QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム ターゲット・イン・サイト リプレイ第五回

機動戦士ガンダム ターゲット・イン・サイト リプレイ第五回
第一回/第二回/第三回/第四回
隊長「次のミッションはなんだ?」

防衛部隊殲滅(10/31迄)
連邦軍に奪われた海軍基地を取り戻すため、周辺地域を制圧する。
密林の敵を排除せよ。

隊長「・・・・結局奪われたのかよ(-_-;)」
クラウス「現在は10/26日。グフのカスタマイズも兼ねて31日まで訓練でもしてるか。」

グフはこの時点では最強の機体。
そして、ジオン軍では数少ない盾持ちの機体でもある。
しかし、射撃武器がフィンガーバルカンのみというのが痛い。
カスタマイズするとマシンガンも装備可能になるので、バルカンと併せて撃てば強力な攻撃力を得ることが出来る。

グフ 
装甲■■■
パワー■■■■■
ロック距離
スピード■■■■■
旋回■■■■
ブースト■■■■


グフで先の市街地戦のシミュレーションをやる。
圧倒的な攻撃力と機動力。
とにかく今までのザクやアッガイとは比べものにならない性能だ。
ジムだろうとガンタンクだろうと、接近してヒート剣で切れば余裕で倒せる。


隊長「なるほど、ラル大尉が『ザクとは違うのだよ』と言いたくなるわけだ。」

10月30日
訓練を続けていると、ザクⅡS型が配備可能になったと報せが来た。

クラウス「どうする?」
隊長「パス」

ザクⅡS型は機体性能は確かに良いが、盾はなく、武装は基本的にザクである。
わざわざグフより高い金を払って入れるほどの機体ではない。

隊長「予定より早いが、ここで作戦に入る。」

この間に、新たに11/2迄の任務が発生している。
それをこなすことを考えると、早めにこの任務を終わらせた方が良い。

ゲイル「ついに俺のアッガイの出番ですね。」
隊長「アッガイに変ったのか(-_-;)」

10/30日
防衛部隊殲滅
敵に奪われた海軍基地奪還のために周辺地域を制圧するミッション。

tis006.png

隊長「ふん、このマシンガン装備のグフを舐めてもらっては困るな( ̄ー ̄)ニヤリ」

訓練で試したが、120mmマシンガンとフィンガーバルカンの同時発射攻撃は強力だ。
ただ、フィンガーバルカンを使うと盾が水平になってしまうので防御力は落ちるが。

クラウスはザクⅡ・バズーカ装備で出てもらう。
ザクバズーカはこの時点でのジオン軍装備としては結構強力だ。
ゲイルはアッガイ。
グフ以外は攻撃力・防御力共にかなり上がっている。

隊長「懐かしいなまたここで戦うことになるとは。」
ゲイル「今度の俺はアッガイですよ、強いですよ。」
クラウス「そういえば、こいつがまともに戦ったのってまだ見たことない・・・・・。」

