QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム無双・ハマーンオリジナルモードリプレイ

ガンダム無双・ハマーンオリジナルモードリプレイ

ちなみにいつものとおり台詞とかやりとりに管理人の妄想が入ってます。
長くやるつもりもないので、特にカテゴリも作りません。
一応、ハマーンのモードだけはやる予定でいます。


既にオフィシャルモードクリアしているので
現在のハマーンはレベル13
ニュータイプ

装備スキル
ショックウェーブ(sp攻撃時周囲に衝撃波を発生)
パイロットセンス(パイロットポイント獲得値上昇)
デルタドライブ(C3攻撃強化、でもキュベレイだと使いどころがない)
リーダーシップ(自軍全体の戦闘力が上がる。地味に便利)

装備パーツ
高出力ジェネレーター格闘10 射撃10(2番目の人)
高出力ジェネレーター格闘15 射撃15(3番目の人)
高機動スラスター 格闘10 防御10(2番目の人)
(特殊効果・パワーダウン率上昇・攻撃した敵がパワーダウンしやすくなる。)
組み合わせによるボーナス
格闘+60
射撃+50
防御+35

・・・既にかなり強力になっています(汗
難易度はEASY
・・・このゲームをそれ以外でやる気は・・・ちょっと(汗


設定
なんでも時空を超えて小惑星が現れたらしい。
それがだんだん起動を変えて地球に接近しつつあるので、各時代の英雄達が各々調査に赴いたらしい。
ちなみに手を組んでいるとか、連携をとっているということではなく、各自思い思いにって感じです。

ミッション1
小惑星帯

ハマーン「はぐれた部隊との連絡は取れんのか」
グレミー「通信は途絶えたままです。」
ハマーン「この不快感・・・あの星からか?それともあの敵の中か?」

そこにZガンダム発見。

カミーユ「あれは、ハマーンのグワダン!俺一人でどうにかなるのか?」

・・・・カミーユなら切れればどうにか出来そうな気がする。

ハマーン「止まれ、まさかこんな所まで我々を追ってきたわけではあるまい?」
カミーユ「あんたの存在そのものがうっとおしい(それはジュドー)ただの偶然だ、戦う気はない!」
ハマーン「さしずめ味方とはぐれたというところだろう。我々も同じだ。この宙域の敵を片づけてあの星へ入ろうと思っていたが戦力が不足してな。手を組まんか、カミーユ・ビダン。」
カミーユ「あんたの存在そのものがうっとおしい(だから違)貴様の敵は僕の味方になるとは思わないのか?」
ハマーン「そうとは限らんと思うがな。我々の敵となると言うのであれば、この場で貴様を排除するまでだ。」
カミーユ「そういうところがうっとおしい(まだ続くのか)わかった、ここでは協力する。僕もあの星に入らなくちゃならないからな。」
ハマーン「賢明な判断だな、カミーユ、よろしく頼む。」

多少はしょってるが、こんなに簡単に手を組むのかこの二人が(汗

ハマーン「・・・・グレミー、Zに気を許すな。」
グレミー「はっ、ハマーン様!(私に気を許すなよ( ̄ー ̄)ニヤリ)」
ハマーン「手駒は多いいほうがいい、お前もそう思わんか。」
グレミー「お戯れを・・・(ああ、本当にうっとおしい)」
ハマーン「キュベレイ、出るぞ。」

----------------------------------------------
                味方拠点宙域

サブルームB  Aフィールド
       
       Bフィールド   メインルーム

      Cフィールド
Dフィールド

サブルームA  Eフィールド   Fフィールド
 
                 戦艦ドック


---------------------------------------------

初期配置
味方拠点宙域にグワダン
ハマーンがサブルームB
グレミーは左下の宙域
カミーユは戦艦ドック

既にキュベレイが強化パーツでかなり強くなっているのでサブルームBでの雑魚戦は楽勝。
ここはすぐに制圧。
ちなみにキュベレイは二刀流なため敵の中に飛び込むとすぐにSPゲージが溜まる。

