QLOOKアクセス解析

徒然なるままに・・・

長い間お世話になりました。当ブログは閉鎖いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化物語(上)攻略中

「私みたいなキャラのことを、ツンデレっていうのでしょう?」
お前みたいなキャラはツンドラって感じだ。

・・・・吹いた(笑


気分転換に読書三昧といきましょうか。
化物語(上) 西尾維新 講談社BOX
ba.png

現在第一話・「ひたぎクラブ」の部分だけ読了。

ある日阿良々木暦を目掛けて空から降ってきた・・・・というか階段から落ちてきた女の子・戦場ヶ原ひたぎは、体重がなかった・・・・
というか体重より性格に問題が

あとがきで著者が「とにかく馬鹿な掛け合いに満ちた楽しげな小説を書きたかったので」と述べているように、キャラの掛け合いが絶妙である。
まるでどっかの妄想ネタサイトのリプレイキャラを見ているように無茶苦茶なのりのひたぎと、それに振り回されながら突っ込みはしっかり入れる阿良々木。

この二人の掛け合いにはまったく驚かされた。
見事につぼにはまりました。
というか、同志?(待て

こうもネタトークだらけだと、あの格好で北海道に蟹を食べにいこうというのも、もしやあのネタかと勘ぐってしまうなぁ・・・・
とりあえず、ひたぎののりにすっかりファンになってしまった私がいる。
というか私はこういう毒舌系キャラに弱いのだろうか^^;

ひたぎが宗教に家庭をぶっ壊されたという設定も妙に被る。
やはりカルトに家庭をぶっこわされると、ああいう無茶苦茶なノリのキャラになりたくなるのだろうか(違

・・・それはともかく、月の兎の話を聞かされて
「兎も兎よ。そうやって自己犠牲の精神を見せれば神様に認めてもらえるだろうという計算が見え透いていて、浅ましいわ」
とか
阿良々木が自分を守ってくれる報酬に
「そうね・・・・阿良々木君がドラクエVで、フローラに奴隷の服を装備させようとした外道であることを、言いふらすのを予定だったのを中止してあげる」
(中略)
「私くらいになれば、あなたのような薄っぺらい存在のことなんて、全て完璧に、お見落としなのよ」
「台詞を噛んだのに、結果としてより酷い暴言になっている!?お前いったい何に愛されているんだ!?」
・・・・とか
だめだ、面白すぎる。
いろいろな意味で負けた^^;
望みどおり戦場ヶ原様と呼んであげようじゃないか(おぃ

・・・・それはともかく、少しだけまじめに書くと、この話、怪異がどうの、とか、非日常がどうのとか、あまり深く考えて突っ込むよりは、ただこの二人のアホトークを楽しむのが正解だろうか。
素直に面白い。
というか吹く。
ちなみに次のレビューがあるかどうかは、続きを読んでから決めます。
では。

スポンサーサイト

コメント

面白そうですねぇ~
個性的なキャラクターたちによる会話・掛け合いを楽しむってのは本当にライトノベルの醍醐味だと思います。
ちなみに、「ツンドラ系」と言えばhttp://ogionblog.blog48.fc2.com/blog-entry-355.html#moreの印象が強いですね~

  • 2007/03/24(土) 22:34:45 |
  • URL |
  • オジオン #-
  • [ 編集 ]

一応噂というか各レビューでは好評のようだったので、ある程度予想はしていたのですが、期待以上に強烈でした^^;

結局まだ続きは読めていませんが、これはかなり面白いですね。
ただ、値段の高さで気軽に購入は出来ないのがあれですけど。

ちなみにツンドラ属性ってウィキペディア(Wikipedia)で調べると
「相手に好意を持っている状態でもツン状態が続くことをツンドラに喩えて言う。」と出ていますけど、ひたぎの場合、素直に永久凍土といった方が笑えます(笑
私が吹いたのは、こっちを想像したからなんですけど^^;

  • 2007/03/25(日) 18:48:08 |
  • URL |
  • 木陰(管理人) #I4t1ZHtI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seasons3000.blog89.fc2.com/tb.php/88-8b409e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。