開始早々南下してまず連邦の車両を撃破。

オペレーター「連邦軍に増援です。」

レーダーを確認するが、また姿は見えない。
友軍は北上している。

隊長「西に進み拠点の敵MSを殲滅する!」
ゲイル「隊長~待って下さいよ~」
隊長「・・・・結局遅れているのか(-_-;)」

クラウス「早いな、しかしそれでは孤立してしまいますよ!」

グフが速すぎて味方がついて来れない。

隊長「構わん!」

そのまま連邦拠点に突入、マシンガンとバルカンの一斉射撃で二機のジムを簡単に撃破。

隊長「ふん、剣を抜くまでもなかったわ!」
クラウス「お~、強い!」
ゲイル「また出番無しですか~( ̄▽ ̄)」

敵の増援が確認できた。
どうやら南東の拠点当たりから出てきたらしい。

隊長「こちらは友軍を併せて五機!たった一機で何が出来る!」

既に友軍と交戦状態になっていたこれらをマシンガンとバルカンの一斉射撃で撃破。

さらに二機が同じ場所から出現。

隊長「戦力の逐次投入、愚策だな。」

というか、いろいろ都合があるに違いない。

マシンガンとバルカンを撃ちながら接近。
そして肉薄したところでヒートサーベルを抜く。

連邦兵「甘い!」
隊長「あっ・・・」

もう一機のジムのマシンガンによってグフの右腕が吹っ飛んだ。
これではヒートサーベルが使えない。

隊長「まだ左腕がある!!」

残った左腕でバルカンを連射。
なんとかこれを撃破。

オペレーター「さらに増援が来ます!」

クラウス「隊長、下がっててくれ!」

そもそも残弾が少ない。
ヒートサーベルも使えない。
盾も無くなってしまった。
補給を受けなければ危ない。

ゲイル「慢心しましたね隊長( ̄▽ ̄)」
隊長「・・・お前に言われるとすっごい傷つくなぁ・・・(-_-;)」

敵はバズーカ装備だ。
当たるとヤバイ。

しかもメインパネルの機体状態を確認すると、既に胴と左足にもかなりのダメージを受けている。

隊長「ゲイルの台詞じゃないが、慢心した(-_-;)」

グフの機動力は極端に落ちている。
既に的にクラウスとゲイルが向かっているので、ブーストで合流する。
だが、視界が開けた瞬間、強烈なバズーカの一撃を食らう。

隊長「くそっ!」

すぐに次弾が来るので回避しようとするが、やや遅れて左腕が吹き飛ぶ。

隊長「・・おいおい、両腕無くなったよ(-_-;)」

逃げるしかできない。
しかし、そこにとどめの一発。


・・・・・隊長死亡。


隊長「・・・・やり直し(-_-;)」


今度は慎重に、味方と連携しながら戦う。
右腕が赤になったが、なんとか残した状態でバズーカジム二機との対戦になった。

視界が開ける。
既にクラウスが戦闘状態に入っている。
ザクバズーカでかなりのダメージを与えているようだ。
ゲイルのアッガイは遅れていた。

隊長「うおっ!?」

出会い頭にバーズカの一撃で左の肩当てが吹っ飛んだ。
しかし、腕そのものは無事だ。

隊長「・・・・・・・(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

バズーカは恐い。

とにかくブーストで小刻みに移動しながら、この二機をマシンガンとバルカンの連射で撃破。
接近して格闘なんて余裕はない。

オペレーター「この付近に敵部隊の反応はありません、任務終了です。」

なんとかミッションクリア。
ランクはAだった。

隊長「あー恐かった(-_-;)」
クラウス「ザクかアッガイだったらあの一撃で死にかねないからな。」

この戦いの後、グフ・カスタムが配備可能になった。
そして、パイロットにデミトリーを・・・

隊長「デミトリー?」
クラウス「あの幻の・・・・」
ゲイル「いましったけ?そんな人?」
クラウス「何を言ってんだ、あの・・・誰だっけ?



デミトリー「・・・・・(ノ_-。)」



ちなみに劇場版では存在を抹消されたが、ザクレロのパイロットだ。

隊長「いらない。腕はいいようだか、4000は高い。」

結局無視された。

ゲイル「グフ・カスタム入れますか?」
隊長「12000・・・・高いなぁ。これならもう一機グフにするか、それともドムまで待つか・・・・」

正直無くても乗り切れそうだが、グフ・カスタムはまだじっくり使ったことがないので配備することにした。
とはいってもノーマルグフは7000なのに12000はかなり高い。


グフ・カスタム 
装甲■■■
パワー■■■■■■
ロック距離■■■
スピード■■■■■■■
旋回■■■■■
ブースト■■■■■



隊長「・・・高いだけの性能はあるというか、ドムより強くないか?」
ゲイル「ドムにも劣らないスピードですね。」

というか、一撃の威力を除けばドムより使えそうだ。
今までまともに使ったことがなかったが、これは強そうだ。

次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

>ゲイル
変わり身早っ(^^;
まぁ、アッガイのパーツは元々ザク用だったらしいので、一応ザクではあるのですか・・・ この勢いで、暫くあとにはグフになったりドムになったりしてくれるのか、期待(え~

>グフ
かなり強いようですが、
 「いかな猛者でも単機で突出すると殲滅される」
というのは、実に良いバランスだと思います。

  • 2008/05/09(金) 01:59:24 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

基本後半のミッションは敵も強いので、ずっとアッガイは無理でしょうね^^;
最終的にはゲイルの乗機はグフかドムあたりになると思います。

このゲームでのグフはジオンのMSとしてはかなり強いです。
ただ、それもプレイヤが操作してこその強さなので(バルカンとマシンガンの同時射撃や盾の有効活用)COMだと後半はそれほど驚異ではありません。

で、このゲームはジオニックフロントほどではないですけど、ライフルやキャノン等の攻撃で一発で致命傷を負うことが多いいので迂闊な真似をすると命取りです。
でも、ジオニックフロントの時に感じたような難しすぎるという感覚はないので、バランス的にはスリルもあって絶妙だと思います。

  • 2008/05/09(金) 21:46:11 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #leF2ecbc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/685-d0f4e792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。