それにしても敵の数が凄い。
いつでも最終決戦状態だ。


ハマーン「なんだ?この感覚は?」

ハマーンはそのままサブルームBから南下してCフィールドに向かう。
ここでファンネルで雑魚を一掃するイベントシーンがある。
・・・まあ、実際は全然減ってくれないですけど。

そして敵モビルスーツ隊が突然登場。
情報を確認するとAフィールドとメインルームの右となりに新しいフィールドが出来てそこに敵がわんさか現れてグワダンを狙っている。
さらにサブルームAにはドモンと表示されている。
さらに戦艦ドックとサブルームBのゲートが閉鎖された。
これではハマーンはグワダンに直行できない。
カミーユも身動きが取れない。

ハマーン「グレミー隊はグワダンの防衛に当たれ。」

・・グレミーって左下だよ。
間に合うのか。
やるしかない。
ハマーンのキュベレイでCフィールドを簡単に制圧。

ハマーン「このキュベレイを見くびってもらっては困るな。」

実際、雑魚など敵ではない。
・・・・群がって近寄ってくるだけで滅多に攻撃もしてこないし(え


グレミー「あの少年が現れ、私の部隊がグワダンに向かう・・・・さすがに油断したかハマーン。やはり私は神に愛されている。」

やっぱり裏切るのかおまえ(汗

早くグワダンに行きたいが、宙域にはいろいろ障害物があって直行は出来ない。
道を捜しながら、左側に出来ていたDフィールドを制圧。

サブルームBに向かったら、入り口が開いていたので入ると、Aフィールド側に抜けるゲートもあった。
そこからグワダンに向かおうとしたら・・・

グレミー「機は熟したようだな・・・グワダンは私が接収する!」

待て、お前まだ左端にいただろう!?

Aフィールドは制圧したが、そこからはグワダンに行けなかった。

何か「サブルームAを制圧してグワダンに迎え」とか出ている。
・・・そっちから回り込まなきゃ行けないのか・・

サブルームAにはどこから入れるんだ!?
いろいろ探すが見つからない。
ええい、なんて見分けにくい。

なんとかDフィールド側から入れる場所を発見。
突入。

ドモン登場。

ドモン「お前の相手は俺だ!」

・・・しかも強化仕様か。
面倒な。

ハマーン「面倒というよりは暑苦しいぞ。」

ゴッドガンダム相手に接近戦は辛い。
距離を取って射撃とファンネルのSP攻撃を使い分ける。

敵が接近してきたらダッシュで反対側に駆け抜け、そのまま敵の群れに飛び込み斬りつけてSPゲージを溜めて反転してゴッドガンダムにSPのファンネル攻撃。
これを繰り返してさらに近づこうとするゴッドガンダムに射撃の連射。

これで倒したが、時間がかかった。

グレミー「別働隊、ハマーンを追え。私はグワダンに向かう。」

別働隊がハマーンを攻撃するために戦艦ドックのゲートを開ける。

カミーユ「あんなところを開けるなんて、油断したな!」

これでカミーユが自由に動ける。
ちなみに既にカミーユは100機撃破している。
ハマーンは300機。


戦艦ドックを抜けて右側の宙域へ。

プル「あれー?グレミーが味方になってる?よし、私も頑張る!」

頑張るな。
というか、お前も敵かっ!


カミーユ「なんだ、この感覚は?ハマーンじゃない!?」

そいつはある意味ハマーンよりもうっとおしい(おい

しかも強化仕様だ。
早くグワダンにいかなければならないのに。

まず、雑魚に切り込みSP攻撃でプルのキュベレイにダメージを与える。
その後接近戦でボコボコに殴り、鍔迫り合いが生じて攻撃力が上がったところで連続格闘からSPファンネルで大ダメージを与える。

