QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ6!

とらドラ6! 竹宮ゆゆこ 電撃文庫
今作は面白かったですね。
to6.png

文化祭後の話。
前回のレビューで書いたとおり、もう読む気がなくなっていたのですけど、何故かまた読んでしまいました^^;
結果、これは面白かったです。

この物語に出てくるキャラたちの特徴は、ギャグマンガの登場人物のようにあくの強いキャラである。
反面、物語中盤以降からはキャラたちの本音や影の部分がちらほらと現れ、後半で一気にそれを吐き出す。
これが単に馬鹿が馬鹿騒ぎをしているだけではなく、キャラにも物語にも深みを与えている。

今回の話もほぼ同様の手法。
文化祭後に気の抜けたように無気力状態になる主人公の友人で生徒会副会長の北村だが、実は気が抜けたわけではなかった。
突然ぐれてみたり、家出をしてみたりと、普段の彼からは想像持つかない行動を取る。

全てお見通しのように達観している亜美や、友人の変化に気がつかなかったこと、そして今も救ってやることが出来ない自分を不甲斐なく思う竜児。

そして、表紙にもなっている「兄貴」こと完璧超人の生徒会長狩野すみれ。
その他、お馴染みの実乃梨たち、みんなそれぞれに人には明かしていない何かを心に抱えている。
そんなキャラのちょっとした心理描写が随所にタイミング良く入っていて、今回は馬鹿騒ぎが続く中でも、飽きずに最後まで読ませてくれた。
それにしても・・・・・実乃梨も謎だが、亜美も謎だ。
いや、亜美の方はなんとなくわかりますけど。
一番分かりやすいのは大河と竜児です(笑
スポンサーサイト

コメント

そういや、すっかり放置していましたね(^^;

5巻がそこそこ楽しめたクチなので、安心して読めそうです。今月の新刊にあわせて6巻も購入するとしましょう。

  • 2008/04/08(火) 01:30:07 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

そういえば既に7巻が出ているようです。
私も放置が長かったので、この前読んだばかりなのにもう新刊が^^;

  • 2008/04/08(火) 21:01:51 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/638-adcd561f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。