士がまだ三人起きてて、迂闊なことが出来ない。
結局一晩姿を消して張り込んだが駄目だった。
その後もずっと尾行していたがチャンスはなし。
賞金額は40だから、最初の方法で暗殺して、指は取り上げられないようにどっかに置いて、それから捕まって罰金払(罰金は賞金額と同じ額)えばOKか。
それにしても、ここには俺なんか簡単に殺せる衛兵がうじゃうじゃいるのに、なんでオブビリオンの門一つも閉鎖できないんだ。

で、帝都だ。
夜に執務室まで侵入、中は無人なのでそして証拠を机に入れて姿を消して脱出。
任務遂行。

しかし、このシシスのバラという矢は回収してきたが、これって他の相手にも効くのかな?
とりあえずセーブしてから、オチーヴァの顔に打ち込んでみよう(おい

・・・駄目だったというかメチャクチャ怒って攻撃してきた(汗

というわけでロード。

今度の任務は、この組織よりさらに上からの直々の指令。
というわけで、まずは指示通りにシェイデンハルの北東にあるファラガット要塞に向かう。

で、ここは侵入者を攻撃するシステムがあるそうで。
招かれてもこれをくぐり抜けなければ失格だそうだ。

中にいる敵はまともに戦ったら俺じゃ絶対に勝てないくらい強い。
そこで、

1.姿を消して背後に回り込む
2.隠密状態で不意打ち(6倍ダメージ)
3.すぐに離脱して姿を消す
4.また1~3の繰り返し

透明化の呪文が連用可能なので、こんな戦い方が出来る。
もはや負ける気がしない。

・・・・それでも不意打ち六倍ダメージなのになかなか倒れないとは・・・
俺が非力なのか。

しかし根気よく繰り返せば倒せる。
・・・・これ一対一ならまず負けないな。

この方法でガーディアンは全て倒し、ルシエンの元へ。

ああ、この人最初に野営地で声をかけてきた人か。

どうやら俺の所属しているシェイデンハルの組織で内通者がいるらしいと。
全然こいつに忠誠を誓うつもりはないというか、むしろその内通者と協力して・・・とか考えたが、まずは従っているふりでもしておこう。

話を聞いてみると、おいおい浄化の儀式って・・・・
一人裏切り者がいるかもしれないからって全員皆殺しですか?
気に入らないな・・・・
こいつここで殺せないかな?
試してみる。
姿を消す戦法で戦ってみたが・・・殺したと思ったら気絶しただけで生き返った。
マーティンと同じ不死身属性か・・・
しかも殺されそうになったことなどまったく気にしていもいない。
仕方がない。
まずは聖域に戻ろう。

シェイデンハルに戻ったら、熊に追いかけられて行方不明になっていた熱心なファンが待っていた。
・・・・こいつも不死身か(汗


とりあえずここから先は連れて行けないので待たせておく。
仕方ないのでまずはあの吸血鬼から始末する。
次はオチーヴァ
次はアントワネッタ
次はツンデレ魔術師
次はテイナーヴァ
次は巨漢の戦士
あと誰だったか一人

これで全員始末した。
しょせん暗殺組織無くなったほうが世のため人のため。
・・・・俺がいうなよ(汗
ルシエンに報告に行く。

そして『奪いし者』の称号を得て
今後は上位組織からの命令で動くことに・・・

ついでに最高の不死身の馬シャドウメアをもらえた。
ああ、これであのまだら馬の呪い(バグ)から解放される。
というか、元々衛兵に追われて行き場を無くしたのもあのまだら馬の呪いのせいだから、もう暗殺組織にも義理はないか。
それ以上に働いた気はする。
よし、もう暗殺なんてやめよう。
今後はこの透明化の力を利用して、立派な怪盗として身を立てよう(おい
そういえば、以前盗賊ギルドから誘いがあったっけな。
行ってみるか・・・・・・
次回に続く。

ちなみに現在のアラゴン
・レベル17
・クヴァッチの英雄
・闘技場のグランド・チャンピオン
・闇の一党の『奪いし者』
・コロールの町では構人気者(なんでもほいほい引き受けてたからなぁ・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/564-9ff45208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。