基本プルがファンネル(SP)を使おうとしたら急速後退して躱すのだが、たまに遅れてダメージを受ける。
結果、結構ダメージを受けてしまったが、プルを撃破。

ハマーン「その程度の腕で私を倒そうとは愚劣だな。」

いや、結構ボロボロなんですけど?
ええ、私の腕のせいで。


グワダンが苦戦している。

ハマーン「何をしている対空砲で蹴散らせ!!」

いや、百機単位の敵がいたら無理ですよハマーン様。

途中のフィールドは無視してグワダンに急行。

グレミー「ハマーン・カーン。世界を手に入れようなどと言う野心は身を滅ぼす元だよ。」
ハマーン「世界だと?ついに正体を現したか、グレミー・トト。」

ちなみにグレミーは強化仕様ではないのでハマーンなら楽勝だが、丁度耐久がレッドゾーンだったので、SP強が撃てるので遠慮無く連発した。
耐久が少なくてもやられる気か全然しない。

ハマーン「恥を知れ、俗物がっ!!」

グレミーあっけなく撃破。

ミリアルド「よくぞ戦線を立て直したものだな。崩すのは少々ためらわれるが。」

今度はミリアルドがメインルームに出現。

ここからはグワダンが安全ならいいので急ぎではない。
グワダンの安全確保のために周囲の宙域を制圧していく。

この時ハマーンの撃墜数は700機を超えていた。
こうなったらガンダムOOもびっくりの1000機撃破目指そう。


ハマーン「この私の力見くびってもらっては困る。」

あっさりと達成。

ミリアルドのいるメインルームに行く前に1100機以上撃破した。
ちなみにカミーユは500機。
・・・どんだけの敵がいたんだ(汗

そしてメインルームへ。

ミリアルド「この戦いに私欲を持ち込むのなら見逃せぬ。」
ハマーン「私欲とはな・・・見くびられては困る。」

困ってばかりだな。
ちょっと地球にしがみつく馬鹿どもを抹殺するだけなのに(え


ミリアルドも強化仕様だが、カミーユも一緒に戦っているので今度は楽。
敵がZに気を取られている時は射撃から接近戦まで自由。
そして鍔迫り合いが発生したら、その直後の一時的な攻撃力上昇を狙って一気にたたみかける。
敵がSPを発動しそうになったら、急速後退。
そしてまたカミーユが・・・(以下繰り返し)

そしてミリアルドも撃破。

ハマーン「これからあの星に降りる。ついてきてくれるな、カミーユ。」
カミーユ「あんたの存在そのものがうっとおしい。いいだろう。だがまだあんたを信用した訳じゃない。グワダンを置いていくのが条件だ。」
ハマーン「決まりだな。だが投降してきた者は部下として使わせてもらう。グレミーの穴埋めもしなければならぬしな・・・」


ミッション終了。

・・・・まあカミーユとハマーンが手を組むという状況が既にあれですが(汗
さすがにこのミッションは敵もまだ強くないので楽勝でしたが・・・・
あっさり1000機撃破出来るところがどんだけの敵がいたのかと(汗
スポンサーサイト

コメント

カミーユとハマーン様、夢のタッグ!!

いや、本編(ニュータイプ同士の共鳴で、カミーユがそういった主旨の独り言を呟いています。ちなみに、その時にカミーユは女性キャラがいろいろと出てくるのですが、ハマーン様はシャア一人のみという一途さが良い)見ている限りでは出会い方さえ違っていれば、カミーユがハマーンと共闘していても不思議ではないと思います。
ただ、シャアは当初こそハマーンの理解者で、アクシズ内の政争でも彼女を擁護する立場をとっていましたが後には激しく嫌悪していることから、やはりかなり自己中心的な性格だろうというのは予測できますが・・・ 自己中ということではシャアもカミーユも大家ですから(え~

気になるのは、グレミーの乗機でしょうか。
ひょっとして、バウとかだったりはしませんよね(^^;

  • 2008/03/31(月) 01:10:24 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

Z本編も中途半端にしか記憶がないので、ハマーンがらみの部分が実はあまり記憶がなかったりします。

ちなみに、何編だったか、ハマーンはシャアにも「存在そのものがうっとおしい」と言われてました^^;

グレミーの乗機
バウです^^;
情報画面では字が潰れて読めなかったですけど、機体映像はバウで間違いないと思います。
グレミー自身は敵としても全然強くないです^^;

  • 2008/03/31(月) 21:37:18 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/633-fbf2ac58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。